FC2ブログ

らんきーブログ

世の中のおかしな事をあたりまえに考える。大事な事は情報を知ることだけじゃない。だからどうするのってことじゃない?


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

根っこシリーズ早くも「番外編」で第二弾めw

今後の私の政治的思考の「根っこ」を以下の平野さんの記事にしたいと思う。
※ 全文読みに行って下さい。

平野貞夫の「永田町漂流記」 : 巨大メディアの「小沢排除」が国を滅ぼす 

巨大メディアの関心が、後継代表選出に移った矢先、野田財務相が飛び出し、巨大メディアの太鼓たたきが始まった。おそらく背後には財務省があってのことだろう。何しろ「大増税」と「大連立」を、早々に打ち上げさせて世論づくりを始めたのだ。

~~中略~~

 小沢一郎氏は平成元年(1989)、自民党海部政権の幹事長時代、米ソ冷戦の終結を体験して私にこういった。「誰もが資本主義が勝った。これで世界が繁栄して平和になると思っているが、僕はそうは思わない。ソ連の崩壊はパンドラの箱を開けたような混乱になる。過激な経済戦争で世界中に不公平が生まれ、それが原因で各地で紛争が多発する。大変なことになる」と。この予言は的中した。

~~中略~~

平成15年に民主党と自由党が合併する。自由党は、政権交代という大義のために人事・政策などすべて民主党の方針を丸のみした。民主党には政治理念も基本政策もなく、政府権力に就きたい亡者、既得権を維持し特定の政策しか考えない労組出身者、自民党の長老より悪い不良政治家、市民運動の美名に隠れた過激派などの溜り場であった。
平成18年の通常国会での偽メール事件で民主党の体質が国民に知られ、それを立ち直らせたのは小沢一郎が民主党代表に就任してからであった。小沢代表は、自己の利益しか頭にない民主党の亡者たちをどうにかまとめ、「国民の生活が第一」という政治目標のもと、「逆転の夏」と銘打った平成十九年の参議院選挙で勝利を得たのである。そして、自民党に代わる政権交代を国民に期待させ、2年前の夏の総選挙でそれが現実となったのだ。

~~中略~~

小沢一郎にとって「自立・責任・共生」の政治理念を実現するためには、巨大メディア改革が欠かせない。本来ならメディアが先んじて新しい日本社会の建設理念を提起すべきであるが、20世紀資本主義の影を慕い経営を変えようとしない。この巨大メディアと政権交代を阻止したい麻生自民党政権が、検察権力の悪質な部分とコラボレーションして行われたのが、小沢一郎を政界から排除するための「西松事件と陸山会事件の捏造」であった。
二つの事件が手続的にはともかく、実質的には菅・岡田民主党も絡んだ政治的謀略であったことが、国民の目には明らかになった。残念なことには、巨大メディアがこれまでのことを反省するころか、ポスト菅の代表戦についても、「小沢排除」の再現を報道しはじめた。その一例が朝日新聞(8・11、東京版)の社説である。
「古い発想の旧リーダーが裏で糸を引き、代理戦争を演じたのでは、世代交代の意味がない。これまで党を引っ張ってきた菅・小沢両氏に鳩山由紀夫前首相の『トロイカ』は今回、行動を慎むべきだ」
恐ろしい発想だ。この1年余、さんざん菅首相を煽ててきた朝日新聞の責任は大きい。性懲りもなく小沢一郎の政治理念と政策を拒否し続ける巨大メディア、中でも朝日新聞社説の姿勢が日本を滅亡の道へ向かわせていると私は思う。小沢一郎が掲げる政治理念のどこが古い発想か。自らの改革を怠る陳腐さを棚に挙げてよくいえたものだ。

 今の日本の政治家で、資本主義の変質と崩壊を認識しているのは小沢一郎氏しかいないことは縷々述べた。日本人の自立と責任の精神で共生社会を創るべく、「日本一新11基本法案」を策定した小沢一郎という政治家を、巨大メディアと民主党はいつまで「党員資格停止」のままにしておくのか。

 菅首相を筆頭に民主党執行部と、谷垣自民党総裁ら二大政党の指導者に問う。貴君らはこの国を何処へ向かわせようというのか。歴史観を持たない政治は衆愚に通じ、国を滅ぼす愚か者とのそしりが免れないことをもう一度指摘しておく。 
日時: 2011年8月18日


私は、齢76歳の平野さんの今回の記事をこの国の政治を考える上での「根っこ」とする。
五臓六腑にストンと落ちませんか? もちろん全てを小沢贔屓で見ることはしませんが・・・。
しかしね、事がここまで来ると「小沢排除」を異常と見る方が「マトモな思考」でしょ。
そう考える事を政治を考える上での私の「根っこ」とする。そして
小沢一郎が残り数年の政治生命を賭けてホンモノの「悪党」になる覚悟を持つ事を期待する。
既得権益の亡者らに対しての「悪党」になって欲しい。

あなたの政治の「根っこ」は  ですか?

関連記事

コメント一覧 現在承認制です ☆削除及び、レスの有無は管理人の独断☆

最近、私には小沢一郎とソルジェニーツィンがダブって見えます。
小沢一郎とソルジェニーツィンの会談が見たかった。
故郷を愛し、文化文明を慈しみ、国民の幸せを願う、似ていませんか。

2011.08.19 02:11  | scotti #4SSKmKVw [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック ☆削除他の権限は管理人の独断です☆

トラックバックURL↓
http://rankeyblog.blog68.fc2.com/tb.php/1024-82259210

5ヶ月も続く不思議なNATO軍のリビア空爆
「カダフィ政権の崩壊近い」 米国防長官が見解 パネッタ米国防長官は16日、内戦状態にあるリビア情勢について、『カダフィ政権に残された日はわずかだ』とし、政権の崩壊が近いとの見方を示した。ワシントン市内でクリントン国務長官とともに出席した討論会で語った...

2011.08.19 09:10 | 逝きし世の面影

史上最高値75円台 失敗する日銀円売り単独介入
赤線は現在の、黒線は2010年9月の日銀単独介入時。 オレンジは今年3月の大震災直後の協調介入持。 円、一段の上昇余地も=一時75円台-NY市場 【ニューヨーク時事】週末19日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、欧州の債務危機や米国の景気不安を材料に...

2011.08.21 09:22 | 逝きし世の面影

政府対策本部や大手新聞社が「チェルノブイリ認知症」?か
ヤブロコフ・ネステレンコ報告によると、ウクライナでは、事故後5年の時点では、循環器系疾患についで、神経系疾患が問題であった模様で1991年、汚染地域での病身者の主疾患においては、循環器系疾患(39%)及び神経系疾患(32.2%)がよくみられたとしている。 疲労...

2011.08.22 09:33 | 逝きし世の面影

NHK「核を求めた日本」原子力発電は核機微技術の確保目的
『原発周辺、長期居住できず』 政府は21日、東京電力福島第1原子力発電所事故で、半径20キロの警戒区域のうち原発に極めて近い地域について、長期間にわたり居住は困難として、警戒区域の指定を解除せず、立ち入り禁止措置を継続する方針を固めた。 27日に菅直人...

2011.08.25 09:15 | 逝きし世の面影

毎日新聞 東北女川原発の3分の1だった東電福島第一原発の津波高
『東日本大震災の津波の痕跡』 毎日新聞8月29日(月)朝刊に掲載されていた『東日本大震災の津波の痕跡』と題する津波高の『図』が、毎日新聞の公式ウェブサイト上に無い問題点を指摘する記事を書いていたら30日昼AM12時の少し前に突然記事が差し替えられて、それ...

2011.08.31 13:37 | 逝きし世の面影

赤塚不二夫の天才バカボン風「これでいい野田」
『人相は悪いが演説が上手い野田佳彦新総理』 野田は、2003年に当時の管直人代表の民主党と小沢一郎の自由党が合併した際、『モーニング娘の中に天童よしみが入って来たようなもの。』との名言を残している。 高校の学芸会風の何の芸も無い若くて可愛いだけが取り...

2011.09.01 09:56 | 逝きし世の面影

ルナー・リコネサンス・オービター(LRO)によるアポロ計画最後の17号着陸点
39年前の1972年2月11日アポロ計画最後のアポロ17号は、晴の海東南にある南北を山地に囲まれた平らな谷、タウラス・リトロー地域に着陸した。 2年前の2009年にアメリカの月探査機、ルナ・リコネイサンス・オービター(LRO)が高度50キロから分解能50cm級...

2011.09.10 08:29 | 逝きし世の面影

9・11から10年 「何が真実か」根本的疑問
『本当にテロだったのだろうか』 日本人的には普通の常識である、『テロは犯罪であり、国内法で罰せられるのが当然だ。』は、実は常識でも無いし事実でもない。 このブログでも何度か取り上げた伊藤博文暗殺犯の安重根は、日本国内ではテロリストだが日本のお隣の韓国...

2011.09.11 11:53 | 逝きし世の面影

「保守反動」新解釈
  かつて「保守反動」という言葉があった。使わけなくなったのはいつ頃からだろう。あまり定かではないが、朝鮮戦争特需で経済復興が緒に就き、「もはや戦後ではない」と

2011.09.18 07:14 | 反戦塾

欧州銀行のリスク・エクスポージャーが3000億ユーロ
エクスポージャーとは『晒す』という意味があり、IMF報告書の欧州銀行のリスクエクスポージャーの数値とは、欧州の各行が保有している破綻リスクに晒されている不良債権の総額という意味となる。 ギリシャの短期国債の金利は2011年9月時点で年55%を超えていて、...

2011.09.24 10:35 | 逝きし世の面影

後は野となれ山となれ
『米、海へ原子炉投棄を画策 72年、日本に協力要請』 放射性廃棄物などの海洋投棄を禁じる『ロンドン条約』の策定が進んでいた1972年(昭和47年)、米国政府が 廃炉後の原子炉を海洋投棄するための例外規定を条約に盛り込むことを目指し、日本政府に極秘に 協...

2011.09.27 09:41 | 逝きし世の面影

最高検「無実の者を罰しない」嗚呼、哀れ小学生扱い
証拠改ざん・隠蔽事件などの不祥事を受け、最高検は30日、検察職員が従うべき基本規程『検察の理念』を作成したと発表した。 検察官らの行動基準を記した規程は、これまで国家公務員としての服務規律以外になかった。検事としての使命や役割などを組織内外に示すのが...

2011.10.02 10:04 | 逝きし世の面影

鉢呂大臣「死の町」辞任劇、アメリカンドリームがナイトメア(悪夢)に変る時
『ドルvsユーロの通貨戦争』 今ドルとユーロの両方が崩壊寸前で、強欲資本主義のカタルシスが目前に迫っている。 国家をバックにしているから『通貨』は信用を得ているのですが、この原則に反する無国籍な国際人造通貨『ユーロ』は、そもそも米国が弱体化してドル一...

2011.10.15 09:22 | 逝きし世の面影

政治警察化した司法・マスコミが、この国に理不尽と無責任、そして絶望感をもたらしている
 この国を大きな閉塞感が、虚無感、無力感、絶望感が覆っている。  「何をしても変わらない」  「誰が政治家になっても同じ」  「金も権力もない我々一般庶民は、ただ為すすべもなく支配され、...

2011.10.16 21:54 | 嗚呼、負け犬の遠吠え日記

無制限の規制緩和、TPPで関税撤廃でも創意と工夫で日本農業が勝てる?
『無敗神話の旧日本軍以上の精神論』 日米の農業は基礎に差がありすぎて、根性や敢闘精神程度の頑張りでは絶対に勝てないとの当然の話が忘れられている。 地方紙は別だが、朝日毎日読売産経など全国区の大手マスコミの論調がTPPでは完全に主張が一致して金太郎飴状...

2011.10.20 09:59 | 逝きし世の面影

マスコミによる「言葉狩り」などの暴走は酷くなる一方だ(平野達夫・復興対策担当相の発言騒動に関する訂正とお詫びも付けて)
 「旧権力の政治警察」と化した、というよりも「旧体制権力そのもの」と化したマスコミが、悪質な情報操作や世論誘導によって、民意と政治を歪めている。  時には司法や警察、似非右翼暴力集団などともグル...

2011.10.21 20:20 | 嗚呼、負け犬の遠吠え日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。