FC2ブログ

らんきーブログ

世の中のおかしな事をあたりまえに考える。大事な事は情報を知ることだけじゃない。だからどうするのってことじゃない?


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

支持率が上がったとかでおそらく無邪気に喜んでいる安倍晋三with改造内閣の話ではなく、今日は第二弾、マスコミ提供の小泉お茶の間劇場の話です。
閣僚の名前が発表されただけで支持率を調べるマスコミってのもする事がホント無いんでしょうね。改造があった日に調べるんだから「支持率」ではなく「期待率」なのである。元々自民支持は昔から国民の間では多いのだから、今の日本の現状を何とかして欲しいと願っている人も多いのである。その中で、まだ何もしていない内閣に40%くらいの人しか期待していないってのはやはり低い数字である。安倍が辞めていたらもっと行ったでしょうねw
改造内閣支持40% 前回比11ポイント増不支持は45% 緊急世論調査by西日本新聞

マスコミはこのように国民に断りも無く、勝手に世論調査をやったり、大きな情報を流したり、あるいは一方的な正義の部分だけを取り上げたりして、大げさにミスリードしたりとやりたい放題なのは皆さんご存知の通りである。これは左派も右派も問わず、同じような番組を見ても「安倍を叩けば民主寄りだ!」「タックル見ればやっぱり自民寄りだ!」等とマスコミを批判する事から、この頃は案外、日本の政治を無視して、大スポンサーのアメリカからの支持でやってるんじゃないかと思える位であるw まぁ、それくらい節操が無いという事を言いたい訳だ。

さて、アメリカと公明党・創価学会と、そして電通支配のマスコミに守られ、ヨイショされたのが小泉自民党時代です。TVを始めとしたマスコミは小泉内閣発足当初から、熱狂的に支持して「小泉ブーム」をあおり、TVタレントのように扱う事で、政府命名B層を中心に、ある意味洗脳し、その小泉の政治力とは真逆の、人気の高い首相に仕立て上げた。

2005年の新語・流行語大賞に「小泉劇場」が選ばれたという現象からもよくわかる異常振りである。テレビを通じた大衆へのアピールとしての「劇場型政治」と政府命名B層を中心とした大衆にわかり易い短い言葉、「ワンフレーズ・ポリティクス」という手法を合体させたポピュリズム政治(衆愚政治)が小泉純一郎の政治スタイルである。

しかし、政策の中身を満足に喋る事が出来ない小泉純一郎が、自分の欠点を隠す、上記のやり方で国民を煙に巻いた罪は大きい。また国民の側も「わかりやすさ」を求めるあまりに、「郵政民営化賛成か否かの是非を問う」というように、政治争点を単純化・及び善悪のどちらかに基づいた争いで、喜んで騒ぎに乗ってしまった反省も大いに必要であろう。

とにかくアメリカ政府とアメリカ巨大資本は5000億円といわれる広告費を投じ日本のマスコミ界、特にテレビを支配した。 民放テレビのニュースキャスター、及び御用学者と呼ばれる偏った評論家もどき達は小泉純一郎には言葉を選び、持ち上げて、それに逆らう郵政反対組や野党側にはきわめて偏見に満ちた報道をするなど、小泉純一郎を善玉、その批判者を「抵抗勢力」即ち、悪玉のイメージを徹底的につくった。


わかりやすい例として小泉純一郎を批判するものはTV画面から消え、(代表者は、電通批判の森田実氏等)、逆に小泉ヨイショで持ち上げる、ベンチャラ評論家だけがTV露出が高くなるというパターンも多々ある。
小泉応援団とは、そういった国家を挙げてのやらせ政治であったといってもいいであろう。
マスコミと権力側の利害が一致した時、こうも簡単に流されてしまうという恐怖は皆が自覚しないと永遠に危険である。こういった事は二度と繰り返されてはいけない。
「政策カラッポ」の小泉純一郎が何故、国民を勘違い熱狂させ郵政選挙で圧勝できたか? 
一言で言えば「TVの力」なのである。TVの力=政府命名B層がいる限り ということである。

ポピュリズム政治(衆愚政治)は今後も繰り返される可能性は大いにあるわけだ。政治家のキャラクターとTV局の方向性が合致すれば、いとも簡単に繰り返される恐れは十分にある。今後、私たち庶民は小泉的なものが誕生しないように声をあげていく必要はある。
可能性としては本人も狙っているようだが、麻生漫画太郎がB層戦略をするかも知れない。
しかし安倍晋三の場合はポピュリズム政治(衆愚政治)の心配はもう少ないだろう。
何故ならば、安倍を見れば大衆は愚にはならない。逆に賢くなる傾向があるw
何よりも安倍晋三自身が何の取り得も無い」が大きい自愚政治家だからだ(笑)

■関連■
日本を壊した男・小泉純一郎 入門編 【1】

関連記事

コメント一覧 現在承認制です ☆削除及び、レスの有無は管理人の独断☆

ぷいっちゃん、こんにちは。
安倍政権支持率上がったのですか?
私方の新聞には、凍結していたダム建設(4箇所)の凍結解除が、1面トップ、此れが第2次安倍内閣の最初の仕事かな?と。がっかりしていた所なのですが・・・・・
ところで ”ぷいっちゃんのバナー”勝手に使わせていただいています。
ご了承ください。

2007.08.29 14:44  | わこ #dN1wHbUA [ 編集 ]

わこさん
ま、ご祝儀でしょうけど、支持率じゃないですよね、今の段階では(笑)
バナーはバンバン勝手にどうぞ^^ ブログのレベルも上がりました、わこさん^^v-218

2007.08.29 15:11  | ぶいっちゃん #GUniAnuw [ 編集 ]

コメ書かせていただくのはほんとに久しぶりになりますw

内閣の顔ぶれを変えただけで、こないだ20%台だったのが、また40%にまで上がったんですね!
ショック~(;^_^A アセアセ

そういや、その日のテレビ報道見てても、やたら新内閣を誉めるような内容多かったしね・・・

あ~~~ 嘘ばっかり、洗脳目的のマスコミ報道、なんとかならんもんかなぁ・・・


ところで、先ほどはメール失礼しましたm(__)m
ごていねいに教えていただきありがとうございます。

疲れた時、気分の乗らない時もあるはずなのに、毎日休まずの更新、尊敬しています。
今やマスコミは全く当てにできず、こういったネットブログだけが日本をよくすることができるかもしれない可能性を秘めてるように思います。
みんながそれぞれ得意?の分野を中心に、少しずつでも国民に真実が広がっていくよう、これからもがんばりましょう!

2007.08.29 20:12  | ゴーヤン #mQop/nM. [ 編集 ]

ゴーヤンさん
私もほとんど人様のブログにコメント残しませんからね~^^;
>疲れた時、気分の乗らない時もあるはずなのに
やはりゴーヤンさんもそんな時があるのですね(笑)そりゃぁありますよね~。
そんな時に疲れるコメントが来ると言う法則もありますしねw
自分にあったブログを、最低10コくらい持つとかなり賢くなれますよね。
この頃はホント色々な切り口のブログが増えて勉強になりますからね^^v-218

2007.08.29 23:28  | ぶいっちゃん #GUniAnuw [ 編集 ]

一昨日耳にした川柳です。

   総理だけ再チャレンジができる国

2007.08.30 18:43  | 隠居老人 #5nOD/QyU [ 編集 ]

やまだく~ん!、3枚持ってきて^^wv-7

2007.08.30 23:32  | ぶいっちゃん #GUniAnuw [ 編集 ]

はーーーーい!!!

         ロロロ

              座布団に見えませんかね?

2007.09.01 14:40  | 山田彰 #EpsW3WM. [ 編集 ]

見えましたよ^^

2007.09.02 00:43  | ぶいっちゃん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック ☆削除他の権限は管理人の独断です☆

トラックバックURL↓
http://rankeyblog.blog68.fc2.com/tb.php/653-04b48910

安倍改造内閣の感想(2)・・・「森レジームからの脱却」&「挙党でボクを支えてね」をアピールか? 
今回の内閣改造には、サプライズがなかったと言われるが・・・。 私には、驚いた&不思議に思ったことがいくつかあった。  一番驚いたのは、町村派(旧・森派)から町村会長ひとりしか閣僚 &党要職にはいらなかったことだ。(゚Д゚) <ちなみに、入閣決定的と言...

2007.08.29 11:43 | 日本がアブナイ!

皆既月食と安倍政権支持率
昨日の月食。神戸はずっと曇り空で皆既月食の赤い月を肉眼で見れませんでした。残念!!やっとお月様を見られたのは20時40分グロからでした。 月を眺めているとなぜだか、中島みゆきの「お月さま ほしい」が唄い

2007.08.29 12:43 | お玉おばさんでもわかる 政治のお話

「御殿場事件」は事件なのか
先週、御殿場事件という「事件」の控訴審判決が東京高裁でありました。テレビなどでも取り上げられましたのでご存じの方も多いと思いますが、ご存じでない方のために、かなり長くなりますが読売新聞の記事を紹介しま

2007.08.29 14:41 | そもそも どーなの?

恥。Wikipediaは自作自演まつり。
みんなでつくるWeb百科事典、『Wikipedia』。 ホント便利だよね。ザクッと調べたい時に、いつも助けられる。 アヤシイ記載も多いけどね。。。 そんな今日このごろ。 Wikipediaを編集したマシンのIPアドレスから編集履歴が割り出せる、 画期的なオンライン無料ツールが出

2007.08.29 15:21 | Saudadeな日々

異常な『円安』から急激な『円高』へ(下)
 7月20日以降、急激な「円高」が始まった。 米国の低所得者向け住宅ローンを商品として証券化し、ヘッジファンドがそのリスクを移転するモデルを作り出した。そして、米国の住宅バブルが弾けて、このリスクが世界中に飛び火した。投資信託という様々な商品がこれに関わっ

2007.08.29 15:55 | 関係性

淀川水系のダム建設凍結解除・・・・第2次安倍政権最初の仕事
地元住民ら不安、怒り2007年08月29日【大戸川・丹生ダム建設方針】 28日に発表された淀川水系の河川整備計画の原案で、大戸川ダム(大津市)、丹生ダム(余呉町)は建設される方針が示された。国の方針は二転三転し、今後も

2007.08.29 17:36 | Dendrodium

安倍改造内閣関連記事:まとめ
安倍改造内閣関連記事:まとめ 安倍「貧乏くじ」政権 前途多難な船出(佐藤弘弥) http://www.news.janjan.jp/government/0708/0708281429/1.php 権威を格差主義を温存した安倍改造内閣(弊紙主筆さとうしゅういち) http://www.news.janjan.jp/government/0708/0...

2007.08.29 17:58 | 広島瀬戸内新聞ニュース(主筆・さとうしゅういち)

始まる前から、そして始まってからも無茶苦茶 
あああ、いわんこっちゃない、と心の中で呟く。  今日の毎日朝刊。  世界陸上、エリトリア選手団の5人が、開幕2日前の23日、指定先のホテルで部屋が確保できずに、ラウンジ...

2007.08.29 21:32 | とむ丸の夢

Wikipediaをお役所が編集
お玉のブログも結構、大学や職場から楽しんでくださっている方が多く、某大手企業や某大学の関係者がかれこれ二年近くも見てくださっていたりして、ホントにホントにありがたく思ってます。  官公庁の方々も結構遊びに来てく

2007.08.29 23:08 | お玉おばさんでもわかる 政治のお話

米国・ドイツからのアベとテロ特措法「期待」に思うこと
今日は空港で空き時間にネット接続をしていたら、ついに(というより予想通りというべきでしょうか)テロ特措法への高圧的要請が迫りつつあることを知りました。 47News テロ特措法延長、直接要請へ? 米大統領、安倍首相に  【ワシントン29日共同】米政府当局

2007.08.30 00:17 | Like a rolling bean (new) 出来事録

各社の内閣支持率調査結果と安倍政権の今後
<各社の内閣支持率調査結果> 共同通信世論調査  内閣支持40.5% 不支持45.5% 読売新聞世論調査  内閣支持44.2% 不支持36.1% 日経新聞世論調査  内閣支持41%  不支持40% ...

2007.08.30 00:35 | 夢想飛行-非連続線上の飛躍

殺人大国ニッポンの現状 ~一線を超えつつあるニッポン社会~
← クリックすると拡大します! 8月28日のエントリー「殺人大国ニッポンの現状 ~殺人への敷居が下がっているのか?~」で、殺人大国ニッポンの現状、分析、提言を試みた。反省心が希薄な雰囲気、善悪の判断ができない非道徳社会、注意・指摘ができない風...

2007.08.30 01:32 | 現政権に「ノー」!!!

安倍“首相補佐官制”、1年後に有名無実化
え~っと、あれだけ華々しく(?)喧伝されていた補佐官ですが、いつの間にやら5人から2人に縮小(?)されちゃってますね。それでも山谷えり子教育再生担当補佐官が残っているあたり、安倍内閣の怨念のようなものを感じてしまいますが・・・。 それでは、その補佐官に...

2007.08.30 03:41 | 薫のハムニダ日記

今こそ戦後民主主義を捉え直せ  ~高橋哲哉さんインタビュー(05年4月)
 「ジャーナリスト」05年4月号の「緊急発言」から高橋哲哉さんのインタビューを再録します。  一昨年の記事ですので、リードを載せるより、その年は何が起こったのかを振り返ってみましょう。  05年という年は1月に朝日新聞の「政治家のNHK番組への介入」が...

2007.08.30 12:46 | JCJ機関紙部ブログ

任命責任と総裁選
 安倍改造内閣が発足して、予想したように依然として批判が絶えない。 世論調査でも支持するは朝日と毎日が約30%、その他が40%近くだそうだ。 朝日の支持率の少ないのも予想した通りだ。 世論調査はまずそんな事だろうが、問題なのは安倍さんの批判を公然とマス...

2007.08.30 13:05 | 無党派日本人の本音

「地方切り捨て」と「自民党離れ」を、亡き祖父母の故郷に見た
 先月の参議院選挙における自民党の大敗には、自民党の進めてきた「市場原理主義」改革によって切り捨てられてきた地方の怒りが背景にあるのではないか?  そのような見方がある。    私は詳細な統計データーを見たり、

2007.08.30 22:01 | 嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。