FC2ブログ

らんきーブログ

世の中のおかしな事をあたりまえに考える。大事な事は情報を知ることだけじゃない。だからどうするのってことじゃない?


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

人気ブログランキング  に参加中です! 応援有難うございます♪ 
【一行日記】    
最近、お玉喜八レッドアラートアブナイ!らんきー♪って感じで面白いランキングw


昨日、私の知らない所で、福田康夫首相の所信表明演説があったらしい。忘れていたw
NEWS番組をチラっと聞いてたら「福田の話には華が無い」というような事を誰か言っていましたから大したことは言っていないのでしょう。
ま。それではウータン福田に可哀想なのでちょっと各野党の意見も調べてみました。

「官僚復権内閣」と酷評 所信表明演説に野党各党
 野党各党は1日、福田康夫首相の所信表明演説について「目玉の政策がない。華も覚悟もない。官僚復権内閣だ」(鳩山由紀夫民主党幹事長)などと酷評した。

 鳩山氏は、首相が高齢者の医療費負担増や障害者自立支援法の見直しに言及した部分に関し「総裁選での踏み込んだ発言がかなり消えている。官僚の手直しが始まった。大胆な改革は無理だ」と指摘。

 共産党の志位和夫委員長は「若者に希望、お年寄りに安心」との首相のキャッチフレーズに触れ「希望や安心を奪ったのが何だったのか、その分析や処方せんが示されていない」と強調。

 社民党の福島瑞穂党首は「国民の切実な悲鳴に応えようという情熱、ビジョン、具体的な施策がない演説だ」と批判。国民新党の綿貫民輔代表は「言葉だけで『自立』と言っても駄目だ。2、3カ月もすれば、演説の言葉がどこまで真実味を帯びるか分かる。お手並み拝見だ」と述べた。いずれも国会内で記者団の質問に答えた。
2007年10月01日17時31分 西日本新聞

うんうん、いい事は勿論言わないよね(笑)
しかし、小沢一郎が昔使っていた「自立と共生」を使いまわすあたり、何も目新しい事はない人間だから、おそらく想像の範囲内での野党とのゆるやかな協調路線演説だったのだろう。
「華が無い」けど、鼻の下が長い福田康夫が、口で言う「自立と共生」って・・・・活字にしたら実は「自立と強制」なんじゃないのかなぁ?その方が自民党には似合っている言葉だと思うんだが・・・(笑) 「改革」という言葉も安倍晋三よりも数回多かったとか。結局、小泉自民党がまだ続いているわけだ。小泉の改革路線を変えない以上、自民党には政権は任せられない。
自民党のおかしな組織のあり方については、政治に詳しいブロガーの方にお任せして、私は年末か、来年のいつ頃かわからないが、まだ先の「衆議院選挙」に絞って行こうかなと思う。

郵政民営化が始まった。やっと正式に稼動した事で久しぶりに小泉純一郎も公の場でスピーチをしていましたね。自分の命と引き換えに責任を果たしたって意味では感慨深いものがあっただろう。まさしく小泉純一郎は己個人の政治生命をあの時賭けていました。それは間違いない。その魂に、例えそれが己個人の私利私欲の為でも、何も考えていなくとも、他の政治家達は策無く負けた。選挙で負けた野党以上に、自民党内の政治家たちの方が牙を抜かれた。恐ろしい気迫だったと思う。国家を語れない、まして政治を語れば自論の郵政民営化の話でも5分持たないといわれる小泉純一郎に、温室育ちのボンボン党の自民党政治家達は負けたのである。私はそれが自民党に下野してして欲しい理由のひとつである。
異端の政治家・小泉純一郎ただ一人によって自民党は内部崩壊したのである。
その情けなさを思うと、こんな党には政権を任すわけには行かないと。負け犬軍団内で、誰に代わっても一緒じゃないかと。 政権交代なんてキレイな言葉じゃない。まずは政権陥落だ。

寺島実郎さんの記事をちょっと引用してみます。この人どうなの?私は結構好きだけど^^;

地方の反乱と自らの足元を撃った自民

  今回の参議院選挙の帰趨を制したもう一つの要素は「一人区」であった。与党六議席に対して野党二三議席と、ここでの与党敗北は決定的だった。前回(〇四年)は与党の一四議席対野党一三議席であり、前々回(〇一年)は与党二五対野党二であった。つまり、与党自民党の票田ともいわれた地方の一人区で、自民党の決定的な退潮がみられたのである。
  しかし、地方区と比例区との得票を比較して興味深いことに気付く。野党が勝利した二三の一人区のうち、比例区選挙において自民党と公明党が獲得した得票の総数を民主党が上回ったのは岩手、山梨、三重の三県だけであり、潜在的な得票力だけでいえば野党・民主党が勝てるはずのない県で勝利したことになる。これらの一人区では、比例区では与党に投票した人の四分の一が地方区では野党に投票したことになる。
「野党候補者のほうが個人として魅力的だった」などの事情もあるが、やはり地方に蓄積された小泉改革以降の自公連立による政治への反発が噴出したと見るべきであろう。この間に自公連立政権がやってきたのは、改革という名の下に従来の自民党支持基盤を弱体化させる政策であった。都市サラリーマン層の支持を得るために、長い間自民党を支えた地方後援会組織の中核というべき層、例えば郵便局長、建設土木業者、そして農林水産業者を離反させるような政策を積み上げてきた。郵政民営化、公共投資の削減、農業政策の軽視などが重なり、実は自らの足元をピストルで撃つという事態が進行した。移ろい易い一見客(浮動票)を得るために長い間の得意先を失ったようなものである。自民党という存在は多様性をもって成立していた。しかし小泉政権以降、いかに多くの党の個性を象徴する人が去ったことか。田中眞紀子、鈴木宗男、亀井静香、平沼赳夫、さらには自民党に復党したものの加藤絋一、野田聖子などが存在感を低め、自民党が放つ光は急速に弱くなった。金平糖のごとく尖った角が張り出して大きくみえたものが、角がもぎとられて小さな砂糖の塊と化した。「小泉劇場」で幻覚を与えられているうちは持ちこたえたが、気がつけば小さな基盤の党になっていたのである。かつて、自民党が行き詰ると「保守バネ」という形で、新鮮なイメージをもった別働隊を立ち上げることで保守の再生を図る手法が展開された。河野洋平の「新自由クラブ」、細川護熙の「日本新党」がそれであった。しかし、現下の自民党にはそうした潜在的パワーも残っていない。「安倍続投しか選択肢はない」という状況に、今日の自民党の悲しみが凝縮されている。
  ともあれ、日本の政治状況は「二院制の意味」と「二大政党制の意味」が問われる局面に入った。数の理論だけが議論を封殺して押し切るのではなく、政策論の妥当性が吟味される時代なのである。代議制民主主義にとって試練の時である。

■寺島実郎の発言:何故、自民党は大敗したのか 二〇〇七年夏、見えてきたもの


小泉以降安倍から福田政権下では、最早軌道修正は出来ないのである。
いくらマスコミが舛添あたりを出して持ち上げたり、わけのわからないミーハーオバサンの言葉を流したりしてB層戦略をやったりしても、流れは変わらない。政府命名の国民B層は、B層以下だった安倍晋三によって目を覚まし、自民党に「NO!」を出したのだ! それは変わらないだろう。 国民はより安全で安心な方向へ流れていきたがっているのではないか?
だから「野党共闘」だ! 野党共謀ではないですよ。 共闘です。wもう動いていますよね。

民主、小選挙区で公認絞り込み
 福田政権の発足を踏まえ、与野党は次期衆院選の本格準備を始めた。民主は参院選で成功した野党共闘を重視。300小選挙区に原則として独自候補を擁立してきた方針を改め、公認を250―260程度に絞る。空白区は社民や国民新の候補を推す方向。勝機の薄い選挙区の候補探しは後回しにし、「選択と集中」で臨む。自民の伊吹文明幹事長らは27日のインタビューで支持団体との関係強化や復党した郵政造反組との公認調整を急ぐ考えを示した。

 民主は96の小選挙区で候補者が決まっていない。赤松広隆選挙対策委員長は都道府県連に月内に擁立可能な候補者名を報告するよう指示。10月5日に全国幹事長・選対責任者会議を開く。
日経NET(07:02)

好むと好まざるに関わらず、ひとまず民主党を中心とした野党共闘路線で進むのだろう。
早い時期でのハプニング解散だけは避けたい自民党内では、じっくりと世間の風が、マスコミの誘導によって変わりそうになるまで解散総選挙はしないだろう。しかし、選挙の開始時期は与党が握っているのは間違いない。前回の小泉の参院否決後の衆院解散総選挙のような掟破りの荒業は無いだろうが、油断は出来ないでしょう。
それが森・小泉のB層政治なのだ。 素人考えの方が当たる可能性大かも?w
さとうしゅういちさんがjanjanに投稿された記事もご紹介いたします。
野党共闘・政権交代へ近づくか?:JanJan 2007/10/02

「衆議院選挙 野党共闘」トラックバック・ピープルを立ち上げています。
選挙の話題や野党の話題、共闘に関しての話題など、何かひとつでも引っかかればお気軽にTBしてください。早くも数人の方が気づいてくださってTBしてくださいました。感謝です^^
こうやってブログが強制力もなしにゆるやかに連携する事こそが、「庶民共闘」の一歩だと私はしつこく思っています。そのいい例が「郵政民営化凍結」TBにも現れていますよね。
巷で言われる右派、左派の垣根も越えたTBがあるようです。長いスパンから見て、一時的にでもいいのです。「悪いものは悪い!」と、各自のスタンスを越えて物を言う事は当たり前の事です。「悪いものは悪い」といえないスタンスの方が不自然だと思いませんか?

自由って難しいものです。しかし、少なくともそれを縛っているものは何か?何なのか?
政治に限らず、全てにおいて縛っているのは「自分自身のちっぽけな心」だったりします。
自分のルールで自分の行動や言動を縛ってしまう。勿体無いと思いませんか?
呉越同舟の舟には、資格も何も必要ありません。目的さえ一致していれば乗船可能です。
乗らない理由は何でしょうね? それは自分の中のルールだけではないのでしょうか?と、
自分にも言い聞かせながら今からブログ以上に頑張らなくてはいかん仕事に戻ります(笑)

人気ブログランキングに参加しています。 よかったらポチっと^^

 :現在22位

トラックバックピープル「衆議院選挙 野党共闘 」   はじめました!
関連記事

コメント一覧 現在承認制です ☆削除及び、レスの有無は管理人の独断☆

冷静な視線を持ち、権力に流されることなく、世界を見渡せる超数少ない日本人として、私も寺島実郎さんを信頼し、尊敬しています。らんきーブログで、私の信頼している人が紹介されると嬉しくなってしまい、つい余計なコメントしてしまいます。私たちが、政治に関して最終的にできることは、結局選挙でどこの政党を選ぶか、どんな議員を選ぶかしか、世の中を安心・安全に変える方法はありませんから、国民自身も常在戦場の気持ちを忘れず、日々権力を監視する気持ちは必要だと思っています。今の与党自民党と一部の民主党議員には、NOと言えない米国にでも、私たちがNOとさえ言えば、次に選ばれる国会議員は、国民の方を向いた人たちに変えられると思っています。私たちが納めた税金も、日本国民の暮らしの安心・安全のためにこそ使われるように変えられると思っています。

2007.10.02 14:47  | scotti #- [ 編集 ]

scottiさん
おぉ、よかった^^ scottiさんがそう言って下さると一安心でした。

>私たちが、政治に関して最終的にできることは、結局選挙でどこの政党を選ぶか、どんな議員を選ぶかしか
私もそう思っています。忙しい中見てくださっている読者の方々もそういった方が多いのだと思っています。何とか頑張ってみますね^^ 
なかなかレスが出来なくてホントすみません。v-289

2007.10.03 01:06  | ぶいっちゃん #GUniAnuw [ 編集 ]

ぶいっちゃん、こんにちは~。

> 巷で言われる右派、左派の垣根も越えたTBがあるようです。

三輪さんが参加してくれたのが大きかったみたいです。
その後、TBの数も増加しつつあるようです。
「野党共闘」も「自エンド」も「左右関係なし」という、いい雰囲気になってきましたね~。(^_^)v

2007.10.03 17:29  | 喜八 #WE/hy34. [ 編集 ]

福田独自のカラーを出すのはかなり難しい情勢でしたね。

2007.10.03 18:52  | toshiki #emXmKJzE [ 編集 ]

なんか、マスコミも最近はさすがにグラスノスチが盛んになったけれど、
朝日新聞グループとスポーツニッポンとサンデー毎日と「関口宏のサンデーモーニング」以外は独自ネタがなくて、ひたすら皆さんの受け売りですよね。
今日、病院で診察を受けたあと、SEGAのゲーセンに行って、クイズゲームをやっていたのですが、別々のゲーム機で、「キューバンアサシン」という名前で「あそうたろう」に、「棋無侍抑ん畏」という名前で「アベベ」に、全国的に大恥を掻かせてあげてきたところです。まさに、新潮文庫じゃありませんが、「想像力と数百円」で自民党の崩壊が急速に進みました。今日、政治のニュースぜんぜん見ませんでしたよね?あそうたろうは、アニメやゲームや漫画のことしか知らなくて、社会科に詳しいキューバンアサシンとお勉強熱心なおこちゃま二人に挟まれて、全国で3位に、アベベは決勝トーナメントで逃げ切ったものの(多分秘書が周りで入れ知恵していたに違いありませんが)一人でやっていた私に社会学部門で完敗したので、もう表舞台に出ないでしょうね。
さ、ドラフトワンでも冷やしましょうか・・・。

2007.10.03 20:37  | 山田彰 #eCsBD4cM [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック ☆削除他の権限は管理人の独断です☆

トラックバックURL↓
http://rankeyblog.blog68.fc2.com/tb.php/687-b66d9916

地球温暖化と生物多様性
 1992年にリオデジャネイロ市で開催された環境と開発に関する国際連合会議(地球サミット)では、「生物多様性」は次のように定義された:「陸上、海洋およびその他の水中生態系を含め、あらゆる起源をもつ生物、およびそれらからなる生態的複合体の多様性。これには生物...

2007.10.02 14:24 | 関係性

祝、野党共闘TBPスタート、「野党共闘は希望の星ニャんだもん、野党共闘はいいニャ~」(笑)
「福田の初所信表明演説に対応する自Endバナーを急遽作成しました。福田の本質的

2007.10.02 15:54 | 雑談日記(徒然なるままに、。)

福田首相の所信表明演説
■はじめに  この度、私は、内閣総理大臣に任命されました。時代が大きな転換期を迎えている現在、政権を担うことの重大さを痛感し、身の引き締まる思いであります。日本の将来の発展と国民生活の安定を最優先に、自由民主党と公明党の連立政権の下、全力を傾けて、職...

2007.10.02 22:59 | 現政権に「ノー」!!!

地方自治体が舛添氏を批判
9月29日の記事 コンビニの店員を出向させよう の中で、舛添厚労相の発言を取り上げました。国民年金保険料などの着服を防止するために、社会保険事務所の窓口では現金を扱わないようにする考えを表明したとい

2007.10.02 23:16 | そもそも どーなの?

What\'s Going On in Burmese?
ミャンマー軍部、韓国大使館のインターネット遮断 市民は銃口を避けて“ゲリラ・デモ” 今のミャンマー(ビルマ)は世界から孤立した“島”のようなものだ。 ミャンマー軍事政権は、軍部統治に抵抗するために20年ぶりに起きた民主化デモに、無差別発砲で対抗してい...

2007.10.03 03:21 | 薫のハムニダ日記

イグアナ福田の手法
※ 写真はBNNよりお借りしました!http://d.hatena.ne.jp/burmainfo/こういうことなんだろう!利権維持のタメには思想はない!選挙をやれば負けるからできるだけ先延ばし! 参院は民主丸抱えでひたすら法案を通す!民主案丸呑みも否めない! 国会外でなあなあで原案を

2007.10.03 05:56 | kimera25

野党共闘について…「これだけは…」(58)
みんなでつくろう「国民の、国民による、国民のための政治」を! =だから早く 【自・END】 =(07/10/03) 9月23日、故郷天草から四万十へ帰って来てから、雨もよく降ったが、日差しが和らぎ、明らかに秋の気配が漂い出した

2007.10.03 07:52 | SIMANTO BBS

集団自決削除問題の捉え方・「お客さんがガソリンをどう使おうと店は関知しない」という政府答弁
他の人の話に聞き耳を立てる習性は持っていないつもりですが、乗りものやエレベータの中での会話がついつい気にかかるたちです。 今日(火曜)、客先を訪問した際のオフィスビルのエレベータでは、 「沖縄の人には気の毒だけど、なんであんな教科書のことで新聞とか...

2007.10.03 08:25 | Like a rolling bean (new) 出来事録

猿にも読める所信表明。
10月1日、福田首相の所信表明演説が行われた。野党からのヤジが飛び交う中、淡々と原稿を読み上げる福田首相の顔は至って冷静だった。 安倍政権を殆ど手付かずのまま譲り受け、発足した福田内閣。スタート時点での支持率は60%近い数字を叩き出したが、これは今迄の

2007.10.03 18:53 | プールサイドの人魚姫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。