FC2ブログ

らんきーブログ

世の中のおかしな事をあたりまえに考える。大事な事は情報を知ることだけじゃない。だからどうするのってことじゃない?


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ふーふ
2008.02.02 23:31 | 野党共闘


あ、・・結婚記念日だった。 聞いてみた。嫁さんも忘れてた(笑)
そんな、ええ加減な夫婦ですね。
数十年前に式を挙げたんでした。立会人夫婦と4人で。早いもんです。
とりあえず、ここに記録しておこうww

 ← 現在、「日記・雑談ブログランキング」に参加中です。
スポンサーサイト
関連記事

今日3日に告示され、10日に結果がわかる岩国市長選。
約2年前にこの地であった「住民投票」についての記事を私も書いていた。
岩国市民は住民投票に行くべし! 2006.03.11
アメリカを越える時 2006.03.13
井原さん&正しい判断をお持ちの市民の方々には是非頑張って欲しいです。

2008/02/03
出直し岩国市長選、2氏が立候補=米艦載機移転の是非争点-山口
 在日米軍再編に伴う岩国基地への空母艦載機移転の是非を最大の争点とする山口県岩国市の出直し市長選が3日告示され、移転容認派が擁立した前自民党衆院議員の福田良彦氏(37)と移転に反対する前市長の井原勝介氏(57)の無所属2氏が立候補を届け出た。投開票は10日。
 井原氏は移転容認派が過半数を占める市議会との対立が続き、「民意を問いたい」として昨年12月に辞職し、再選出馬を表明した。
 騒音被害が問題になっている厚木基地(神奈川県)から艦載機59機が移転される計画について福田氏は「国の言いなりにはならないが、治安や騒音の不安を解消できれば協力する」とし、容認を前提に条件交渉に入る考えを示している。井原氏は「あまりにも過大な負担」と主張している。
 井原氏が合併前の旧岩国市長だった2006年3月に実施された住民投票では、移転反対が投票総数の9割近くを占めた。翌4月の市長選でも井原氏が移転反対を掲げ、自民推薦の容認派候補に圧勝。今回の出直し市長選は、移転計画への地元の民意が示される3度目の機会になる。


民意は二年前から決まっているのに・・・民意だけでは何も変わらないのか?
こんな記事もあった。 ダメだなコイツはやっぱり。
橋下節に疑問の声「あんたこそ憲法学べ」 岩国住民投票 asahi.com

住民投票には法的拘束力が、なんら無いというのも私には理解できんなぁ~。
2005年の911小泉選挙の時のように「郵政民営化の是非を問う」と言って、それから2年ちょっとで、時の責任者コイズミは姿を隠し、安倍、福田と、表の顔を選挙もナシで2度も変えてしまい、そして郵政民営化だけではなくその他の諸々の悪政を敷いてしまった原因である、あの911選挙よりは「住民投票」の方がよほど価値があるのではないでしょうか?
2年前の住民投票にしても「法的根拠」は無くとも90%以上の「人的根拠」はあった。
つくづく、庶民には冷たく無慈悲な選挙であり投票制度だと思う。市議会も意味ナシだ。
しかし「空母艦載機移転の是非」を問う今回の市長選の方は真っ当な選挙である。

ともあれ、がんばれ!岩国&井原さん!! 圧倒的な勝利を収めてくださいね!!!
前自民党衆院議員の対立候補にダブルスコア以上で勝たせましょう!!
さて、岩国市民が選ぶものは? 一部の人のカネか。 それとも岩国や日本の未来か?
そんな事、聞かれなくても普通わかると思うけどなぁ・・・病んでるよね、この国って。
この選挙を通じて庶民皆が今後の選挙の大事さを考えるきっかけにもなればいいですね。
この結果次第で、次のドライブは錦帯橋に行くか行かないかを決めたいと思います。
岩国の錦帯橋
結果が悪ければ、東京、大阪に続き、岩国にももう一生遊びにも素通りもしてやんない。
国が金を落とさんなら私が落としましょう。
っていっても大した金額じゃないですけどね^^; しかしそんな庶民の応援もあるのだ。
奇しくも「岩国」という市名に「岩のような意思を持った国」という未来像を期待したい。
高い投票率&圧倒的な勝利! 岩国市民の方々はこの国のあり方を問う選挙に行こう!

 ← 現在、「日記・雑談ブログランキング」に参加中です。
関連記事

仕事をまじめにすればするほどブログに割く時間が作れない。
恐ろしいほど、やる事、やらなくちゃいけない事はある。今更気がつくのもなんだが。
という事は、ここ2年間はマジメに仕事をしていなかったという事か・・・・確かに(笑)
そういう事で暫くは、ゆるやかな更新になる予定です。
新聞もろくに読まない、ネットも見ない、TVも見なけりゃ、厳しいもんです。

政治の話に期待して(いるのか?w)ここを訪れてくださる皆さんには申し訳ないけど、暫くは難しいと思います。ただ2年近く、手を変え品を変え、ずっと書いている事ですけど、結局は 「政権陥落」 しかないのですよ。それぞれが信じる道を応援していく、それに尽きます。
近々時間が出来たらそんなバナーでもド~~ンと貼っておきましょうかね。

色々とありましたが、基本的にブログは楽しいものでないといかんと思います。
それが楽しくなくなったというのはありますね。 ネットはネット、リアルはリアルというか。
どっちの世界も「人」がやっているのにあまりにも、その世界が違う人が多いというか。
「ブログだからこう書く」んじゃなくて、ブログでもリアルでも同じ言葉を書きたいものです。
ブログってなんだ・・・・? ここ最近、色んな人の姿を知った。
「文字」は「文字」でしかないという事もわかった。 「人」は存在しているのか?

どなたかの鍵コメントであったが、「結局は誰が言ったか」というのが大事だとあった。悪例では893の親分が「覚醒剤撲滅運動やってます」と言ってもどうなんだかな~?という事か。
匿名のブログ界ではそんな事もあり得るのかも知れません。「文字」はそういうもの。
「生きた文字」というのは結局、どんな人が言ってるかという事だと思う。
いくらいい記事でもブログ読者をバカにするような人に政治を語られてもなぁ~。
読まれてなんぼ ってのはあると思います。そういった意味で私は恵まれていましたね。

ある方からの鍵コメでこんな言葉を貰った事がある。

ぶいっちゃんの「自分はこう思う。でもあんたの考えは最後は自分で決めてくれ~」みたいな、少し突き放したような距離感が好きです。ぶいっちゃんのイメージを物に例えるなら「マシュマロにくるまれたダイヤモンド」です。甘くて、ぷよぶよとしてて、指で突付くと簡単に形が変わるけど、じゃあ食べてしまおうとすると歯が折れてしまうぐらい剛直、硬い。

お世辞半分としても、わかってくださる読者の方ですねー。嬉しかったです。
私は「皆さん各自で考えて」というスタンスが強いと自分でも思っています。
命令するのもキライだし、されるのもキライだから。皆さんもそうじゃないでしょうか?
皆で考えよう ってスタンスだから間違えそうだったらいつでも軌道修正すればいい。
リアル社会では当たり前のスタンスでしょう? それがネットでは不自由なもんである。

「共闘」なんて言葉もそうだ。 したい人がすればいいし、したくなければしなけりゃいい。
する自由もしない自由もあるのです。自慢じゃないが、人に強制した事は一度も無い。
しかし、ネットの世界には「共闘」拒否反応の世界があるのですよね(笑)
そもそも私が使う「共闘」の意味と他の人が考える「共闘」の意味も違うのだろう。
まして私は、庶民が共闘する事は、当たり前の事だと思うからわけわからんです(笑)
何かと制限があったり窮屈になると、それはやはり面白くないですね。
端的に私流に言えば、「もう遊んでやんない♪」ってな気持ちにもなりますね。

ただ、つかの間の「縁」で知り合える方々と、楽しく何かの気持ちを共有できたら という思いで始めたブログだが、なかなか難しいものですね。 そして楽しくなけりゃ続かない。
友人が笑ってましたよ。 ここ最近の私のブログ見て(笑) 大変やのぉ~って(笑)
私も思う。 「何かと大変やのぉ~ 」って。 
そういう事で、政治の話は日本がアブナイ!さんや白川さん天木さんのブログを読んで下さったらいいと思います。私が言いたいこととほぼ一緒の事をわかりやすく伝えてくださる。

今後はスローなブログになっていくと思いますが、宜しくお願い致します。

今日の曲はスローなブログにさせてくれ・・・・じゃなくて「スローなブギにしてくれ」でした(笑)
時折、ファーストブログになるかもですが、そこら辺は「いい加減」がモットーの私ですので、どうか緩やかに見守ってください(笑) そういう事でたまに思い出したら覗いてみては?
それではまた。

 ← 現在、「日記・雑談ブログランキング」に参加中です。
関連記事

人気ブログランキング  まだまだ参加しています^^(日記・雑談ジャンル)
 やはり更新しないと順位が下がりますね。不正が無い正常なブログでした(笑)

岩国市長選の結果が出ました。
福田良彦氏が47081票、井原勝介氏が45299票のわずか1782票差でしたね。
現実は残酷です。生きていく為には「明日のお金」が必要だという事も現実のひとつです。
2年前の住民投票では90%もの方々が反対したにも関わらず、この結果。
基地の移転には、反対だけど、約半数の方々が生活の為に、いわゆる「明日の米代」の為に、苦渋の選択をしたという事ではないでしょうか。

今日の参照ブログ
天木直人のブログ:岩国市長選挙の結果をどう見るか(1)
ふじふじのフィルター:新自由主義とは、卑怯者の集まり
日本がアブナイ!:岩国市長選、わずかな票差が決めた市の行方+橋下がNHKに遅刻した理由
低気温のエクスタシーbyはなゆー:〔岩国市長選雑感〕有権者は「パンとサーカス」「明日のメシ」を渇望

このままでは夕張のようになる・・・・・・・何という残酷な選択をさせるのでしょうか?
次の国政選挙でも同じように政府側は「金の力」を背景に選択を迫るのでしょうか?
勝ち組に入れない庶民に苦しい生活をさせた後で「アメ」を見せれば勝てる政府。
そんな前例にならないように気をつけたいものです。
今回の岩国選挙が全国の地方のモデルにならないようにしなくてはいけません。
国からの交付金の有無が、庶民の1票の選択になるなんて汚いものである。
ある意味、庶民が理想の生活をしたいと選択したら、国は金を出さないのですから。

生活は大事です。「明日の米代」があっての生活です。 しかし・・・・・だ。
「もっと大事なものもある」 と青臭く言える、選べる世の中もまだまだ必要である。
今回の結果は国からの脅迫まがいの選挙に反対した人がほぼ半数いたという事である。
まだまだ捨てたもんじゃないと思う。今回の岩国選挙の差はわずか1800票足らず。
このわずか1800票の差ならば、庶民の小さな声で変える事も可能だった。
例えば、100のブログで20票集めれば・・・、200のブログなら10票で・・・。
そう考えると、色々なブログで声を上げていく事はやはり無駄な事ではないのである。
小さな声でも潰してはいけない。わずかの差で結果は変わるところまで来ているのだ。

そして今回の岩国選挙で思ったこと。
この国は 「元から断たなきゃダメなのである」
元がオカシイから、庶民の1票が「苦渋の1票」になるわけである。
「苦渋の1票」ではなく、もっとましな選択、皆が「希望の1票」を投じられる選挙でないと。
元から断たないと、地方だって、いつまでたっても変わらないし道連れになるだけだ。
国会を見よ! 福田康夫の軽々しくも、心のこもってない答弁を!
あれが日本の今の政治の姿だ! フラフラでしょ?(笑)

 ← 現在、「日記・雑談ブログランキング」に参加中です。
関連記事

人気ブログランキング  まだまだ参加しています^^(日記・雑談ジャンル)
 お久しぶりです~! 毎日笑って生きてますよw

アハハのハ~~~!・・・と笑ったところで。
ネットから離れた生活を送っている今日この頃です。 もちろん元気です。
お気に入りのブログをいくつか時間のある時に読んでるくらいですねー。
考えてみたら、私以上にネットに触れていない人の方が世の中には多いでしょう。
今の私の状態はすこぶる健康的ですね。 ネットやってる皆さんお元気ですか?

ブログ界(あるのか?(笑))というか政治の事を書くブログの世界って狭いものだ。
ネットに触れなくなってつくづくそう思う。ちょっと、はまりすぎてたからね。
どこで誰がどう書こうが、読まなけりゃ何の意味も無いのだ。リアルでもそうだろう。
気に入らない、気が合わない人らとは付き合わないのが当たり前なのだ。
その相手にしないタイプの人種を相手にしなくちゃいけないのが、ネットの世界かも知れないね。どこかで誰かが何か言ってないか、嗅ぎまわるかのような悲しいブログ徘徊。

自分と意見が違う人を見かけたら興奮する体質? 悪趣味でごわす。
そういったもんに、触れてしまうと、体に毒が回るかのような世界でもある。
色々と話題を提供し、始まった今年のこのブログだったけど、いい体験をさせてもらった。
色々な人種がいるのだと思いました。 普段の政治の話のレベルの高さとはかけ離れた言論を吐く人がいたのにも新鮮な感動を覚えましたね。私の事は置いといて(笑)
結構、読む人のことを「下」に見ている人が多いのにも哀しみを見ましたね。
また「仲間外れ遊び」をする人が多いのにも驚きを覚えましたね。

しかし、そんな事も、ネットの中のほんの片隅の小さな出来事なのであった。
見なければ、何もわからない。 見なければ何も関係ない。
そして見ている人はそんなに多くないのである。 にもかかわらず・・・・・。
現に今の私は、この頃のブログ界隈の話は何もわからない。
そして、全く不自由はしていないのである。 そんな人の方が多いのが現実だ。
狭い世界である。 なのにそこを更に狭くしようとすることって一体・・・・・???
今後もお気に入りのブログ以外は読むことは無いでしょう。それが私のネットスタイル。

それではまとめてみましょう(笑)

愛を知らないものが政治を語る
愛を知るものは政治をうまく語れない
  ってところでしょうか。

それではまた^^

※コメント&TBは暫く、レスしない事が多いと思います。 ご了承ください。

 ← 現在、「日記・雑談ブログランキング」に参加中です。
関連記事

2008.02.24 12:21 | 日々雑感


人気ブログランキング  まだまだ参加しています^^(日記・雑談ジャンル)
 今日のタイトル「氣」ってのは、どこかで読んだけど「気」って字よりも「氣」て字は「米」ってのがある事で、四方八方に気を使うというか、配っている感じがするからです。

ブログを書かない日が多くなってきました。
TVはBGMで見ています。そのTV上だけでも国交省も防衛省も最悪なのはよくわかる。
一部世論調査ではいよいよ福田政権も支持率が20%台になったようだ。
選挙はまだか? そこしか関心は無いです。
腐ったシステムを一度ご破算にして、もう少しマシな状態からスタートさせるのがいい。
岩国の結果後に起こった沖縄の米兵による少女暴行事件、そしてイージス艦の事件。
不幸な事件である。 それは時代の波に逆らっているこの国の歪みでもあるようだ。

年末年始の不幸な出来事(笑)のお陰もあって、ブログを書かない日が多くなる事で、見えてきたものが多々あります。 見ない事で見えてきた。 書かないことで見えてきたって感じ。
ネットをやっている人の世間のイメージって今現在、どうなんでしょうか?
また、その中でも「政治」に関心を持って書いている人へのイメージってどうでしょうね?
「おたく」でしょうか?「マニア」でしょうか?「活動家」でしょうか?
おそらく私のようなあまり政治に詳しくない庶民からしてみたら、あまり近寄りたくない雰囲気でしょうね。そこをわかっていない人が多過ぎなのが、政治ブログの特質でしょう。

私は人生訓として「本人が気づかないと人は変わらない」って思っています。
いくら、親や、友人や、周囲の方々が正しい事を言っても、その本人が「そりゃ、そうだ!」「そういうことだ!」と納得しないと、考え方は簡単には変わらない。その為には「待つ」事ってすごく大事な事である。本人が体験しないと気づかない事もあるし、痛い目にあわないとわからない事もある。それくらい「気づく」って事は大事な事なのだと思うのです。
間違った事、恥ずかしい事、情けない事・・・・自分で体験してから気づく人もいる。
ブログで言えば、「ああせい!」「こうせい!」という命令調よりも、「なるほどな」と思わせるような語り掛けの方が個人的に好きなのも、そういった理由からだ。

「気づけば」大人なら、自分で何とかしますから。
昔に比べて、今の社会では調べようと思えば、腐るほど情報は転がっています。
そういった芽を潰そうとする勢力には要注意である。 気づかれたら困るのだ。
ネットの世界で情けないのは「間違いや、勘違いに厳しい」 事である。
あちこちのブログでよくそういった論争を見かけます。知識の叩き売りみたいな(笑)
私的には「どうでもいいやん」という感じで、また文句言われそうですが、そういった事が多い。間違ってたら直せばいい。それだけの事なのに鬼の首を取ったかのようになる。
実社会でも、そういったことをしているのでしょうかね? 誰も周囲にいなくなるのでは?

実社会でありえない様な事がネット上では起こるわけだが、そういった時は普通の感覚の人は引くに決まっています。という事は、そういった事がたまに起こる背景には、「何者かによる策略」がある可能性もあるって事でしょう。普通の人を引かせたい勢力が・・・・。
そう思う方が自然である。 普通の感覚の人は争いを好みませんからね。
論争を仕掛けてきたり、困ったコメントを入れてくる人の中にもそういった勢力の一部があるのかもしれません。ブログを書く最大の楽しみの一つであるコメントを利用してブログ作者の書く気を無くさせるという事も、あちこちで行われているようです。 何故なのか?

ネット社会もリアル社会も同じ「人間」が作り出す社会です。
そこでリアル社会では起こりえないような展開がネット社会で起こった時は、人為的な何かがあると思った方が間違いが少ないと思います。ネット社会の論争の中には「ヤラセ」がある。
匿名同士だからこそ、リアルよりも気をつけなくちゃいけない部分が多いのに関わらず、リアルではありえない展開になる時。 そこには人の悪意が存在すると思っています。
今後も私はネットから三歩くらい離れてみようと思っています。それが楽しい距離だ。

TVでも見る権利は私たちにある。見たくなければ見ないのは当たり前だし、見る価値が無いものは論外である。ブログもそうなのですよ。皆、縛られ過ぎですよ。見なけりゃいいのを見るから頭にも来るんだろうし、無駄な時間を潰すのでしょうから(笑) 
ブログを書いている人がブログを書いている人に文句を言って議論を仕掛けるのはTVで言えば、TV局同士が罵り合っているのと同じ。 規模はめっちゃ小さいけどね(笑)
見る人はどちらもいません。 争いや揉め事が好きな野次馬以外はね。
そういった事に「気づく」事も、人生を愉快に過ごす秘訣のひとつでしょう。
大事な事に気づきさえすれば、その人の人生です。自分で最良の道を選ぶのですから。

今日の結論  「命令すんな!」 って事でしょうかね(笑)

※コメント&TBは暫く、レスしない事が多いと思います。 ご了承ください。

 ← 現在、「日記・雑談ブログランキング」に参加中です。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。