らんきーブログ

世の中のおかしな事をあたりまえに考える。大事な事は情報を知ることだけじゃない。だからどうするのってことじゃない?


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

あまりの暑さにタイトル以外に書くネタは思い浮かばないです(笑)
とにかく菅は完にしましょうや。 目は死んでるし、キャン玉も無くなったなw
皆で菅完踊りでもしながら、次の政治のステージにいきましょうよ。

政権交代した意味を民主の若造政治家諸君は、今一度考えてみるべきだね、夏休み中に。
全ての政治家も、一度しがらみを捨てて、目を見開いて世の中を見渡してみればいい。
自民時代が終ったのに、政治家って・・・自民っぽい政治が好きなのね~ww
というか、アメリカが好きなのね~・・・。 癖習慣って怖いモンです。 アラタメヨ!!

という事で、盆休みも無く、坦々(たんたん)と年中無休で働く、ぶいったんであったw
スポンサーサイト
関連記事

小沢ついに動く。
小沢一郎が勝てば、真の政権交代になるんじゃないかなー。
小沢一郎にこれからの10年、この国を任せてみたいな、個人的には。
自民は終わった。 民主党も終わるか・・・それとも変わるか?
ここ数年間の国民が選んだ民主党の政治家たちが決める「この国のカタチ」
マスコミや既得権益者たちの流言に惑わされずに行動して欲しいものだ。

↓ 小沢一郎総理大臣をみてみたいって方はクリック!!

関連記事

まずは平野さんのBLOGを読んで、一旦頭の中を整理しましょう。
だいたいが小沢一郎を立件する為にというか自分達を守る為にも、何年も必死に捜査してきた検察が起訴を諦めた「西松・陸山会問題」という、所詮無理筋の「政治と金」の話だからね。
更には「疑わしきは罰せず」という原理原則をも無視し、「推定有罪」を堂々と正論のように叫ぶマスコミや既得権益政治家たちの滑稽さを再確認する事も必要でありまする・・・。

平野貞夫の「永田町漂流記」より

「日本一新運動」の原点(12) ── 西松・陸山会問題の真相
 民主党代表選挙に小沢一郎氏が出馬する可能性が強まるにつれ、党内外から暴論・珍論が噴出している。「検察審査会の結論が出る前に出馬すべきでない」という意見だが、これがマスメディアも交えて「小沢排除」の世論づくりに利用されている。 そこで、坂本龍馬の「四観三元論」を活用して、西松・陸山会問題を私の立場で総括しておく。

■西松・陸山会問題の真相

 今年4月、私は『小沢一郎完全無罪』(講談社刊)を緊急出版した。その目的に、自民党政権と特捜検察、そして巨大メディアがタッグを組んだ「検察ファッショ」であり、これでは日本の議会民主政治は崩壊すると警告しておいた。
 特捜検察は、西松事件で1年間にわたり10億円を超えると言われる税金を使い、総力を挙げて小沢一郎を逮捕起訴すべく捜査を行った。結果は、逮捕起訴できず、政治団体「陸山会」の収支報告書の虚偽記載で、秘書を逮捕起訴した。従来の政治資金規正法の運用では、問題にされなかったことだ。起訴となった案件について、総務省の担当から何の注意も行政指導もなかった問題である。

 しかし、敢えて強制捜査を行ったのは、特捜青年将校の暴走である。官僚支配政治を改革し、検察の特権を縮小しようとする小沢一郎を葬ろうとする政治的謀略であった。さらに、麻生元首相らが、政権交代を阻止するために「指揮権発動的」なことを行ったが、それでも賢明な国民は、昨年8月の総選挙で、政権交代の民意を明確に表明した。 そして本年1月、特捜は水谷建設がらみで石川知裕衆議院議員(元秘書)を逮捕し、小沢の「政治とカネ」は新しい事態を迎える。月が変わった二月四日、特捜は「小沢不起訴」を決定した。

 これで一段落かと思いきや、翌5日には、ある人物たちが地検判断を不服とし、東京第5検察審査会に「審理の申立て」を行ったが、あまりにもその手際の良さというべきか、事前に謀られたと邪推すべきか、胃の腑に落ちない思いをするのも私一人ではないだろう。

 そして4月27日、「起訴相当」を全会一致で議決し、小沢を「絶対的独裁者」と、その理由書に書いたことが話題となり、小沢の「政治とカネ」が再びメディアからの攻撃の標的となる。私は「指揮権発動的行動」の傍証を得ており、5月22日、高野孟氏が主宰する、「THE JOURNAL」に『西松事件・大久保秘書逮捕の真相を究明すべし!』を寄稿した。これはネット上で大反響を呼び、その余韻は今でも残っていて、グーグルで検索すると、3万件強もヒットするとのことである。

 実はこの問題に関して、6月2日は民主党の「司法を考える会」に招請され、詳細な説明を行う手筈になっていたが、折悪しく鳩山首相の辞意表明で会合は中止となった。
 話題の中心は「第5検察審査会」の奇っ怪な動きである。いずれ真相は明らかになろうが、専門家が現在問題にしていることを紹介しておく。

1)陸山会の職員宿舎建設のための土地購入を「利殖目 的のための土地購入」と誹謗し、政治資金を利殖のための土地購入代金にあてるという反社会行為を断罪するために東京地検特捜部は起訴すべきであるとする名誉毀損の誣告によって小沢一郎と陸山会の正当な政治活動の妨害を図ることを策した人物は、反社会的活動団体所属であり、かかる「申し立て」を受理したことそのものに問題があったこと。

2)市民代表の審理補助員に、米澤俊雄弁護士という人物を選任した経緯や行動に問題があるといわれていること。
 漏れ聞くところによると、関係当局は検察審査会のあり方を含め、小沢問題の処理に困惑しているとのことである。

 以上が「西松・陸山会問題の真相」であり、「検察審査会の実体」である。小沢一郎の代表選出馬について、渡部恒三前顧問、岡田外相、蓮舫大臣らが検察審査会がらみで、小沢氏の出馬を妨害・阻止する発言を繰り返しているが、じつに滑稽である。さすがに原口総務大臣が「推定無罪の原則が民主主義の鉄則だ」として、検察審査会の政治利用を批判している。認知症が心配されている渡部老人の発言は評の外に置くとして、岡田外相と蓮舫大臣の発言は憲法の原理に反する。このことは、彼らよりも数倍の年月、そして、彼らよりも深く、強く憲法と向き合ってきた私からの警告でもあることを明記しておこう。

 国民から多数の負託を受け、聡明であるべき民主党国会議員が、これらの讒言に影響されるようでは近代政党とはいえないし、負託された国民への裏切りであることも明確に指摘しておく。

■小沢氏が「政治とカネ」で追求される理由

 小沢氏は、田中角栄、金丸信、竹下登の後継者といわれる負の遺産を背負いながら、自民党政治を崩壊させてきた。その恨み・辛みと、嫉妬の固まりが虚像となって、いわれなき攻撃を受けているのが、「小沢攻撃」の本質である。 小沢一郎の政治資金についての考え方は、父親・小沢佐重喜氏の信念に基づいており、誠実に法を守っている。

政敵やメディアが垂れ流す情報は断じて事実ではない。政治団体が不動産を購入することも、法に基づいた浄財の有効活用のためであり、俗説・風説に惑わされるべきではない。

 「政治とカネ」で小沢氏が批判される切っ掛けとなったのは、平成十二年四月、自由党が保守党と分裂した時である。政党助成金を含む党の資金を保守党にも分配するという小沢党首の意向に、私が強く反対して分配できなかったことがその要因である。 強い批判を受けたが、すべて自分の責任として一切弁解しない。こういうことが誤解されて、メディアの標的になり続けているのである。

■民主政治を危うくする情報操作

 8月23日の夜から、小沢一郎の代表選出馬はないとの情報が流され始めた。菅支持派からのもので、鉢呂氏を入閣がらみで選対本部長にすることで旧社会党を取り込んだ。仙谷官房長官と川端氏の関係で旧民社党の支持を取り付けたというものだ。
 これに影響されて、各メディアも口を揃えて「小沢の出馬はない」とのコメントを始めるようになったが、これほど議会制民主政治を冒涜するものはない。このメルマガで幾度も述べてきたが、代表選挙は理念・政策で争うべきであり、旧来の手法である人事で離合集散をくり返せば、これこそ官僚支配に終始した自民党政治の復活でしかない。

 菅民主党政権が発足して約3ヶ月、この間、政権交代の党是を放棄し、官僚支配の自民党政治より一層悪質化した。代表選は、菅首相のままで国家と国民の存立ができるか否かを問う唯一の機会であるとともに、大多数の国民の意思である政権交代の大義を全うするのか否か、政権与党を構成する人々の覚悟が問われている。


「クリーンな政治」に戻ってとかって耳にするけど、クリーンって一体なんですかね~。
検察でさえ立件できない、小沢の「政治とカネ」問題を、マスコミが総力を挙げて、そして政治家達も口をそろえたようにダーティなイメージに印象操作してる光景は滑稽を通り過ぎていると思いませんか?岡田外相、蓮舫大臣とかそんな事、確かに言ってたね、黄門様(渡部老人)は認知症の疑いがあるならしょうがないか(笑)

ヤツラがいう「クリーンな政治」で、従来の既得権益側に立った政治がそんなに素敵か?
「クリーンな政治」とやらで消費税が上がり、弱者を省みない政治をされて満足ですか?
まして、いくら小沢一郎が悪人顔だからって印象操作で世論を騙くらかしちゃいかんでしょ。
小沢一郎が国民を裏切って何かやったんですか? なにか悪徳代官みたいなことした?
結局は政治資金報告書の記載がずれていただけでしょ? 数ヶ月程度。 くだらん。

そんなわけで、私は今月いっぱいで西日本新聞を取るのを辞める事にしました(笑)
今日の一面のタイトルが 「脱小沢」是非争点に  だよww バカか。
本質をえぐれないような片手落ちの情報にジャーナリズムは感じないな。
脱小沢とか、が何故一面TOPの見出しに来る? あまりにも無責任な見出しである。

「国民の生活が第一」という政治はどういうことか???「国民=庶民の生活」側とは??
それは即ち、従来の「既得権益側」とは違う方向を向いた政治をする事なのだ!
スポンサーや権力に、守られたマスコミはもちろん既得権益側なのだよ。
そんなマスコミの言うことを鵜呑みにして思考することの愚かしさを皆が気づかなくちゃ。

私ならこういう新聞タイトルにしたね。 「今回も消費税増税!」を争点に闘え、菅直人 (笑)
しかし、参院選で負けた菅直人を応援する事がどういう事か民主政治家たちはわかってんのか? そんな責任も取れない、確信犯だらけの民主党政権なら潰れてしまえ!

↓ 第95代内閣総理大臣 小沢一郎 をみてみたいって方はクリック!!


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。