FC2ブログ

らんきーブログ

世の中のおかしな事をあたりまえに考える。大事な事は情報を知ることだけじゃない。だからどうするのってことじゃない?


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

小沢一郎さんの関連記事をふたつご紹介。

日刊ゲンダイ:【裁判所も認めた!世紀の謀略「小沢事件」全内幕】
調書」大量却下で小沢元秘書3人の量刑はどうなるのか
 
<前略>
「地裁は今回の決定書で、石川氏と池田氏が大久保氏に報告書の虚偽記載を『報告、了承された』と認めた調書を全て却下しました。検察側は大久保氏を聴取した改ざん検事の前田恒彦受刑者の調書の証拠申請をすでに見送っています。他の秘書と虚偽記載を共謀したとして、有罪に問える材料がもはやひとつもないのです」(郷原氏)
 検察に詳しいジャーナリストの魚住昭氏も、決定書を熟読した上で「大久保氏の無罪は間違いない」と言い切った。
<中略>
「とはいえ、検察側に有利な材料はこの一点のみ。「水谷建設からの裏金を隠すため、秘書3人が共謀して収支報告書をごまかした」というストーリーは完全に骨抜きとなり、残ったのは石川議員の記載ミスだけ。池田氏にいたっては、逮捕した理由すら見当たらない。 


平野貞夫の「永田町漂流記」:「日本一新運動」の原点(63)── ジョン万次郎記念・日米草の根交流高知大会
<前略>
■陸山会事件の証拠不採用問題
 日米草の根交流高知大会の成功を見届けて、6月30日深夜、柏市の自宅に帰ると、東京地裁が同日、陸山会事件で検察側の供述調書38通の中で、大多数を「信用できない」としたとの情報が届いていた。その中に「小沢元代表に虚偽記載を報告、了承を受けた」とする秘書たちの調書も含まれていた。小沢問題で検察批判を続けている郷原信郎・名城大教授は次のようにコメントしている。(7月4日夕刊紙要旨)

 「小沢氏の共謀を立証する材料は、石川議員らの供述調書しかない。その信用性が崩れたので、検察官役の指定弁護士は闘う前から武器を奪われたようなもの。もはや、小沢氏を法廷にダラダラと縛り付ける理由はない」。

 不思議なことに、ジョン万次郎のイベントをやると、これに類したことが起こる。西松事件や陸山会事件もCIE財団をめぐる数々の疑惑も、新しい日本をつくろうとする小沢一郎氏に対する悪意の抵抗であった。

 ようやくそのことが日本中の人々に理解されるようになった。



国家権力が暴走し、マスメディアが追随すると日本が崩壊するという事がよくわかった。
まして小沢一郎は党員資格まで失い、この災害の大事の時に拘束され身動きできなかった。
今回、検察と闘っていた小沢一郎は少なくとも「権力側」ではなかったのだから・・・。
印象操作、ミスリード、そして大嘘でスクラムを組んでいたTVメディアは謝罪すべきだ!
どちらにしても近いうちに、小沢一郎は完全無罪になる!! 
日本再生は清濁併せ呑む「大人の政治」が出来る小沢一郎にやってもらおうじゃないか。

関連記事

コメント一覧 現在承認制です ☆削除及び、レスの有無は管理人の独断☆













管理者にだけ表示

トラックバック ☆削除他の権限は管理人の独断です☆

トラックバックURL↓
http://rankeyblog.blog68.fc2.com/tb.php/1021-8cb37ac5

「天空の城 ラピュタ」何故自爆コマンドが存在したのか
『設計、開発者責任』 スタジオジブリの大ヒットアニメ映画『天空の城ラピュタ』は原発事故史上最悪のレベル7の旧ソ連のチョルノブイリ事故が起きた1986年に劇場で公開され、それ以後毎年1回は茶の間のテレビで放映されるので一度くらいは見たという人も多いが、...

2011.07.14 09:11 | 逝きし世の面影

一人勝ちする日本の「円」対ドル為替相場80円割れ
政府債務残高(赤)と民間債務残高(青)の推移(Business Insider) 7月14日の東京外国為替市場の円相場は、一時1ドル=78円45銭まで続伸。 東日本大震災直後の3月17日につけた史上最高値76.25円以来約4カ月ぶりの高値を更新した。 『通貨』の為替相場の高さ...

2011.07.16 08:23 | 逝きし世の面影

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。