らんきーブログ

世の中のおかしな事をあたりまえに考える。大事な事は情報を知ることだけじゃない。だからどうするのってことじゃない?


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

毎日のようにネットでNEWSサイトを斜め読みして、忙しい時は欽ちゃん読み?(飛び飛びの意)で興味や関心がある話題について知る。ネットでニュースを読む利点は見出しに惑わされない事ではないか?とかこの頃考えてみる。どうしても新聞などは見出しの文字の順で見てしまう事がある。ま、時間がたっぷりとある時は出来るだけ分け隔てなく見るようにはするが、多忙な現代人はどうしても主だったものを中心に見ていくのではないだろうか? 
その点ネットの場合は速報性という点もあるが、見出しが見る度に順繰りに羅列してくれる。だからある意味、新聞のような見出しに釣られるようなミスリードは無い。

とはいえ、TVよりは新聞の方が数倍真実は語っているだろう。どうしてもTVの場合は人為的な印象操作?(イメージ操作)が先行してしまうので、BGMや映像操作により邪魔なものまでがインプットされる事もある。取り上げる個々のニュースの時間もTV局次第である。
要するにTVは印象に重点を置くメディアで、新聞はとりあえず、見出しの大小の作為はあっても事実は伝達するメディアだと言う事か。

いくら昔に比べTVは見なくなったとはいえ、やはり家では在宅中ほとんどTVは流れている(嫁さんが好きだし)この頃のパターンとしてはネットで情報が頭に入る。それをTVで映像確認する。そして新聞で細かに知る。といったところだろうか。大まかだけどね。
ここで昔と違うところといえば、やはり最初にネットで情報を先入観が少ない状態でランダムに知るという行為が入っている事だろう。自分の中の重要性のランク付けが行われる。そのうえでTVや新聞を見てその扱われ方のギャップを感じる事が以前より多くなったという事か。
情報はそこに「人」が介入する事で、同じ情報でも、入ってくる順番や、仕入れ元で微妙に変わってくるものなのである。そんな情報の話。

だれのための情報か  by 東京新聞 社説 2007/2/25
<略>
■情報主の思惑が優先
いずれも共通しているのは、情報の持ち主や送り手側の思惑や論理が優先し、情報の受け手は二の次になっていることです。

 情報に関するエピソードを一つ紹介します。米国のジャーナリスト、リップマンの古典的名著「世論」(岩波文庫)の冒頭にあります。

 <一九一四年、大西洋の島に英国人、フランス人、ドイツ人たちが住んでいた。電信は通じず、情報は二カ月に一度の郵便船だけだった。ある日、船着き場に集まった人々は驚く。六週間以上前に、英仏両国とドイツ間で戦争が始まっていたと知ったからだ。島の住民は仲良く暮らしていたが、現実には敵同士だった>

 リップマンは続けます。「われわれは、周囲の状況をいかに間接的にしか知らないかに気づく」

 つまり、情報のほとんどは間接(二次)情報だというのです。この指摘は百年近くたった今でもさほど変わりありません。自分で見聞きして得る直接情報の量は、たかがしれています。ただ、激変したのは、情報を伝達する手段(メディア)が飛躍的に発達したことです。

 新聞など活字メディアに電波(テレビ・ラジオ)が加わり、さらにインターネットが登場。デジタル化による情報技術の進展で多メディア多情報社会が到来したのです。
 実際に、人やモノ、出来事についての情報が洪水のように押し寄せてきます。しかも自分で確かめるのが難しい間接情報が大半です。
<略>

東京新聞はネットでしか見た事は無いが、いつも思うのだが、姿勢がいいと思います。
限られた色々な制約の中で「人」の匂いが一番する新聞だと思っています。

情報洪水の中で生きている私たちも、この100年近くも前のリップマンの話ではありませんが、似たような状況にある部分も多いのには驚きます。情報の大小、スピードが如何に発達しても、その間に「人」が存在する限り、便利なものだけにはならないのが人の世なのでしょう。逆に言えば情報量が増えて、その変化のスピードが従来とは比べ物にならないほど早くなった為の弊害として情報難民だけではなく、これ以上情報は要らないという情報棄民、あるいは嘘情報も多いから困るという情報嫌人すら大量発生しているのが現代だと思います。

TV情報の場合で言えば、郵政選挙のように、小泉単純化一郎がしたようなステレオタイプになってしまっている。今でもその傾向は多い。

ステレオタイプ
特定の社会集団の成員がある社会的事象に対してもつ過度に単純化、固定化、歪曲化された概念やイメージをさし、一般に好悪とか憎悪の感情的意味を帯びる。リップマン(W.Lippmann)が、このことばを「頭の中にある像」を示すものとして用いて以来、社会心理学の概念として用いられるようになった。日本文化教育では、その知識が「日本人とはこういものだ」「日本ではこのように行動すればよい」といったステレオタイプ的なものの見方の形成につながる危険性があるので、注意しなければならない。

小泉単純一郎が叫んでいた「改革」か「抵抗」かのような単純化した報道が溢れているのが今のTV報道の典型的なパターンになるのだろうと思う。しかし情報洪水の現代社会では必要悪として存在してるのも現実である。皆が全てその問題の本質を詳しく知っていれば問題は無いのだが、予備知識が少ない、多くの忙しい現代人にとっては、このステレオタイプというやり口は、ある意味有難いものにもなっている部分もあるというのは現実なのだ。
ま、そんな深くは考えないで流されているって事なのだけど^^

どうでもいいような情報番組ならば、ステレオタイプも現代人にはしょうがない部分もあるが、やはり政治の問題はそうはいかない。国の行く末を決める問題なのだからイメージで決められてはたまったものじゃない。二度と郵政選挙のようなステレオタイプは御免である。
大事な事は、このステレオタイプに慣れて、危険性に気づかず、感化されてしまっている人々をどうすればいいか?という事なのだと思う。今後もTVはその傾向で行くのは見えている。

「単純化、固定化、歪曲化された概念やイメージ」をTVは確信犯的にすると言う事は忘れてはならないという事だ。
一見、忙しい現代人の為には善意のようだが、やはり根本は悪意の塊の放送状態だろう。
私のブログも「わかりやすさ」をテーマに書いている。しかしそれは「単純化、固定化、歪曲化」は含まれないものでありたいし、そうあらねばならない。
私の言う「わかりやすさ」とは、こういった問題を含め、知らない人や気づかない人、流されている人達が多いのだという現実を踏まえて、それを逆利用するような心構えでブログで伝えていく事かなと思っている。昨日も書いたけど、「気づく」「気づかせる」事からだと思うのだ。

気づいた瞬間からもう人は二度とそのステレオタイプという呪縛から解き放たれていくのだから・・・。それを私はわかりやすく伝えて行きたいと思う。
そこに悪意があれば別だけど、わかりやすいという事自体は悪い事ではない。
「わからないところがどこだかわからない」「それを知るためにどうしたらいいかわからない」
そういった現代人は、想像以上に多いのだと思う。
まずは「気づいてもらう」こと。 後は自分で判断すればいい。
私のブログが目指すものは「わかりやすさ」よりも「気づきやすさ」なのかも知れない。

 ブログランキングに参加しています。

※人気ブログ 政治ブログランキング :現在27位 


にほんブログ村 政治ブログへ※にほんブログ村 政治ブログランキング :現在3位


トラックバックピープル「2007年参議院選挙 野党共闘 」  
関連記事

コメント一覧 現在承認制です ☆削除及び、レスの有無は管理人の独断☆

こんばんは。

「報道機関に可能なことと言えば、通常は、どこかの役所や機関が独自の思惑で記録した資料を借用して、大衆に示すことだけなのだ。新聞が伝えるそれ以外の部分は、すべて、書き手の意見や主張や、気まぐれや、はにかみや、はったりにすぎない。」
(「メディア仕掛けの政治」―ウォルター・リップマン)


新聞にしろ、テレビにしろ、情報(インテリジェンス)は少なく、論説等の書き手の見解や意見が、主だと思います。日本の新聞や報道番組(テレビ)は、事実と論説の境界線をぼかしています。そこが、ずるい。

明らかにミスーリードを招く報道をした、と看做せる郵政選挙報道はいただけませんでした。

あと、ぶいっちゃん様のブログは、「考えさせる系」だと思っています。

2007.02.25 22:53  | 四季桜 #pfktzkFc [ 編集 ]

四季桜さん
こんばんは~。 日本にもいないですかね? 現代のリップマンが大勢!

>事実と論説の境界線をぼかしています。そこが、ずるい。
そうですね。共謀罪の記事なんてあまり大きく取り上げられた事はないですし、片隅扱いが多い。とりあえず掲載してるという雰囲気がありますね。

>「考えさせる系
これは、なんだか嬉しいお言葉です。意外にブログ上の自分の事はよくわかってない部分もありますからね~。 
有難うございました!v-290

2007.02.26 00:11  | ぶいっちゃん #GUniAnuw [ 編集 ]

 たとえば普通のニュース解説番組だと、視聴者からの反応を手紙で受け付けて、取り上げないものは放置ということになり、恣意的な感じは否めなかったと思います。

 たまたま「愛川欽也パックインジャーナル」という番組のHPを見たところ、なんと「ブログ」形式になっており、視聴者同志の議論が出来るようになっている。これは双方向だと思いました。番組を見た感想や、そのほかの意見なども書き込めるので、たとえプロデューサーが取り上げないことでもブログには残りますので、視聴者にはどんな人がいるのかなど知ることが出来てとてもいいと思います。

 しかしいかんせん、あまり書き込みがない。ご紹介しますので、皆さん書き込みなさってはいかがでしょうか。
番組で、皆さんの意見を取り上げてくれるかもしれません。
(かく言う私も書き込みをひとつしてしまいました・・・)
http://asahi-newstar.com/program/packin/

 ちなみに「パックインジャーナル」はバックナンバーの一部を「Yahoo動画」で無料視聴できるので、CSの機械を持ってない人も見てみてはどうでしょうか・・・・。

2007.02.26 01:02  | mx #rLlHhCsg [ 編集 ]

ちなみにこの「私」は、パックインジャーナルや、テレビ朝日や、某「広告代理店」の回し者ではありませんので、ご安心を・・・

2007.02.26 01:22  | mx #rLlHhCsg [ 編集 ]

mxさん
面白いですね。キンキンですね。確かにあまり多くは無いですね^^;
今度私も見て見ます。だんだんこういった系が増えてくるでしょうね、今後は。ポイントはネット双方向は視聴読者が応援していく事でしょうね。

朝生みたいな「ヤラセ誘導」っぽい生中継ではなく、街頭とかで一般国民に生で政治についてのインタビューとか企画して欲しいですね。編集なしでやるとかなり違った内容になると思うんですがね^^v-7

2007.02.26 11:21  | ぶいっちゃん #GUniAnuw [ 編集 ]

こんにちは^^
東京新聞は、安いですよ~
ロクデモない広告も少ないですし、お勧めです。
それでも、最近の東京新聞も、新旧交代で、
若者編集者が増えた為か?
ヤワナ傾向もみられますね^^;

2007.02.26 12:26  | una #- [ 編集 ]

「気付き」はとても大切ですよね。
テレビでの報道はあまり信じてません。
やはり、新聞を見開き、情報をたどっていきます。
しかし、新聞も社によっては内容も異なりますし、結局はネットで同じ項目のものを見比べになっちゃいます。

難しいことはよく分かりませんが、報道や新聞掲載のことで、嫌な想いをした人が身近に何人かおりますので、それ以来は見聞きする情報は用心深くなってます。

2007.02.26 13:14  | よじまま #LBBrlPtc [ 編集 ]

そういえば、最近、ホントに新聞を読まなくなりました。
この間も、友達と話をしていたんだけど、新聞で一番見るのはテレビ欄ですもん。
この見るっていうところが現状を物語っているような気がしますね。
はっきり言って、読むようなことなんて、そんなに無いってことかな。
それに、それに、ですよ。
そんなことなら、TVブロスでも買ってた方がいいじゃん、ってことになりまして…。
お互いに、苦笑いですわ。
まあ、新聞とってるのは、保険みたいなものかもね。
情報はネットで充分だし、
突っ込みたければ、ブログがあるしね。
このぶいっちゃんのブログをはじめ、いいブログがいっぱいあるでしょ。
だから、そういう意味じゃ、情報に不便を感じていないんです。
みんなもそうなんじゃないかなぁ?
たまに、ものみんた…
じゃなくて、みのもんたを見たりして、
ファイナルアンサーとか言って、ニュース番組に茶々を入れています。
国会中継なんか、僕にしたら、吉本新喜劇を見る感じですもんね。
娯楽番組のひとつです。
本当に必要な情報を入手したいときは、僕の場合、書物でしょうか。
全力少年ならぬ、読書少年であります。ハイ!

2007.02.26 14:24  | テッド #- [ 編集 ]

unaさん
そうらしいですね。>安い。
ネットで見る限りでは頑張ってるって雰囲気がよく伝わります^^
いつまでも今の感じで市民感覚に近い記事を書いていって欲しいもんです。
色々と難しいでしょうけどね。 応援しています。v-15


よじままさん
ネットの記事やブログを読んだ後でTVを見ると、気力が萎えますからね。
たまに、どっかのブログ通りのコメントするキャスターもいたりして笑う時もありうますが。やはりTV報道は、根本から考え直さない限り、賢い視聴者が離れて行くのは止められませんね。 となると益々TVはバカになるか(笑)

ネットがいいのは記事にしても、ブログにしても同じ情報から流れる真意を見比べ考える事が出来ると言う事ですね。勉強になります^^v-290


テッドさん
テッドさんから以前教わって買った本の著者、フルフォードさんのブログは頑張っていますね~。彼はスゴイですよ。

実は私も新聞は、何日か遅れで見る事が多いです(笑) 
普段はTV欄と読者からの投稿欄(これが意外に世の中の縮図で面白い)くらいです。
だから、何日か遅れで、気になった記事の扱いが、当時はどれくらいだったかをチェックしているくらいです。 暇な時だけですが^^;

地デジだ、ワンセグだ でいくら宣伝しても中身のないTVもねぇ~。v-288

2007.02.26 15:10  | ぶいっちゃん #GUniAnuw [ 編集 ]

「マニュファクチャリング・コンセント~マスメディアの政治経済学」の翻訳家・中野真紀子さんと、「ビデオニュース・ドットコム」代表のジャーナリスト・神保哲生さんをゲストに向かえ、「放送から考える」と題したトークイベントを4月21日に行います。これは先日始まったYouTube連動展覧会「Double Cast」の関連イベントなのですが、よろしければぜひご参加下さい。詳細はサイトでご確認ください。
http://doublecast.survivart.net/event/index.html#t06

2007.04.15 18:12  | Survivart #HHwP0Xsw [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック ☆削除他の権限は管理人の独断です☆

トラックバックURL↓
http://rankeyblog.blog68.fc2.com/tb.php/465-a2988533

「雛飾り」内閣。
                    雛飾り

2007.02.25 19:54 | 酔語酔吟 夢がたり

冷戦とは内ゲバだった ?
>英米金融資本による右派グローバリズムが生まれた頃、マルクスによる左派グローバリズムが生まれた。このセクト内対立は、第2次大戦後、ソ連・中共が生まれたことで激化した。我々はそれを冷戦と呼んだが、実はそれは同一の思想集団の中の内ゲバだった。やがてソ連が崩壊

2007.02.25 20:17 | 晴耕雨読

ネットイナゴの恐れとネットの影響力
【磨】「ネットイナゴ」がふさわしい  ネットにはマスメディアに対する不信が充満している。小紙をはじめこのところメディア各社で相次いだ不祥事は、その傾向にますます拍車をかけた格好だ。 その一方で、メディ

2007.02.25 22:53 | 夢想飛行-伝統的保守へ

何で吉田万三さんで一本化できないんでしょうかね?
何で吉田万三さんで一本化できないんでしょうかね? s(・・;) この記事は喧嘩するために書いてるのじゃなく、冷静に問いかけるつもりで書いているのであるからして、反応する方は喧嘩腰で書いてくるのじゃなく、冷静に反応するように。   ◎しんぶん赤旗2007年2月25日

2007.02.25 23:02 | 独裁制をぶっこわそう!戦争・軍国ヒステリーを人類の叡智と良識で克服しよう!

はてな?の広報活動の進捗率。
う~ん。。。やっぱり話すより書くほうが難しいなぁ<イイワケ 気がつけば3週間近く経っちゃったよ。。。_| ̄|○ この3週間近く選ぶ決め手は? を書いてた時から考えてたことを書きたくてまとめようとしてたんだけれども、うまくまとめられないので先送りにしてしまおう

2007.02.25 23:38 | こんぶうのはてな?日記

東京都知事選挙の動向
「東京の未来は私が決める」 東京都知事選挙・東京都議会議員補欠選挙 投票日:平成19年4月8日(日)午前7時~午後8時

2007.02.26 05:38 | 報道基本法制定委員会

【ネット予備選挙】東京都知事2007(告示前)
【ネット予備選挙】東京都知事2007(告示前)「出たい人より出したい人を!」ルールは簡単。この記事にコメントするだけです。全国誰でも、海外からでも投票受け付けます(Nihongo only)。

2007.02.26 05:43 | 報道基本法制定委員会

クラスター爆弾禁止と日本の対応
読売新聞の報道によると、多数の子爆弾を搭載し、不発弾被害が残るクラスター(集束)爆弾の使用・生産禁止を目指してオスロで開かれていた国際検討会議は23日、参加49か国中46か国が2008年末までに新たな条約を制定する目標を明記した「オスロ宣言」を採択して閉

2007.02.26 07:04 | 無党派日本人の本音

人権意識の乏しい政治家は落選させよう!<伊吹民族発言、高知市議「さびた機械」発言+石原発言も>
鼻がおかしいので、風邪気味かな~と思ってたのだが。昨日は目がチクチクと。「うっ・・・もしかして、ついに花粉症になってしまったのだろうか?(・o・)」「頼むから、風邪であって欲しい」と、(風邪歓迎?の)妙な願望を抱いている私である。 先週から、今週にかけて気

2007.02.26 07:51 | 日本がアブナイ!

浅野さんのハートに火をつけよう!・・・勝手連ブログ
浅野史郎さんの都知事立候補を熱望するこのようなサイトが立ち上がっています!賛同するかたはWEB署名をしよ~~~!!!◆ 浅野さんのハートに火をつけよう!http://asano46.exblog.jp/下記のとおり24

2007.02.26 10:29 | わんばらんす

チョムスキーとメディア
渋谷ユーロスペースにて「チョムスキーとメディア」を見ました。ユーロスペースはずっと行っていなかったのですが、場所がかわってきれいになったのですね。椅子がふかふかしていました。途中5分間の休憩をはさんで、約3時間の長丁場ですが(けっこう長い予告も入れて)

2007.02.26 12:53 | ムルダヴァのように

「極めて同質な国」の「人権メタボ」という虚妄
2007.2.26.23:20ころ (2007.2.27.17:15ころ、コメン

2007.02.27 19:59 | 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」

ステレオタイプについて考える。
ステレオタイプについてちょっと考えてみよう[:しょんぼり:][:ひらめき:]今、ステレオタイプの何が問題なのだろう?世の中で色々論議されているけれども、沢山言われている、「ステレオタイプ悪説」実は僕『ステレオタイプは悪くない』と思います。みんな誤解していると思っ

2007.05.15 02:25 | ノーマル大学生癒し日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。