FC2ブログ

らんきーブログ

世の中のおかしな事をあたりまえに考える。大事な事は情報を知ることだけじゃない。だからどうするのってことじゃない?


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

人気ブログランキング  に参加中です! ポチっと応援募集中です♪ 
↑上記の『らんきー』友好ブログへのポチっと応援を1日1回お願いしま~す^^

昨年、小沢一郎が民主党党首に選ばれた際の言葉は「変わらなくっちゃ」でしたね。
今回の小沢騒動での辞意撤回。確かに昔では信じられない変わりっぷりでした。
ま、いいじゃないですか。小沢一郎は小沢なりに、私らには見えない相手にでも筋を通したって事じゃないでしょうか? 青臭い民主党&マスコミ批判というオマケまでつけて。
次は自民党の番じゃないのでしょうかね? 国民に対して筋を通さなくちゃいけないのは。
連立話を持ちかけたくせに「あ・うんの呼吸」だなんて、意味不明の事を言ってるウータン康夫くん、キミらの事ですよ。「あ」だったか「うん」の方だったか知らないけれど、もう自分らでは政権担当が出来ませんと承諾したのは間違いないわけでしょう?だったら降りろよ、政権から。
実は、民主党よりも、何でもアリの自民党の方が罪は深いんじゃないの?

福田康夫が何の責任も取らないという事は、自民党全体の総意だってこと。
そんな話も自民党議員からも出ていましたね。なるほど、自ら認めたわけですね。
自民は公明との連立だけでは今のねじれ難局は乗り切れないと認めたんですからねー。
今回の騒動で、小沢抜きの民主党の弱い部分はかなりの国民に知れ渡りましたが、そんな事は元々、政治に関心のある方々は皆さんご存知の話である。参院選前だって、「民主党が素晴らしい!」と思って「自公政権にNO!」と入れた人ばかりではありませんしね^^
野党がどうこうよりも、今大事な事、わかっている事は現自公合体政権では無理だって事。
今回の小沢ショックにしても、実は自民党には何のプラスにもなっていない事がわかっているのでしょうかね?ウータン康夫はクリンチ作戦から一気に抱えあげたんですよ、小沢を。
それもセコンドにはナベツネや中曽根のような老人まで引き連れてw

政権与党としてはあるまじき姿勢なのではないでしょうか?
民主党のゴタゴタは、・・・まぁ、定期的にある年中行事のようなものだしねw
ナベツネ&中曽根の二人合わせて170歳に日本がかき回されているわけだよね。
老人の野望に今回は振り回されたって事ですか。ホンット、老害ですね、この二人は。
自分らの存在しない未来の日本の憲法を改正したがっている二人・・・・。

これで野党共闘は厳しく、また面白くなってきた・・・と私は思いますね。
本音でぶつかる野党共闘。飲むか飲まれるかのせめぎあいが真の共闘。
今回の小沢騒動の件を、社民、共産は批判。国民新党はとりあえず支持・・・。
せめて連立を持ちかけられるくらいの存在を目指して党を立て直して欲しいものだ。
なんだかんだ言って小沢一郎抜きでは政権交代の道は厳しいのが現実だ。
社・共も批判だけでは票は集められないし、変わらない。存在価値をあげるべし。

夕方にあるだろう、小沢一郎の会見を聞いてから続きを書くかも?もう変わるなよ(笑)


【追記】 21時52分
小沢一郎の会見を見ました。しかしメディアの反応は相変わらず厳しいものですね。
そりゃそうか、あれだけ会見で小沢一郎から批判されたんだからね、メディアは。
完全に小沢一郎の敵になりましたか。
止めてくれる人がいた小沢一郎。 その時誰も相手にもしなかったアベチンゾー。
いなくなっても全く影響が無かった(かえって良くなったかw)アベチンゾー。
いなくなれば、野党全体のそして「VS自公合体政権」の影響力大の小沢一郎。
民主党には人材がいないから、小沢一郎にすがらざるを得なかったと人は言う。
しかし安倍晋三のあとがウータン康夫だったことから、自民党も最早人材はいない。

そういった意味でもまだまだ、甘い人間関係が垣間見えた民主党の方がまだマシである。
・・・で、参院惨敗で、国民から支持されていない分際で、国民を全く無視し、自民自ら持ちかけた、「連立」話の自民党及び福田康夫の責任は一体どうなってるの?マスコミさん。

 : クリックしたら順位が上がる愉快なボタン(笑) 


関連記事

コメント一覧 現在承認制です ☆削除及び、レスの有無は管理人の独断☆













管理者にだけ表示

トラックバック ☆削除他の権限は管理人の独断です☆

トラックバックURL↓
http://rankeyblog.blog68.fc2.com/tb.php/714-2fa1cd2c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。