らんきーブログ

世の中のおかしな事をあたりまえに考える。大事な事は情報を知ることだけじゃない。だからどうするのってことじゃない?


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

人気ブログランキング 
↑ 上記の『らんきー』 友好ブログへのポチっと応援を1日1回お願いしま~す^^

今朝のスパモニで小沢一郎が生放送で出演していましたね。チラっとしか見なかったけど、早速、昨日の「トレンド大賞」効果でもあったのだろうか?イメージアップするには今がチャンスですよね。 密室連立話の事とか喋っていましたね。 ウータン康夫と小沢一郎の間にその際に取り交わした文書も残っているというような事も言ってたようです。 それでも自民党側、もちろんウータン康夫はこの密室の件に関してはほとんど口を開きませんね。 
あまり都合がよろしくないから口を開かないのでしょうね。 そうとしか思えません。 

自民党、ウータン康夫側には密室内で、かなり民主党に譲歩した大連立話を小沢一郎が即答で受けるだろうという、甘い読みしかなかったのではなかろうか? 
まさか持ち帰るとは?と、ビックリしたのでは? わからんけどね。 
それくらい今回のナベツネ主導の密室会談は自民にとって痛手だったのではなかろうか?
来年、政権交代が起きる前後くらいにはその真相もわかるかもしれませんね。

野党共闘はキライな方も多い。政治に詳しい知識層の中では特に多いのではなかろうか?
そりゃそうだろうねー。私のように政策なんて詳しく語れる知識も無い無党派人間は気楽に野党共闘といえても、それぞれの政党を支持している熱烈な支持者にとっては軽々しく他党との連帯を推し進めたり、共闘を推進したりは出来ないものがあるでしょう。護憲の立場である社民と共産ですらそこだけでも出来ないし、郵政民営化凍結での国民新党と民主の共闘にしても、どちらも自民との連立の噂はたえないし、共闘と崩壊、もしくは連立は紙一重のラインである。それぞれの支持者の間では共闘を認めるわけにはいかない意識は根強いと思う。
選挙協力という一点だけでも、大分でも先行きは暗いし、福岡でも暗礁に乗りかけている。

以下の河北新報社の社説がわかりやすかったので全文引用させて頂きます。

福島社民党首3選/二大政党の間でどう光るか 
社民党の福島瑞穂党首の続投がきのう決まった。退潮傾向に歯止めがかからない中、党勢の拡大を軌道に乗せることが3期目の福島体制の大仕事になる。

 自民、民主の二大政党のはざまに埋もれることなく、きらりと輝くような存在感を示せるかどうか。共産党とともに社民党に問われるのはそのことだ。
 11年前に衆院選に小選挙区制が導入されてから政権交代可能な二大政党制を支持する世論は確かに増えているのだろう。
 しかし、その一方で「自民党か民主党か」の二者択一的な選択に満足しない世論、言い換えれば二大政党と距離を置く第三極的な政治勢力を求める世論があることを忘れてはなるまい。
 1議席を争う小選挙区では二大政党の公約が似通ってしまい、政策選択の幅が小さくなりがちとの指摘がある。宗教・民族対立もかかわる欧米型の二大政党制が日本の政治風土に合致するのかという問題提起もある。

 日本人の政治意識が多様だとすれば、政治はその多様性に対応する必要がある。共産、社民両党が政治の第三極を目指すべき理由はそこにあると考える。
 「密室談合」と批判された福田康夫首相と小沢一郎民主党代表の2度にわたる党首会談で話し合われた「大連立構想」はいったん消滅したものの、いつ息を吹き返すか予断を許さない。

 大連立は政治の混乱を収める一つの形かもしれないが、自民、民主の二大政党による政治の独り占めであり「大政翼賛会」化である。各マスコミの調査で、多くの世論がこれを容認していないのは当然のことだろう。
 共産、社民両党を中心とする政治勢力は言うまでもなく大連立構想とは対極の位置にある。

 特に民主党との選挙協力が現実的な検討課題となっている社民党は民主党との幅広い連携を模索するなら、大連立構想が現実化しそうな動きに十分警戒していかなければなるまい。
 社民党の政治路線を特徴づけるテーマの一つに憲法改正問題がある。共産党とともに「護憲」の立場を鮮明にしている。
 民主党は現憲法の不足点や改正点を補い改める「論憲」を主張するが、この党の内部事情もあってどうも分かりにくい点がある。「護憲」はそれより簡明で分かりやすい立場に見える。

 共同通信社が4月に行った全国世論調査では、憲法改正賛成は57.0%だったが、反対も34.5%に上った。この反対の数字は共産、社民両党の支持率の合計を大きく上回っている。
 その数字のずれは、共産、社民両党が世論の政治的需要に十分に応え切れていない実態を示しているようだ。
 衆参両院で与野党が多数を占め合う「ねじれ国会」を迎え、社民党内には「独自色にこだわるより、野党共闘で政策実現を図るべきだ」との声がある。

 共産党にも言えることだが、政権交代を視野に入れた野党間連携はあり得る戦術だ。しかし、民主党と安全保障や憲法問題など基本政策の違いが大きい中では、やはり独自路線を基軸に置いた党勢拡大に向け歯を食いしばるのが先決ではないのか。
2007年11月28日水曜日 河北新報社 


私に言わせたら、記事の最下部分にあるような「独自路線」も大きな意味での共闘だと思っている。独自路線とは決して自分勝手に突っ走る事ではなく、来るべき連立野党政権が誕生する際のデモンストレーション戦略の事なのだ。特に社民党はね。共産党は難しいだろうけど。
政権を担当する党の一部になれるかならないかは天地ほどの差がある。公明党を見れば一目瞭然だ。 民主党以外の野党の戦略は今現在は「政権交代したらどうするか?」を語る事だと思う。 それはイコール民主党が政権を担った時の絵を書かなくちゃいけないという事だ。
そこに社民党なら社民党も政権の一部を担っているという絵を見せなくちゃいけない。
民主党の単独政権は私は望みません。 私は今現在の野党の連立政権を望みます。
共に闘うという事は「妥協」の闘いではない。お互いの「実りある闘い」も共闘の一部だ。

例えば、社民党が連立政権にいることで、確実に上記記事の「護憲」34.5%の受け皿にもなるし、改憲、論憲の歯止めにもなるという事をもっと国民にアピールすればいいのでは?
自民党の中にも「振り子の法則」という汚いマッチポンプ戦略があるが、それを各野党間でアピールしあっていけばいいと思います。特に今回のような大連立話や、昨日も書いたように公明党による中連立話が出ている今はすごいチャンスだと思うんですけどね。
ただ単に、自民や民主を同じように批判するだけではなく、「自民も民主もなんだかなぁ~」と思っている人の為に、自党の存在意義を二大政権に向かおうとする日本政治の隙間に、ビシっと楔を打ち込むような事が必要だと思う。 それも大きな意味での共闘精神なのだ。
共に闘うのは何のためか? 日本が今よりもより良くなる為なのだ。それが共闘の意義。

社民党に限らず野党は政権党の一翼を担ったらどうするか、どうなるかをもっと語るべし!
政権交代ありきで、政治を語る時代がもう来ているのだ。 野党精神は捨てるべし!
その時に、自分の党が存在するか、しないか、 存在する為の方法を模索するべし!
べし三連発だったけど(笑) それくらい第三の勢力は必要だし、頑張って欲しいと思います。
批判するだけならバカでも出来る。 批判からは最上の一手は生まれない。
その上を目指す国民にやさしい方法、政権交代の為の共闘をすべし! である。

政治ランキングを世間並みの感覚に正常化する為、参加中~!(笑)
今現在18位。 クリックしたら順位が上がる、やる気が出るボタンw 


↑これはキャンペーンではありません。(笑) 賢明・懸命な庶民のブログTBセンターです。
関連記事

コメント一覧 現在承認制です ☆削除及び、レスの有無は管理人の独断☆

これはいい記事ですね。視点が新鮮です。(色々なブログを見てきましたが、こういう視点は初めてです。)私も社民党や国民新党(場合によっては共産党)は、政権に参画する立場で発信した方が、党の独自色だけを発信するより国民の支持は得られると思います。

2007.11.29 16:57  | FK #YWStxCrA [ 編集 ]

民主党小沢代表は

「(衆院で)ベストは単独過半数だがハードルは高い。次善の策は野党で過半数。さらに言えば民主党が第1党」

と発言したそうですね。私たち庶民の立場から見れば、民主党にとってのベストは私たちにとってのベストではなく、民主党のいう次善こそが私たちにとってのベストでしょう。

野党共闘は民主党のためにあらず。私たち庶民のため。ならば社民党にも国民新党にも頑張ってもらわなければ。

2007.11.29 20:07  | 愚樵 #- [ 編集 ]

政権交代の可能性が出てきたということは、野党自身の政権への本気度が試されていると言って良いのでは?
我々はその本気度を測り、可能性のある政党を応援していくべきですね。

2007.11.29 21:57  | しっぷう #- [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.11.29 22:58  | # [ 編集 ]

FKさん
まだまだ混沌とした部分は必要だと思いますからね。
今の状態での二大政党は途中経過です。序章にもならないと思います。
第三、第四の勢力、そして新しい政治家の誕生・・・夢は膨らみますよ。
来年が自民崩壊後のスタートです。それだけは必然だと思います。

愚樵さん
民主党を利用する事。 これが自公合体政権を倒す正道だと思います。
せめて公明党を越える勢力を持って欲しいものです、各野党には。
野党で過半数! 一致協力で自公合体を分解させたいもんです。

しっぷうさん
一番を目指す政権取りではない、連立を狙う政権参加の道も決して卑怯でも何でもないし、志を貫くための途中経過と思えば頑張る道は十分あるはずですからね。 野党各党は、評論家もどきにならず、もっと燃えるべし ですw

管理人のみ閲覧さん
お久しぶりですね^^ そうでしたか、頑張ってくださいね!
またいい情報でもリアルで手に入ったら教えてください!
ヤッパ、リアルの声の伝播が一番効果があると思います! ファイト!です。

2007.11.30 00:39  | ぶいっちゃん #GUniAnuw [ 編集 ]

ぶいっちゃんこんにちは~。
なんだかアワー氏が来日して自民党(ヌカガ発言)後押しする会見してましたね。
そんなこんなもあるのかどうかわかりませんが
共産党までが「決議に賛成したのは間違いだった」と表明。
そして国民新党までも難色を示し始めましたけど
なんか、わざわざアメリカからアワー氏が来日したことといい、
これって見えない大きい力が動いてるのミエミエじゃないですか?
これに屈しないで野党共闘を出来ないもんなんでしょうか・・。

2007.11.30 10:38  | ハマっこ #- [ 編集 ]

はじめまして。

いきなりの質問で恐縮ですが、もし民主・社民・国民・共産等の連合政権樹立
が達成できたとして、その後どうなってほしいとお考えでしょうか。

・もう二度と自民には政権を渡してはいけない。
 少なくとも今後100年は現野党連合で政権を運営することこそ正しい。
・自民党は完全消滅させ、所属していた議員は全員国会から追放させるべきだ。
・小泉改革によって変えられたものは全て元に戻すべきだ。
 たとえば郵政グループを全廃して国営に戻し、特定郵便局も保護すべきだ。
・憲法は何があっても改正してはいけない。
・外国人にも参政権を与えるべきだ。

それぞれ可能な限りYesかNoをお答え頂ければ幸いです。
(Blog全部見ていないので「アホか」て問いもあると思いますが…^^;)

2007.11.30 16:56  | にょろろ #n/aZ7LFc [ 編集 ]

ハマっこさん
アワー氏って参院選前に産経かどっかで「私はなぜ日本のメディアが安倍政権をお粗末だと論じるのか、不思議に思っている。」なんてトンマな事を言っていた人です。 日本語では泡~氏ってところでしょうか(笑)
アメリカのアメリカによる日本なんてどうでもいい人の発言なんて・・・どうでもいいですけどね。 アメリカって怖いところなんでしょうね~、政治家にとってw 与党政治家は皆、何か握られてるんじゃないでしょうか?
無理にでも証人喚問をさせない方がオカシイと国民は思っているのでは?
ま、私らが知りたいのは真実だけなんです。 そこを間違えないで欲しいですね。

にょろろさん
全てYESと書きたいところですが、(笑)現実はそこから分裂して、有志連合でわかりやすくやり直して欲しいと思っています。イチから。
以前にも書いたのですが、いきなり全てが変わるような事はありませんので、今の仕組みをまずはもっと風通しの良いものに変えてから、少しずつ「よりマシ」な政治の世界に変わっていって欲しいと思います。
答えになってないかもしれませんが、そこからだと思っています。

2007.11.30 17:43  | ぶいっちゃん #GUniAnuw [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック ☆削除他の権限は管理人の独断です☆

トラックバックURL↓
http://rankeyblog.blog68.fc2.com/tb.php/747-d85bf475

閉鎖性はどこにもあるよね 島国根性の一般化
島国根性を検索したら、こういうページを見つけたんですよ。 バートランド・ラッセルのページ http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/INSULAR.HTM  (前略)  島国の住民についての伝統的な見方は、彼らは(島国以外の住民と比較して)世界の他の地域の

2007.11.29 15:49 | みんななかよく

守屋逮捕で、国会運営&額賀喚問はどうなる?&民主党の自信はどこから?
【守屋逮捕で、政治や省庁不正行為への関心は高まるのか?(・・) もっと今の国会や行政府の問題を多くの人にアピールするためにも、 これらの悪しき癒着やしがらみを断ち切るためにも、どうか政治ブログ (特に、リベ平系)のご支援をよろしくお願いいたします。m(__)m...

2007.11.29 16:42 | 日本がアブナイ!

カナダ下院も日本政府に慰安婦謝罪要求
国立でむぱ研究室櫻分室さんから「韓国国会超党派議員が決議案を提出」というトラックバックをいただいて、はや数週間。韓国の方はまだ提出しただけで、東京新聞から引用された記事以上の情報はまだ入っておりませんが、カナダの下院では、日本政府に対する慰安婦謝罪要求...

2007.11.29 17:40 | 薫のハムニダ日記

郵政民営化でピンチに
小泉純一郎という総理大臣がいました。彼は「カイカク」の本丸は郵政民営化だと言っていました。そして、郵便局は民営化されました。 郵便局が民営化されて以後、国民にとって何か良いことがあったのかどうか、残念

2007.11.29 19:49 | そもそも どーなの?

[政治][日記]守屋前次官夫妻逮捕 政界波及か与党動揺 テロ特審議影響必至
守屋前次官が夫妻で逮捕には驚いたが、中身を見ていると当事者の守屋前次官より夫人のほうが酷いのかも知れない。現時点で容疑を否認するなど、あまりにも目に余る行為である。長い間利益供与を受けていると完全に感覚が麻痺してくるのかも知れない。城内さんが信念ブログで

2007.11.29 20:32 | ΩBloger chan3or1の極私的日記

浜岡原発原告長野さんのお話・行政と企業に確率論的安全評価(PSA)案に沿った運用を強く要望します
浜岡原発の原告のお一人である、86歳の長野さんとおっしゃる方の記事がJanJanに記載されてずっと気に留めて何度か読んでいました。 戦況厳しい折、航空空母「天城」に乗り死の出撃をさせられる間際に免れ、それと同時に戦争による真の破局を見てこられた方です。 JanJan...

2007.11.30 00:08 | Like a rolling bean (new) 出来事録

「謝罪」を台無しにする歴史修正主義者
あるコメンテーターの方によりますと、河野談話をはじめ、日本はアジアの戦争被害国と戦争被害者に何度も「謝罪」しているとのことです。 河野談話(あと、村山談話)以外に、日本国として公式的な性格を持った謝罪として

2007.11.30 00:56 | 村野瀬玲奈の秘書課広報室

大阪・太田のピリオドか?
こいつは嫌いだった今も嫌いだ!この方の事はここで取り上げた!http://blog.goo.ne.jp/ayapapa2951yama/e/6eafac1b0c70b4b7a2205034d2e4158d**********************ほほほほ!!!!!当然の結果!!!!!まだ民主も捨てたモノではない!太田さん!自公から推薦されなさ...

2007.11.30 06:18 | kimera25

守屋武晶と言う人
[民主党へ] 民主党の守屋さん額賀さんの喚問の雲行きかがおかしくなったようだ。 共産党が証人喚問議決、「賛成は間違いだった」と異例の見解と発表した。  一方法務省は、守屋容疑者の出張尋問、「起訴前は応じられず」と見解を発表した。  私は一昨日、昨日と書...

2007.11.30 10:35 | 無党派日本人の本音

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。