らんきーブログ

世の中のおかしな事をあたりまえに考える。大事な事は情報を知ることだけじゃない。だからどうするのってことじゃない?


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

民主、共産、社民、国民新の野党四党が本会議採決に欠席していた衆院教育基本法特別委員会では与党が単独で採決した。しかし今日二十二日、審議拒否を続けていた野党が審議に復帰し、教育基本法改正案に対する参議院での審議を開始した。
と、ここで久々に小沢一郎の話です^^

沖縄県知事選は、「来夏の参院1人区のテストケース」だった
他方、沖縄県知事選挙では、小沢民主党代表が糸数慶子・前参議院議員を野党統一候補として仕立てた。小沢氏は「自公に対抗する勢力が結集する取り組みは、来夏の参議院選挙1人区をにらんだテストケース」と位置づけて、何度も沖縄入りをしてみせた。

しかし結果は、前沖縄電力会長で自公系の仲井真弘多氏が3万7000票差で勝利した。小沢民主代表にすれば、選挙区入りしなかった福島で勝利したものの、何度も入った沖縄で敗北という皮肉な巡り合わせとなった。
<中略>
止むを得ず小沢代表は、民主党議員に特別委員会と本会議を欠席させ、対決する姿勢を取った。教育基本法に関しては、民主党も政府与党案に対抗する独自法案を提出していた。しかし、欠席したため、独自案は採決されずに終わった。結果として民主党は、単に職場放棄しただけに終わってしまった。この小沢代表の戦術を疑問視する声は党内の各所から聞かれたものだ。この戦術ミスが沖縄での敗北につながった、と分析する向きも多い。世論の批判を恐れた民主党は22日から審議入りに応じざるを得なくなった。
日経BPnet

ちょっと笑わせてくれますね。選挙入りしなかった方が勝ったというところが。
そんなもんです、世の中って。思ったようにはならない事が多いものです。
そこで今日の話の本題は「ボイコット」。
欠席した民主党に対して職場放棄したという声はあちこちでよく目にする。つまらん、民主党はと。しかし見識者から言わせると当たり前の処置であったという事である。以下、立花隆。

野党はこの強行採決に怒って、本会議をボイコットしたが、当然である。
要するに、与党の特別委でのやり口は、国会の完全な軽視というか、事実上の無視である。教育基本法の審議は、尽くされたどころか、これからが議論の本番というほど、さまざまの問題点が洗い出されたところである。それなのに、そんな問題点は全部おっぽり出して、一挙に採決に走ったのである。

国会は、与党と野党、議案の賛成者と反対者が議論を尽くすところである。その議論が滞りなく行われることにこそ、民主主義の根幹がある。
それを問答無用で審議を打ち切り、直ちに強行採決に走ったとあっては、民主主義のルールの完全無視である。しかも、衆院本会議に上程されてからがまたひどい。野党がボイコットしたから、実質審議ゼロなのである。
安倍内閣は、教育基本法を今国会の最重要法案と位置づけてきたが、最重要法案を審議ゼロで通してしまってよいのだろうか。

踏みにじられた教育基本法審議 安倍アナクロ強権政治の誕生


しかしこの立花隆の文を読んでもそれでも何故、衆議院でボイコットする事が当然なんだ?と思う方も多数いる事と思う。現にそういったブログはアチコチでたくさん見た。
それを更にわかりやすく解説しているのが以下カマヤンさんの記事。

野党がボイコットしたのは、「採決のための本会議」である。意味判るかな? 「採決のための本会議」は議論する場ではなくて、「採決」する場だ。審議・議論がなくて、「採決」だけを与党がしようとしたから、それを野党がボイコットしたわけである。出席したら自動的に「賛成多数」で採決になる。野党の選択肢には、自動的に採決される採決のための本会議に出席するか、その出席を拒むかしかない。だから立花隆は「(採決のための)本会議」を野党が「ボイコット」したのは「当然」だと述べている。
カマヤンの虚業日記:「教育基本法」改悪の本会議を野党が「拒否」した件について解説

そして何故この様に思ってしまう人が多いのかという事を再びカマヤンさんの記事を引用。

国会の基本事項を、新聞やテレビは絶対に説明しないからだ。
つまり新聞やテレビは誤読を誘う書き方を故意にしている。

という事なのである。わかりやすいですね。結構世間一般の多くの人は民主党は一体何やってるんだと思われている方も多かったと思う。もちろん新聞マスコミも悪い。キャスターですら平気でそういう事を言っていた。政治通の人から言わせたらこのボイコットの意味はわかるのだろう。しかし世間の人は政治のそういう仕組みはほとんど知らない人の方が多いということを政治家は・・・いや野党側はもっと気が付かなくてはならない。
戦略がちゃんと機能していないからだ。裏目に出る戦略はもはや戦略ではない。
逆に小沢一郎の人相ではないが「悪印象」だけを与えてしまっている。

小沢一郎ら野党のこういったボイコット戦略は政治家とや知識人からしてみたら当たり前なのかもしれない。しかし政権与党に媚を売っているマスコミがそんな事をちゃんと解説してくれるかどうかは別だ。 だからこそ、ボイコット行動を何故したのか、それこそ、わかりやすく、どうにかして伝える術を持たなくてはいけないと思う。
頭のいい人間に限って「こんな事くらい言わなくても知ってて当然」という考え方が頭を支配している。それが言葉足らずの思いやり足らずになっている事を考えなくてはいけない。

普段が政治家や政治好きばかりの中にいるから世間一般の人の政治に対する知識や理解力なんて頭に入っていないのではないか?国民はそれほど政治に詳しくは無いということが、わかっていないのではないか?結局自分を基準に考えている人間が多すぎるのだろう。国民の実情がわかっていない。小泉純一郎の唯一スゴイと思ったところは「政治を単純明快に見せた」ことなんだと思う。
そこを敵ながらキチンと理解していればもっと違う戦略を立てられると思うけどなぁ。

野球がわからない人にいくらその面白さを伝えてもわからない。まずは簡単なルールや楽しみ方が先だ。ただでさえ難しい政治なら尚更だ。そこを野党はわかっていない。
マスコミは味方ではないのだ。自分達で何とか国民にわかり易く伝える術を持たなくちゃ。
野党政治家は政権与党とは違う政治家なのだという自覚を強く持たなくてはいけない。
そこをしっかりと自覚しないと勝てない。すべからく野党政治家は
実るほど頭を垂れる稲穂かな の精神でいかないとダメだ。野党低頭だ。

小沢一郎ももっと国民にわかりやすく伝える努力をした方がいい。
あるいは、小沢一郎に代わって誰かがやる。鳩ポッポさんではちょっと無理ポ^^;
でないとせっかくの戦略も全てマスコミやしたり顔の見識者に逆手に取られてしまい、
今回のボイコットのように国民には真意は何も伝わらない。

民主党も小沢一郎戦術を批判するだけでなく、そういった応援体制に力を入れよ。
民主党には、そういった広報担当のスペシャリストが必要だ!誰かおらんのかね?
いるんだろうけど、こんなんじゃいないのと一緒だよ。ガンバレ野党低頭の精神で!

 このランキングサイトから訪れてくださる方が多いのです^^ご協力を♪
 ※人気ブログランキング

 ※FC2ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村ランキング


※記事の頑張り度にあわせて上記のランキングバナーをそれぞれクリックお願いします^^;

トラックバックピープル「安倍晋三」  
AbEndフォーラム
トラックバックピープル「2007年参議院選挙 野党共闘  
関連記事

コメント一覧 現在承認制です ☆削除及び、レスの有無は管理人の独断☆

こんばんは
ぶいっちゃんに今日、わたしが書こうとしたこと全部書かれちゃいました(笑)。
夕方に気のむくままさんが記事をUPされているのを拝見しているうちに、、何か感じるトコあって、今まとめているところです。
前にコメントしたときに書きましたけれど、昔のセリーグの対巨人戦と一緒です。9人対10人の話。フェアでない試合だとわかっていても、当時の他のチームはみんなベストつくしました。
札束で頬ベタを叩くような相手でもウィークポイントは必ずあります。
小器用に立ち回れということではなく、わかりやすい、そして安心して任せられるとみんなに思ってもらうことです。(それが出来れば、ひょっとしたら公明党支持者だってひそかに票を入れてくれるかもしれません)ちょっと考え甘いかなあ~。

2006.11.22 21:22  | ゲゲゲのイチロー #aIcUnOeo [ 編集 ]

 全くもって、全面的に賛同いたします。
 私も、おっしゃられるとおりの、「知っているのに黙ってい
た」クチですので、反省することしきりです。
 沖縄知事選でも、民主党支持の2割が、仲井真氏に流れたこ
とを、厳しく批判している人が多いですが、個々の有権者の投
票行動には、理由があります。特に、今回、本来なら最大の民
主党の支持母体である連合所属の沖縄電力の社員への締め付け
は相当なものだったでしょう。(私も同様の大企業の社員なの
で良くわかります)
 会社での人事考課を暗黙の脅しのねたに、絞られては、なか
なか思うように投票はできません。
 そういった個々の事情を無視して、民主党批判を繰り広げて
いる人は、「反自民」と言う大義の中で、分裂を煽っているだ
けで、何の意味もありません。
 私たちが目指すべきは、自民党、特に安倍政権の危険性と、
保守の人が望む「安定した社会」を覆そうとする政権であるこ
とを地道に述べていくことだと思います。
 結果が気に入らなかったから、戦犯探しをして非難をすると
いうのは、子供じみた感情論に過ぎませんし、個々の有権者の
心理や事情を軽視するものです。
 その意味で、この記事に書かれたことを支持し、私も肝に銘
じてがんばりたいと思います。

2006.11.22 21:24  | 眠り猫 #2eH89A.o [ 編集 ]

ゲゲゲのイチローさん
お疲れ様です。そうでしたか^^ やはり同じようなことを♪
面白いですね、ブログって、やはり。
私も甘い期待はたくさん抱いているんですけどねぇ。なかなか思うようにはいきません。今回は期日前投票という新たな自公の武器も考えさせられました。

>わかりやすい、そして安心して任せられるとみんなに思ってもらうことです。
これはポイントですよねぇ。常々、野党にはそう思います。そうしてくれると応援しやすくていいと思うんですけどねぇ^^
私はわかりやすいのが一番ポイントというか、私的に好きです。v-14

眠り猫さん
>「知っているのに黙っていた」クチです
そうだったのですね(笑) そういう事って日常多々ありますもんね^^
企業のその暗黙の締め付けも、大変ですよね。(経験はないですが^^)
ただ単に批評あるいは誹謗して終わるよりも、何か原因なりおかしな点なりを考えて、素直に認めていった方が我々も政治家さんにしても共通のポジティブなやる気が出てくると思います。

私は、あまり・・というか、基本的に政治に詳しくはなく、勉強しながら書いてるようなものですが、その分、考えなくちゃいけないので実は大変だったりするのです(笑)
唯一の自慢は、「わかりやすく書く」これくらいでしょうか(笑)今後ともよろしくです。v-22

2006.11.23 02:10  | ぶいっちゃん #GUniAnuw [ 編集 ]

はじめまして。「日本がアブナイ!」から来ましたFKと申します。

今回の記事はいつにもまして、非常にいい記事だと思います。日経の論評に対して、識者の立花隆氏の論評を対比してあって、マスコミ報道のいいかげんさがよくわかる非常に良い例だと思います。

民主党は国会中継をネットで見ていると、いい意見を述べている議員も多いのですが、おそらく国民にはほとんど伝わっていないと思います。それよりもTVタックルなどを見て、これが民主党の考え方だとイメージする人の方が多いと感じます。民主党には広報担当のスペシャリストが必要だという主張に全く同感です。同様の趣旨の事を小沢代表の掲示板に投稿した事はあるのですが、まだ考えてもらえていないようです。時間ができればもう一度送ってみます。

2006.11.23 05:45  | FK #- [ 編集 ]

FKさん
こんにちは、はじめまして。mewさんのブログコメント欄にてFKさんのお名前はよく拝見させて頂いてます。
私のブログにもコメント残して頂きありがとうございます。

>今回の記事はいつにもまして、非常にいい記事だと思います
感激です^^ 忙しい中でバタバタして書いたのでちょっと不安な部分もあったのですが誉めてもらえるとは感謝感激です。
民主党に関して全く私も同感です。勿体無いですよね。民主党共闘が充分に出来ていないですものね。まじめに政治をわかりやすく語れる広報部隊は必須ですよね。まずはそこからって感じです。 
どうもありがとうございました。v-290

2006.11.23 10:20  | ぶいっちゃん #GUniAnuw [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006.11.23 16:43  | # [ 編集 ]

ぶいっちゃん、おひさしぶりです。ご存知と思いますが、秘書課ブログをはじめました。こちらにもTBは打っていましたが、コメントはブログ開いてから初めてになります。

この記事、いいですね。民主党にこの内容、投書はしました?もしまだしてないなら、ぜひするべきです。(その時は私の秘書課の「民主党幹部名簿」にきてくださいね。笑)

世論調査など見ても、教育基本法の何をどのように変えるか知らないまま「教育基本法の改正に賛成ですか、反対ですか」なんてやっている新聞が多いから、野党はなおさら説明、説明、説明しなければならないのですよね、あらゆる機会をとらえて、いろいろな機会を自ら作って。

2006.11.23 18:29  | 村野瀬玲奈 #6fyJxoAE [ 編集 ]

村野瀬玲奈さん
こんばんは! ブログ開設お疲れ様です。
今後色々と利用させていただくかと思います。明日にでも投書してみますね。
無党派層=何なのか?どうして無党派なのか?ということを政治レベルではなく庶民レベルで考えれば手段はいくらでもありそうですけどね。そういったことは小沢一郎タイプには無理だから(笑)若手が率先してやればいいのに、皆オヤジ化しちゃって、いっぱしぶってますからネェ~^^;
「短くわかりやすく真意を伝える」これは基本ですよね。頑張って欲しいです。
改めましてこれからも、ブロガー同士^^宜しくお願いします。v-218

2006.11.24 00:44  | ぶいっちゃん #GUniAnuw [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック ☆削除他の権限は管理人の独断です☆

トラックバックURL↓
http://rankeyblog.blog68.fc2.com/tb.php/372-2071735d

救いたくない女 & 救ってくれるかもしれない女。
たまにはグチを・・・グチグチ^^先日、絵に描いたようなアホな母親に出会った。その日はマジムカツク日だった。デパートの地下での出来事なんだけど、私がいつも寄っているジャムのお店の店先には試食のコーナーがあ

2006.11.22 20:44 | わんばらんす

下地幹郎さんのブログから
投票日当日の出口調査で、全マスコミが「糸数リード」としながら、期日前投票が加えられると負けるというのは、初めての経験でありました。 相手候補の選対が組織的に期日前投票に力を入れたことが、この選挙の勝敗を分けたと思います。 11万票の期日前投票で負け55万票

2006.11.22 21:13 | 喜八ログ

日本版NSCについて一考
もうすでにネットにおいても、いろいろと議論され尽くされている感はありますが、今日は産経新聞社の社説を読み、日本版NSC(国家安全保障会議)について、私なりの主張を書いてみようと思い立ちました。寛容な心で、「た

2006.11.22 23:22 | 日出処の民

消費者を経済界はこわくないのかな
今週の出張その1、から帰ってきました。国会が「正常化」したというけれど、さきさんの今日のエントリー『11月22日参議院特別委員会(1) 』にあるように、与党の妄言炸裂。彼らの言説が「正常」じゃないことも含めての日常化、ということでしょうか。『花岡信昭

2006.11.23 00:45 | Like a rolling bean (new) 出来事録

教育基本法の改正について その?
もしも、学校が民営化されたら・・・? 安部総理が唱える「教育再生」は、 イギリスのサッチャー首相の教育改革をモデルにしていると言われています。 ・・・ということは、 「その改革後、イギリスの教育現場が、どうなったのか?」 を見てみれば、未来の日本の姿が見え

2006.11.23 00:46 | 忙しいママのための しんじつのえほん

なぜ、いま「愛国心」教育なのか-教育基本法「改悪」問題についての小話
教育基本法「改悪」問題についてさらに一丁。「国民国家」という枠組みを相対化する議論に「お前は外国に行くときパスポートを使わないのか!」という類の反論をする人がいますね。確かに、私自身を含めパスポートに限らず社会保険制度などなど、「国家」が提供するサー....

2006.11.23 02:07 | ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)

「」 「政府イザナギ景気越え」を宣言
今朝のニュースで、政府が、景気回復がイザナギ景気を越えたと宣言しました。 しかし、内閣府は、「そのうち賃金も上がり、消費が拡大する可能性もある」と述べただけです。実際には、2001年以降の5年間、実質賃金は減少を続けているのです。 「経済指標」と言う大

2006.11.23 06:31 | 平和のために小さな声を集めよう

公明党にみる「政治の不在」 -佐高信が指摘する
沖縄県知事選で糸数けいこ氏が敗れた。善戦である。立候補表明も遅れたのに。あえてつけくわえれば、この県知事選および糸数氏の当選の意義について自分なりに考えてきたので、正直いってこの敗北はなんとも悔しいという思いを私は抑えることができない。しかし、この選挙戦

2006.11.23 07:53 | 花・髪切と思考の浮游空間

やはり教基法改正はアブナイ!+TMトンデモ経費+共謀罪注意+ 復党交付金+石原都政私物化?など
今回は、「教育基本法改正の22日の参院審議に関して」を中心に書くと共に、気になるニュースもいくつか付記したい。<「TMのトンデモ経費」「自民が共謀罪の審議の提案」「復党問題の続報」「石原都知事が四男を都の事業に参画さえ、公費旅行も」> 22日、参院の教基

2006.11.23 10:30 | 日本がアブナイ!

野党の審議復帰に物申す!!
野党が今日から国会審議に復帰するようです。 (http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061121-00000002-yom-pol) 先日の記事にも書きましたが、少し不安です。 それは復帰の理由。 多くの人が、「野党は審議に復帰して国会の中で闘ってほしい」ということを言っています。

2006.11.23 14:24 | ☆よっぴーBlog☆

野党は分かりやすく・・給食が消える!・・かも
私は、野党の審議拒否には反対だ。確かに、一つの武器だが、今のジャンボジェットのような自民党には役に立たない。機体にいたずら書きをするようなものだ。やはりこれは徹底的に論戦をはってもらわなければならない。それもいじめとか、やらせに始終するのではなく、(それ

2006.11.23 14:50 | あんち・アンチエイジング・メロディ

『外貨預金』や『投資信託』はギャンブル
 以前のブログで「円安と景気回復・経済成長は誰のため?(上)(下)」を掲載した。この中で、「円安誘導」は政府が大量の税金を使って外貨買いを行った成果であることを述べた。 他方で、ここ数年に銀行の「外貨預金」や「投資信託」への誘いが庶民に襲いかかった。そし

2006.11.23 16:34 | 関係性

◆前項 ■糸数慶子の敗因と野党共闘について少し感じた事  の続き
 長島昭久議員のブログでの事実関係を踏まえない、いい加減な記述への違和感に釣られておく。 長島昭久 WeBLOG 『翔ぶが如く』 : 面舵いっぱい! 方向転換する勇気http://blog.goo.ne.jp/nagashima21/e/9f9e826a217ef40488e4908580340cd8 >つまり、野党共闘路線は

2006.11.24 01:38 | 例:にしんを食べると怒らない

【ブロガーズ連合】組織案と今後の進め方
「反安倍自民党政権」を目指しての、平和・護憲ブロガーを中心にしての、「平和ブロガーズ連合」(仮称)の創設に向けて、また皆様のお知恵を拝借したいと思います。 まず、最初の記事、http://heiwawomamorou.seesaa.net/article/27509455.html で述べたことについては、

2006.11.24 11:36 | 平和のために小さな声を集めよう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。