FC2ブログ

らんきーブログ

世の中のおかしな事をあたりまえに考える。大事な事は情報を知ることだけじゃない。だからどうするのってことじゃない?


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ごめんなさい。 まず、謝ります。

私の対応の拙さは今読み返してみると、確かにあります。(コメント欄も含めて)
私が自身でどのように感じて、ああいう拙さになったのかは私にしかわからない。
そう考えると、私の内部を知る事の出来ない他の方々には言い訳はできない。
私の対応の拙さ(それに尽きる)で不快な気持ちになられた全ての方に謝ります。
2年前の「言葉の結晶」という記事が発端の、今年の元旦からの、このブログの話です。

そして今でもどこかで続いているこの話題。それは、奇しくも「言葉の結晶」になったかも?
物語の最初は私のミスから始まったわけだけれども、大きく昇華したような感があります。
世の中には無駄なものは無い。 私の過ちもムダには終らなかったのかも?です。
お名前はあげませんが、直接的、間接的に関わったたくさんの方々に感謝します。
そして「ありがとう」と心を込めてそういわせて下さい。
私は私の未熟さを認めます。私の未熟さのせいで気分を害された方々にお詫びします。

俗に言われる「らんきー一派」(笑) 改めて記しておけば、そんなものはありません。
そういった点でも、多くの方々にご迷惑をおかけしましたね。スミマセン。
この場を借りて謝りますので、「一派」のご使用はもう終わりにしてください。
私は私だし、他の方々もそれぞれに一人ひとり違うお考えがある「個の人」ですしネ。
私のミスは私個人のミスです。その点につきましては、私個人で反省しています。
私の「言葉」で気分を害された方々にはお詫びいたします。 スミマセンでした。

自分のブログだから自分の好きなようにしていいという思い違いもありました。
例えば、今回もブログを削除する、しない でも身動き取れなくなった私がいました。
自分のものだけど、自分だけのものでもない。 と、自分の尊大な勘違いが理解出来た。
反省すべき点は、山のようにある>リアルでもそうなのですが。
自分の身を守る為とはいえ、浅はかであり、情けなかったなぁと反省しています。

「許す」ということ。 これは実は私の人生の中でも結構なウエイトを占めるテーマだ。
「許される」という事に関しては、自分では決められないのは言うまでも無い。
私には私の言い分があって当然だけど、それだけでは成り立たないのが人間社会。
その言い分を考えても、自分の対応は、悪かったと思っています。下手だったとも言う。
書いてしまったものは消せるけど、消してしまっても心には残ってしまうでしょう。
恥を掻く とは、恥を書く かも知れませんね。ネットでは。 後悔先に立たずです。

間違った時、失敗した時の対処で、その人間性が問われると昔からよく言われたものです。
いい年をして、いまだにその失敗を繰り返しているのが私ですね。(笑)
今回は色々と学ばせて頂きました。 本当に世の中に無駄なコトはない。
間違ってもやり直せる。 失敗しても次がある。 
ブログの世界ではそうあって欲しいと願って、書いていたのは私でした。
その為にも、悪いところは悪かったと、私が範を示して素直に謝るべきでしたね。

本当にスミマセンでした。 そして、有難うございました。
そして前の記事で「最早何でもアリ?」と、自分で追記したのをいい事に777番目の記事も
今日、書いてしまいました。 これも謝ります。 スミマセン。
スポンサーサイト
関連記事

皆さんの中で何か役に立つHPとかサイトって、ご存知でしたら教えて下さいませんか?
おひとり1個でいいから教えて頂けたら幸いかと^^
仕事で使うのもよし、PCライフを快適に使うのでもよし、遊びでもOKです。
ブラウザのお気に入りの中身見たら、何も無いので寂しくなりました(笑)
というか、ここ2年くらい政治関連のばっか、ブックマークしてたようで何も他に無い^^;
政治関連以外で(笑)何か、とりあえず知っておいたら便利って感じのHPとか。

この頃、教えてもらって、取り入れたのが、「Sleipnir」っていうブラウザ。
http://www.fenrir.co.jp/sleipnir/
やっと使い慣れたというか、便利なような気がしてきました(笑)>時代に遅れてますか?
何か、オススメのHPとか便利HPとかあったら教えて下さい。
できたら、日常や、ネット生活が便利になる、軽いものがいいです>ワガママ?

「共有」出来たら何かと生活も便利になるのでは?と閃き(笑) というか、
自分の為にですが、ブックマークをリニューアルしたいと思います^^
あ・・・あまり難しいのは、ご勘弁を(笑) あったら便利、知ってたら便利程度でOKです。
もちろん、暇な時でいいですから、よろしくお願いいたします。
せっかく、たくさんの方が見に来てくださるのでもったいなぁと思って^^;

関連記事

卑怯者が闊歩するこの時代。 早く終わらせたいものだ。
天木直人氏の先日のブログを読むと衆議院選挙までという事が書いてあった。
天木直人のBLOG:読者の皆さんへーこのブログは次の総選挙までとします。
私も・・・・と書いても、誰も信用しないか(笑) ま、そんくらいで区切りにはなるだろう。

民主・小沢氏「衆院解散、9―12月に必ず」NIKKEI NET
 民主党の小沢一郎代表は20日夜、都内の中華料理店で、山田正彦氏ら当選3、4回の党所属衆院議員と懇談し、衆院解散・総選挙について「9月以降、12月までの間に必ずあるはずだ」との見通しを示した。「暑い夏に(選挙区で)草刈りをしっかりして実りのある秋になるよう頑張ってほしい」とも指摘した。(00:57)

早ければ9月、遅くとも12月か・・・・。選挙の匂いが漂ってきたらまた毎日ブログを書こう。

庶民がブログを書く。
政治の世界に関係のない俗に言う普通の人がブログを書く。
日々の生活に追われるタダの人が政治の事を書く。何か悪いのだろうか。
覚悟がない だの、闘わない、だの・・・当たり前である。庶民なのだから。
庶民の技=争わないで日日を平和に生きる が大多数ではないでしょうか?
近所生活を円満に過ごす為の、「和を以って尊しとなす」精神である(笑)
無責任の最もたるもの・・・それが庶民である。威張ってもしょうがないが^^;

しかし、庶民(普通の感覚の人々)の多くが選挙に行くことで何かが変わる。
庶民の多くが選挙に行かないと、ほぼ、この世の中の政治は変わらない。
欠点多き、弱いもの それが私が思う庶民(普通の人々)かな。
右に左に流され、情に流され、生活に流され、情報で踊らされる弱きモノ。
それでも生きていかなくちゃならない、悲しきモノ。
そんな弱きモノでも、唯一、堂々と権利を行使できるものが「選挙」である。
だから「選挙」で庶民にとって有益な情報を共有したいとブログを書く。

普通に生きる権利を守る為に・・・! 
名も無き匿名のブログで、名も無き方々と共に、悩み、考えていく。
最善の一手を見つけるまでは間違い・勘違いの積み重ねになる事もあろう。
侃々諤々と議論を闘わせる方々の様子を眺めているのも庶民の姿だろう。
参加はしないが、見ている。政治の世界と同じである。 見ているのだ。
ただ見ている人が、それぞれの想いを込めて1票を投じる。 それが選挙。
見ているだけの人たちが、世の中を変える力の多数を持っている。 

※コメント&TBはお返ししない事もありますので、ご了承を。
関連記事

風を吹かすのはどこからでしょう? 9月頃?に向けてそろそろ吹く準備はいるのでは?
ウータン康夫が、【鳴かぬなら、鳴かせましょうよ、庶民の風で】 一句出来ました(笑)

1カ月で12県を行脚 小沢氏「解散風」狙う
 民主党の小沢一郎代表が早期の衆院解散・総選挙をにらみ、6月3日から7月1日にかけ、約1カ月間で12県を行脚する強行日程を組んだ。自ら「解散風」を吹かせることで政府、与党を追い込むのが狙いだ。
 3日の宮城県を皮切りに岡山、新潟、奈良、山形、大分、宮崎、長野、沖縄、福岡、岐阜、秋田の各県を順次訪問。地元の連合幹部との意見交換や支援者を集めた講演などを予定している。

 小沢氏は昨年10月からことしの大型連休前にかけ、北海道から鹿児島まで24道府県を訪れた。今回の行脚は「早期に選挙への陣形を整えるとともに、解散を求める国民の声を増幅させ、与党議員の焦りを誘って選挙準備に走らせる」(小沢氏周辺)ことに主眼がある。
 世論調査では福田内閣の支持率が急落。民主党は、菅代表代行や鳩山幹事長ら幹部も全国を回り、「完全な選挙態勢」(小沢氏)に入ることで与党包囲網を構築したい考え。
 


解散風は吹かせないと行かんのですよね。 解散風は【庶民発】で吹かせたいですね^^
来年の任期満了まで だなんてふざけた事を与党政治家たちが言ってるようですが。
2005年の郵政選挙で騙し勝ち取った、2/3の圧倒的衆議院の数の力を4年間もフルに使う気マンマンである。当時の総理である小泉純一郎を見てもわかるが、今現在彼は何の責任も持たないかのような振る舞いの日々。 安倍晋三と共に無責任のきわみですね。
そんな小泉一人のパフォーマンスで勝った選挙結果を4年間もフル活用する気なのだ。

総理を辞めた後も、政治家として残っている以上、責任は「大」なのではないだろうか?
「後期高齢者医療制度」もそうだ。小泉が心そこにあらずの「小泉政権末期」に強行された。
国民が騒いだら、「与野党協議して・・・」だなんて、当時、反対した野党まで悪いかのような印象操作発言をして、世間を騙す、いつものパターン。決めたのはオマイラだ・・・。

こんなのばっかである。与党政治家は与党の立場を守る為だけに政治をやっている。
そんな事は誰の目にも明らかである。 だから、白黒つける選挙をせよ と言っている。
見よ!下記の発言を・・・情けない。

衆院早期解散に慎重 古賀&谷垣氏
 自民党の古賀誠選対委員長は26日、党本部で開かれた東京都連の会合であいさつし、衆院解散・総選挙の時期について「私の感じでは(来年夏の)東京都議選の後の方がいいのではないか」と述べ、早期解散に慎重な姿勢を重ねて示した。

 谷垣禎一政調会長も都内の講演で「3分の2(を超える衆院での与党の議席)を大事にしないといけない。そんなに焦る必要はない」と指摘。「(自民党には)長い蓄積があり、そんなにめちゃくちゃに負けることはない」と強調、総選挙後も与党が過半数を得られるとの見通しを示した。 [ 2008年05月26日 19:16


自民党の中では、まだ比較的マトモでは?と思えるような風貌の谷垣氏でもこうだ。(太字)
焦っているのは、庶民と呼ばれる種類の国民なのだ。大事にするものを履き違えている。
選挙後の結果はわからない。政界再編があって選挙になるか、選挙後にあるのか?
とにかく、今の自公合体政権では、もうどうにもならないと思っているだけなのである。
あまりにも、杜撰な政治でしょう。後手政治とでもいうのか。何かあってから対策をとる政治。
後手、後手で、そしてその対応も小出しの様子見政治。 そんなレベルでしょう。

未だに、「安倍晋三政権のまとめ」というまとめ記事はアクセス数が多い。
ま、まとめ記事といっても、反与党の私のブログだから、思い切り偏ってはいます(笑)
自民側の方から見たら、同じ法案でも「いい部分だってあるのに!」となるでしょう。
でも、それが、個人が書く「まとめ記事」の真実です。 公平な立場のまとめではない。
私のブログや人柄(笑)も、どこかにまとめ記事みたいなのがあると教えてもらったが、それも同様だと思う。違う立場の方が書くまとめ記事なんて、公平なものは少ないし偏るでしょう。

森~小泉~安倍~福田 と続く、全く清らかでは無い、自民党清和会の政治を終らせる事。
それが未だに根強いアクセスの「安倍晋三政権のまとめ」記事のアクセス数の現れだ。
まず、そこが最初の一歩でもいいくらいである。一気に政治は変わらないかもしれない。
少しずつ、腐った膿を出していく。そしていつの日か、一気に噴出される日が来るのだ。 いつまでも、庶民に3年前の間違った郵政選挙の過ちを継続させて苦しみを与えてはいけない。
3年前の911選挙で、国民が選んだ政治が「間違っていた」という結果はもう散々出ている。

庶民が参加する選挙にもセーフティネットを!!というかセカンドチャンスを!
再チャレンジを与えて欲しいのは今の庶民達にこそ! である!
間違ったらやり直せるのだ! 同じ選挙によって!! 
日本はそれが出来る国なのだと思いたい。 信じたいものだ。
政治家たちが、庶民の方を真剣に向きさえすれば、「選挙」から逃げられない筈。
政治家達にとっては「勝つか負けるか」の闘いなのはわかる。 しかし
庶民たちにとっては「死ぬか生きるか」の選択が、もうそこまで来ているのだ!
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。