FC2ブログ

らんきーブログ

世の中のおかしな事をあたりまえに考える。大事な事は情報を知ることだけじゃない。だからどうするのってことじゃない?


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

人気ブログランキング  に参加中です! ポチっと応援募集中です♪ 
↑上記の『らんきー』友好ブログへのポチっと応援を1日1回お願いしま~す^^

ウータン康夫と小沢一郎の密室会談のオチが意外な「小沢辞任」騒動になってしまった。
誰かこの筋書きを予想した者はいただろうか?これだから政治は玄人でも当たらない。
まして、素人の私がミスリードしまくる読売新聞を始めとしたメディアから与えられた二次情報を元に書いた処でどうにもならない。政治に詳しかろうが詳しくなかろうがそこは一緒である。
唯一、言えること。それは「これで世間でのB型はまた人気が落ちるかな?」くらいであるw
サドンデス安倍信三も今回の小沢一郎もともにB型なのだ。そして私もB型だったりするw
連立、恒久法、政策協議、連立閣僚人事の中に民主党議員6名が??複雑な話だ。
小沢一郎の進退はどうなるのか、新党作ってまたやってしまうのか?それとも・・・。
わからない事はわからない。予想しても当たらないなら予想はしない方がいい。

しかし、小沢一郎の論理思考がどうだったかは別にして国民には非常にわかりにくかったって事。確かに、連立を組み、民主党が政権の一部を担い、政権担当能力のスキルを身に付けるには、政治的には良かったかもしれない。小沢一郎の頭の中ではそこから政界再編があったのか知れない。内部に入った方が再編しやすくなるからね。現状では再編が難しいからこそ、そういう方向を選んだのかもしれない。政策協議をする事で、経験値を上げられたかもしれない。しかし・・・だ。そんな高度な政治論理は国民には通用しないのである。また理解されにくいのではないでしょうか?庶民が描く「政権交代」とはもっと単純なものだと思う。
小沢一郎からして見れば、このまま衆院選になって政権を取っても長くは持たないと読んだのでしょうか?そんな小沢一郎の心のうちを知っている者は民主内部にも皆無だったのか。

ロックフェラー?ナベツネ?中曽根?アメリカの虎の尾?色々な諸説が飛び交っています。
妄想ついでに鳩山兄弟も絡んでいるのではなんて勝手に思っています。鳩山邦夫の「友人の友人はアルカイダ」発言や「「田中角栄とペンタゴン」発言等は何かのメッセージなのでは?とか。この発言って大問題では?なのに・・・。そして疎遠になっているとはいえ、鳩山兄弟の絆はそれこそ携帯1本で容易に繋がる。鳩山邦夫は「民主党が政局ではなく政治をやってくれるなら、兄弟のパイプも生かしていきたい。」とか、ちょっと前に語っていたそうだ。
的外れだとは思うけど、この鳩山兄弟の言動も今後はちょっと注意してみていこうかな?と思っています。 兄弟が自民と民主の上層部にいること自体、不自然な事ではあるよね。 
小沢一郎からして見れば、鳩山由紀夫って安心できない側近中の側近なのでは???
そして小沢一郎はどこかから弱みを握られていたのか、いなかったのか?

とまぁ、いくら書いても闇の密室で行われてしまった政治の世界は語ってもしょうがない。
問題は、今回の事で自民党の株は上がったのか?って事だ。町村官房長官なんて、「『まさか』という事態が起きている気がする」なんて喋っています。この言葉は小泉純一郎がこの頃使った言葉である。小沢新党もあれば、小泉新党もあるという「まさか」が起こりうるのか? っと、またわき道に逸れてしまいましたw
自民党の今回行った事は、自らが政権担当能力が無い事も露呈したのだと思う。
今の「ねじれ状態」を打開する為の策として、今回の密室会談しか打つ手が無かったのである。民主党からの政界再編or分裂を目論む作戦なのだろう。参院から17人程度引き抜けばいいのかな? ねじれ状態を無くす事だろうなぁ・・・・ジミングスが考えそうな事は・・・・。

どちらにしても今の自公合体政権ではもう無理な事は露呈したようなものだと思います。
連立を持ちかけてきたのが小沢だとかメディアを利用してミスリードする政党に信頼の二文字は無い。民主党を追い落とす事に一生懸命で自分らの存在価値をまた落としてしまったことに気がついていないのだろう。 全く嘘八百の国民不在の自民の為の自民政治。

野党共闘といっても「民主党」がいなければ絵に描いた餅にすらならないのが今の現状。
その野党第一党がこのような状態では今後の展開は全く読めなくなりますね。
さて、民主党新党首は誰になるのか?小沢はあそこまで言ってしまったら難しいだろう。
小沢一郎の誤算は「国民不在の姿勢」だ。「変わらなくっちゃ」は終ってしまったのか?
国民不在の姿勢のままでは、真の日本のリーダーにはなれないだろう。
そして民主党。ここ何日かの対応次第で、大きくその真価を問われる事になる。
小沢一郎の真意が何だったのか?そしてその裏には一体どんなカラクリがあったのか?
そこに例え何があろうと、「反自公合体政権」の姿勢は私は変わらない。
参院選で投じた庶民の1票の受け皿を無くす様な政治をするなって事だけ強く言いたい。
それこそ完全に国民不在の政治の世界の到来である。馬鹿にすんなよと。

どちらにしても国政を停滞させたくないのならば、解散総選挙しか残された道は無い!
この国の政治は自民党じゃなくちゃ、やってはいかんのか! 
政治家も、また政治を志す人たちも、こんな事でいいと思いますか?
自民党か他の政党がやってもいい のかを問う選挙を早くやってくれ!
第三、第四の党が出てきてもいいぞ、政界再編無しではもう無理な状況に来ている。
そのうえで解散総選挙をやって欲しい! もう茶番はこりごりである。
しかしその時、本来の意味である、「野党」は存在しているのだろうか???

 : クリックしたら順位が上がる愉快なボタン(笑) 


関連記事

コメント一覧 現在承認制です ☆削除及び、レスの有無は管理人の独断☆













管理者にだけ表示

トラックバック ☆削除他の権限は管理人の独断です☆

トラックバックURL↓
http://rankeyblog.blog68.fc2.com/tb.php/716-16b92531

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。