らんきーブログ

世の中のおかしな事をあたりまえに考える。大事な事は情報を知ることだけじゃない。だからどうするのってことじゃない?


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

せっかくの日曜日なんだけど、昨日の記事のコメントでニケさんが仰ってたように先進国には教育基本法はほとんど無いという事実は結構驚いた。
無意識的に当たり前のようにどの国にも似たようなものは存在していると思っていたからだ。
これだから物事は迂闊に断ずる事は難しい。
結論として改正反対は同じでも、やはり基本的な概念がまず無いといかんですね^^;

東京新聞社説:行く先は未来か過去か
 ■普遍原理からの再興
先進国中に教育基本法をもつ国はほとんどなく、法律に理念や価値を語らせるのも異例だが、何より教育勅語の存在が基本法を発案させた。


 明治天皇の勅語は皇民の道徳と教育を支配した絶対的原理。日本再生には、その影響力を断ち切らなければならなかったし、敗戦による国民の精神空白を埋める必要もあった。

 基本法に込められた「個人の尊厳」「真理と正義への愛」「自主的精神」には、亡国に至った狭隘(きょうあい)な国家主義、軍国主義への深甚な反省がある。より高次の人類普遍の原理からの祖国復興と教育だった。

 一部に伝えられる「占領軍による押しつけ」論は誤解とするのが大勢の意見だ。のちに中央教育審議会に引き継がれていく教育刷新委員会に集まった反共自由主義の学者や政治家の熟慮の結実が教育基本法だった。

 いかなる反動の時代が来ようとも基本法の精神が書き換えられることはあるまいとの自負もあったようだ。しかし、改正教育基本法は成立した。何が、どう変わったのか。教育行政をめぐっての条文改正と価値転換に意味が集約されている。 (太字は私)

それでちょっと調べてみたら津久井進の弁護士ノートさんのブログにも載っていました^^; 
お気に入りブログに入れているのに見落としていた私の方が少数派かもしれませんが、とにかくこの教育基本法は大戦後の日本独自の法律だという事は重要な事だ。
アメリカ、イギリス、ドイツ等には教育基本法がないのだそうです。
リンク先で紹介されていた文部科学省の教育基本法資料室を読むとそう載っています。 

教育勅語の存在が教育基本法を作らせたというのは間違いないでしょう。天皇が国民に語らせるような形式で作ったものが戦後もそのまま存在していたら神聖化されてしまい、問題だとGHQが判断したのだと思います。そういった意味で教育基本法は元々は教育勅語のかわりという形で誕生したもので、そういった歴史がない先進国には教育基本法のようなものは存在しないということなのでしょうね。しかし戦後日本は先進国の仲間入りをしました。
通常の流れでは教育基本法はもう他の先進国に倣い、必要無し。あるいは改正があったとしても発展的に未来に向けた希望あるものになっていかなくてはならないのに、それが今回の改正では逆戻りしたかのような改正になってしまったという事だと思う。

教育勅語が何もかも悪かったとは思いません。当時の日本にはそういったものも必要だったと思います。それが遅れて開国した未開国日本の諸外国に示す規範だったのでしょう。教育勅語は民主主義の仲間入りを宣言したという証のような形で各国に翻訳されたらしいですし。それも発展途上の国の歴史の一部だと思います。
そういった理屈で言うと今回の改正はどんな歴史の意味があるのでしょうか?
愛国心を強要」する事で、国民に何を、そして諸外国に何を宣言したいのでしょうか?

「我が国と郷土を愛するとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養う」という意味を今後どう解釈して活用していくのかという事が重要だと思います。
読者の方からこういったメールを頂きました。

ぶいっちゃん,お願いがあります。
わたしは,教育基本法改悪反対のため,東京・国会前にも4回ほど名古屋から出張しました。しかし,政府・与党は聞く耳持たずで,国民に絶望感を持たせることにも成功していると思います。
もちろん,憲法がある限りどんな悪法も憲法違反で訴えていく余地はありますが,我々庶民が裁判を起こすのは大変なことです。
それで,わたしは,直接,日本政府に対抗していくのとは別の方法を考えています。
今まで,わたしが感銘を受けた中で最大のページは
イラク平和テレビ局募金委員会 です。
最悪の状況から,非暴力主義の民衆・労働者がイラクの政権を握るかもしれません。
(日本のマスコミはまったく報道しませんが,石油産業の労働者がストライキを打っているんですから,相当インパクトがあります)
ぜひ,このページを貴ブログで取り上げていただけません?

今日の朝のTV番組でも誰かが言っていましたが、アメリカはまだイラクに数万の兵を増員する計画のようです。アメリカ自身もそして他国も派遣を嫌がっている中で、来年から発足する防衛省によって日本からは大量の自衛隊員が動員される可能性は強いでしょう。
それがまさしく「他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する」というアメリカだけに忠誠を誓う日本政府の態度ではないのでしょうか?
こういったところからも早々と今回の改正は効果を発していきそうな予感がします。
よろしかったら上記リンク先もご覧になってくださいませ。

戦争を起こす口実は簡単に作れます。イラクで自衛隊員が死んだりしたら一気に国民を煽る事は出来るでしょう。北朝鮮が何か起こせば準備くらいはすぐに出来るでしょう。
あるいは全く何も起こらないかもしれません。起こらなければそれでよし。
それは私にはわかりませんが、危機感は持ちたい。それは持つ方が当たり前だと思います。
安倍晋三になってからの矢継ぎ早の防衛庁の省昇格と教育基本法の改正。
そして今後待ち構える共謀罪と、本丸の憲法改正への安倍晋三ロード
この安倍ロードという人の匂いが全くしない道の先にあるものはなんでしょうか? 
その愚か者が作る道の終点に日本の平和が見えますか?

防衛省に昇格した国で愛国心を持たされて、共謀罪で身動きが取れなくなった状態で、戦争の準備、及び参加が出来る国にされようとしているようにしか私には見えませんが・・・。
他にどのような解釈があるのでしょうか?どんなにいい解釈をしても戦争の準備をしているのは間違い無いでしょう。準備をすれば、それを活用する場所を誰かが(アメリカでしょうが)作ってやるだけでいい。 自国では防衛の為の準備と言っても他国から見れば、ただの準備に見えるはずは無いでしょう。日本は靖国参拝するだけでもそう思われているのですから。

なんだか日曜日なのに暗いエントリーになってしまいました^^;
しかし、能天気にこれから先も自分が死ぬまで、日本も自分も家族も友人も、そして愛する人も何も変わらない平和で幸せな人生が待っているとはなかなか考えられなくなってきた今日この頃ではあります。
上記にあげた4つ「防衛省」「教育基本法改正」「共謀罪」「憲法改正」を積み上げていく
安倍こべ方程式で、国民が安心できる答えは出ません。
答えが出るのを待っていては手遅れというのも間違いないでしょう。

 以下のランキングサイトからのアクセスが多いのです。情報伝播の為にもご協力を♪
 ※人気ブログランキング


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村ランキング

 ※FC2ブログランキング

※記事の頑張り度にあわせて上記のランキングバナーをそれぞれクリックお願いします^^;

トラックバックピープル「教育基本法」 
トラックバックピープル「安倍晋三」  
トラックバックピープル「2007年参議院選挙 野党共闘 」  
AbEndフォーラム
関連記事

コメント一覧 現在承認制です ☆削除及び、レスの有無は管理人の独断☆

あきらめない!私もポチッとします。
”絶望”は、シンゾーにあげましょうネ^^

2006.12.17 15:55  | una #- [ 編集 ]

今晩は。
あっちこっち書いてて、何をどこに書いたか、
わからんようになりつつあるサンスケです。佐助ちゃうで~。

国防充実路線は、労働強化・流動化・分断化とセットであることを
うちのブログでも今後、強調していきたいと思っています。

経団連の数々の提言にも監視の目を、ネ。
http://www.keidanren.or.jp/indexj.html

美辞麗句が並んでいますが、少なし「仁」[論語]です。 

ではでは。

2006.12.17 17:20  | 建つ三介 #- [ 編集 ]

ぶいっちゃん、連続投稿です(笑)

コメントを書いてから私の頭の中を「先進国中に教育基本法をもつ国はほとんどなく・・」の文言がぐるぐる回っていました。でも記事にするにはなかなかまとまらない><
そこにぶいっちゃんの今日の記事でした。急に頭がスッキリしました(笑)
ありがとうございます<(_ _)>

>これだから物事は迂闊に断ずる事は難しい。
>結論として改正反対は同じでも、やはり基本的な概念がまず無いといかんですね^^;

本当にそうだと思います。私も、何時の党首討論だったかを忘れましたが、民主党の小沢代表が(小泉時代だったか?)
「現在の教育行政は国の責任の所在が明らかになっていない!」
と言っていたのを聞いて、「なんだ?結構いい加減だな、そういうことではいかんよな・・」などと思っていました。ま、これは国に教育への責任を明らかに出来るようにしろということなのでそれはそれでいいのかもしれませんが
私の「基本的な概念」は改正前の現行教育基本法でありました。だから国は国民への教育を基本法その他で指導することは当たり前だと思っていたのです。

ところが何なんだ!国が「愛国心」を指導教育するなどということはそもそも根本から間違っていたのか!?と
だったら民主党の対案さえもおかしなことになる!

社民党や共産党もこのことをどう考えていたのだろうか?
学者たちは知ってて言わなかったのか?

津久井さんのブログをいま読んできました。「私も知らないことでしたが,
・・」とありました。
やはり皆さんも知らなかったのですね。

教育基本法ばかりでなく全てにおいて根本から見直す必要がありそうですね。
でなければ、私たち日本人は「愚か者が作る道」を首をかしげながら「破滅の終点」に行き着くことになりそうです。orz

2006.12.17 17:31  | ニケ #CqhyQCTQ [ 編集 ]

ぶいっちゃん,わたしの「イラク平和テレビ局募金委員会」紹介のお願いを取り上げていただき感謝です,ありがとう.
補足しておきますと,単にイラクの民衆の他力本願を願う利己的な考えで提案したのではありません.
現在の多くの日本人が政治問題にはまったく無関心である状況――「長いものには巻かれろ,何を言ったってムダ」が根本にある――が闘うイラクの民衆に勇気付けられて,「自分たちの力で世の中は良くできる」と自覚できるようになることを願って,イラク民衆を応援したいと思ったしだいです.

2006.12.17 17:43  | 奈々氏 #M3kLPE06 [ 編集 ]

いつにないぷいっちゃんの強い調子に心打たれました。{/hiyoko_thunder/}

2006.12.17 17:59  | メロディ #- [ 編集 ]

unaさん
そうですね!諦めた方が負けるのは世の常です。頑張りましょう^^
>”絶望”は、シンゾーにあげましょうネ^^
名言ですね! シンゾーにゼツボー 。ナイスです♪v-218


建つ三介さん
お疲れさまです!またここにもいらっしゃいましたね(笑)
巧言令色・・ってやつですね^^ 経団連の面々は。ワーキングプアの元凶。
お気に入りのブログ「つばめ徒然」の今日の記事「日本人とタンポポ」http://sorati57815.blog83.fc2.com/blog-entry-26.html でその話を書かれていました。いい記事でしたよ^^ ご贔屓に♪v-290


ニケさん
ニケさんの昨日の一言のおかげ様で今日の記事のテーマが見つかってよかったです。文字を打つのが遅いので打っているうちに書きたい事を忘れる事がしょっちゅうあるのでまた何かとお願い致します^^
>国は国民への教育を基本法その他で指導することは当たり前だと思っていたのです。
私もそれが無意識に常識のように思っていました。怖いですよね~。

>社民党や共産党もこのことをどう考えていたのだろうか?
学者たちは知ってて言わなかったのか?

TV等にいたってはこの頃はアリバイ作りのように事後放送って形が多いので期待は出来ませんが、知っているのならもっと国民にもわかるような情報開示をして欲しいと思いますね。そしたら議論の始まりは必要か否かからでもよかったわけですから。 全く油断も隙も無い世の中です。v-294


奈々氏さん
早い方がいいと思って早速記事にアップしました^^
>現在の多くの日本人が政治問題にはまったく無関心である状況
これは私もよく感じます。そういった意味で、政治ブログとは関係のない趣味のブログや個人の日記ブログなどでもこういった問題が普通に流れるようになるといいと思うんですがね~。 情報提供ありがとうございました。v-291


メロディさん
なんだか書いているうちに、いつもよりだいぶ気持ちが入ってしまいましたね。今流れたニュースで和歌山知事戦も負けてしまったようですね。v-12



2006.12.18 00:08  | ぶいっちゃん #GUniAnuw [ 編集 ]

ぶいっちゃん、こちらのコメント欄ではごぶさたしています。
(暖かいコメントありがとうございました。風邪はほぼ治りました^^)
激動の数日でした。
きっとこれからもAbEnd、またはオルタナティブなアベが出てきたらそれもEndさせる必要があり大きなうねりの中での激動は続くと思いますが、このようにひとりひとりの知識を共有の知識として、全体を底上げしていけるとよいですね。

「分かる頃には手遅れ」ということはちょうど昨日、戦中生まれの方からお聞きした言葉でもあります。

2006.12.18 01:02  | Rolling Bean #vGLZoWWc [ 編集 ]

Rolling Beanさん
お疲れさまでした。
>このようにひとりひとりの知識を共有の知識として、全体を底上げ
そうです!共有して底上げ! 私もいつも考えている事です。
案外、あと少しというラインまで来ているかもしてません^^諦めなければきっと思いは伝わっていくと思います。頑張りましょう^^v-20

2006.12.18 15:02  | ぶいっちゃん #GUniAnuw [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック ☆削除他の権限は管理人の独断です☆

トラックバックURL↓
http://rankeyblog.blog68.fc2.com/tb.php/397-a257b2c3

社会規範のこと。パート2。
 質問 国家と政府の位置付けについて共通の理解を得たことは喜ばしく思います。時の政府の施策については国民は常に監視を怠ることのないようにすべきです。これについては多分同意いただけるかと思います。 問題は国家とは何かでありましょう。そこで愛国心が浮上してく

2006.12.17 18:36 | 未来を信じ、未来に生きる。

民主主義的市場経済と労働運動
 雇う側と雇われる側に分かれている社会を資本主義とするのならば、社会主義は全企業・国家・自治体をみんなの社会の所有にして雇う側と雇われる側を消滅させることなのか。つまり、みんなが働きたい職種で働きたいだけ「のうのうと」働く社会環境が生産手段の社会化なのか

2006.12.17 18:38 | 未来を信じ、未来に生きる。

張本勲のみた「地獄絵」
張本勲の発言に注目している。『サンデーモーニング』にも常連で出ているので、そこで彼の発言を聞くことが多い。しかし、正直いって、この番組での張本の発言、彼のスポーツ観はひと昔前ならまだ通用したかもしれないが、いまやとても受け入れがたい発言のように思えてな

2006.12.17 18:41 | 花・髪切と思考の浮游空間

改正教育基本法が成立
改正教育基本法が参院可決・成立 安倍政権がこの臨時国会の最重要課題と位置づけた改正教育基本法は15日夕、参院本会議で採決され、自民、公明両党の賛成多数で可決、成立した。民主、共産、社民、国民新の野党4党は反対した。「教育の憲法」と言われる教育基本法が改正

2006.12.17 19:08 | S氏の時事問題

教育基本法改正から見えてくるもの
元々の教育基本法が守られていたとは言いがたい中で改正されても、新教育基本法だって守られないのではないか。と思ってみたりする。それならば、元々守られていなかった教育基本法を変えたところで、大して変わらない

2006.12.17 19:33 | 言ノ葉工房

教基法は、狂気法に変わったけど・・・・・・。
新聞は、教基法が狂気法に変わったことで、もう国会が終わったようなことを言っている。

2006.12.17 20:05 | 南城悪口三昧

教育再生会議の本音(1)
今頃書くなよ。朝日新聞。書くならば、もっともっと早い時期に特集組むべきでしょう。教育再生会議 一次報告原案について・・・今日の一面を見ました。(一部抜粋)いじめ問題をめぐって再生会議ないで「出席停止」をどう表記するか意見が対立していたが、「関係機関が...

2006.12.17 20:42 | お玉おばさんでもわかる政治のお話

池田大作と「公明党」
 最近、自公が固執し国会を通過させた「教育基本法改正」で、法案成立の阻止の立場の人から次のようなメッセージがネットで流れた。

2006.12.17 21:27 | 雑木帖

日本人とタンポポ
かの日本経団連が、先月の記事に書いた「御手洗ビジョン」の中で提言しているのが積極的な外国人労働者の受け入れだ。asahi.comによると経団連は先月の提言でも外国人の雇用に関する基本的な方針を立案し、その調整を行う組織が政

2006.12.17 21:40 | つばめ徒然

言論の自由について
物語を作るのは作者の自由。 それが何かを伝えているとしても。 上のイラストとセリフは、 「Vフォー・ヴェンデッタ」という映画のものです。 もともとは、イギリスのマンガですが、 「マトリックス」のウォシャウスキー兄弟が、脚本・製作を担当しています。 主なあ

2006.12.17 22:03 | 忙しいママのための しんじつのえほん

きわめて基本的な事
 「個から公重視へ」つってる時点で、そいつの公意識は狂ってる。 個と公は「どちらかを重視」出来るものではない。 個の集合によって構成され、個の為に存在するのが公だ。自分と自分以外の個を尊重する為に公は尊重される。公を重んじると言う事は、公を介して個....

2006.12.17 22:39 | エクストラレポート・ルーム(仮)

疑似勝ち組 @ 格差拡大・階層固定化を促進させる哀しき人々
 いわゆる所得などの格差拡大、階層固定化などが問題視され、議論になっているが、それらを肯定・支持する人たちがいる。さらに、ただ支持・肯定するだけでなく、いわゆる「負け組」や「ワーキング・プア」の人たちや、格差社会化

2006.12.17 22:52 | 嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)

教育基本法-近いうちに取り戻す!
今回のエントリーは手抜きじゃなくて、元気を貯えるために...教育基本法 われらは、さきに、日本国憲法を確定し、民主的で文化的な国家を建設して、世界の平和と人類の福祉に貢献しようとする決意を示した。この理想の実現は、根本において教育の力にまつべきものである。

2006.12.17 23:20 | ミクロネシアの小さな島・ヤップより

タウンミーティング
最近注目されている『タウンミーティング(TM)やらせ問題』簡単に過去の記事をまとめてみました。12月16日 時事通信によると内閣府は15日、タウンミーティング(TM)の「やらせ質問」で処分された谷口隆司政府広報室長兼TM担当室長を更迭し、16日付で官房付とする人事を決

2006.12.17 23:29 | プラウドシティ梅島自治会

改定教育基本法をひっくり返すために/「ワーキングプアII」再放送のお知らせと中国人研修生、「地獄への競争」
2006.12.17.23:00ころ 教育基本法の改定が国会でなされてしまいまし

2006.12.17 23:30 | 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」

小学生にも心があり支持率もある。反省しろ汚れた政治家たち!!!
いじめは何故起こるんだろうか???いじめの心理って何だろうか???ぜったいに教育基本法のせいでなかったことは確かなんだけど・・・。かといって・・「これが原因である」とは簡単には語れないのも事実です

2006.12.17 23:52 | わんばらんす

2006/12/16各紙1面の比較(画像)
日曜夜は、夜から父と妹と家族とで会食だったので、午後、ちょっとだけお茶を飲もうと、日ごろ息子の友人のお母さんという立場でお世話になってる友人と会いました。一切の政治色からニュートラルな方だと思っていて想像もしていなかったのですが、その友人も、基本法の改悪

2006.12.18 01:18 | Like a rolling bean (new) 出来事録

牛が環境への最大の脅威 FAO報告
国連食糧農業機関(FAO)が先月末、家畜、特に牛が世界一の環境破壊者となったという調査報告を発表した。 Livestock’s long shadow,06.11.29   世界の家畜生産部門は、他のどの農業部門よりも急速に成長している。それは13億の人々の生計を支え、世界の農業生産高の

2006.12.18 01:29 | 晴耕雨読

教基法&自衛隊法改正を受けて・・・安倍首相は何と、国民が選挙で教基法改正を望んだと言った
 教育基本法と自衛隊法(防衛省昇格法案)が一気に改正されてしまったせいか、この週末はPCも私も、やや状態がよくなかった。<PC、exciteのいずれに問題があるのかわからないが、この週末は、自分のブログに繋ぐと画面が真っ白という状態が多発したりもした。> おま

2006.12.18 06:04 | 日本がアブナイ!

絶対にあきらめない
この悪人ヅラの面々が、日本の教育をダメにしかけています。でも絶対にあきらめません。一有権者として。一日本国民として。

2006.12.18 11:11 | 薫のハムニダ日記

2007年 参議院選挙 野党共闘 トラックバックピープルに参加します
和歌山県知事選も愛知県犬山市長選も与党が勝ちました。和歌山県知事選の投票率は35・21%でした。犬山市長選の投票率は56・72%でした。いずれも過去最低だそうです。今日から新しいトラックバックピープルに参加します。トラックバックピープル2007年参議院選

2006.12.18 11:14 | 内申書制度の廃止を求めます

愛国心:その1
はじめてのかたは、トップページもお読み下さい15日の教育基本法改正を批判するとい

2006.12.18 11:59 | 不動産鑑定士半兵衛の権力との闘い

国家改造10ヵ年計画/教育基本法改正について言いたい事(2)
お約束通り週末に書いた6項目について、ご説明しよう。ただしこの順には構成されて

2006.12.18 14:01 | 棒に怒る日本人

教育基本法改正で思うこと・・・〓
先日、教育基本法が可決されました。テレビでニュースを見ましたが色々ごたごたがあったみたいです。ウチは朝日新聞をとっているのですが、その翌日は一面、二面、社会面と全て否定的な見出しが躍っていました。→記事そこで、まず今回は朝日新聞や、ぶいっちゃんさんのブロ

2006.12.19 23:53 | 自分が書きたいことを書くブログ

改正教育基本法の違憲性のとらえ方
「教育基本法の改正は憲法に反しているから裁判に訴えることはできないのですか?」という質問がいくつも寄せられました。 残念ながら現時点での答えはNoです。 なぜかというと、日本の裁判所では具体的な紛争処理

2006.12.20 16:01 | 津久井進の弁護士ノート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。