らんきーブログ

世の中のおかしな事をあたりまえに考える。大事な事は情報を知ることだけじゃない。だからどうするのってことじゃない?


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

人気ブログランキング  現在19位!感謝っす。これもブログの楽しみのひとつです。

終戦記念日、あるいは敗戦記念日ですね。8月15日。
今現在は戦後なのか、それとも戦前なのか?そういった事を考えるのにいい日ですね。
はだしのゲンの子役があまりにも上手だったので今日もまた録画したのを見て泣いた(笑)
昨日は嫁さんの両親の墓参りに行ってきました。私の嫁さんは養女なので血の繋がりはない育ての親ですが、時間を作って墓参りには二人でよく行きます。
皆さん行ってますか?行くと気分がいいですよ^^

安倍内閣はもう死に体なのか、断末魔の様相を呈しているように思う。
アメリカからも完全に見放されてしまっているのではないだろうか?
ここんとこ、あまりネット徘徊、情報収集していないので、迂闊なことは書けないけど、大きく政治は変わろうとしているのだけはよくわかる。衆議院と参議院での与野党逆転と言うのは政治に緊張感もあり、見逃せない。二大政党に向かいつつある、民主と自民の両党には同じような厳しい目が必要であろう。舵を取る政党に注意を向けること。これは常道である。

戦争と平和。 100人100様の捉え方があるだろう。
自分の意見を書くのはたやすい事だが、実際には難しい部分が多い。
100一致しないと満足しない人もいれば、80程度一致していれば由とする人もいるし、万人が納得する意見は未来永劫難しいものではある。 どっちつかずの男、ぶいっちゃんという、HNを持つ私のブログスタンスをいい機会なので簡単に書いておきたいと思う。

正直言って、政治の事を書くのは骨が折れる、肉を削る作業なのである。
自分がする事ならば、自分の考えで物事をサクサクと思うがままに進めればいいのであるが、政治は政治家がやる事である。その政治家がどんな思惑でやっているかを考えながら記事を書く。そこに自分の知識や、感じる事を入れ混ぜながら・・・。ある意味「予想屋」的なことなのである。左派系には左派の理論。右派系には右派の理論が基本にあってそこから枝葉にそれぞれの予想が盛り込まれていく。そういった意味では政治家のブログの数倍も、庶民が書いている政治ブロガーというのは大変な事をやっていると思う。

私は改めて書くけど、政治ブロガーではない。○○ブロガーというグループのどこにも属してはいない。それは偉そうなことではなく、迷惑をかけるのもイヤだし、また自由を奪われる事もイヤだからである。だからTBでさえも極力この頃は自分からはあまり送ってはいない。
だからといってそういったものを否定しているわけでもない。私があまりそういうのが好きではないからという理由だけである。そして今までも色々失敗もあるしね。疲れました。要するに「自分の旗色」を鮮明にするのが苦手なのである。卑怯かも知れないけどね。

私が政治家だったら旗色を鮮明にするべきだと思う。
しかし私は政治家ではないし、そういった活動の経験もない、タダのそこらの凡人である。
たまたまブログを始めて何かの流れで政治の事も書くようになっただけのお調子者なのだ。

だから何かを求められても応える力も無い。そんな暇すらない。
少なくともブログに費やす時間だけでも、正直言って1日2時間以上は毎日かかっている。人のを読む、自分で書く、自分で答える。それだけでも仕事の合間と夫婦の会話を削って(笑)やっているわけである。これはおそらくほとんどの方々が似たようなものだろうと思う。つくづく楽しくないとやっていけないと思う。どこかに楽しさが無いと続くはずが無い。これから政治の事を書いたりする時でもそんな平和な思いで続けられるブログでありたいと願っています^^

今はまだ平和なのである。少なくとも「戦争はイヤだ」と、堂々と言える時代ではある。
はだしのゲンの父親では無いが戦争を否定的に発言するだけで非国民と呼ばれ、家族全員が迫害されるような時代には二度となって欲しくないものです。想像すれば皆わかることだ。
自由にモノが言えなくなる時代。そうなってはもう止まらない。
戦争をして喜ぶ人は誰か? 少なくとも一般庶民の間で幸せな思いをする人はいない。
日本は永遠に戦後の時代のままであって欲しいものだと8月15日の今日、改めて思う。

喜八アブナイお玉ならんきーに愛のクリックを^^

にほんブログ村 政治ブログへ
関連記事

コメント一覧 現在承認制です ☆削除及び、レスの有無は管理人の独断☆

戦後62年、既に戦後生まれは三世代になっている。戦後の出発点の確認は教育界ではタブーとなっている。その最大の要因は、いわゆる「自虐史観」論らしい。オキナワの例を見れば明瞭。
だが、この積み重ねがどういう結果になるか、62年の歴史をみれば明瞭だが、同時に戦争反対勢力も着実に成長してきている。この両方のベクトルの合力がどっちの方に振れていくか、それが最大の問題だろう。
今年は閣僚の靖国参拝は一人だった。これまでの参拝は間違いだったことを認めたのだろうか?違うだろう。選挙に負けたことが最大の要因だ。
この事実は国民の声の偉大さを浮き彫りにした。同時に逆の点から言えば、改憲派、靖国派が力をもたげてきたのは、何よりも選挙で一定の維持をしてきたことが最大の要因だったことだ。戦前の歴史をみるまでもなく国民主権の大切さを教えてくれた8月15日だった。そして次の62年はどうなるか?何を次の62年に託すか?

2007.08.15 21:45  | コミュニスト #- [ 編集 ]

沖縄は今現在も戦時中であると思います。

今月13日はヘリ墜落記念日でした(http://www1.odn.ne.jp/okikokuiinkai/index.html)。

その件に関し、ケビン・メア総領事は占領者気分丸出しの発言をしております(http://miyagi.no-blog.jp/nago/2007/08/post_c9e8.html)。

わざわざ終戦記念日を選んで、戦争促進するための基地建設を急げと、マダム寿司が来沖していますし・・・。受理しないと言っているのに勝手に強引にアセス方法書を置いていくような強引なまねをしておいて、かりゆしウェアなんかでごまかされるほど県民はばかではないんですが・・・
http://www.okinawatimes.co.jp/day/200708151300_06.html

また台風が来ているので気分は更に落ち込むばかり。とりあえずアセス方法書を強引においていったことに関する抗議文書を書かねばならないし、アセス方法書に対する意見書も2週間以内に書かねばなりません。うう。忙しいっ。

2007.08.16 05:31  | さめ #- [ 編集 ]

おはようございます。そうですね。楽しいと政治について書くブログなんてやってられない。似たような状況です。戦争体験が風化してきた今日だからこそ、「平和のたいせつさ」を説きながら戦争を準備する政治家が現れるのだろうと思います。私も記事を書きました。トラバさせてください。

2007.08.16 07:05  | star #- [ 編集 ]

暫らくぶりです。過去に何回かコメントさせていただいたことがありますが、
特に、小泉政治の後半以降「図に乗ったパフォーマンス」と国民(貴兄の云う
B層に当たりましょうか)を小ばかにしたような政治手法に大きな憤りを感じ
ているものです。
安陪についても、参院選でこの結果がでたとおり「世論の読めない奴」と烙印
が押されたことは結構なことでした。いまはただ下線の文なんらかの理屈下線の文で総理の座に
しがみつきたがっている奴の敗北または失脚を目の当りにする日を待つのみです。
小生、貴兄のブログでは多くのことを啓蒙され、また信条を超えたブログ姿勢
というようなものにも感服しております。小生は、ブログ渡り歩きはできるの
ですが、自分のブログを持っていません。(知識と根気の欠如)
貴兄ブログのサイド情報から実に様々なサイトに寄らせて貰ってますが、いま
問題の小池回転スシ女は、小泉好みの動きそのものですね。
これに関しての、安陪の対応も選挙前と何ら変わることなくマスコミの質問に
論点をずらせて、ただただ同じフレーズを繰り返す「性懲り」の無さです。

また機会をみて寄らせてください。妙なMailに対策する知技がないのでH/Nだけ
でごめんなさい。

2007.08.16 10:32  | よしお #- [ 編集 ]

>戦争を否定的に発言するだけで非国民と呼ばれ、家族全員が迫害されるような時代には二度となって欲しくないものです。

遠い昔の話ではないです。
イラクの人質事件では政治家・マスコミ・国民がよってたかって人質や家族を袋叩きにしましたし、
(あれほど同じ日本人が嫌いになったことはないですし、あの頃人質を批判していた政治家・新聞・テレビ番組・コメンテーターに対してはいまだに嫌悪感を持っています)

しかも、あの頃さんざん”自己責任”とか言って人質を批判していた中川昭一は、
”韓国のボランティア団体がアフガニスタンでテロ組織に拉致され、痛ましい犠牲者が出ているが、テロは善意さえ踏みにじるのだ。国民の生命と財産を守る立場からも、テロからの逃避は許されない。”
と言って人質に同情しながらテロ特措法の成立を訴えているんですから・・・
http://www.nakagawa-shoichi.jp/column/detail/20070813_216.html

なんでこんな国になってしまったんでしょう。
昔はこんな国ではなかったのに。

2007.08.16 12:21  | のと #- [ 編集 ]

次の世代のために、思想、政党を問わずいい政治風土を作り出すのが、私達団塊世代の責任だと思っております。

2008.09.15 21:12  | へぼ株おじさん #- [ 編集 ]

へぼ株おじさん

はじめまして、コメント有難うございます。
次の世代につなぐ事 すごく大事な事だと私も思います。
>いい政治風土 その通りですね!

ブログも拝見させて頂きました。今後とも宜しくお願い致します。

2008.09.16 22:15  | ぶいっちゃん #GUniAnuw [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック ☆削除他の権限は管理人の独断です☆

トラックバックURL↓
http://rankeyblog.blog68.fc2.com/tb.php/639-3cd0ddb2

棄民政策というのはこういうこと
 8月14日はサンテレビのニュースシグナルの担当日でしたが、自分の担当箇所よりも、隣で見ていた、この日の特集の方がずっと心に残りました。 元日本兵だった方が、国(政府)から棄てられた、という問題です。

2007.08.15 11:39 | 津久井進の弁護士ノート

ここがヘンだよ!北京五輪(その1:そこに自由はあるのか)
北京でオリンピックが開かれるまで、あと一年を切りました。

2007.08.15 12:21 | 途転の力学

終戦記念日に思う・・・「平和ボケ」を守るために、今、「平和ボケ世代」が目覚めるべし!
 今日8月15日、日本は62回目の終戦記念日を迎える。 今年は、何十周年に当たるわけでもないのに、8月にはいってから、例年に増して、TVで戦争に関わるものを扱っているように思うのは、私だけではないだろう。(@_@。  NHKでは、sengo62というテーマで、戦争

2007.08.15 13:19 | 日本がアブナイ!

パール判事に見る戦争
昨日、NHKスペシャル「パール判事は何を問いかけたのか」が放映された。A級戦犯を裁いた東京裁判での11人(アメリカ、イギリス、ソ連、フランス、オランダ、中華民国、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、インド、フィリピン)の判事団の駆け引き、葛藤を様々

2007.08.15 15:27 | 現政権に「ノー」!!!

時空を超える戦争の恐怖・・・終戦記念日に思う
人気blogランキング  平和を願う人々の思いを全国へ届けたいと頑張っています。ワンクリック・・・どうぞよろしくお願いします! ■時空を超える戦争の恐怖 / 終戦記念日に思う靖国神社に眠っている御霊は

2007.08.15 21:32 | わんばらんす

白梅学徒隊 アンカー終戦の日スペシャルを見て
 関西テレビの夕方の報道番組であるアンカーで、今日は終戦の日スペシャルとして「知

2007.08.15 21:34 | アッテンボローの雑記帳

柏崎刈羽原発で情報開示が滞る「信仰的な拘泥」という仮説
(下書き保存していたエントリーに最新情報を追記しています)調査直後にコメント保留で帰っていったIAEAから、このような見解が挙げられています。東京新聞 「被害、予想より軽微」 IAEA、地震の柏崎刈羽原発 2007年8月15日 09時48分  【ウィーン15日共同】

2007.08.15 23:37 | Like a rolling bean (new) 出来事録

東條英機元首相 公的遺書 全文
 本日は終戦記念日と言う事で、東條英機元首相の遺書を紹介させて頂きます。 この公的遺書は、昭和23年12月23日の0時1分の死刑執行の直前、12月22日午後9時半から10時半に、独房における最後の面会の際、あらかじめ用意し

2007.08.16 03:54 | Red Fox

安部首相の式辞から国語の読解問題
            [[attached(1)]] [[attached(2)]]次の文は、本日昼に行われた全国戦没者追悼式での安部総理大臣の式辞の一説である。右記全文http://www.kantei.go.jp/jp/abespeech/2007/08/15sikiji.html を参照の上、文の示す意味として適切なものを選択肢の中

2007.08.16 07:06 | キリスト者として今を生きる

現実派が支持する憲法9条
 終戦記念日の昨日、NHKの目玉の特集である「日本のこれから ~考えてみませんか?憲法9条」を見た。 憲法9条を正面からテーマにした生放送の討論番組で、有識者のほか、市民も参加して、活発な議論が展

2007.08.16 08:03 | 津久井進の弁護士ノート

小沢氏は改憲論者なのか?
||<#ffffff'style='font-size:15px ;color:#000000'`` 昨日は、クーラーのきいたところでスポーツだ!と、午後いつものように地区センター体育室へいった。が、大勢の人で満員だけどいつものメンバーは誰も来ないので、本でも読みながら待つかなと、地区

2007.08.16 09:33 | ふじ香の思うこと

終戦記念日に日本共産党の街頭演説を聴きました
 ここ数年、8月15日に日本共産党街頭演説を聴くのは私のライフワークの1つです

2007.08.16 11:02 | 嶋ともうみ☆たしかな野党を応援し続ける勇気を!

お墨付き貰った? 小池防衛相の専横
官邸 防衛相 次官人事で不協和音2007年8月16日 東京新聞 朝刊 小池百合子防衛相が十五日の閣議決定を目指していた守屋武昌防衛事務次官を交代させる人事は同日、二十七日予定の内閣改造後に先送りされることが決まった。この

2007.08.16 11:52 | Dendrodium

NHKの9条の討論会
昨夜NHKで[日本の、これから「考えてみませんか?憲法9条」 ]についての放送があった。出席者は元経済同友会憲法問題調査会委員長の高坂節三さん,一橋大学大学院教授の渡辺治さん,慶応義塾大学教授の小林節,漫画家の小林よしのりさん,東京外国語大学大学院教授で

2007.08.16 12:57 | 無党派日本人の本音

終戦記念日
 「本日は、戦没者を追悼し平和を祈念する日です」(政府広報・厚生労働省)が各紙の一面に載った。 第二次世界大戦が終結して62回目の「終戦記念日」が訪れた。戦争による加害者側も被害者側も、この戦乱の中で多くの惨たらしい死を迎え、二度とこのような戦乱を起こすま

2007.08.16 15:37 | 関係性

<創作と批評>週刊論評「期待しても良い南北首脳会談」
(2007年8月14日 <創作と批評>週刊論評) ジョン・チャンヒョン 国民大学校兼任教授予想していた8月についに 第二次南北首脳会談が開かれる。今回の首脳会談は先月末に将官級軍事会談が決裂し、「今年は難しいだ

2007.08.17 00:53 | 韓国左派・市民メディアのニュース

マダム・スシ総理大臣候補ですか???!!!
15日、終戦記念日とその翌日にマダム寿司こと小池百合子氏が来沖していたようです。どうりで気分が悪いと思ったら、、、というのはあながち言いがかりではなく、今回の「県知事が受理していない状態でのアセス方法書の公開」に対する抗議文書の文面などを考えたり、入手し

2007.08.17 01:34 | リーフチェッカー’さめ’の日記

原爆症認定・・・「裁判と見直しは違う」 はぁ???
人気blogランキング  平和を願う人々の思いを全国へ届けたいと頑張っています。ワンクリック・・・どうぞよろしくお願いします! ■得意技は「二枚舌」 / 原爆症の認定迷走する暴走特急「安倍内閣」は、ど

2007.08.17 01:38 | わんばらんす

159151 米国金融機関の投資損失の救済が米連邦準備理事会(FRB)によって開始
159151 米国金融機関の投資損失の救済が米連邦準備理事会(FRB)によって開始   猛獣王S ( 30代 東京 営業 ) 07/08/17 PM01 >米連邦準備理事会(FRB)は13日、公開市場操作を通じ20億ドルの資金を金融システムに供給した。オペ対象は米国債やモーゲ

2007.08.17 13:30 | サラリーマン活力再生

「靖国問題」の本当を問う!
今回は、「靖国問題」を、哲学的な観点から考察する第2篇です。ところで、そもそも何故多くの論者の間では政治問題とされている「靖国問題」を哲学的な観点から掘り下げなければならないのでしょか?理由はたった一つ。「靖国問題」とは本来、政治

2007.08.17 16:08 | どーゆーこっちゃ…!! 私は絶対にだまされないゾ

不十分で誤った過去の総括の上に感情論で軍事的展開をすすめることの愚かさ
(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。)自衛隊出身議員、佐藤正久氏の発言と、杉浦ひとみ弁護士のおこなった記者会見の模様が今日の東京新聞の朝刊に出ていました。杉浦ひとみさんからもコメントを

2007.08.18 00:01 | 村野瀬玲奈の秘書課広報室

ネットの力 と 「世界中のブログ」 
人気blogランキング  平和を願う人々の思いを全国へ届けたいと頑張っています。ワンクリック・・・どうぞよろしくお願いします!  あなたの身近な「困った人たち」の精神分析―パーソナリティそのミクロな狂い

2007.08.18 00:07 | わんばらんす

安倍内閣閣僚が靖国神社参拝を自粛する中で、唯一参拝した高市早苗大臣に関する皮肉
 今度から私は彼女の事を、 高市早苗 (たかいち・さなえ) ではなく、 タカ派市

2007.08.18 18:37 | 嶋ともうみ☆たしかな野党を応援し続ける勇気を!

これが「靖国」の本質だ!
さて今回は、「靖国問題」を、哲学的な観点から考察する第3篇です。外界は記録的な猛暑に見舞われていますし、ここは一つ静かな心持で部屋に篭り、パソコンと向き合いながら、私と一緒に「靖国問題」の本質をじっくり考えてみるというのは如何でしょうか…?

2007.08.18 18:49 | どーゆーこっちゃ…!! 私は絶対にだまされないゾ

159278 改憲論者で集団的自衛権推進論者の前原氏をメディアが頻繁に取り上げる意図は?
159278 改憲論者で集団的自衛権推進論者の前原氏をメディアが頻繁に取り上げる意図は?  猛獣王S ( 30代 営業 ) 07/08/19 PM04 『説得力欠く前原「国益」発言』(JANJAN)リンクより転載します。--------------------------------------------------------------

2007.08.19 18:54 | サラリーマン活力再生

何故靖国神社があるのか?
さてさて今回は、「靖国問題」を、哲学的な観点から考察する第4篇です。もう一度前提を確認しておきますと、哲学的な観点から「靖国問題」を問うということは、靖国神社を靖国神社たらしめている‘より本来的なもの’とは何かを明らかにする試みでした。

2007.08.21 14:38 | どーゆーこっちゃ…!! 私は絶対にだまされないゾ

靖国神社の信者は誰か?
さてさてさてさて、今回は、「靖国問題」を、哲学的な観点から考察する第5篇です。もう一度、前回のブログの末尾で触れた大前提を確認しておきましょう。 靖国神社とは一見すると 古来より綿々と受け継がれてきた神道の伝統の脈略に 属しているように

2007.08.22 12:52 | どーゆーこっちゃ…!! 私は絶対にだまされないゾ

靖国神社でないとダメなのか?
いよいよ、今回は、「靖国問題」を、哲学的な観点から考察する第6篇(完結篇)です。これまでにご紹介してきた靖国論のポイントを整理しておきましょう。 <ポイント1> 靖国神社の本殿に祀られている「祭神」は、 神話に登場する神や天皇などではな

2007.08.23 14:02 | どーゆーこっちゃ…!! 私は絶対にだまされないゾ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。