らんきーブログ

世の中のおかしな事をあたりまえに考える。大事な事は情報を知ることだけじゃない。だからどうするのってことじゃない?


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

少子化に役立つんじゃないかと、残業代ゼロ法案(WCE)に関しての自分の意見を珍しく言ったのがちょっと前のことだった安部晋三。実は結構自分なりに、まともな意見のつもりだったと自信があったんじゃないかと私は思ってるw 
実は政策については政治について素人の私とそんなに変わらないレベル、もしかしたらそれ以下だったんじゃないかって思う今日この頃です。
そして参院選を睨んで今国会での提出は断念した模様ですね。

東京新聞:残業代ゼロ法案 今国会 提出断念
 政府・与党は十六日、年収など一定の条件を満たすサラリーマンを労働時間規制の対象から外し、残業代をなくすホワイトカラー・エグゼンプションを導入する労働基準法改正案を、二十五日召集の通常国会に提出するのを見送ることを決めた。七月の参院選への影響を懸念する与党は見送りを主張し、提出を目指す政府との調整が難航していたが、安倍晋三首相も十六日、提出を断念する意向を表明した。 

 首相は首相官邸で記者団に、この制度について「働き方の問題だから、働く人たちの理解が不可欠だ」と指摘。同時に「今の段階では国民の理解は得られていない。理解がなければうまくいかない」と述べ、このまま導入しても機能しないとの見方を示した。

 この制度は、財界の強い要請で厚生労働省の諮問機関・労働政策審議会が導入を検討し、昨年末、労働者側委員の強い反対を押し切る形で導入を求める報告書をまとめた。しかし、「サービス残業や長時間労働を助長する」と世論は猛反発。これに動揺した与党からは慎重論が噴き出した。 (太字色文字は私)

えーっとですね、上記の太字のピンク部分ですが、国民の理解の前に安部晋三、あなた自身が、しっかりと基礎からお勉強して、理解することが先だと思いますw
しかし結局は参院選の結果次第では必ず再浮上して来ますからね、くれぐれも忘れないようにしておきましょう。与党というのはこうして選挙前には大事な問題は包み隠しますからね。



平沼赳夫が脳梗塞で昨年12月から入院しているというニュースが流れていた。
自民党に復党した郵政造反組11人と打ち上げ中に倒れたといううことだ。
命には別状は無いが政治家の大病は命取りである。策士策に溺れるとまでは言わないが、結局、犬猿の仲の中川(蛙)からの郵政踏み絵問題に振り回された心労がたたったのだろう。こんな未来が待っていると思ったら、最初から復党なんか考えなければよかったのにとは思ってないだろうか。参院選で、自民に(というか同じ選挙区の片山虎之助)恩を売って自民に復帰、ポスト安部という野望もここまでだろう。復帰後は厳しい。

さて今日の本題です。私のテーマ「野党共闘」頑張れ記事です。

小沢代表、参院選向け一丸強調 民主党大会閉幕01月16日 asahi.com
民主党は16日の党大会で、参院選での与野党逆転を「唯一最大の目標」とする07年度の活動計画を採択し、閉幕した。小沢代表は大会で政治生命をかけて参院選に臨む決意を表明、「小泉・安倍政権の6年間で、世界で最も平等だとされた日本が最も格差のある国になりつつある。政治を変えることが民主党に課せられた使命だ」と、格差是正を前面に掲げて戦う考えを重ねて示した。
<中略>
 また、活動計画は、通常国会への対応について「国民生活を直撃する問題について議員立法で対案を示し、国会論戦を展開する」と明記し、格差是正緊急措置法案などで安倍政権に対抗する方針。首相が成立に意欲を示す憲法改正の手続きを定める国民投票法案への対応について、小沢氏は会見で「政府与党に単に協力する形もよくないかもしれないし、内容的にどうしたらいいか。政治的判断を近々しなくてはならない」と語った。

国民が見ていてわかりやすい納得できる「政治的判断」を是非してもらいたいものだと思う。結局、選挙にしても現在ある政党の中からしか私達は選べない。
自公政権が嫌ならばどこかの野党に「自公にNO」の1票を入れるしか方法は無い。そしてそれは価値ある1票にした方がいいのは間違いない。

一昨日の記事でも書いたが、自公の支持率に対して、野党全ての支持率を足しても現況では自公の方が圧倒的に強いのだ。無党派票を全て足してやっと勝てるといったところなのだ。

政党支持率では、自民党は41.9%(前回44.6)公明党は4.4%(3.5)。あわせて46.3%。
しかしそれでは野党は上がったのかというと、民主党15.4%(前回20.3)、共産党3.9%(3.0)、社民党1.9%(1.4)、国民新党0.3%(0.6)であわせても21.5%の支持率しかないのです。自民支持の次に多いのは「支持政党なし」の無党派が30.3%(前回25%)なのです。それも前回よりも5%もアップしています。

野党共闘は一日にしてならず


その無党派層が、思い思いに『自公政権にNO』の1票を入れたところで各野党に分散するだけで、野党候補者が多ければ多いほど、漁夫の利で自公の候補者が有利になるという事は小学生でもわかる理屈なのだ。
その為の野党共闘なのだ。「安部政権にNO!」という野党共闘なのだ。
国民のNO」を分散させてはいけない。元々支持率でも勝っている「YES」の自公支持層はまとまっていて、「NO」がバラバラのままでは勝てるわけが無い。

えっ?なんですって?政治家なんて自民も民主もそんなに変わらないじゃんですって?
社民や共産はキライだって?国民新党?何それって?えぇえぇ、わかっています。
それを承知の野党共闘!それを承知の自公政権にNO!それが国民の大人の対応^^
新しい風(爽やかでなくとも)を国政に吹かせないともう駄目だと思う。

統一地方選から参院選までの亥年選挙のこの一年。
死票の量産はいけない。現政権を倒す為の生票選挙・野党共闘選挙をやって欲しい。
野党の皆さんにはその死票の数だけ近い将来、国民が死んでいくと思って欲しい。
国民の1票が生きる、そして生かされる1票となる選挙にして欲しいものである。

 ブログランキングに2つ参加中しています^^応援ヨロシクです。
 ※人気ブログランキング :現在23位 

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村 政治ブログランキング :現在3位

<↓情報が満載↓>
AbEndフォーラム
News for the People in Japan
トラックバックピープル「安倍晋三」 
トラックバックピープル「2007年参議院選挙 野党共闘 」  
関連記事

コメント一覧 現在承認制です ☆削除及び、レスの有無は管理人の独断☆

コメントありがとうございました。

野党共闘で頑張って貰いたいと切に思います。
バラけてちゃぁ~お話にならないし、小沢さんも命を賭して覚悟を定めてやってもらいたいと思う。

せめて弱者に優しい政治であってもらいたいと思う・・・・・

2007.01.17 18:52  | とらちゃん #- [ 編集 ]

いっそのこと、共産党に立候補するなというメールを送ってみてはどうでしょうか?結局奴らは都合のいい事いってるけど、やってることは自民に対する選挙協力。こんな馬鹿なことはもうやめてもらいたい。

2007.01.17 23:04  | あいうえお #- [ 編集 ]

とらちゃん
神戸に行かれたんですよね。お疲れ様でした。
あれから12年ですね。早いものです。まだまだ大変だと思います。
野党共闘は難しい面も多いけど、ホント頑張って欲しいと思います。
小沢一郎も、負ければこれが最後の闘いになるでしょう。
>せめて弱者に優しい政治であってもらいたいと思う・・・・・
その通りだと思います。v-294


あいうえおさん
はじめまして。コメント有難うございます。
それはネット上でよく見る意見ですが、ありえないし無意味でしょうね。
勝てる候補者を一本化する意味での野党共闘が理想ですけどね。
なかなか現実には難しいのが現実ですが・・・。v-288

2007.01.18 01:15  | ぶいっちゃん #GUniAnuw [ 編集 ]

こんにちは。死に票をできうる限り少なくしたいですね。
死票の数だけ国民が死んでいく…強い言葉です。
では、どうしたらいいか。民主党は国民投票法案に賛成しそうですね。その場合、今回は選挙区では民主に入れようと思っていた護憲派は離れるでしょうね。民主には、与党と全面対決しつつ、生活関連で幅広く訴えて、与党支持者から票を取る迫力を出してもらいたいです。
また、マスコミにも粘り強く働きかけなければいけないのかなぁと思います。
あきらめてはいけないのですが。。。。

2007.01.18 10:44  | ゆうやけぐも #- [ 編集 ]

ゆうやけぐもさん
こんにちは。
まさしく仰るとおりだと思います。ゆうやけぐもさんの言葉をそのままマスコミから毎日流して欲しいくらいだと思います。民主党員もそれを全員が理解しつつ行動してくれたらいいのですが。
争点をずらさないで最後まで国民に届く声で野党には頑張って欲しいですね。
先取りして選挙の話をこれからも書いていくつもりです。頑張りましょうネ^^v-218

2007.01.18 10:52  | ぶいっちゃん #GUniAnuw [ 編集 ]

こんにちは。
野党のトップにいるはずの民主党ですが・・
ポスターにしても帆船のCMにしても、
なんか笑っちゃう(失礼^^;)モノです。
もっと力強い訴え方が出来ないものでしょうか?
内輪で作成してしまったのかしら、経費削減とやらで・・
もちろん、自公などには逆立ちしても入れませんが、
民主党の内部分裂とか、ヘンに与党より政策とか、
私としては、大船に乗れない気がして、心もとないです^^;
(それでも、自公阻止の為には、民主に入れるでしょう)

2007.01.18 14:34  | una #- [ 編集 ]

unaさん
あのCMは民主党内からも批判は多いようですね。小沢さんの病気を思い出すとか、洗剤のCMっぽいとか。文句ばかり言ってもしょうがないと思うけど。
何かと心配な点も多いけど、応援するより道は無し。期待に応えて欲しいものです。私も民主党を応援するのはこれが最後の気持ちです。v-41

2007.01.18 16:50  | ぶいっちゃん #GUniAnuw [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック ☆削除他の権限は管理人の独断です☆

トラックバックURL↓
http://rankeyblog.blog68.fc2.com/tb.php/426-f3be9585

検察官は卑怯者:後編
はじめてのかたは、トップページもお読みください検察官は、一度起訴すると、なりふり

2007.01.17 17:22 | 不動産鑑定士半兵衛の権力との闘い

12年経ちました。+奥谷禮子・その3
神戸新聞 2007/01/17 08:27胸に刻む防災と減災 阪神大震災から12年阪神大震災から12年 6434人が亡くなった阪神大震災は17日で1995年の発生から12年。神戸市など各被災地では犠牲者の冥福を祈り、教訓を語り継ぐ追悼行事が行われる。近い将来、....

2007.01.17 18:36 | 晴天とら日和

ヒロシマ
私の家族のひとりには、大きなやけどの跡があります。小さい頃は、「あれは、お勤め先の調理場でやけどした跡なのよ。」と聞かされていました。小5のとき、広島の平和記念資料館に、社会見学旅行で行くことになりました

2007.01.17 18:45 | わたしの心のものさしで

かくも長き(?)不在 @ 半月以上も更新を止めてしまった……
 あちゃあ……。 前回のエントリーから、もう半月以上も更新を止めてしまった。 いい加減、新エントリーを書かなければ、と思いつつも、気が付いたら半月以上も経ってしまった。 今月6日までは、公私とも

2007.01.17 19:08 | 嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)

ホワイトカラー・エグゼンプションはまだまだ続く
残業代ゼロ法案 政府、通常国会提出を断念(朝日新聞) 政府・与党は16日、一定条件の社員を労働時間規制から外し、残業代をなくす「ホワイトカラー・エグゼンプション」(WE)を導入する法案について、25日からの通常国会への提出を見送る方針を決めた。安倍首相は1

2007.01.18 00:33 | 非国民通信

平沼赳夫
平沼赳夫衆議院議員 平沼赳夫生年月日1939年8月3日出身地岡山県最終学歴慶応義塾大学法学部前職日東紡績議員秘書(中川一郎)役職元・経済産業大臣(第二次小泉内閣

2007.01.18 04:44 | みかのblog

日本青年会議所と教育「再生」
1/17。12年経ったのですね。身内が多く震源近くに住んでいて、それにちょうど数日前までその場所にいて東京に戻ったばかりだったので、本当に驚いて、恐ろしさに震えたことを思い出します。ただ、そんな外から見ていたわたしがコメントすることは不快を与えるかもしれないけ

2007.01.18 08:54 | Like a rolling bean (new) 出来事録

憲法ってどうしてむずかしいのだろうねえ
お玉が池小学校の裏手のお玉が池にて・・釣りをする二人・・もとい、1人と一匹の影。よくみるとそれは、たまちゃんと普段華氏451度に出入りしているムル。ムル「なんか、大変そうだねえ・・たまちゃんところのお玉おばさん」たま「うん、なんでも憲法や立憲主義を少しで....

2007.01.18 10:29 | お玉おばさんでもわかる政治のお話

そのまんま東善戦+ノリ自由契約
いよいよ、台風の目になりそうな気配だねぇ。馴れ合い政治を打破するにはショック療法も必要かもしれません。宮崎の方々がどういう判断を下されるかじっくりとみていようと思う。宮崎日日新聞知事選立候補者顔ぶれ - 顔写真やマニフェスト。----------------------...

2007.01.18 17:09 | 晴天とら日和

やっと現状を把握するにいたったアホ内閣
{{{:[http://news.goo.ne.jp/article/asahi/politics/K2007011604270.html 「働く人、敵に回せぬ」世論読み誤った残業代ゼロ断念]}}}やれやれ、ついに(選挙目当てですが)折れたか。この間の判断は、{{{官邸が当初から、WEへの反発の大きさをしっかり認識できていたわけで

2007.01.18 21:34 | だらだらひげおやじ

WCEの提出、正式に断念
{{{:&#39;&#39;&#39;[http://www.tokyo-np.co.jp/00/kur/20070118/ftu_____kur_____001.shtml 国民の理解得られず 残業代ゼロ法案見送り]&#39;&#39;&#39;(東京新聞)&#39;&#39;&#39;[http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070117i114.htm 残業代の割増率引き上げ、与党

2007.01.18 21:35 | だらだらひげおやじ

愛知県選挙戦って、ホワイトカラーエグゼンプションに影響あるかもしれない。
&lt;font size=2&gt;いよいよ愛知県知事選挙戦が始まりました。32年ぶりに自公VS野党戦です。自公は、現職 神田知事を推薦。民主は、前愛知県犬山市の市長、石田さん。共産は、阿部さんという人を推薦してます。それで、なぜ、この選挙がホワイトカラーエグゼンプション

2007.01.19 11:01 | 庶民が世の中の出来事を思ったままつづるブログ

東洋経済 2007/1/13「雇用破壊」
先週の東洋経済の雇用問題の特集で、 人材派遣会社 ザ・アールの奥谷禮子社長の発言が 波紋を呼んでいる。 というか非難を呼びまくっている。 私もこの記事を読んだ時は、わが目を疑ったくらいだった。 「こんなことを言う人が本当にいるの?」 インタビュー記事は『過労

2007.01.21 06:09 | フォトリーディング@Luckyになる読書道

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。