らんきーブログ

世の中のおかしな事をあたりまえに考える。大事な事は情報を知ることだけじゃない。だからどうするのってことじゃない?


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

個人のブログと個人のブログ、あるいは個人のブログと個人(個人とは一般市民のこと)がネット上で争ったり足を引っ張りあう事ほどバカらしいことはない。
政治ブログと呼ばれているもので考えてみる。
例えば今回、私もたまに参加している「AbEed」のトラックバックピープル(右側中段にあります)でちょっとしたプチトラブルがあった。詳しくはカナダde日本語を読んでもらうとわかるのだが、大したことではないわけだ。それをあの「世に倦む日日」というブログで大げさに取り上げて、その件で私が裁判に呼ばれたらなんたらかんたらなんて書いているわけだ。

そしてその筆者は「安倍晋三を誹謗中傷したと安倍晋三が思った」ブロガーに対し安倍が裁判を起こしたら,「私もこいつに誹謗中傷されました」と裁判で証言すると言っているようだ。表現は違うが,どう読んでもそうとれる。(悪口ではないので誹謗ではない)
この筆者は,コイズミ政治に反対と大きく声を上げた人物だ。それが,いったいどう転んだら安倍晋三のために証人になりますなどと,わざわざブログで表明するのだろう。強権的に証言させられて,それを拒否できなかったことを恥じるのならば話はわかる。しかし,ここに書かれていることは,正反対ではないのか??(これは,私の素朴な疑問であって,誹謗中傷ではない)
それどころか,なんと,安倍晋三や自分を誹謗中傷したブログにTBしたりコメントしたりすることは幇助罪だ!!とか何とか書いてる。むしろ,こいつらが煽っている,とか何とか書いてある。(書いてあるということをいってるだけなので,中傷ではない)
反戦な家づくり:批判と誹謗中傷 安倍Endをめぐって

まったく反戦な家づくりさんが仰ってる通りだ。これはどういう行為かというとブログの表現の自由を自分中心に(ABEも含む)制限をかけているという事である。
一体何をどう考えたらこうなるのか?これは個人ではないな?国家側の論理だと思います。
今後政治家や権力側に対する表現の自由を自分の意のままにしようとするかのような論理のすりかえだとも思う。
ある意味、加藤ちゃん家に放火した暴力による言論への圧力にも似ている。
ブログ言論への警告とでも言おうか・・・要注意なことだ。
だいたい個人のブログで政治家を批判してもそれに対してその政治家本人から文句があれば別だが、ただの無関係の個人から文句を言われる筋合いは無いはずだ。
誰が誰を応援しようが、批判しようが自由じゃないか。
ネット上の住人も国家側のすべてイエスマンにでもなれというのでしょうか?

だいたい個人のブログの主張に異を唱えるほうがおかしいのだと思います。
個人のブログに個人が攻撃することは普通ありえない。現実世界を考えればいい。
自分と違う意見の人をしょっちゅう、それもしつこく攻撃する人がいたとしたらそれはちょっとおかしい人だ。現実世界では誰も近寄らないだろう(笑)騒音オバさんと同じレベルでしょ。
という事は個人のブログに攻撃を仕掛けたり何かしてくる人というのは個人ではないということになるわけだ。  じゃぁ何?て事になるのだけれど、これはもう権力側のワンワンあるいはもどきなのだと思う。 ネット憲兵きどりで国家権力をバックに自分が正義だという勘違いをしている人達だと思うわけだ。

個人対個人で争っても何も世の中は変わらない。それは喧嘩だ。
金持ち喧嘩せずというがこれは私の中では心の金持ちは喧嘩しないということだ^^
心がどこか貧しい人が喧嘩するのだと思っている。
だから普通、人は争わないし、意義のある実りのある議論しかしない。
ではネット上では何故、嫌がらせを受けたり誹謗中傷されて正しい事を書いているまともなブログが閉鎖していくのか?それはネット憲兵きどりの攻撃に嫌気がさすからだと思うわけだ。
文字の暴力で、個人攻撃をする人の方がおかしいけど、まともな人は争わないからブログを辞めていく。おそらくだが、国家側(権力側)が喜ぶようなブログを書いている人で閉鎖に追い込まれた人はいないと思う。

わかるでしょ?どちらがまともで普通か?
権力側の喜ぶようなブログは炎上しないし、誹謗中傷も少ない。
反権力の立ち位置にあるブログは攻撃も受けやすく閉鎖していく。
今後こういった事は増えていく可能性は大だと思います。
結局、個人対国家(権力)なのですね。構図は。
個人対個人で閉鎖になるわけが無いのです。そこに明らかに攻撃する側は権力側黙認あるいはそれを盾にしたような構図があると思うのです。

個人のブログは皆さん仕事の合間の貴重な時間を割いて一生懸命自分の意見をブログ上で公開しているわけですが、揚げ足取りの連中らはそれに対して誹謗中傷の文字暴力専門屋なわけですね。
ある意味職業に近い?どんな意見でも誹謗中傷揚げ足取りは簡単に出来ますからね。
ネット上で個人対個人のレベルで喧嘩したり、攻撃を受けたりする事はまずありえないと私は強く思っている。相手がまともな人間としてだが・・・。だから私はネットで議論はしない。
よって攻撃や妨害をする相手は権力側の憲兵隊もどきと思うようにしています。
普通の常識人であれば攻撃&文字の暴力・脅しはしない。不毛だとわかっているから。
仮に権力側でなくとも悪意のある相手に対してまともには対応しないのは当たり前だと思う。

そういう気持ちで、今後参院選までネット上でのブログやネット上での様々な攻撃・圧力を見て行く事は大事な事だと思います。どちらが正しいのかよくわかると思います。
どんなブログであっても個人のブログに対して攻撃をかける方がおかしいというのだけは間違いないと思います。
普通の人ならば不快になる所はもう見ない だけですむ問題だから。
ネット上で個人対個人で争うことほど不毛な事は無い。これは常識人なら皆わかる。
個人対何かの権力側でしか争いごとは普通起こりえないのだと思います。

メールやコメントやTBをもらえるというのはすごく嬉しい反面、そういった攻撃や誹謗中傷をする側にとっては格好のツールにもなるわけですね。
そこにこそネット規制をかけてもらいたいものだ。
リベラルな人達が自由に物言える空間としてこれからもネットが普通の国民の立場で楽しく愉快に使えるものであって欲しいものだと切に願います^^

尚このブログは私のブログですから、何に対しても私の自由裁量になっています♪
ですから上記のように「心の金持ち喧嘩せず」の精神で今後も楽しく愉快に続くのだ^^

 心の金持ちなら私もそうだよ♪ って方はクリック♪
 人気blogランキング ポチっとお願いしやーす♪
スポンサーサイト
関連記事

オーマイニュース」という市民参加型のメディアが創刊されました^^ 編集長は鳥越俊太郎さんだ。

オーマイニュースとは?:最も自由な市民参加の「プラットフォーム」
どんなチカラにも、おカネにも影響されず、オーマイニュースの編集部からも独立
オーマイニュースは、社会に向けて自分の声を発信したい市民のための最も自由な参加の「プラットフォーム」です。オーマイニュースの市民記者は権力から独立し、資本からも独立しています。さらにはオーマイニュースの編集部からも独立しているのです。
オーマイニュースはいかなる権力や資本からの干渉も受けずに発言できる空間です。これまで何かに阻まれて伝えられなかったことはありませんか。オーマイニュースを通じてその壁をなくしていきましょう。

心意気や考え方は素晴らしいと思います。早速チラチラと読んできました。
「来年の参院選、1人区で15以上獲りたい」小沢・民主党代表インタビュー政権交代に自信
や 加藤紘一氏に緊急インタビュー 【動画あり】 テロの背景とナショナリズムのあり方 等など、他にも市民記者の記事など結構読み応えがあります。「オーマイニュース」は2000年に韓国で設立されたものでその後、現韓国政権誕生を支えたといわれるほど成長しているものだが、そういった市民参加型ジャーナリズムが同じように日本でも成功するかどうか疑問点もあるようだ。準備ブログの段階で炎上したという話もあり色々と心配な面もあるかと思う。

確かにお国柄というかネット柄というのでしょうか日本で今後どのように推移していくか未知数ではありますが私は好意的に見守って行きたいと思います。何もしないメディアよりも何か行動を起こして、試行錯誤しながら、もがいたりあがいたりする姿勢の方が余程素晴らしいと思うからだ。批判するのは容易な事だ。「オーマイニュース」の各記事のコメント欄を読んでいると早速否定的なネガティブな意見がボチボチあるようだ。

確かに賛否両論の意見を取り入れる姿勢は理想的だし素晴らしい事だ。
しかし記事を書く方は市民記者は実名でコメントを書く方は登録するだけでHNでよいというシステムはちょっと危ういかもしれませんね。
私はコメント欄もほぼ実名に近いシステムでいいと思います^^;
それよりもまだTBを活用した方がいいように思う。
逆アクセスランキングなんかも入れてどのTBをくれたブログが人気があるかとか?
やはりブログやHPを書いている人と書かないでコメントだけを入れる人の差って少しはあると思うんですよね。匿名とはいえネット上での情報発信地という所在地があるという点で・・・。

オーマイニュースはネット上でタダ(無料)で見られるメディアなわけですよね。
タダなんですから(笑)空気と一緒なんですよね、タダって。
空気に文句言う人はいないでしょ(笑)「なんだこらぁ、ここの空気は思ったよりも薄いぞ!
おらぁ~!」とは。お金を出して食事をしたりモノを買ったりする際に、苦情や文句を言うのはアリだけどタダのものに文句や批判を言う風潮ってどうかと思いますね。
タダでこんな会話が読めるというのはそれはそれで有難いことだと思う。

鳥越 「安倍さんっていうのはどんな方だと思いますか」
小沢 「いい子だと思うけどね」
----------<中略>------------
鳥越 「安倍さんのお父さんの安倍晋太郎さんはイラン外交とかも一生懸命やっていました」
小沢 「いい人だった。安倍さんもお父さんの血を引いていい人だから、
   小泉流のチンピラみたいな開き直りはできないんじゃないかな」
小沢・民主党代表インタビュー 政権交代に自信 

チンピラからいい子に変わる日本のTOPって・・・・(涙笑)
ま、新しい試みには必ず障害がつきものなのは間違いない。
その障害やアクシデントを上手く乗り切って行った時により強固なものになっていくのでしょう。ひとつのニュースサイトとしてみていくだけでも今現在面白いとは思う。新しいものに対して、ついつい否定的に物事を見るというのは日本人の悪い癖かもしれません。
でもそれだけじゃ何も始まらないし変わらない。何かアクションを起こすからその結果に応じて何かが変わる。それだけでも十二分に価値のあることだと思っています。

 ランクアップに協力しちゃろう♪ って方はクリック♪
 人気blogランキング ポチっとお願いしやーす♪
関連記事

きっこのブログ:美しい国って?を読まれた方は多いと思う。
あぶあぶABEちゃんの今売れているという噂の本「美しい国へ」の話だった。
うまいよなぁ~、流石きっこのブログは点と線のバランスが。
反戦な家づくりさんの安倍晋三とカルト統一協会の驚くべき「美しい国」つながりの記事をヒントに点と点が繋がっていったのだろうが見応えのある面白い記事だった。

ちなみにアマゾンの美しい国へのページではあわせて買いたい のところに
なぜいま安倍晋三なのか:山本 一太 をあわせて買う 一括注文:¥2,132」 とあった(笑)
かなり笑わせてくれました^^ 薄っぺら同士の抱き合わせ商法か? 

私もきっこさんに真似て点と線を結ぶことを考えてみた^^>日曜日だし暇だったから(笑)
結べましたよ♪ 何かが・・・無理やりに^^; 

安倍晋三氏の「美しい国へ」というタイトルの謎が解けたのです。
そもそも「美」という文字の成り立ちはどうかという事がポイントです。
「美」という文字は「大きい羊」から作られたということです。昔,中国では羊はおいしくて形の整ったものとされていたそうです。それで「大きい羊」から「美」という字は作られたそうです。
美というものは見た目だけではないのですね。

ここでお断りですがお名前に「美」という文字が付いてる方は多いと思います。
私も美という字は好きです。日本人が好む字の上位に入っていると思います。
ですので決して美という文字をけなしているわけではありません。そういった日本人が好む、好きそうな文字の意味合いも含めてABEはこのタイトルにしたと思うので、
その謎を解き明かす意味で今回書いているだけですのでご了承を^^

タイトルの裏に隠された意味合い第一の点は「大きな羊の国へ」だったのです^^
羊とは間違いなく日本国民のことを指しているのではないでしょうか?
そして極めつけ第二の点も探してきました(笑)

 「美」は、いけにえの羊が大きければ大きいほど神が喜ぶので「すばらしいもの」としたことから来たそうだ(『しにか』1月号)。羊に魚を組み合わせた「鮮」は両者のにおいから来たらしい。羊に人を組み合わせると「佯」、あざむく意、になる。
 ※『朝日新聞』2003年1月4日朝刊「天声人語」 

にゃにゃにゃにゃにゃんと!いけにえだったのです。漢字で書くと生贄です!!
神とは一体何でしょう?そう、ABEちゃんの大好きなアメリカの事でしょう。
ABEが早口の舌っ足らずで言ってる憲法改正もアメリカからの指令が出たからでしょう。
そろそろやれ!・・・と。軍備拡大してもっと金を貢げと。
ABEの歪んだナショナリズムがそこにはあります。
「美しい国へ」の隠された意味は「豚は太らせてから喰う」の様な意味合いを持つ「ボーッとした危機感の無い日本の国民(羊)を大きくしてから生贄にする」ということだったのです!!
恐ろしかぶわ~い^^;
後世、この謎が解き明かされた時は、もう私たちは生贄の羊とされているのです。
ABEの「美しい国へ」の裏タイトルは「生贄の大きな羊の国へ」だったのです。

・・・えっ?点と点の謎って・・大したことなかったねって? そこはご愛嬌で^^;

でも子供の頃から祖父は有名な岸信介を総理大臣に持ち、その親戚関係も華やかで何不自由なく暮らしてきたABEには国民なんてそんなものかもしれません。おそらくそういう帝王学を学んできたのでしょう。いや・・学んでは無いか(笑)頭良くないらしいですから^^;

116 名前:名無しさん@3周年 投稿日:2006/08/31(木) 07:29:26 EBcLfGT/
安倍晋三 官房長官が衆議院議員になるまでの経歴
0歳 1954年9月21日:東京都に安倍晋太郎 洋子夫妻の次男として生まれる。
12歳 1967年3月:成蹊小学校卒業 (卒業生のほぼ全数が成蹊中学校へ進学)
15歳 1970年3月:成蹊中学校卒業 (卒業生のほぼ全数が成蹊高校へ進学)
18歳 1973年3月:成蹊高等学校卒業 (卒業生の6割程度は上位の大学へ入試を経て進学。どこにも通らなかった者、受験しなかった者が成蹊大学へ)
22歳 1977年3月:成蹊大学法学部政治学科卒業
22歳 1977年4月:渡米後、ヘイワード語学学校留学
23歳 1977年9月:南カリフォルニア大学政治学部に入学許可
24歳 1979年初頭:南カリフォルニア大学政治学部を中退
24歳 1979年4月:株式会社神戸製鋼所入社
28歳 1982年11月:神戸製鋼所退社 外務大臣(安倍晋太郎)秘書官
38歳 1993年7月:衆議院議員初当選

↓↓<画像>今日の喜怒哀楽 さんからお借りしました^^



安倍が唯一受かった試験  ☆☆☆成蹊小学校 選抜方法☆☆☆ 
※2006年実施分なので安倍氏が受けた物ではない
 ・ペーパーテスト 数量,記憶,比較,常識,推理,言語,図形
 ・行動観察    お店やさんごっこ、魚釣りゲーム(70分)
 ・運動      走る,ゴムくぐり,ジグザグ走り,、ゴム跳び,ボールつきなど
 ・面接       (保護者のみ / 10分)  ・その他

6歳の頃受験した上記の成蹊小学校の入試問題と、南カリフォルニア大学?の学部入試(何故か大学院ではない)のみをパスした安倍晋三官房長官。小学4年~中学2年の4年間のうちの定かではない期間において、当時・東京大学の学生であった平沢勝栄 衆議院議員に、家庭教師についてもらっていたが、東大生の力をもってしても、成蹊脱出はままならなかったのが現実だ。
カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの虚業日記:2006-08-31

しかし古本屋でもこの「美しい国へ」100円コーナーに並ぶ日は近いでしょう。
ABE政権は短命政権として終わる運命にしなくてはいけません。
「美しい国へ」に騙されてはいけない。それこそが爽やかさだけを売りにしている中身の無い政治家の中身の無い薄っぺらな言葉なのだ。
雰囲気だけではなく言葉の持つ爽やかさまでも利用しようとしているのだ。
何故って?中身が無いからなのだと思う。薄っぺらなのだ。喋り方も。
9月1日の出馬正式表明の夜、出ずっぱりだったTVを見てつくづくそう思った。

アメリカに日本の資産(金も人も魂も)を全て生贄として差し出すことがこの本の持つ本当の意味ではないかと、「美しい国へ」の本の表紙すら、ましてや中身は一生見る気も無い私は強く思うのであった(笑) はぁ~・・・点と点も含めて記事を書くのって難しいね^^;
日曜日ということで大目に見てやってください。

 あと160票くらいで1位になれます(笑) 押しちゃろうって方はクリック♪
 人気blogランキング ポチっとお願いしやーす♪
関連記事

昨日のサンプロだったのだろうけど国民新党の亀井の静ちゃんが明言したそうだ。
いよいよVS自民党戦略が動き出した。頑張れ!非自公の皆さん方!

「参院選は民主党と組む」 国民新党・亀井静香氏が明言
2006年09月03日19時02分
 国民新党の亀井静香代表代行は3日のテレビ朝日の番組で、来年夏の参院選について「自民党と公明党を過半数割れに持っていく」と語った。そのうえで、民主党の小沢代表との連携について「組みます。次の(参院)選挙で徹底的にやる。その後、(衆院)解散に追い込む」と述べ、自民党との対決姿勢を鮮明にした。
 昨年の衆院選広島6区で亀井氏に敗れ、参院選広島選挙区に立候補を予定している民主党の佐藤公治・前衆院議員についても、亀井氏は、民主党から要請があれば国民新党として佐藤氏を推薦する考えを明らかにした。
 自民党は、昨年の「郵政選挙」で離党した衆院議員との連携や復党を模索している。だが、亀井氏は参院選後の政局対応について「(民主党と)ほとんど完璧(かんぺき)な形で組むことになる。(自民党から)数が足りなくなったから頼むと言われて応じていたら、これは自殺行為だ。やりません」と明言した。 ※asahi.com

よし!よくぞ言った亀ちゃん!!苦労したもんなぁ~。ホリえもん立てられたりして・・。
今日は初公判の日。しかしライブドア問題で関心があるのは最早野口さんの件だけだ。
どうなったんだろう、遺族の人も弁護士の人も?まだ動かないのかな?それとも・・?

話をドロンパと戻して、郵政民営化反対組いわゆる造反組という情けない悪名で悲哀を味わった政治家は全て今後自民党に戻ってはいけないと思っている。戻ったとしてもそこにはあなた方の安住の地はない。会社として置き換えたら火を見るよりも明らかでしょ?
TOPがチンピラからいい子に変わったからといって体質は同じなんですから。
事あるごとに復帰組とか裏切り回遊組とかのレッテルの目で見られるんですから。
三顧の礼をもって尽くされたとしても戻るべきではない。一度、人為的に切られた縁は戻すべきではありません。先に民主党入りを決めた川上氏のように覚悟を決めるべきだと思う。

とはいっても無所属の造反組は今でもやはり自民党に戻りたい人が多いらしいですね。自民党が与党であり続けることを信じて疑わない純朴というか危機感の無い人達なのでしょうね。捨てられても縋っている人を見ると哀れに見えてしょうがないのは私だけでしょうか?(笑)
今後、来年の参院選前にどれだけの造反組が意思表示をするか見守って行きたいと思います。しかし造反組の親玉、亀ちゃんの連携の持つ意味は大きいと思いますよ。

亀井静香と小沢一郎の提携は、決して小さな事件ではないだろう。自民党の来年の参院選惨敗。アベッチ内閣総辞職。解散総選挙でまたまた惨敗。そして政権交代は…必至じゃないの? 文藝評論家=山崎行太郎の政治ブログ 『毒蛇山荘日記』

是非そうなって欲しいと思う、政権交代。
造反組が民主に付くか付かないかを表明することは勇気がいることと思う。
しかしあの頃の自民党よりも更に牙も八重歯も奥歯も抜けて、歯抜けの骨抜けのガタガタになっているのは今のABE一辺倒の自民党を見ればわかるだろう。
組織もああなるともう末期的状態だと思う。その自民党は今何をしているのか?

中川政調会長:対決姿勢 小沢氏の主張検証チーム設置へ
自民党の中川秀直政調会長は3日、長崎県大村市で講演し「『ポスト小泉』の党首討論に備えるために、民主党の新代表の公約などを徹底的に検証し、政策論戦を盛り上げたい」と述べ、民主党の小沢一郎代表の続投を念頭に、同氏の主張などを精査する検証チームを自民党内に設け、対決姿勢を強める意向を明らかにした。中川氏は93年の小沢氏の著書「日本改造計画」と現在の主張を比較した場合、自衛隊の海外派遣や税制などに「ぶれがみられる」と指摘した。 ※毎日新聞 2006年9月3日

「ぶれがみられる」って・・・
そういうのはぶれとは言わないの!!世の中の情勢が変わったからなんですよ!
自民党自体があの頃とは違うのに野党だけが変わらないはず無いじゃない。
OZAWAを見くびってもらっちゃぁ困りますねぇ~。 I<愛>・OZAWAだよ^^
13年前の著書と比べて一体何を言ってるのでしょうか?この人。
中川秀直と片山虎之助はなぜかしら特に大キライです(笑)
野党の事を精査するよりも自民党の検証チームを作った方がまだいいと思うけどなぁ~。
そして昨日のあまり興味は無いけど仕方なくABEウォッチ。

安倍氏「共謀罪」「防衛省」も優先…臨時国会への対応 
安倍官房長官は3日、盛岡市内での自民党東北ブロック大会で、秋の臨時国会への対応に関して、教育基本法改正案に加えて、「共謀罪」創設を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案と、防衛庁の省昇格関連法案の成立を目指す考えを表明した。 いずれも先の通常国会で継続審議となっている。
 安倍氏は「(臨時国会で)大切なのは教育基本法の改正だ。防衛庁の省昇格(法案)も、テロを防止するための刑法の改正(組織犯罪処罰法改正案)もある」と述べた。
<以下略>  (2006年9月3日21時52分 読売新聞)

また共謀罪教育基本法改正かよ!!
もうすっかり官房長官後に首相になるものと決め込んだかのようなこの発言。
安倍官房長官 略してアカンボウ。いよいよ、つかまり立ちから一人歩きするか・・・。
絶対危険です!!なんとか阻止する為のウルトラCはないのか?
志ある政治家か誰か、ABEの裏情報をリークする政治侠客はいないのか?
楢崎弥之助さん!!出番です♪^^; 爆弾をちぃっと投げてください(笑)
本当に誰か自らの政治生命を賭けて闘う政治家っていないかなぁ?
あ・・・・永田君は復党したみたいだけど何もしなくていいですから(笑)できないか^^;

 あと120票くらいで1位になれます(笑) 押しちゃろうって方はクリック♪
 人気blogランキング ポチっとお願いしやーす♪
関連記事

このらんきーブログには色々な主義・思想の方が来てくださっていると思っている。
政治で言えば自民支持の人、民主支持の人、共産支持の人、社民・・・
そして無党派と呼ばれる人が多分一番多いのではないかな?と思う。
それが「らんきーブログ」の健全たる姿なのだと思う。自画自賛^^
世の中の縮図をこのブログに当てはめて考えて行きたいというのが私の基本スタンスだ。
ネットもリアルも一緒なのである。百人百様万人万様だ!
一人でも見てくださる人がいれば・・・。人と人の繋がりとはそういうものだと思う。
ちなみに私のリアル友人連中は自民党支持もいれば共産党好きもいる。楽しいもんだ。

同じ主義主張の人だけしか集まらないような集まりはちょっと逆に苦手?かな^^
ファンサイトや遊び中心のブログならばそれも楽しいことだからいいんだけどネ。
政治でいえば自民支持だけ公明支持だけの集まりよりも色々な考えの人が集まった方が健全だ。そういった中で様々な考えや情報が入ってきた方が自分なりの選択や判断の元になりやすいものだと思っている。特にネットの場合はリアルよりもその方が楽しいように思う。
その為にはリアルと変わらないくらいのマナーは最低限必要ですけどね。
自分と考えが違う人がいても話は聞いてやるくらいの度量みたいなのが必要だと思う。
お互いに。 いつも言うけどネットもリアルもそこは一緒、

無党派と呼ばれる人に共通しているもののひとつに多分「群れるのがキライ」というのがあるのではなかろうかと思う。私も意味無く群れるのはキライだし。
もちろん楽しい仲間と遊んだり、愉快な集まりであれば別だ^^ 群れたい(笑)
しかし主義主張などの心というか信条の部分の群れとはちょっと別だと思う。
そこから離れる=裏切り者という雰囲気もあるからだ。面倒である。
あるいは少し考えの違う意見を言いたい時でも言いにくくなるような雰囲気も出てくるからだ。
自由を制限される。言いたい事が自由に言えないことはやはり退屈だ。
いい時はいいが何かあった時が煩わしいという人間関係が生じる。基本は呉越同舟がいい。

社会に出れば色々な主義主張の人がいて当たり前である。出会う人がすべて自分と同じ思想の人なんてまずない。仕事仲間であったり取引先の相手であったり趣味の仲間であったり、あるいは家族であっても主義主張はぶつかって当たり前だ。家族全員が民主支持とかではない事も多いであろう。あ・・・全員公明支持ってのは結構あるだろうけどね(笑)
そんな主義主張あるいは支持政党の違いがあったにしても人は日々、大した争いも無く普通に生きているわけだ。そうでなくては毎日煩わしいだけで仕事すら出来ないからね。
リアルの世界では異論があって当たり前。
そういったもの全て上手に消化吸収しながらうまく世の中を渡っているものだと思う。

翻(ひるがえ)ってネットの世界。文字だけでの交流がメインになるわけだが何故にこうもレッテルを貼り誹謗中傷したり、自分と考えの違う主張に対し文句をつけたりという現象が多いのか?文字だけだからなんだろうなぁ~。そこに生きた文章を書くという意識があったらむやみやたらに自分と意見が違うからとか、偉そうにとか、反自民だとかの理由で誹謗中傷文句の嫌がらせ3点セットは使用しないと思う。
人と人の主義主張が違うのは全然問題ないが、誹謗中傷文句などの類は却下だ。
リアルで考えればすぐにわかることだ。そんな人間は誰も相手にしないのが常識だ。

意見が異なっても『筋のいい人』は大勢いる
今回"ネットフナムシ"の暗躍により有難くもよくわかったことだが、ネットフナムシなる有象無象は"正統派保守の方々"からはもはや完全に無視、パージされているということだ
反対側にいる人たちはここを一緒に見てはいけない
ここを一緒くたにしてイデオロギーの対立、感情的毛嫌いを誘発させるのが狙いの工作活動だ
『分断』仕掛ける"共通の敵"が最も嫌うのは『結集』@相手の術中に墜ちてどうする! 

ネットフナムシとはこれ以上ないナイスネーミングだと思う。(笑)ぬぬぬ?さん流石っす!
誰もが嫌がることをわかっていても存在するものも世の中にはある。
そこはやはりフナムシだけに無視するのが一番いいのかも知れない^^;
しかし、フナムシが嫌いだからと言って大好きな釣りに行かないって人もいないと思う。
フナムシに会わないようにすればいいのだ。
それはリアルもネットも同じことだ。ネット君子フナムシに近寄らずだ。
意見が異なっても『筋のいい人』は大勢いる  大事なポイントはここだと思う。

人は自分と考えが違う。 そんな当たり前のことがわからない人が多すぎる。世の中全員自民党員だったり、共産党員ばかりだったら面白くないでしょ?ある意味、色々な考えがあるからこそ平和を感じられるのである。平和を真剣に考えている人はこれまた当たり前の事だが、自分と違う考えの人にいちいち文句を言ったり誹謗中傷したりする人はいないという事だ。

私のブログには様々な人がいる。しかし人ではないネットフナムシは可哀想だけど削除、あるいは視界から消えて貰うしかないというのも処世術なのだ。
人と人が集うリアルと同じ感覚のブログでありたいと思う。
異なった意見の中で、人と呼ばれるもの同士がリアルの世界と同じように
和気藹々(わきあいあい)と前を向いて生きるということこそ健全な事はない。

 あと90票くらいで1位になれます(笑) 無理だろうけど押しちゃろうって方はクリック♪
 人気blogランキング ポチっとお願いしやーす♪
関連記事

紀子さまが今日6日午前無事男児をご出産されましたね。よかった、よかった^^
41年ぶりの皇位継承資格者の男子皇族誕生ですね。おめでとうございます。
帝王切開という事だったが無事にそれも男児という事でほっとされた方々は多い事だろう。
順位は皇太子殿下、秋篠宮殿下に次ぎ第3位になるわけですね。
もちろん私が生きている間には今日生まれた親王の時代は来ないだろう。三時代も先の話ですからね。なんだか、ちょびっつ哀しい気持ちにもなりますね^^;そしてKOIZUMIが先の国会審議中に懐妊の知らせを聞いて鳩が豆鉄砲食らったような顔をしてた皇室典範問題。

皇室典範改正案提出、次期通常国会も見送り
 政府は6日、先の通常国会で提出を見送った女性・女系天皇を認める皇室典範改正案を2007年の通常国会にも提出しない方針を固めた。
 秋篠宮さま以来、41年ぶりに皇室に男子が誕生したことで、女性・女系天皇容認に慎重論が強まることも予想され、改正作業の着手の有無を含めて世論の動向をしばらく見極める必要があると判断した。
 皇室典範改正問題は小泉政権から次期政権に委ねられる。

 皇室典範改正問題について、安倍官房長官は6日午前、首相官邸で「皇室典範の議論は皇位の継承の安定という極めて重大な問題だ。慎重、冷静に議論を進めなければいけない。国民的な理解も必要だ」と述べ、時間をかけて議論する必要があるとの考えを強調した。 (読売新聞) - 9月6日16時6分更新

何を今更って気がしますね、安倍晋三官房長官!略してアカンボウ。
ま、あまりABEは皇室典範問題は難しくてわかってないだろうし、やる気も無かったとは思うけど(笑)郵政問題にしてもこの問題にしてもあっさりと方向転換する姿勢もどうかと思う。
あの時期に雅子さまも紀子さまももう産めないだろうと高をくくった考えがあったのだとも思う。あまりにも早急なKOIZUMIサイドの皇室典範問題の本質は皇室の弱体化狙いにあったようにも思う。いずれ皇室典範問題はじっくりと時間をかけて行う必要はあるだろうが今回はKOIZUMI悪政の中で決まらなくて何よりだった。天皇制の是非は色々な意見があるだろう。

いろいろな考えの人がいるのだろうが個人的には、皇室のあり方は今の平和外交主義を踏襲してくれるのであれば、"日本人の心の拠り所"のひとつとしてあってもいいと思う
日本の中の"一本杉"みたいなものか
自由と平和の心の象徴のような
バランス欠いた小泉やその取り巻き、「内心の自由」を束縛し全体主義に邁進しようとする石原都知事と米長邦夫ほかその他雑兵(土屋たかゆき都議みたいな連中)を、"諌める存在"であって欲しい
ぬぬぬ?:皇室典範、小泉敗走! @目先の功名心と心の問題、国のあり方

私も天皇制に関しては ぬぬぬ?のインターセプターさんと同じような気持ちだ。
とにかく男系だ女系だ女性天皇だ・・・といろいろな問題を時間をかけて国民にもわかりやすく、じっくりと議論して良い方向にいって欲しいと思う。

ところで速攻で買うと言ってた『小沢主義 志を持て、日本人:小沢一郎著』なんだけど
そこそこ大きな本屋さん3件を回ったがどこも売り切れ中でまだ手元に無い^^;
あちこちのブログ見ても売り切れって書いてる人多いし・・。
何で売り切れ? わざと? 戦略? それともすっごい売れてるの!!??
ABEの美しい国へは嫌がらせのようにあちこちにあったのに・・・・。
何か読みたかったからアメリカに食い尽くされる日本:森田 実 副島 隆彦 を買った。
うん、面白い。早速読んでみます♪

 あと60票くらいで1位になれそうです(笑) まだ押して欲しいの?て方はクリック♪
 人気blogランキング ポチっとお願いしやーす♪
関連記事

右よりだ左よりだって、いまだによくはわかっていない。
昨日の天皇家の出産の出来事にしても、喜んだら右よりで嘆き憂うと左よりなの?
それとも知らん顔が一番無難な事なのでしょうか?極端な話だけど^^;
天皇家賞賛=愛国主義=軍国主義という論理なのでしょうか?わからない事もない。
先の大戦を考えれば天皇の責任問題は避けては通れないのはわかる。
という事は反戦・平和を願う人は天皇制に反対するのが普通なのか?反戦・平和を願いつつ天皇制に賛成してはいけないのでしょうか?法の下の平等との矛盾 、皇室にかかわる諸費用の問題 、身分としての天皇の是非等様々な意見はあるかと思う。 しかし だ。

国民の大半はマスコミ誘導のせいもあるかもしれないが、天皇制(皇室制度)については肯定的な意見が大半である。その人々が全て軍国主義の世の中を願っているとは到底思えない。ここに現代の矛盾のひとつがあると思う。要するに右よりだから天皇万歳、左よりだから天皇反対だけではない複雑な日本人のあり方というのがここにあると思う。
右的な考えをR、左的な考えをLとして考えてみると「RRRRR」という全く右という人もいれば「RRRR」という人もいるし「LRRLL」という人もいるだろう。あるいは中道というのもある。
天皇制という問題に対してだけでも、左よりだけど天皇好きな人もいておかしくはないということだと思う。もちろん右よりだけど天皇嫌いな人もいておかしくはない。

天皇制をどう考えるか捉えるかによって意見は多種多様だ。その是非の意見を聞けばどちらもいちいちもっともな意見だと思うものも多い。結局その人のおかれた立場と情報の質や量によって全く正反対の意見が出てくるのはしょうがないことだ。こういった議論は時間をかけて政治の場でもマスメディア側も真正面から取り上げて議論していくべきだと思う。
またそういった世の中にしていかなければいけないと思う。皇室批判にタブーがあったり、あるいは正しい情報が万遍に行き渡らない為に一般国民に対して公平ではないことが多いと思うからだ。情報がある程度平等に行き渡らないとまとまるわけがないからだ。

一般国民がだいたい知りうる情報なんて、TVか新聞くらいだ。
というよりも新聞は最早その効力は無いかも知れない。という事はTVだけだ。
ネットなんてまだまだ一部の批判好き、情報好きな人間くらいしか見ていない。
というと言い過ぎだが^^それくらい情報としての影響力は少ない。いくらネット人口が増えてるといっても政治や時事に興味がある人が増えているわけではないしね。
だからTVで流れない情報がいくらネットに落ちていても「そんなものは眉唾だ」「それこそ嘘の情報じゃないの?」というレベルはいまだに多いわけでもある。

では情報は持っていればいるほどすごいのか?確かにある意味すごい部分はある。
使い方次第ではあるが・・・。では情報をあまり持っていない者はダメなのか?ということだ。
全ての情報を100知っていないと、ある物事を語ってはいけないのか?
そんな事はないと思う。そもそも100すべてを知る事は不可能である。事実と思っていた事が覆ることも多いわけだし・・・。という事は100知らなくても語っていいということである。
より100に近い方が説得力も信憑性もあり重宝されるいうことだ。
その為に必要なもののひとつがリテラシーにもなるわけだと思う。

間違いや勘違いは後から補足していけばいいだけの事である。専門家ではないのだから私達にはそれくらいのゆとりがあっていいと思う。もちろん最低限の下調べ位は必要だが^^;
知らないという事自体はそんなに恥ではないのだ。
知った後にその情報も踏まえて素直に考えを変える事や改めること、あるいは自分の中でキチンと、まとめることが出来ればいいのだと思う。全ての情報を100知る事は不可能である。
TVだけではいいとこ50~60くらいではないだろうか?そこに有識者の話や本やネットからの情報を足して80~90くらいではなかろうか? 情報とはそのくらいのものだと思う。
後はその情報をいかに料理して自分という調味料を振りかけられるかということだと思う。

昨日アップされてすぐ削除されたきっこのブログ「見てみぬフリの国民性」が、あるブログにアップされていて読んでみてそう思った。今日ちゃんときっこの日記にアップされるのかな?
きっこのブログは好きでたまに見ているが今回の記事にはちょっと賛同できない部分があった。本質を突いていないと思うところがあった。
情報はいくら持っていても調理法を間違えてしまうときっこのブログにしてもまずい料理になってしまうということである。

自分のお気に入りのブログでも「おかしい事はおかしい」「賛同できないところは出来ない」と堂々といえるような人間でいたいと思う。もちろん相手に面と向かっては言わないけどね^^;だから正しくは堂々と思えるような人間ってことかな?
きっこのブログはお気に入りの情報源としてこれからも見ていくけどね。
好きなブログや人だから、何でも全て賛同しますという生き方は危険である。
最後は自分という人間力が決定するのが自分の人生というものだから。

 1位まであと380票くらいです^^ 「増えてるじゃん!?」って方はクリック♪
 人気blogランキング ポチっとお願いしやーす♪
関連記事

須(すべか)らくこの世の理屈は二通りに分けられがちな事が多い。
しかし普通に考えて二つしか選択肢が無いわけではないのはいうまでも無い^^
賛成か反対か、是が非か、右か左か・・・・。結果としてどうなのか?
王道はどこにあるのか?またその道筋はどうやってつけるのか?
例えば賛成意見派は賛成の理由を熱く語る。また反対意見派も同じく熱く語る。
中道派はそれをやや一歩引いて覚めた目で見る。
中道派の中のわからん派はもっと醒めた目でもっとわからないようになる(笑)

賛成派は反対派を非難する。その逆もしかり。ディベート的な感覚にも近い。
説を曲げないことが一種の自分の生き様であるかのように断固として曲げない。
ある意味道標として必要な存在だ。
曲げない同士が理解しあえることはほぼ無いだろう。
それでは落とし処はどこにあるのか? 現実問題として意見は意見として存在していいが
「さぁ!どっち?」となった時に無難な方法は何がベストか?
テロか?弾圧か? 否、中道派の登場である。それが無難な最良の選択肢だと思う。

世の中のほぼ多数は争いごとを好まないように出来ている。白黒はっきりつけない中道派か?かといって賛成派や反対派が争いごとが好きというわけではない。
ネット上で見ると右よりのブログを見ては「目から鱗です」といって歴史観に目覚めたような意見を多数見る。左よりのブログを見ると「反戦・平和への道を応援します」といった意見がある。どちらにもいえること、それは日本を愛し、日本を憂い、よりよい国にしていきたいという考え方から書いている人が多いし賛同する人がいるものと思われる。
一部そのレベルを超えているところもあるが^^;(ここは今日の話は例外)

そのどちらも決して日本を無くそうとか滅ぼそうとかいった類のものではない。しかしその道筋が全く違うわけだ。先の戦争にしても侵略戦争か否かだけでも出発点が全く違う。ここは相容れることがお互いできない事だろう。黒か白かの論理で行くとそうなる。
極端なところを除き、平和への道をという結論に対しても
左よりの人は過去の戦争の非の部分を認め平和の道を行く論理
右よりの人は過去の戦争の功の部分を認め平和の道を行く論理
中道派の人は過去の戦争の非と功の両方を認め平和の道を行く論理。
ま、こんなに簡単には分けられないが、平和という同じ結論でも道筋が違うわけだ。
これはあくまで一例ですからあまり気にしないように^^;

激しい論調は確かに知らない人にとって、気づかせる・目を覚ます効果はある。
しかし逆効果もある。一歩引いて見られてしまうという。
素直な人は自分の考えに近い方に疑わずにのめりこんでいくことだろう。
しかし世間慣れしたややひねくれている方(というかこれが普通かな?)は醒めた目で傍観者のように見る人が多いと思う。比率的に見るとどうだろう?
L L S T T T T S R R こんな感じか?
(L左 S醒めた左 T中道 S醒めた右 R右)みたいな感じかな?

右よりの人も左よりの人も知識はそれぞれに十分にあると思う、でないと自分の意見は語れない。そしてお互いの信じた道は譲らないと思う。
中道の中にも同じくらい詳しい方もいれば、また全くわけわかめのレベルの人も多いだろう(実は一番多かったりする^^;)
しかし議論をして相手を論破したところで得られるものは自己満足だけのことも多い。かえって遺恨を残すこともあるくらいだ。そんな事は学者さんなんかに任せておけばいいと思う。
私たち一般人は右だ左だといっても、それでも毎日を生きていかなくてはいけない。
どこかで折り合いというか落とし処を見つけなくていけない。

熱い議論をすることが無駄だとは言わないが一番右と一番左はやはり歩み寄れないだろう。譲らない同士では永久に平行線だ。
そしてそのどちらの側にも正しい部分はあるのだと思っている。そうでなければこんなにも右より左よりと世の中で分かれるはずが無い。
100:0と思っているのは右より、左よりの当事者だけだったりする。
そこがある意味「右か左かの限界なのかも?」とも思っている。

という事は落とし処は中道派が無難だということだと思うんだけどなぁ。
しかし中道派の意見は弱いのだ。日和見主義にも見られがちだ。
どっちつかず?いいとこ取り?卑怯なやり方?態度をはっきりせれ?・・・??
それでもやはり中道派しかいないように思う。ド~ンと強い中道派か?
その中道派の意見にもっと耳を傾け、中道派の人に理解して貰えるようなやり方でブログなり、情報発信をやっていけばもっと実りのあるブログ展開になるのではないかと思うのだ。
意見が多少違っても『筋のいい人』は大勢いるのだから。そんなブログを目指したい^^

政治に少しでも関心を持ってくれる分母の数を増やすことがどちらにしても正しい国家のあり方に近づくことだと思う。マスメディアや権力側の一方的な情報に惑わされがちな人達に気づいて貰うこと。気づいた後の判断はそれぞれが決めればいいのだ。これがブログ(ネット)で一般人が出来る遠いようだけど最良の道筋=王道ではないだろうか?
熱すぎる意見で見る人を醒めさせてしまっては何にもならない・・・。

もちろん、右だ左だと自分の意見を言う人よりも遥か下のレベルで熱くもない日本語なのかフランス語なのかわからない喋りのこの人には醒め過ぎてシラケきっていますが(笑)

ぬぬぬ?:チャレンジしないチャレンジしたことのない安倍晋三 @「闘わない政治家」は、果たしてどこまで逃げ延びられるか? 
これはもう爆笑もの
さあ「闘わない政治家」、どこまで逃げ延びられるか?

ぬぬぬ?さん、面白いです。是非読みに行ってください^^(らんきーブログのオススメです)

 1位はもう無理みたいです(笑) 諦めるなよって方はクリック♪
 人気blogランキング ポチっとお願いしやーす♪
関連記事

グーグルアース 
もう皆さん知ってるのでしょうね~?こういった情報には疎いですからね、私は^^
面白かった^^まだやり足らないくらい。今からしよう♪
やっぱまずは富士山辺りを見たくなりますね^^
次は地元周辺。それから・・・やっぱ世界旅行でしょうね~。
すごい世の中になったね。今日の記事はこんだけ!(笑)

私のように(笑)やったことない方は上記リンク先に飛んで画面左上のDownloadsを押して次の画面に行ってGoogle Earthを押して右側の最新バージョン、Beta (Version 4) をダウンロードして解凍してインストールしましょう。簡単です!

英語だけど、「NEXT」だけ押してたらいいと思います。最後は「finish」です^^
するとめくるめく世界への旅が待ってますよ。タダで楽しめます。
日本語で住所入れても検索できるみたいですよ^^

心配な方はこのグーグルアースで世界旅行をしよう!に詳しく載っていますから♪
参考にしてください。 面白い場所見つけたら教えてください(笑)

 私のように「グーグルアース」知らなかったって人は(笑) クリック♪
 人気blogランキング ポチっとお願いしやーす♪
関連記事

レミングスってご存知ですか?昔まだGAMEをやってた頃、スーパーファミコンで目から涙を流しながら遊んだ記憶があります。ネズミの集団自殺をモチーフにしたゲームです。

レミングス
『レミングス』(Lemmings)は、イギリスのゲームソフト会社、DMA Design(現在はRockstar Games傘下になりRockstar Northに)が開発し、1991年に欧米でシグノシスがAmiga用に発売したパズルゲーム(アクションパズルゲーム)。これが大ヒットし、その後に各種パソコン・家庭用ゲーム機に移植された。「集団自殺」するとして(誤解されて)知られているレミング(タビネズミ)の生態をモチーフとしたコンピュータゲームでタイトル名もこれに由来する。

天床にある蓋(入口)からレミングス(レミング達)が次々と落ちてきて、歩き出す。プレーヤーが何もしないでいると、レミング達はただひたすら行進を続けるので、崖から落ちて死んだり、くぼ地にはまって身動きがとれなくなってしまう。そこで、プレーヤーは、レミング達に色々な指令(回数制限あり)を与えて、出口へと導いていく。<中略>
また、面の攻略に失敗した場合などには、画面上に残っているレミング達を一掃するのに、全員に爆破の指令をしなければならない。指令を受けたレミングは体をバラバラにして爆発するが、その様子は(ゲーム中とはいえ生物が死んでいくのに不謹慎ではあるが)花火のようで非常にきれいである。Wikipedia

ネズミの集団自殺説は本当は根拠はないらしいが、(集団移動はあるけど)そこを抜きにしても面白いゲームだった。レミング達全員が同じ方向にしか動かないのがこのゲームの味噌なんだけど結構難しいゲームだった。さて、このレミングス。
一字変えればジミングスだと賢明な読者の皆さんはもう気づかれた事でしょう^^
多分これを命名したのは私が日本初であろう。多分ネ^^;>※Gooogle検索調べ

もちろん自民党に引っ掛けているのはいうまでもないです。
集団行動をとるところなんて今の状態そっくりですし、自ら滅びの道を歩いているかのような雰囲気がまさしくジミングスではないでしょうか?ABEにABEにと草木もなびく、まるでネズミ以下の集団と化しているかのようでもある今の自民愚。の面々。
もう少し自民党にはネズミ以上に脳ミソも骨のある人間はいないものか?
決して花火のように美しくは散らないとは思うが、来年の参院選後にはジミングス最終画面が見られるかもしれない。是非ゲームクリアしたいものだ。全クリア画面はABEND!

安倍氏人気「人柄・イメージ」44% 本社緊急世論調査2006年09月09日
 自民党総裁選の告示を受け、朝日新聞社は8日夜から9日にかけて緊急の全国世論調査(電話)を実施した。次の首相にふさわしい人は安倍官房長官が54%と断然多く、谷垣財務相は11%、麻生外相も10%にとどまった。安倍氏の政権公約について「内容を知っている」は11%、安倍氏の人気の理由は「人柄やイメージ」が44%と最多で、政策よりイメージ先行で人気を集めている様子が浮かぶ。asahi.com

緊急の世論調査って(笑)TVイメージ調査(好感度)と置き換えた方がいいような結果だし。
日本の代表は、モニター越しではわかりもしない人柄と、政官財暴マスにいいように作られたイメージで決まるようです。・・・という報道特集番組をNHKは組むべきである。
もうここまで来ると3人がタッグを組んでわざと政策論争を深くしないでうやむやなままに
NEWジミングス集団を作ろうとしているかのようでもある。
国民に政策を関心を持たせないように、ボロが出ないうちにABEのイメージを爽やか仕立てに仕上げて一気に共謀罪や教育基本法改正や憲法改正に踏み込むというような戦法で極力気づかれないようにやり逃げする気ではなかろうか?
今のジミングスの群れは狂気の沙汰過ぎる。やはり最終画面は近いのか?

ABEのイメージ支持率はまるで竹中直人が顔は満面笑顔でボロッカスに悪口を言っているようなものではないだろうか?それに騙されているような雰囲気の世論調査である。
もう少しでいいから国民は「裏の顔」を知る努力はした方がいい。
そのうえでどうしても支持したいなら支持すればいい。それは自由。
政策がわかる人が11%で支持が54%って・・・どう考えても危険でしょ。
KOIZUMIもようやくここまでお膳立てすれば、あぶあぶABEちゃんも間違いないだろうとの判断で「私の1票はABEに入れます」と言ってるし。これはこれでKOIZUMI・ABE路線に逆らうものは今後、郵政の時のようになるよ、ジミングスせれよという公開宣言でもあるか。

ジミングス  あるいは自民愚す
自民党が グスっ と泣いてる意味でもいいし、レミングスの集団自殺の語呂でもいい。
各GAME会社は今のうちから来年夏の参院選敗北後あるいは解散総選挙惨敗後に発売日をあわせ作っておくべし!骨のある会社はすぐ作ろう!・・・なんちゃって^^;

 ジミングス流行らせるのに賛成! って爽やかな方はクリック♪
ランキング緑バナーいつも有難うございます♪
関連記事

1年前のあの選挙から早1年が過ぎたのですね~。
どうですか?日本はよくなりましたか?  え?悪くなったって(笑)
もっと悪くなる可能性大の時代がそろそろ来ますよ。気をつけましょう。
今日はNHKで麻生、安倍、谷垣の3人の討論会が行われていたが、
チラっとしか見なかったが麻生さんが一番まともだったね。
口の歪みはしょうがないとしても3人の中では一番貫禄があった。政治の話はこれだけ。

ご存知の方も多いだろうが乙武洋匡オフィシャルサイト OtoZoneが炎上している。
紀子さんの出産をめぐっての記事と謝罪の記事とともに今現在3000を超えるコメントがついている模様だ。全く驚くほど情けない数字である。 

「めでたいの?」発言で 乙武ブログ炎上2006/9/ 8
乙武洋匡さんのブログが炎上している。秋篠宮ご夫妻の男子誕生をめぐる一連の報道に疑問を感じた、という乙武さんのコメントがきっかけだ。乙武さんはブログ上で「お詫び」を掲載したが、それにもかかわらず炎上は止まらない。
炎上したのは「乙武洋匡オフィシャルサイト OtoZone」。2006年9月7日の「紀子さま出産」と題した文章
乙武さんは「深くお詫びします」と謝罪
乙武さんのブログでは炎上が止まらない 「世間は昨日から『めでたい、めでたい』と騒いでるけど……ひとつの命が誕生したことがめでたいの?」
とのコメントを乙武さんが書き込んだところ、06年9月8日夕方時点で900件近いコメントが寄せられた。そして、その数は時間の経過とともに増えている。そのコメントの大半は、「正直少し嫌な感じがしました」「どうして、まずは素直におめでとうという言葉がでないのでしょうか」「乙武よ…お前にゃ本当に失望した」など、乙武さんに批判的なものだ。
この炎上を受け、乙武さんは同日「深くお詫びします」と題し、次のように謝罪している。
「まず、今回、親王のご誕生を『めでたくない』と考えているように受け取られる文章を書いてしまったことを、深く、深く、反省しています。むしろ、僕は親王のご誕生を『おめでたいこと』『よろこばしいこと』だと思っています。(略)ところが、ご誕生を受けてのマスコミ報道や世論には、少なからず『男の子でよかった』という風潮が感じられました。そのことに、僕は抵抗を感じてしまったのです」

もちろんすべてのコメントに目を通している人なんて皆無に近いでしょう。私も数十のコメントを読んでやめました。全くなんなんだかなぁ~。便乗する人間ってこんなに多いんですね。
確かに乙武さんの文章は誤解を受けやすい文章だったかもしれません。
しかしそれに加えて文字を読んで理解する力も見る方にないのでしょうね。
まして便乗して楽しんでる人間があんなにいるなんて・・・。
まぁネットフナムシ、ネットイナゴと呼ばれる人がほとんどなのでしょうが・・・。

玄倉川の岸辺:秋はイナゴの季節
これではまるで乙武氏が親王のご誕生を喜んでいないように読めてしまう。ブログ読者のすべてが彼の人となりを知っているわけではない。
だが、乙武氏が誕生したときのエピソードを知っていればそれが誤解なのは明らかだ。私は「それとも誕生した命が「男児だったから」めでたいの? 」の次の行に「それとも誕生した命が「五体満足だったから」めでたいの?」という文章を想像してしまった。

 「その瞬間」は、意外な形で迎えられた。「かわいい」母の口をついて出てきた言葉は、そこに居合わせた人々の予期に反するものだった。泣き出し、取り乱してしまうかもしれない。気を失い、倒れ込んでしまうかもしれない。そういった心配は、すべて杞憂に終わった。自分のお腹を痛めて産んだ子どもに、1ヶ月間も会えなかったのだ。手足がないことへの驚きよりも、やっと我が子に会うことができた喜びが上回ったのだろう。- 生後1ヶ月、ようやくボクは「誕生」した。 五体不満足より

このエピソードを知っている人、あるいは少しは考えられる人だったら・・・。
ブログの一記事、一つの文章だけを読んでそれに過激反応する単純な行動はしない。
その人のことを何も知らないのに全てを否定するような言動が平気で出来る現代人たち。
病んでますね。乙武さんは著名人だから全くの匿名のブロガーよりも外見や生い立ちなんかはなんとなくだけど普通の人ならば想像できる事と思われる。
命や生に対しては凡人以上の考えがある人だということを。それを文面だけでとっさに判断する。皇室批判しやがってと。正義の御旗は我にアリって感覚なのだろう。
2ちゃんねるを中心にと謝罪の記事には書いてあったからそこでも叩かれているんだろう。

まして謝罪後のコメントまで3000を超えるコメントって・・・。延べ人数にすると案外少ないのかもしれないが、それにしても異様。情けないくらいに異様である。コメントの制限数も管理画面で最初から設定できるようにした方がいいかもね。せめて100までとか。そしたら炎上もとりあえずボヤ程度で済むかもしれない。愉快犯なんですよね、結局。便乗犯か。

こうやってネットを荒らす事によって善良な普通の感覚の人を不快な気持ちにさせ、それならばという雰囲気にしてネット規制法か何かで何らかの制約が出来そうな予感もする。
それで中国みたいになったらおしまいだ。案外そういう目的もあるのかもしれない。
ブログ運営各会社もブログのコメント欄の使用方法、管理方法もそろそろ発展的に、もっといい方法を考える時期だと思う。例えば迷惑メールのシステムのように学習能力を持たせて、不愉快コメントを投稿する人は管理人がいちいち削除するのでは無く、管理会社ごとの迷惑コメント欄にいきなり捨てて晒すようなシステムとか。
ブログに投稿すら出来ないようにするとか。 出来ないのかな?

とにかく情報がこれ以上制約されるようになったら世の中真っ暗闇だ。
闇が好きな連中の、それこそ闇夜のカラス達のしたい放題の世の中になってしまう。
どちらにしてもネットを不快にさせる勢力はろくなモンじゃない。
不快にさせる人間の為に、快適にしている人達の自由を奪われてはいけない。

 ↓最後まで読んだついでに クリックお願いします♪
ランキング緑バナーいつも有難うございます♪
関連記事

谷垣氏、中国の戦争責任観めぐる安倍氏発言を批判
2006年09月12日12時18分
 谷垣財務相は12日の記者会見で、日中国交正常化の際に中国が日本の戦争指導者と一般国民を分けて自国民を説得したことをめぐる安倍官房長官の発言を批判した。安倍氏が11日の公開討論会で「そんな文書は残っていない」などと述べたことに対し、谷垣氏は「日中関係は今まで多くの人の議論の積み重ねがあった。それを全部無視して『紙に書いてなかった』と言うのは、本当の意味での信頼関係をつくっていけるのか。率直に言って疑問だ」と強調した。
 一方、麻生外相は同日の会見で、安倍氏の発言について「文書が残っていないというのは正しい」と述べるにとどまった。

さて麻生さんのこの発言の真意は何か?ABEを助けたのか?否!

麻生氏応援する 「フラッシュ」が大人気 2006/9/11
ネット上では麻生氏の人気がずば抜けている。
ヤフーの「Yahoo!みんなの政治」のなかでの投票「自民党総裁選に投票できるなら、どの立候補者に投票しますか?」(06年9月11日現在)では、麻生氏が50%でずば抜けてトップ。安倍氏(20%)、谷垣禎一氏(32%)の両候補を大きく突き放した。他のメディアで見られる支持率とは大きな違いだ。
ミクシイでは「麻生太郎氏の口の悪さを楽しむ会」
評判の「ウルトラマンガタロウ」。麻生氏は見ているのだろうか SNS「mixi」では「麻生太郎氏の口の悪さを楽しむ会」というコミュニティがあり、実に5000人以上が参加する人気コミュニティとなっている。コミュニティ名から麻生氏を批判するのかと思うと、そうではなく、大半は麻生氏を支持する人だ。「ITの発達で05年までに日本の役所では書類がなくなり、すべてがフロッピーですむ時代になる」という発言をはじめとして麻生氏がITの象徴として「フロッピー」を何度も挙げることから「フロッピー麻生」などと呼ばれているほか、麻生氏を支持するカキコミも多く見られる。

なるほど!フロッピーなら残っているということだったのか(笑)流石フロッピー麻生!
ここにその時いた記者は気づいて突っ込んでやるべきだったのではないか?
日本の記者も漫才上がりの芸人の一人くらい入れてやるべきだね。突っ込み担当の。
それにしても「Yahoo!みんなの政治」の投票結果ってなんでTVやマスコミは大々的に報道しないんでしょうかね?これじゃ益々ABEはネット嫌いになるだけだね。

自民党総裁選に投票できるなら、どの立候補者に投票しますか?
2006年09月08日より 計6891票 (下記は9/12 22時現在)
麻生 太郎 52% 3524 票
安倍 晋三 20% 1324 票
谷垣 禎一 30% 2043 票
Yahoo!みんなの政治:投票経過はココ 

案外日本の世論もこっちの方が正しいんじゃないか?
今現在で7000票近くあるから下手な世論調査より確かなんじゃないの。
なんだかな~ですね。ABE人気無しって報道せれよ!!そして最後にこの記事。

自民・青木氏が安倍長官に不快感=武部、久間氏は理解示す-「差し替え」発言
 自民党の青木幹雄参院議員会長は12日午前の役員連絡会で、次期総裁就任が確実視される安倍晋三官房長官が来年夏の参院選公認候補の差し替えもあり得るとの考えを示したことについて、「公認候補は参院が選んだのではなく、各都道府県連が『勝てる候補』として(党本部に)上げてきたものだ。参院執行部はこれっぽっちも口を出していない」と述べ、強い不快感を表明した。
 同党の参院選の公認決定は地方組織や支持団体が申請してきた候補を、党本部が追認するのがほとんどだ。青木氏は「衆院と参院で対立していると誤解されないよう気を付けてほしい」とクギを刺した。
 ただ、武部勤幹事長は記者会見で、「負けが確実であれば候補者を差し替えないで終始することはない」と安倍氏に理解を示し、久間章生総務会長も会見で「負けると分かっていて突っ走るというかたくななものではない」と同調した。 
(時事通信) - 9月12日

喋れば喋るほどボロは出るはず、叩いても出るし、喋っても出るし、歩いても出るはず・・
ポロポロと(笑)案外、自民総裁選、 大どんでん返し はありえ~るかもね(笑)
 ジミングス(自民愚す)達は何処へ向かっていくでしょうか?

 ↓最後まで読んだついでに クリックお願いします♪
ランキング緑バナーいつも有難うございます♪
関連記事

12日に無投票再選を決めた民主党の小沢一郎の民主党が8月に全国に配布した新しいイメージポスターがこれだ^^
なんでも小さなデザイン事務所の作品らしい。OZAWAのこの一言で決めたということだ。「畑の真ん中にどーんと立てても遠くから見えるのがいい」。
minsyu.jpg
確かに田舎くさいポスターではある(笑)
あちこちの民主嫌いのサイトでは笑われているようでもある。
でも私は笑うまい。いいじゃないか、これで。
奇をてらわずに真正面からこの3人で倒れるか進むかの姿勢が現れていると思う。頑張れ!田舎侍!三匹の侍!!
政権交代するのだ~!ジミングス崩壊まで!


話はドロンパと違うがOZAWAもABEもB型だったという事にこの頃気がついた。
B型対B型という珍しい党首対決になりそうだ。
今月末からはB型の党首対決の時代がやってくるのだ!!
しかし、もう血液型占いの諸々の伝説は壊れたネ。ちなみに私もB型。
さらにはABEは私と同じく「B型・乙女座グループ」だった。
最早、星座占いも完璧に壊れた・・・私の中では(笑)
なんだか。。。ガックリですねー。一緒の部分があるというのは^^;
ちなみにこのブログのゲスト常連の方も意外にB型多いんだよねぇ(笑) 
ま、政治と血液型は何の関係もないのは言うまでも無いけどね。
これ以上皆さんB型だからってキライにならないでね~(笑)

 押すのキライな人も多いけど、ここから訪れてくださる方が多いのです^^
押すと私の順位が上がって目立って訪れる人が増えて縁が広がるボタンです^^

ブログランキング・にほんブログ村へ  いつも有難うございます♪
関連記事

昨日の記事で書いた小沢一郎民主党B型党首と、ジミングス(自民愚衆)党首になりそうな安倍晋三B型乙女座党首との初対決が早くも来月早々実現されるようだ。
余談だが「AbEnd」提唱者のカナダde日本語の美爾依さんも「B型・乙女座」だったという恐ろしくも悲しい事実が今日わかった(笑)私と美爾依さんとABEは同グループだった・・・。
さてそのB型対B型の珍しい党首対決は、早くもABEB(アベビー)の緊急輸血が必要な事態が来るのか?血液総入れ替えもあるかも?(笑)

小沢、3年8カ月ぶり新首相と対決へ  民主党の小沢一郎代表は13日、26日召集の臨時国会で新首相の所信表明演説に対する代表質問に立つ意向を固めた。小沢氏が代表質問するのは、旧自由党党首だった平成15年2月以来、3年8カ月ぶり。

 執行部では、新首相就任が確実視されている安倍晋三官房長官に小沢氏が初論戦を挑む場として、党首討論を検討していた。しかし、10月22日に衆院統一補選の投開票を控え、新政権発足直後の代表質問で、対決姿勢を鮮明にすべきだと判断した。新首相の所信表明演説は29日に行われる見通しで、小沢氏の質問は10月2日となる方向だ。
 
小沢氏は代表再選に当たって、安倍氏が小泉純一郎首相の改革路線継承を打ち出していることを踏まえ、格差是正に力点を置いた政策を発表している。小沢氏は代表質問で「弱者」の救済への取り組みや、立て直しが課題となっているアジア外交について新首相の姿勢をただすとみられる。ZAKZAK 2006/09/14

どんな展開になるでしょうかね?案外この時点で勝負あったという状況になったりする可能性もあるかも?10月2日かぁ~・・月曜日ですね。絶対見よう!
初っ端からOZAWAという大きな壁を乗り越えていかなくちゃいけないジミングス代表ABE。果たして早口お子様言葉は全開するか??
また耐震偽装の時のようにみっともなく、うろたえたお喋りをまた復活させてくれるか? 
少しは成長してるかな?あの大舞台で喋れるかな?
アジア外交についてかぁ・・・歴史認識は自分では判断しないという政治家にしては恐るべき考えを持ったABEですから、どういった無責任判断をするのか今から楽しみですね。
まさか欠席はしないでしょうね・・・ちょっと心配です^^;そのOZAWAのABEへの評価。

小沢民主代表 安倍氏は小泉首相よりまじめ…インタビュー

民主党代表選で無投票再選を決めた小沢一郎代表は13日、毎日新聞とのインタビューに応じ、次期首相就任が確実視される安倍晋三官房長官について「小泉純一郎首相より、まじめだから首相に就任すれば大変だろう」と評した。一問一答は次の通り。【聞き手・尾中香尚里、衛藤達生】
 --再選にあたり、来夏の参院選で自公両党の過半数割れを目指す考えを改めて示しました。
 ◆政権交代は衆院解散・総選挙でしかできない。ただ(参院で野党が)過半数を取れば、(新首相が)衆院を解散しても参院(の野党優位)は全然変わらず、政権運営ができない。
 --新執行部人事で「小沢カラー」を出す考えはありますか。
 ◆人事は25日(の臨時党大会での正式な代表選出)が終わってから。今はまだ白紙の状態だ。「小沢カラー」は大した問題ではない。要は一致団結して国民の支持を得られるようにする、分かりやすく言えば選挙に勝てることが第一だ。
 --次期首相には安倍官房長官の就任が確実です。先日のテレビ番組で小沢さんは「党首討論をできるだけ多くやりたい」と言いました。
 ◆国民が関心を持つからね。一般の(国会)論戦は誰も見ないが、党首同士(の論戦)となると関心が高まる。
 --安倍氏とはどんな論戦を期待しますか。
 ◆小泉氏(首相)よりは、まじめに話すんじゃないか。中身のいい悪いは別として。
まじめだから
首相になると、なかなか大変じゃないか。
 --「情で言うと、安倍晋太郎元外相の息子さんが首相になれるチャンスになればいい」とも発言しましたね。
 ◆与野党の党首となれば、話は別だ。
 --党首討論では、まず何を聞きたいですか。
 ◆彼が「こうやりたい」と強調しているところから、やればいい。憲法とか教育とか前面に出しているんでしょ。(政権構想の)パンフだけじゃよく分からない。
 --教育問題で、安倍氏との最大の違いは。
 ◆教育だけではないが、自民党は従来の仕組みを前提として、その延長線上の「てにをは」の議論をしている。われわれは根本から変えようとしており、全く違う。
 --基本政策で終身雇用制度の再評価をうたいました。93年の「日本改造計画」では見直しを指摘していましたが。
 ◆程度問題だ。日本は官僚規制が強過ぎて、年功序列、終身雇用でがんじがらめ。それを取っ払い、オープンな社会をつくるべきだ。だけど、その時にはセーフティーネットも、きちんとしなくてはだめだ。
 --「管理職には自由競争、非管理職は終身雇用を原則とする」とありますが、例えば官僚制度の場合、具体的なイメージは。
 ◆キャリア制度なんてやめればいいんだ。入省試験だけあればいい。上を目指す人間は自分のリスクで手を挙げる。ポストはそんなに多くないんだから、競争があるのは当たり前だ。
 --安倍氏の祖父の岸信介元首相を、政治家としてどう思いますか。
 ◆立派な人だと思う。ただ、彼は戦争中からずっと重要閣僚だった。(戦争に対する)政治家としての責任は別問題だ。
 --孫の安倍氏への影響を感じますか。
 ◆お孫さんとは違うだろ。孫は孫、じいさんはじいさんだ。 (毎日新聞) - 9月14日

まじめなABEをどう大人のOZAWAがジワジワと責めあげるのか? 
OZAWAの「言葉責め」のテクはどうなのか?じっくりと堪能させて貰いたいものだ^^
確かにABEはマジメだと私も思う。マジメに何でもしようとする。それがいいとか悪いとか考えずにマジメに言われた事を信じて疑わないタイプとしてのマジメですね。
だから彼自身、自分が行おうとしていること自体それがいい事なのか悪い事なのか、全く理解していないまま生きているのではないかと思うような節があると思う。

歴史認識は特にそうだ。一国の首相になろうとしているものが「個々の歴史の事実などの分析は本来は歴史家に任せるべきだ」と言い、戦争自体の評価は歴史家に委ねるべきだという認識でいいのか?おそらくその魂胆はその時その時に自分に都合のいい歴史家を手元に置いて。自分の代わりに言わせるという戦法なのだろう。自分の口からは語らず・・・いや語れないのか(笑)その歴史家の判断なんて両論あるんだからそれを何とかするのが政治の役割のひとつだし、歴史を作るという事になっていく筈だ。
そんな事をいうなら経済は経済の専門家に任さなくちゃいけない。

ま・・いい。 生中継で国民の前でOZAWAとどれくらい大人としてABEがキチンと日本語を喋る事が出来るかじっくりと見届けてあげます^^
すべては中身のいい悪いは別として。まじめだからというOZAWAの言葉を真に受けて中身は悪いものと思ってマジメに見よう(笑)
OZAWAがこうまで言うんだから「悪い」という事は明白ですよね^^
中身が悪いものがマジメだとどれくらい可哀想なのか覚悟して見る事にします。
国民がABEを見てAGOがスコーンと落ちる日になるかもしれないね^^

中身が悪くてマジメな人って・・・・・それって頭が悪いってことでは?(笑)

 押すのキライな人も多いけど、ここから訪れてくださる方が多いのです^^
押すと私の順位が上がって目立って訪れる人が増えて縁が広がるボタンです^^

ブログランキング・にほんブログ村へ  いつも有難うございます♪
関連記事

新聞業界も大変だ。ネットでこうも情報がすばやく伝達されていく時代ではもうやむを得ない状況ではある。新しく聞くと書いて新聞はもう新しくも新鮮でもない。
ん?新しく聞くではなく、新しく読むの方が正しい気もするね、新読(しんどく)か。。。
これじゃ語呂が悪いから新聞になったのだろうか?(笑) しかし今ではすっかり新しくもないので古聞になってしまいました^^ あるいは古読(こどく)か?孤独だね!!(笑)
というのも今回の時代の流れに逆らうかのようなこのくだらない話。
国民にとって大事な情報を自分らの理屈で独占、あるいは停滞させるかのような行動。
情報は公開するもので独占するものでは無い。それがメディア側の使命ではないだろうか?
どうせネットを見ればGoogleニュースかなんかで情報はある程度わかるのだ。

共同通信 「ヤフー潰し」仕掛けた 2006/9/13
共同通信と全国の新聞社がニュースや旅、グルメなどの情報を集めた新しいポータルサイトをつくることになった。その旗振り役をした共同通信は2006年7月末でヤフーへのニュース配信をストップした。狙いは現在、ニュースサイトNo.1のヤフーの追撃にある。新聞の大半はヤフーにニュースを提供している。
新聞の大半はヤフーにニュースを提供している
共同通信が入居する汐留メディアタワー「新会社は日経新聞、地方紙など47社が出資して資本金7千万円で設立。ヤフー潰しのねらいもあるようだが、全国紙や地方紙は大半がヤフーにニュースを提供している。共同通信はこれを止めるよう働きかけているが、地方紙の間には賛否両論がある」(全国紙ネット担当者) <中略>
「こんどの全国新聞ネットの仕掛け人は共同通信。このほど共同は北朝鮮の平壌に支局を開設することになった。共同はこの根回しに昨年、地方紙幹部らを引き連れて北朝鮮詣でを行なった。しかし『地方紙は地酒持参で訪問した』と週刊誌から批判された」(民放局幹部)
「全国新聞ネット」の中にみられる地方紙の足並みの乱れは、共同主導に対する反発があるようだ。共同は「北朝鮮報道が全国紙との差別化になる」というが、地方紙の不信感は残る。 

ヤフーを潰したいとか商売上迷惑だと思っているのはわからない事もないが、簡単に情報が得られる手段を国民から奪う行為自体、メディアの役割が根本から崩壊している。
まして北朝鮮に各新聞社の社長じきじきに詣でて、金日成の墓に最敬礼したという事ですからもう処置なし状態ですね。北朝鮮に支局をおいて何を報道するのでしょうか?ベンチャラ?
そこから真実の報道が出来ると思っているのでしょうか?

日本の新聞社ご一行様が万景台で記念撮影したという写真を見付けました。
日本のマスコミ23社長が金日成の墓を参拝!
もちろん、日本のマスコミはこれは報道しません。
「私たち新聞社一同は北朝鮮を愛しています」なんてことがバレると厄介ですから。
でもご安心を。朝鮮新報にはしっかりと載ってます。
北朝鮮参りには、各社ともに社長が勢揃いでという気合いの入りようです。

共同通信社の石川聰社長が代表団の団長になっています。
共同通信社を筆頭に、
北海道新聞・河北新報・東奥日報・秋田魁新報・山形新聞・岩手日報
産経新聞・上毛新聞・神奈川新聞・山梨日日新聞・新潟日報・福井新聞
京都新聞・神戸新聞・山陽新聞・中国新聞・新日本海新聞・山陰中央新報
高知新聞・西日本新聞・熊本日日新聞・琉球新報
※沖縄タイムス 共同通信社傘下にありながら北朝鮮参拝旅行の誘いを断った良識常識のある新聞
北朝鮮と日本マスコミの甘い関係

これだから新聞は誰も見なくなるんだろうねぇ。放っておいてもやがて淘汰されていくのだろうけど、余計な情報を流して混乱させたりするのだけはやめて欲しいですね。
北朝鮮の支局発信の情報にどれくらいの信憑性があるのか読む前から眉唾ベタベタなのは間違いないのではないでしょうか?
新聞の役割、紙媒体の活字ならではの良さを追求して、一番大事な記者自体の能力を上げる方向に何故向かわないのか?なんかおかしいよ。
もっと情報を遮断する方ではなく、オープンな方向に向かわないと。
ウチは西日本新聞だけど・・・もうやめようかな。集金のオバちゃんが母子家庭でいい人だから取っているだけだけどね、今現在は。オバチャンが辞めたらもうやめよう^^

地方紙をさらに困惑させたのは、地元企業の商品をネットで売るいわゆる「eコマース」の会社設立がセットになっていたこと。しかも電通の新聞局と共同事業になるという。全国的な大企業が地方紙に掲載する広告は、新聞局が握っており「電通には逆らえないが高額の出資は困る」と地方紙幹部はこぼす。共同通信がヤフーに逆襲(FACTA)

結局あの電通絡みか・・・。ダメだこりゃ。都合のいい情報だけになるってことか。
今日は毒抜きの日で、ABE抜きの記事のつもりだったのに・・・
結局ABE絡みになってしまった。>あべんつう 安倍+電通の造語(笑)
どちらにしてもこの情報が溢れている時代にこのような動きをする新聞業界には幻滅しましたね。こういった情報こそもっと自分のところで流したらいいのだ。それをやってないという事は、ある意味、情報操作しているという証拠でもある。新聞って・・・まぁそんなもんだろうけど。共同通信って、社名もこの際、変えた方がいいのではなかろうか?(笑)
全然共同じゃないしっ^^; 「一部共同」に変えるべし(笑)

 押すのキライな人も多いけど、ここから訪れてくださる方が多いのです^^
押すと私の順位が上がって目立って訪れる人が増えて縁が広がるボタンです^^

ブログランキング・にほんブログ村へ  いつも有難うございます♪
関連記事

自分がお気に入りに入れているブログを読んでいて、そこで自分のブログ名とか引用記事を見かけたらドキっとする。思わずそこで一旦深呼吸する^^
まず先に思いつくのが何か変なこと書いてたかな?とか何か反論みたいな事かな?とか、まずは最悪の状況を思いつくような心構えになってしまう(笑)それが昨日あった。

らんきーブログ:大どんでん返しはないかな~? 
きっこの日記:安倍ミコシを担ぐマスコミの茶番
大どんでん返しか、茶番かどうかは別にして、Yahoo!みんなの政治では茶番なしの大どんでん返しが現実になっている。

なぜ安倍晋三さんはネットでは人気がないのか? というか、毛嫌いされる書き込みが多いのか?
考えられることは一つしかない。安倍さんは現実に圧倒的人気があり、次期総裁確実視されているからだ。そうじゃないと叩き甲斐がないというものだ。だから、麻生太郎さんがネット投票でダントツ、安倍さんダンビリということになる。
ちなみにきっこさんは、テレビやや新聞の世論調査のほとんどがデタラメで、お決まりの人たち数百人程度に電話して、その結果をまるで国民の総意のように発表してる、などとトンデモ書きしているけれど、精度で言えば、
人海戦術の新聞世論調査>電話中心のテレビ緊急世論調査>>>(超えられない壁)>>>>>>ネット投票
に決まっている。新聞社の場合、全国の役所から隈なく集めた有権者名簿から無作為抽出して調査対象者を絞り、調査票で聞くので調査者の誘導が出にくい。それでも各新聞社によって内閣支持率などが違うのは、調査日の違いのほか、新聞社のブランドによって被調査者の受ける印象が微妙に作用するのだろう。
佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン :ネット的判官贔屓

きっこの日記と並べてあるというのはなんだかスゴイ?というか、いい図ですね(笑)。それも私の方が上にあるし^^それだけで嬉しかったです(笑)有難うございます。佐藤秀さん^^: 
確かに佐藤秀さんの仰る通りでネットの投票なんて信憑性はどうかというと世論調査以下なのは確かだ。かたよる事このうえないでしょう。どこかのファンサイトみたいな処で呼びかけされたら一瞬で票の片寄りは出来てしまう。しかし確か亀田興毅対フアン・ランダエタの疑惑の試合結果の時はどこかのTV(確かテレ朝?)ではヤフー投票結果:亀田興毅が判定で世界タイトルを獲得。あなたの判定は?を伝えていたように思う。
使うも使わないもTV局の勝手ではあるけれど、ボクシングと政治の違いはあるけれど、ワイドショー辺りでは流しても面白い価値は十分にあると思う。

世論調査にしても以前に書いた「権力側がよろこんぶ調査 ー世論調査考ー」のように釈然としない部分も個人情報保護法の影響とかも含めてあるわけである。
以下に抜粋してみる。(よかったらリンク先も読んでね^^)

<世論調査>回収率が5割台に急落 個人情報保護法の影響も
 政府が国民意識を探る目的で継続的に実施している各種世論調査(面接)の回収率が、昨年秋以降、軒並み前回の7割前後から5割台に急落した。「なぜ住所が分かったのか」などの拒否反応が増えたためで、調査を所管する内閣府は、昨年4月に全面施行された個人情報保護法の影響もあるとみている。同法のマイナス効果とも言える現象に、調査の精度低下への懸念も出ている。・・・・≪中略≫・・・・
▽世論調査に詳しい関西学院大の大谷信介教授(社会調査論)の話 危機的な状況だ。政府の世論調査は国の施策にも反映されるため、重要性をきちんと広報しなければならない。これだけ未回収が増えれば、調査に応じなかった層の意見を拾い上げる別のアプローチが必要だ。世論調査をどう補完していくか、考える時期を迎えている。 ※ 毎日新聞

回収率が5割台・・・。しかも個人情報保護法の影響とあるが・・・という事は回答してくれた方々って、比較的物事や人を信じ込みやすい人たち。
もっとわかりやすく言うと騙されやすい(言い過ぎか(笑))拒否反応を示さない、いい方ばかりが回答してくださったようなもんだ。
ちなみに俗に、騙されやすい方=ほにゃらら学会に入りやすいという噂もあるくらい今の物騒な世の中でいうと希少価値の存在の人でもある。
まぁすべてがそうではないが、懐疑心を持ちにくい人中心の結果が今の世論調査の結果といってもおかしくはないと思う。
懐疑心を持たない人=TV・新聞の情報を鵜呑みにしやすい人か。byらんきーブログ

結局どんな人が回答してくれたかという分母の人の質みたいなものが大きく影響される世論調査ではある。この5割くらいの回答しなかった方だけの結果が是非知りたいと思う。
私から言わせれば、今までに世論調査を受けた事があり、上記のように断らずにちゃんと答えた人はどんな人が多いか?という世論調査をやって欲しいくらいだ(笑)私の予想では「人の話を疑わない」「TV・新聞は嘘をつかないと思っている」「わりと人に裏切られやすい(騙されやすいともいう^^)」「よくダイレクトメールが来る(笑)」・・・みたいな人が多いような気もする。そういった分母であれば政府与党側に都合がいい統計は出来やすいように思う。

とはいっても一人何度でも工夫すれば投票できるネット投票よりはまだ信憑性は確かにあるだろうが・・・。しかし亀田の試合についてはTVでも流すんだから政治の話も参考世論調査としてTVでも流す価値はあるんじゃないかなぁ?政治以外のネット投票や人気ランクなんかは多分NHKとかでも流しているようだからいいんじゃないでしょうかね。

もう少しネットでも世論調査が信頼性を持てるようなシステム(国がやってはダメ)が出来ればいいですね。
オーマイニュース辺りがそういったシステムを考えれば面白いだろうけど・・・今の状況では無理だろう(笑)もういちど佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェンさんのブログから引用。

小泉首相だって人気がなければSTOP THE KOIZUMIなんて標語がネットに生まれることはなかったろうし、それを引き継ぐAbEndもなかったろう。
日本人の伝統的判官贔屓はネット界でも健在らしい。 ネット的判官贔屓

こうやってAbEndという言葉が佐藤秀さんのブログでも使われて、その単語が一人歩きしているのを見る事もまたネットって面白いものだなと思う。
判官贔屓でもなんでもいいのだ。世の中そういった人達がたくさんいるから面白い^^
AbEndはひとつのネット発の単語として確実に広まっていっている。

 押すのキライな人も多いけど、ここから訪れてくださる方が多いのです^^
押すと私の順位が上がって目立って訪れる人が増えて縁が広がるボタンです^^

ブログランキング・にほんブログ村へ  いつも有難うございます♪
関連記事

ブログを書くようになってからブログをよく読むようになったかな?私の場合は。
それまでは、ほとんどといっていいくらいブログを見た事は無かった。
まして政治や時事関連のサイトにもあまり興味はなかった。「エンピツ」という日記サイトで書いていたからそこ関連でちょくちょく日記は読んでいたけど・・・。
何日か前に頂いたTB先のブログの記事で政治の事をあれこれ何をブログで書いてもしょうがないだろうみたいな記事があったが、私も確かに少なからずそう思っていた部分もあった。
そんな私が今では毎日のように政治の話題を自分が思うように書いている。面白いね^^

私自身このブログを書き始めた頃は他愛も無い事を書いていたように思う。それがいつ頃だったか・・・一番のきっかけはライブドア関連の事件で野口英昭さんの変死事件や耐震偽装等があった頃からだろうか?警察の発表や捜査がおかしい?マスコミの報道の仕方がおかしい?国会での答弁もおかしい? どうなっているんだ?なんだかおかしいぞ と行き着くとそれは「政治」がおかしいんじゃないかという事になってきたわけだ。そして現在はAbEnd へ至る。どうしてもマジメに考えると政治の話は避けては通れなくなるわけである。
その過程で様々な同じような疑問を持つブログとの巡りあいがあるわけだ。

当然アクセス数もどんどん増えてくるわけでそれに比例して、自分の思っている事を書くのはいいけど、あんまりトンチンカンな事を書いたら大変だぞ と記事をアップする前には、あちこちのブログ等で、政治用語やそのソースなんかを読んで勉強するようになっていったわけである。だから今では毎日20~30以上のブログの愛読者になっている^^
私のブログの右下に「お気に入りブログ」を公開しているが、俗に言う右より左より色んな方のブログをお気に入りにしている。
自分と違う意見でもマジメに書いている人のブログはタメになるからだ。

ブログを書くようになるとブログを読むようになる。
これは案外、真理だと思う。
AbEnd のリンクリストのブログを見るだけでもかなり今の政治がわかります^^

もちろんブログを書いていない人でもたくさんのブログを読んでいる人は多いと思う。
でもやっぱりそれだけでは非常に勿体無いと思う。
自分のネットの発信基地(ネット住所)としてそんなに頻繁(ひんぱん)に更新しなくてもいいからブログを持つ事をオススメする。特にコメントくださる方々にブログをオススメしたい。
こちらからコメンターの方にアクションを起こしたくても声のかけようがない(ネット住所不定だから)というのはやはり寂しいもんだ。
そういった意味でこのらんきーブログの常連さんでよくコメントくださるココロさん が昨日からブログを始められたのは非常に嬉しいと思う。

何を隠そう‥
私は昔から「ノンポリ派」そして「無党派層」の一人です^^;
って、これってホントは恥ずかしいことなのかもしれないけど。
隠しても隠し切れないから白状しておくかな~と思って‥^^;

カッコよく言えば‥いつも「ニュートラル」でいたいと思っている。
要するに、右でも左でもない!ってことです。反体制!!!
でも‥もちろん素敵な体制なら「好き好き体制」になりますよ♪

わんばらんす : 泥舟 “日本丸よ何処へ行く!?” 

もう毎日、ご祝儀でTB送りますよ(笑)こうやって小さな輪かもしれないけれど、ブログの輪が広がっていく事はそれは絶対に無駄なことにはならないと思う。
「わんばらんす」応援しますからネ^^ココロさん。気楽に更新していってくださいネ。

政治の事を書いてもどうにもならんというのはやはり事実とは違うと思う。
「どうにかなるかもしれない・・・」 が事実に近いのではないだろうか。
現にこうやって繋がりは広がっていっているんだから。世の中に無駄なことは無いのだ。
マジメに生きていれば政治の話になるのは案外、当たり前のことなのだから。
ただ、難しい、わからない、自分ひとりが何か思ったって・・・という考えが今までの主流というか多かったかもしれないがこれからは違ってくると思う。

小さな水の一滴、その雫(しずく)から大きな海にまで繋がっていくのが自然の流れだ。
その清らかな一滴の雫が多ければ多いほど、魚も生きられる川となり、そしてやがてはキレイな海へと変わっていくのではないだろうか?

そんな一滴のブログに私はなりたい (キレイにまとまりました^^)

 押すのキライな人も多いけど、ここから訪れてくださる方が多いのです^^
押すと私の順位が上がって目立って訪れる人が増えて縁が広がるボタンです^^

ブログランキング・にほんブログ村へ  いつも有難うございます♪
関連記事

一般人の政治とかの情報源の比率は今現在どうなんだろうか?ちょっと考えてみた。
主だったものはTV・ラジオ・新聞・週刊誌・本・・・そしてインターネット等とある。年代によってもまちまちであろうがやはり一番多いのはTV・新聞の情報を信用しているという比率は今現在でも多いのは間違いない。でないとKOIZUMI時代のアンビリバボーな支持率はない。
そこで思うのはどこまでの情報を知っていればお互いがまともな議論を展開していいのか?という事である。通常であればTV・新聞おまけに雑誌まで網羅している人同志の情報で十分だろう。世間一般の会話というのはだいたいこのレベルで成り立つと思う。

しかしここにネット情報が加わるとそうはいかない事も多いだろう^^;
例えばTV・新聞等が主流の熱烈な安倍晋三支持者とネットをくまなく徘徊してあらゆる裏情報を知っている反ABEの人が総裁選について語る時を例に考えてみる。
・・・・考えなくてもいいか(笑)結論はわかりますよね。
よほど安倍信者が素直な人でない限り、まず噛み合いません。
二人の情報レベルが違い過ぎて「これがホントだ」みたいなレベルが全く違うからです。
仮に議論になるとしたら「ネットの情報が正しいのか?」という議論にはなるのだろうけどネ^^

ただTVや新聞だけの情報レベルでも堂々と持論を、さもオレの言う事は絶対だかのような断定口調で熱く語る人もいるから不思議ではある。マスコミから流される程度の情報がメインの方はやはり「多分・・・と思う」くらいの論調の方がまだ耳には優しいと思うけどね^^
ま、そのくらいのレベルで語る政治の話が世間の一般レベルなのだとは思う。
しかしそんなTV・新聞だけの情報を鵜呑みにして語っている人に対して「お前はバカだな~。そんなの半分は嘘だし、真実は実はこうなんだよ」と言うのは今現在では、ちょっと難しいわけだ。何故ならば、その人の信じている新聞やTVの情報は何故たまにミスリードさせる事があるのかという事から話してからじゃないと無理だからだ。

ましてネットは危険だ、嘘や騙しが蔓延しているといったような情報をTVなんかで流されている今日この頃では、益々ネットの情報は、TV新聞派、略してテレブン派は眉唾状態、話半分くらいしか信用しないことだと思う。「はいはい」って感じだろう。
同じレベルの情報を知っている人ならば会話も議論も有益だが、情報のレベルが違うと、疲れる事このうえないだろう。だからいくらネット上で深い議論が行われていたとしても一般人の耳に素直に届く事は難しいわけだ。どうしても世論はマスメディアに左右されがちになる。
もちろんメディアが全ての情報を惜しみなく何の影響も受けずに流してくれればこんな話はしないというのは大前提だ^^

結局、一般の人々がTVや新聞から流れる情報を基本にした会話が今現在ではもっともポピュラーなのはしょうがない。TV等のコメンターが話してる内容もだいたいそんなもんだ。
少しずつ情報を小出しにして賢く見られようとする人もたまにいるが・・。
ま、汚いやり方ではあります。中にはガセ情報もあるからたまったものじゃない。
しかしそのレベルで話している会話はネットなどから仕入れた新鮮な1次ソースを持っている人達から見たら「何言ってんだか・・プッ」というレベルの話にもなるのだろう。
ましてネットの世界はリアルで新しい情報が流れ落ちてくるから情報の鮮度も量も違う。

しかし、私たち一般人は今現在の「手持ちの情報」の中で発信していくしか、とりあえずは方法はないのである。それで別に問題はないと思う。
今現在持っている情報で自分なりにまとめあげた考えを発信する。
それでいいのだ。その際に大事なのは誤まった情報を入れないことか。

そして出来ればその手持ちの情報をより多く持っている人がマスコミ人のように勿体つけたり、出し惜しみしたりするのでも無く、多くの人に分け与えるという姿勢が大事なのだと思う。するとその情報を上手に料理してわかりやすくまとめてくれる人が必ず出てくるわけである。
ココが大事なのだ。難しいままでは広まらない可能性が多い。
そしてそれを多くの人に伝える人も出てくるのである。私はここらかな?多くは無いけど。

ここら辺りが今現在、まだまだうまく機能していないように感じる。
情報を小出しにして「そんな事も知らないのか」的な優越感に浸るのではなく可能な限りオープンにしてより多くの人が共有する事がこれからのネット活用法になっていくだろう。
そういう連鎖、ブログの輪が上手く機能していくようになるとネットの情報もTVや新聞に負けないくらいの世間一般の信用ある情報レベルになっていくのも早いのではないだろうか?
国内外の1次ソース的な情報を持っている人それを上手にかみ砕いてまとめる人その情報を多くの人に伝える人そして一般のブロガーや読者へ・・・というような連鎖だ。それがネットの情報のオープンソースのフルコースだと思う。
政治なんかの情報は一部の人間が持っているだけではあまり役には立たない。
そこを勘違いして情報や知識を持っているだけの人がいれば哀しい事である。
情報や知識は鮮度があるうちにそれを料理する人間に出会う事が一番大事な事だと思う。 
より多くの人にその情報が伝わった時にはじめて何かが動く、世の中が変わるきっかけになっていくものだと思う。また早くそうなって欲しいものだ。
ブロガー達の自然な流れで、役割分担がうまく機能した時・・・面白くなる。 

 押すのキライな人も多いけど、ここから訪れてくださる方が多いのです^^
押すと私の順位が上がって目立って訪れる人が増えて縁が広がるボタンです^^

ブログランキング・にほんブログ村へ  いつも有難うございます♪
関連記事

嬉しいお知らせからっす!^^(今日9月19日 18時現在)
の2つの人気ブログランキングで

はじめて同時1位になれました! 皆さんのお陰です。強力なブログが違うジャンルへ、引っ越したお陰(笑)という偶然の、そして多分つかの間の1位とは思いますが感謝しています^^
残るは3日前から参加した「にほんブログ村」の(現在8位で奮闘中^^)
 のブログだけです(笑)右上にバナーを置いてますので、疲れてブログ読みたくない時はバナーだけ押してお帰りください(爆笑)冗談です^^;
※追記※ 上記バナーをクリックするとランキング投票ボタンになります^^; ご注意を(笑)

ブログランキングもちゃんと面白いブログや人気が本当にあるブログが上位を占めていればもっと面白いのだろうが一部では明らかな不正もあるらしいです。そりゃぁそうやろうねぇ。
暇な人いるよね^^;※ 参照ランキングの不正クリックって、恐らくこういうことでしょう。
寂しい事ですよねぇ~。ブログくらい純粋に楽しんだらいいのにね。
しかしそれでも私は今回の同時1位は非常に嬉しいです。何故か?それは当たり前の事だけどまったく不正を働かないで、純粋に楽しみながら皆さんのお陰で1位になれたからです^^
天知る地知る人知る我知る」の心ですね。悪い事は出来ませんよね。

四知(天知る、地知る、人知る、我知る)
誰も知るまいと思っても天地の神は照覧し、自分も知り、それを仕掛けるあなたも知っていることだ。隠し事というものはいつか必ず見つかるものだ。 


不正をして勝っても何も嬉しくないのは本人が一番よくわかる筈です。
それを何とも思わず知らん顔して「美しい」とか「爽やかな」とか「誇りある」とかばかり言える人は普通いないはずです(笑)  さて・・・不正といえば・・・
明日はいよいよ全く盛り上がらないジミングス(自民愚衆)総裁選投開票日ですね(笑)
あの3人が画面に映ると視聴率がドヨ~ンと下がるという、ドラマであれば、即打ち切りというまったく国民に人気の無い 「 よい子・悪い子・ふつうの子 <政治版> 」3人衆の馴れ合いの猫パンチ的な闘いのフリもいよいよ番組終了です。

自民総裁選:安倍氏の圧勝は確実 20日に選出
 自民党総裁選は20日、党所属国会議員による投開票と党員票の開票が行われ、小泉純一郎首相の後継総裁が決まる。国会議員と党員に幅広く支持されている安倍晋三官房長官(51)が圧勝で第21代の新総裁に選出されるのは確実な情勢。第1回投票で総票数703票の過半数にあたる352票を大幅に上回るだけでなく、全体の約7割にあたる500票(71.1%)を超えるかも焦点。2位争いは谷垣禎一財務相(61)と麻生太郎外相(65)が激しく競り合っている。 総裁選は国会議員票403票と都道府県に割り振られる地方票300票の計703票で争う。  
安倍氏は所属する森派(86人)、二階派(15人)の全議員の票を固めたほか、谷垣派(15人)と河野派(11人)を除く丹羽・古賀派(50人)など5派のほぼ全員、もしくは大半から支持を得た。津島派(74人)のうち参院所属議員の一部の動向など流動的要素もあるが、国会議員票は無派閥を合わせ300票を超す勢い。地方票も200票を上回りそうで、第1回投票で過半数を制し、当選するのは確実だ。
 立候補に一定数の国会議員の推薦が必要となった72年以降、最高得票率は95年の橋本龍太郎氏の77.7%。安倍氏がこれを上回るかという「圧勝度」も今後の政権運営を占うポイントとなる。※毎日新聞 2006年9月19日 3時00分


ここまで来ると、ABE陣営は得票率も歴代最高をとりたいでしょうね。
ジミングスが選んだ歴代最高の得票率を・・・。地方票にしても自民党の私的な団体が選挙を監視するらしいですから不正のチャンスはたくさんありそうですね。いいシステムですねー。自分らが自分らを監視するんですから今回のようにジミングスの群れになっている時は非常にやりやすいのではないでしょうか?(笑)
そう思いたくなるくらい今のジミングスには何の信頼感もありません。

最高のジミングス内得票率 そして 最低の国民支持率へ・・・!!
これはインパクトがあるでしょう。その時がジミングスラストステージになるかもです。
しっかりとした世論調査さえやってくれれば可能性は大です。(そこが問題だが・・・)

しかしジミングスの群れの中にも「天知る地知る人知る我知る」の心を持っている人間はいくらかいるでしょう。多分・・・。不正や嘘や騙しで勝ち取った勝利なんて嘘っぱちです。
だいたいが当選回数も年齢も少なく、実績も全く無い(あえていえば拉致問題だけ登場してたくらい)人間が総裁選TOP確実なんておかしいに決まっている。
普通の会社でもそんな祖父や父の七光りで何の魅力も無い人間が代表になって上手く経営が出来るでしょうか?もしなったにしても前途真っ暗なのは間違いない。
社員もろとも一気に自滅への道連れの可能性大です。

そんな安倍晋三に贈りたい言葉。
 「天知る地知る人知る、そして安倍だけ知らない・わからない」 (笑)

 押すのキライな人も多いけど、ここから訪れてくださる方が多いのです^^
押すと私の順位が上がって目立って訪れる人が増えて縁が広がるボタンです^^

ブログランキング・にほんブログ村へ  本当にクリック応援有難うございました♪
関連記事

第21代ジミングス(自民愚衆)総裁に安倍晋三が予想通りなりました。
「戦後生まれ初の総裁として改革の炎、たいまつを受け継いでいくことを宣言する」と言ってたらしいです。9月20日の出来事でした。 クニが0になった日と覚えときましょうか^^;

<自民総裁選>安倍氏選出 麻生、谷垣両氏を大差で破る
 自民党総裁選は20日、党所属国会議員の投票と地方票の開票の結果、安倍晋三官房長官(51)が麻生太郎外相(66)と谷垣禎一財務相(61)を大差で破り、第21代総裁に選出された。51歳での総裁就任は戦後最年少で、任期は09年9月30日までの3年間。安倍氏は25日に党役員人事を行い、26日召集の臨時国会の冒頭、衆参両院本会議で小泉純一郎首相の後継首相に指名され、同日中に新内閣を発足させる。
 得票数は、安倍氏464票、麻生氏136票、谷垣氏102票、無効1票だった。
 安倍氏の得票率は66%にのぼったが、陣営が目標としていた500票をかなり下回る結果になった。麻生、谷垣両氏が100票を超す得票だったことも加え、得票結果は今後の人事や安倍氏の政権運営に微妙な影響を与えそうだ。
 20日は午前10時から19日に締め切られた党員投票による地方票(300票)の開票が各都道府県連で順次スタート。午後2時から党本部で国会議員(403票)が投票し、これらを合わせた開票結果が同3時ごろに発表された。選挙結果は党大会に代わる両院議員総会に報告された。
 党員票の投票率は前回(03年)の69.33%を下回るとみられており、安倍氏の独走に党員の関心が低かったことを示すことになりそうだ。
 (毎日新聞) - 9月20日15時6分更新

党員票の投票率が少ないというのは、下手すればまた自民党員が減るいい傾向かもしれないです。思った以上に票も伸びなかったようですし。少しは自民党員も考えて投票してくれたようですね。 それにしても、無効1票というのが誰か気になってます(笑)
河野太郎か?自分に入れたかな?竹中辞任にもかなり怒ってたからね^^
※追記※無効票は「安倍晋太郎」と書いてあったそうだ。全くジミングスはおバカ過ぎ(笑)
ぬぬぬ?:どうせなら・・・ @自民党総裁選の"無効票・1票"に想いを馳せる(爆)

結局ABEは傀儡(アメリカやカルトや危ない団体etc・・)でしょうから今後はその背後にいるものに注意していかなくてはいけないのでしょう。
「美しい」とか「爽やかな」というフレーズと「ございます」くらいしかABEの言葉は頭には残っていないのだがもうひとつ「戦後生まれの初の総裁として」という言葉が残ってるかな?
戦争を知らない世代の代表という事を強調したい?戦争を知りたい世代か?ムズムズと。
どちらにしてもABEが今後どういう政策を実施していくか観察しましょうかね。
OZAWAとの党首対決も来月早々あるし^^
案外そこで浅さを露呈して早期終了のAbEnd(異常終了)がすぐ来るかも(笑)

そういえば昨日になってこの間書いた記事、「※Yahoo!みんなの政治」の総裁選ネット投票結果をTVで流してましたね。 今更って感じもしたし、どうもTVの論調は相変わらずネット派は「オタク層・アニメ層」みたいな扱いだからちょっと嫌にはなりますけどね。
もっと普通の人が今では多いと思うけどね、政治に関心がある人もさ。
ネット=一部のオタクって感覚はもう古過ぎ。ネットはもう普通の市民感覚と一緒です^^
どちらにしても今日はあまり記事を書くのが楽しくないですねー(笑)

さっ、今日やっと買えた「小沢主義」でも読もうっと^^
もう今日のニュースは見らん。見てもツッコミ入れてしまうだけだ^^
ABEのあの喋り方というか・・全てがなんか理屈ぬきにウソっぽくて、心が全くこもってなくって、自分の為にしか生きて無い姿勢・・・すべてがここ数日間色々見ていて益々キライになりました。(笑) 私のような国民もこの頃確実に増えたのでは? 
画面に出れば出るほど、喋れば喋るほど、勝手に支持率は落ちていくだろう・・・。
案外、ABEは放っておくのが実は1番効果があるのかも知れない(笑)

  押すのキライな人も多いけど、ここから訪れてくださる方が多いのです^^
訪れる人が増えて、人と人の縁が広がるボタンです^^
(右上にも3バナーあります^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ  クリック応援有難うございます♪
関連記事

戦後生まれ初のジミングス(自民愚衆)葬祭・・じゃない総裁、乙女座B型の安倍晋三はとにかく66%の得票率で昨日、戦後最年少のジミングス代表になった。
52歳か。(今日が誕生日らしいね)OZAWAと丁度一回り違う。同じ干支と血液型か。
26日の指名選挙で総理大臣に任命されるのだろう。OZAWAにならんかな?^^;
ま、ジミングスの先頭を歩いてどっかに落ちて自滅してください(笑)
しかし得票率も目標の70%は行かなかったけど、66%は小泉純一郎の過去2回の時よりも高いんですよね。麻生、谷垣が頑張ったという雰囲気もあるようだがジミングスの群れ
KOIZUMIの5年間の暗黒時代よりもダークになっているという事ですね。要チェックやね。

今朝のスパモニだったかな、ABEの学生時代の頃のエピソードがあったがABEが確か女性(定かではない)と道を歩いていて、チンピラ風の二人組と肩がぶつかったことでケンカを売られたが一歩も引かなかったという話だった。
折も折田中真紀子が「お前の口をバットでつぶす」と脅迫されたり、加藤ちゃん家が放火されたりと言論が不自由になり、物騒なご時勢に、ABEだけが威勢のいいエピソードでした。
友人の証言も交えてなんだかカッコよく編集してあった。(多分話も嘘だろうけど^^)
はっきり見なかったから覚えていないけど連れの女性と一緒の時に2人組のチンピラ風の男に対して好戦的で敵には一歩も引かないという事はカッコイイことなの?
イメージ作りの一端なのでしょうか?闘う姿勢がカッコイイという風潮を作ってるのかな?

いくら喧嘩が好きな男でも普通、女連れでは(仮に女性じゃなくても)肩がぶつかったようなくだらない事でケンカはしないのが常識人だ。自分がもし負けた時のことを考えたら残されたものはどうなる?そんなものは勇気でもなんでもない。美しくもないのは当たり前。
本当に勇気ある美しい男^^は、くだらない争いを避ける筈であるし、謝ることすらあるだろう。
そっちの方が真の男としてカッコイイと私は思う^^本当に闘うべき時は他にあるのだ!

ゲストに平沢栄もいたから、やはりヨイショエピソードなんだろうな。
一体あのエピソードは何が言いたかったのだろうか?テレ朝はもうダメやね。
チンピラを北朝鮮に見立てた主婦向けのイメージ戦略だね。
主婦やB層を早速味方につけて頼もしいイメージ作りの第一歩だろうね。
ABEに応援体制は準備OKですよというテレ朝の忠誠の証だったのだろうか。

結局私ら一般人はTVの情報は好き嫌いは別にしてどうしても見てしまう。
TVにしても全部が全部、嘘を報道しているわけではなく、まともな報道もする。
その中にミスリードしたり、意図的に何かをいれたりで偏向に満ちた構成がご飯にかける
ふりかけのように散りばめられているものだと思う。
問題意識も何も無くただ単に流されて見ていては「みのもんた」の全て言うとおりにもなってしまうし(笑)、番組編集サイド(権力側ネ)の思う壺にもなるわけですね。
そうならない為にちょっとだけでも政治の今現在の真の知識を持っておけば「騙されないですみますよ」という事を私は言いたいのだ(だって悔しいでしょ?意図的に騙されるのって)

権力側に寄り添うTVが好きなやり方は「イメージ作り」が筆頭だろう。
KOIZUMIがそうだった。ABEは個性が全く無い分、周囲は何かと大変だろうが色々な手段を使ってイメージ作りに力は入れる筈である。垂れ流されるイメージ戦略には、私たちは想像力というイメージで対応をすべきである。その想像力というイメージを養う為にはTVからの「見た目・聞いた目」だけではなく、自分の中で少しでいいから、政治や時事問題の予備知識を持ったうえで眺めてみるという態度・姿勢が大事だ。「心の目・頭の目」だ。
すると案外醒めた目でTVも見られるし、何かおかしなところがよく目に付くようになる筈だ。
意図的に作られた匂いがわかるようにもなる。
TVイメージ戦略にはそれを上回る知識による想像力というイメージで対抗するのだ。

そんな政治関係のブログの中でも特にわかりやすく王道をゆくと私が思っているお気に入りのブログで是非、少しでいいから政治に関心を持って知識を身につけて下さると嬉しい。

安倍はやや苦戦、谷垣は大健闘・・・そして、私は民主主義による逆転を目指す?! 
ともかく勝負は、来年の参院選である。ここで何とか安倍自民党の議席を減らして、与党(+公明党)を過半数割れにしなくてはいけない!

 ちょっと大げさかも知れないけど。私は、こういう大事な時にこそ、何とか一般市民の思いを結集して、民主主義の力を発揮させたい。民主主義の力を信じたいと思うのだ。
 折角、憲法が国民に主権を与えて、60年もそれを守って来たのだから。「こういう大事な時に、それを行使、発揮できなくてどうする?!」という気持ちもある。
 私自身は無力ではあるけれど、皆さまの知恵と力をお借りして、小さな力をつなげて行けば、何かできるのではないかと・・・。 
 日本がアブナイ!

私の大好きな日本がアブナイ!のmewさんのブログのリトル難点(笑)は文章がやや長い時もあるという事くらいか?^^;(ゴメンネmewさん)
しかしすぐに慣れます^^ご安心を!! 非常によく調べられた上に、わかりやすい文章できっと政治に関心が持てるようになると思います。ぜひご自分の「お気に入り」に入れて読まれる事をお奨めいたします。私もだいぶmewさんのブログで勉強させて頂きました。 
知り合いの方にも教えてあげてくださいね^^ ついででいいですから、私のブログも(笑)

  押すのキライな人も多いけど、ここから訪れてくださる方が多いのです^^
訪れる人が増えて、人と人の縁が広がるボタンです^^
(右上にも3バナーあります^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ  クリック応援有難うございます♪
関連記事

らんきーブログの政治ブログに対してのポリシーみたいなことを今日は書いてみる。
もうこのテーマは今までも何度も似たような事を書いてるが自分の為にももう一度^^

◆GIGAZINE - 日本のブログ人口は868万人、SNS人口は716万人
いずれも2006年3月末時点での総務省の集計結果です。ちなみにこの集計の半年前、つまり2005年9月末の時点ではブログ人口は473万人、SNS人口は399万人だったので、単純に見るとほぼこの半年で倍増したことになります。・・・
<中略>現在の日本のネット人口は7,948万人だそうです。

ネット人口も、ブログやSNSを始める人はまだまだ増えていくだろう。
で、ネットの人口もこれだけ(8000万人といえば日本の人口の3分の2)増えれば当然現実社会の縮図といっていいくらいの人々が何らかの目的でネットを利用している事だと思う。
それこそ様々であろう。その中で政治ブログの割合を考えてみる・・(笑)少ないだろうね^^;
米国とは違い日本の場合、政治ブログよりも日記形式のブログが主流なのはいうまでも無いが、その数は匿名ブログが多数を占めるにも関わらずほんのコンマ数%の割合であろう。
あの きっこのブログでさえ、1日20数万アクセスということから考えるに好き嫌いは別として政治や時事問題に関心のある人はその程度なのである。

日本一のアクセス数を誇るきっこのブログでさえ、日本の8000万人ものネットに繋いでいる人がいてもわずか0.3%以下の閲覧なのだ。3%じゃないすよ(笑)コンマがあるからね^^
もちろんきっこの日記は読まないけど他の政治ブログは毎日読む人もたくさんいるだろうからもうちょっとは増えるだろうけど、政治や時事に関心のある人は1%前後にも満たないのではないでしょうか?昨日のきっこのブログには安倍晋三with戦争の近い将来の戦争勃発か?の怖い話が載っていたがあの話を知っている人もほんのわずかですね。

私のらんきーブログは1日1000アクセスいくかいかないか?です。
ましてアクセス数では無く何人が見てくれたかという数は毎日500人くらいです。
(1人で数ページ見て下さる方もいるからアクセス数は多いのですね^^)
それくらい政治や時事問題に関心のある人は少ないのが普通だという事です。 
で何がいいたいかという事ですがここからが今日の本題(長いよってツッコミはナシで^^)

例えばAbEnd。私も参加してる安倍晋三関連の記事を書くブログの集まりだ。もう1000を超えるエントリーがある。すごいです。しかし実質参加しているブロガーは100あるかないかでしょう。全てのブログをあわせてもきっこのブログのアクセス数には及ばないかなぁと思う。
そんなもんでしょう、多分。全ネット人口の1%前後のレベルなのだと思います。
もちろん政治ブログを否定するつもりも無いですし、私もこれからも書いていきます。 
ただ思うのは、政治に関心のある人間同士だけが集まって盛り上がるだけでいいのか?
という事をこの頃よく考えます。(AbEndがそうだという事ではないっすよ^^)

政治は難しいです。多くの日本人でそう思っている人は多いのではないでしょうか?
でも興味・関心がある人はこの頃多いというか増えてきていると思うのです。
小泉政治そして安倍こべ政権へと流れていくおかしな今、少しずつ関心は高まっていると思います。そんな関心を持った人達が「売国奴が~」とか「ネット右翼が~」がどうたらこうたらとお互いを罵るような熱いブログを読むとどうでしょうか?まず引きますね^^;
それが普通でしょう。何故って?そんな光景は日常では滅多に無いから。ネットで熱く政治を語れば語るほど引かれることも多いという事は頭に入れておいた方がいいという事でしょう。

もちろんそんなブログも必要です。しかし全部が全部そうでない方がいいということですね^^ 冷静な語り口もあれば、難しい内容のブログがあってもいい。難しい内容のブログも政治がわかるようになるとホント面白いですよ! 政治に関心を持ってくれる人の裾野を広げる為には様々な切り口のブログが必要だという事だとは思っています。
私のブログはAbEndの中でも割合ノンキな語り口の方だと思っています。
絶対数というものがあれば元々政治に関心のある人の数はある程度決まっていると思う。
その中だけで喧々諤々(けんけんがくがく)やる事もいいとは思う。政治がわかる人には面白いだろうし^^まして前国会の共謀罪の際にはブログの存在もかなり役に立ったように思う。

しかしもっと普通の人に目を向けて関心を持ってもらうことで裾野(すその)を広げた方が楽しいし面白いんじゃないか?というのが私の政治ブログポリシーだ。
ここでいう普通の人というのはそれほど政治に興味・関心が少ない人のことだ。

要するに元々政治に関心のある人同士が熱く語り合うのもいいが(本人たちが楽しいならそれが一番)しかしそれは普通の人から見れば政治オタクとして一歩引かれて見られる事もあるよ ということだ。それは裾野を広げる事にはあまりならないと思うのだ。(その熱い議論や罵りあいを見て増える可能性が0とはいわないけど)ましてその議論の意味を正しく知る為には政治の事がわかっていないと見る人はいないからね。

という事は政治をあまり知らない人には全く面白くもなんとも無いのである。
仮に1000人のブログ村があったら政治に関心のある人は10人いればいい方だろうと思う。その10人の内輪で喧々諤々やるだけではそれ以上は増える事は少ないのだ。(わからない人には全く面白くないでしょうからネ^^;)

それよりも、興味・関心の少ない残りの990人の方に目を向けて、少しでも面白おかしくアンドわかりやすく政治の話を伝えたい・・・・それが私のブログポリシーだ。
その道の方が私には向いている様に思うし、またそうありたいと思う^^
その方が国民の武器のひとつである「選挙」に行く人の数を増やす事も出来るかもしれないし、世の中に少しでも影響を与える事ができる近道になるとも思うのだ。
そういった意味でこのらんきーブログをお気に入りに追加して、また来てくださいネ(笑)

  押すのキライな人も多いけど、ここから訪れてくださる方が多いのです^^
訪れる人が増えて、人と人の縁が広がるボタンです^^
(右上にも3バナーあります^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ  クリック応援有難うございます♪
関連記事

ジミングス(自民愚衆)の群れを引き連れて安倍晋三政権が来週早々に誕生する。
国民を無視して自民党員だけで選ばれた、まさしく生まれてきてからずっと籠の鳥で生きてきた人にふさわしいお膳立て(笑)。幸せな人生だね。顔に出ています(笑)
 「僕の前にはいつも道があるのだ。楽なのだ。でも僕の後ろに道はないのだ!それでいいのだ~」天災アベボン語録にもある^^; 安倍晋三総裁選公式サイトをチラと覗いてみた。

具体的政策
1 政治のリーダーシップを確立
2 自由と規律でオープンな経済社会
3 健全で安心できる社会の実現
4 主張する外交で「強い日本、頼れる日本」
5 党改革:新たな時代の責任政党のビジョン
6 「戦後レジーム」から、新たな船出を
http://www.abe2006.jp/plan/index.shtml 安倍晋三総裁選公式サイト

なんだかちっともわからないですが、多分とりあえずは憲法改正教育基本法の改正の2つに長期的に力を入れるんじゃないかなぁとか思っています。
というのも先日紹介した「日本がアブナイ!」さんの記事で書かれてるような展開を目論んでいるんじゃないかなぁと私も思うからです。以下引用。(リンク先で全文読んでくださいネ^^)

今回は安倍晋三氏がやけにこだわる「国立大学9月入学」論をメインに書きつつ、ちょっと気になる「自衛隊の予備自衛官補の制度」なるものを紹介してみたい。
<ちなみに「予備自衛官補」というのは、18歳以上の一般国民が計50日間の訓練を受け、予備自衛官になる資格を得る制度である。(訓練には1日7900円支給)、システムの概要などは後述。>

『安倍官房長官は14日、自民党本部で開かれた公開討論会に出席し、国公立大学の入学時期について「世界の大体の学校は9月だ」と語り、9月入学の導入を検討する考えを表明した。そのうえで「(入学まで)4月から9月の間に、ボランティア活動をやってもらうことも考える必要がある」と述べ、奉仕活動を義務づける考えも示した
<朝日新聞 15日> 』<関連報道記事*1>
 
 安倍氏は「憲法改正」と共に「教育改革」を政権構想の二本柱にしており、秋の臨時国会では、まず「教育基本法の改正」の実現に強い意欲を示している。
 また、同時に「教育バウチャー制度」や「教員免許更新制度」、そして教育のシステム、内容を含め、多岐にわたる提言を行なっている。
安倍氏がこだわる国立大9月入学&ボランティア+「予備自衛官補」で若者集め

ボランティアというリトル美しい言葉の裏にあるものは将来への「徴兵制」への足慣らしの可能性もあるかも知れないということですね。そしてセットで戦争が出来る国にする為の憲法改正。この予備自衛官補というのは日給もある事からニート対策にもなりますね。
国の為のボランティアですね、これは究極の・・・!おそらくそうでしょう。
徐々に普通の軽いボランティアで慣らしてからそういうものに変貌していくのでしょうかね。
そういった方向にこの国が向かっている可能性は非常に強いと思います。
愛国心の強制にしてもそうでしょう。将来の布石ですね。週明け早々いよいよ総理となる安倍晋三を朝日新聞社が実施した全国緊急世論調査(電話)によると一般国民は 

安倍氏の指導力については強いリーダーシップが「ある」29%に対し、「それほどでもない」が53%。特に男性では59%と高い。
 信念や考えを「きちんと説明している」は38%で、「あいまいにしている」の42%を下回った。安倍氏が総裁選で、財政や外交、歴史認識などについてあいまいな発言をしたことが響いているとみられる。
 一方、安倍氏が総裁になって自民党が「よくなる」と思う人は17%、「悪くなる」は3%で、「変わらない」が70%と最も多かった。安倍氏のもとで、自民党改革はそれほど期待されていないようだ。※asahi.com 2006年09月21日

という評価だ。ABEが総裁になってジミングス(自民愚衆)が悪くなるが3%しかいないというのが悲しい事ですね。すっかり騙されてますねー、国民グス^^;
持ち上げるところがイメージしか無い為にリーダーシップや信念・考えなんかは「よくわからない」が本当は一番多いと思う。多分ABE本人もわかって無いのではないだろうか? 
結局、傀儡だから少し先の事しか命令されて無いのではないか?どこに行き着くかわからないまま裏方(アメリカ&カルト&etc・・)から言われるままに行動しているような気さえする。
しかしそんな人間が確実に戦争が出来る国への道を造ろうとしているのは間違いない。
小泉悪政時代では勝ち組・負け組という言葉が生まれたが今度の安倍こべ傀儡政治では生き組・死に組という言葉が生まれるようになるのではないか?イメージだけで流されては絶対にいけないです!ネットを見ていない友人知人にも伝えてくださいね^^

傀儡(かいらい、くぐつ)は操り人形 (マリオネット )のこと。転じて実権を持たずに家臣や他国に思うままにされる皇帝 や王 や政府 などを傀儡君主・傀儡政府と呼ぶ。

ABEが戦争が出来る国にしようとする前に新しい法律をひとつだけ作って欲しいと思う。
戦時政治家率先垂範法」だ^^
これはもし自国が戦争に巻き込まれた際にはまず政治家本人あるいは子息が必ず、戦地、それも前線に向かわねばならないという法律だ(笑)
それくらいの法律をまず作ったら政治家も真剣に政治を考えるだろう。
家族の反対もあるだろうし、政治家を辞める人も出てくるかもしれない(笑)
この法律があれば戦争が出来る国にはまずしないだろうと思うが・・?(笑)
あ・・・そしたら全員戸籍上だけ離縁したりするか^^;卑怯者の集まりだからネ。しかし万が一戦争があればまず自分らが前線に立つ事が最低限のことだ。国民より先に行け。後ろから撃たれるかも?^^ま、これは冗談だが、そのくらいの覚悟を持って政治を行って欲しいものだ。

臨時国会がいよいよ来週26日から始まる。
野党はあらゆる手を駆使して新ジミングス(自民愚衆)の息の根を止めて欲しいと思う。
まずはABEの薄っぺらな化けの皮を剥いで欲しい欲しいと思う。
ネタは仕込んでいるだろうか?いきなりド~ンとスキャンダル爆弾もOKだよ^^
イメージとは全く逆の全然爽やかではない安倍こべ政権には何もさせないように野党は協力して闘うべし!!安倍こべ政権は来年の参院選で終わらせるのだ^^

  押すのキライな人も多いけど、ここから訪れてくださる方が多いのです^^
訪れる人が増えて、人と人の縁が広がるボタンです^^
(右上にも3バナーあります^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ  クリック応援有難うございます♪
関連記事

明後日26日に臨時国会が召集されますね。安倍晋三新首相(予定は不安定)の所信表明演説は29日に行われる予定だそうですが、今頃はしっかり喋る練習を、山梨の別荘かどこかでしているのでしょうね(笑)。 モーニング娘。を昔辞めた保田さん似の元DJの奥さんから「もっとゆっくり喋らないとまた馬鹿にされるわよ」なんてチェックいれられながら。
安倍こべ政権のジミングス(自民愚衆)人事にはあまり興味は無いです。
アメリカに丸めた尻尾を振った順に選ばれるようなものでしょうから。

前国会から引き続きの、教育基本法改正案テロ対策特別措置法改正案の成立をこの臨時国会では最優先するらしいです。他には防衛庁の省昇格法案や憲法改正手続きのための国民投票法案、そしてこのブログでも何度か取り上げた共謀罪の創設を柱とする組織犯罪処罰法改正案など約80日間の安倍晋三with愉快なジミングスVS小沢一郎民主&マジメな野党の攻防は暇を見つけてチェックしましょう。
TVだけではわからない面白い一瞬を見たい方は■衆議院TV で毎日チェック!!

TVでは一部(だいたい権力側のいいところだけ)しか流さない事が多いから、意外に見逃せないポイントもあって面白いですよ^^ 
TV各局からわざとらしいほどヨイショされる安倍晋三のTVでは絶対に流さないであろう早口舌足らずピンボケでございます答弁を聞くだけでも面白い筈です^^;

A級戦犯(不起訴の岸祖父さん含む)がどんな罪を犯したの?と子供の頃から考えている安倍晋三はとにかく日本を米国と一緒に戦争のできる国にしようとしているのは恐らく間違いないところだろう。もし間違っていたならそれはそれでいい事だから最悪の事を考えておこう。
政治家も三代続けば、三代目はそりゃあ、おかしくなりますよ。
祖父岸信介の縁故&父晋太郎の縁故だけでもう強固なものがあるんですから。
ABE自身の考えはほとんど無くすべて安倍家の方針みたいにもなるよね。
まして子供の頃からの祖父から受けた薫陶(呪縛)は一生拭い去れないでしょう。
その偉大なる祖父岸信介超えを目標にABEは今からは邁進するつもりでしょうから特A級戦犯あるいはS級戦犯の称号を目指すようなものでしょう。阻止してあげましょう、皆の力で。

話はドロンパと変わり、ちょっと気が早いけど来年夏の参院選の予習です。
今、ヤ○ト運輸の配達のアンチャン(30歳くらい)が来ていた時に私が見ていたネットの内容をちょっと聞いてみたら下記の参院選のしくみを知らなかったのでちょっと簡単に説明しますね。結構こういったことって知らない人も多いと思いますよ^^

Q. 参議院議員が半数ずつ改選されるのはなぜですか
A.  参議院議員の任期は6年で、3年ごとに議員の半数が改選されます。つまり、比例代表選出議員48人、選挙区選出議員73人、合計121人が1度の通常選挙で改選されることになります。
 このように改選の時期を6年の任期ごとに一斉に行うのではなく半数改選としたのは、議院としての意思の継続性を保つとともに国会の機能の空白化を防ぐことを目的としているからです。なお、参議院には衆議院のような解散がないので、半数改選も規則正しく実施されます。 ※参議院ホームページ


要するに来年夏の参院選は参議院議員242名のうち半数の121名が改選されるわけですね。平成22年満了の方々はそのままって事です。自分の選挙区の状況もとりあえずチェックしておきましょうね^^ ※Yahoo!みんなの政治: 参議院の議席配分
これをわかりやすく党別に更に図にまとめると下記のようになるわけです。
黄色い部分の議席が来年の参院選に該当するわけですね。ですから自公あわせて今現在135議席ありますからこれが現状よりもマイナス15議席という事になれば120議席(赤字)で野党側合計の方が122議席(青字)という事になり参議院では多数になるわけです。
ー平成18年 9月23日現在ー
自分の選挙区のこともよく考えてどの党に入れたらいいか考えながら政治ニュースを見たりあるいは国会中継を見るのも面白いと思います。目指せ野党で15票プラス!
ふ~ん、公明党はYahoo!みんなの政治: 参議院の議席配分 で見てたら東京・埼玉・神奈川・愛知・大阪で強いんですね~。頼みますよ^^この地域の人!ちゃんと選挙に行ってね^^
もう何度も書いてるのでご存知の通り「あっそうか学会」を組織票に持っている公明党支持者は雨が降ろうと槍が降ろうとテポドンが降ろうと^^選挙には必ず行きますので、私達が選挙に行かないという事は公明党に1票入れているのとほとんど同じ意味なのですよね。

例A) 100人の選挙人口数で投票率が60%でした。60票ですね。
そのうち公明党が25票、民主20票、共産10票、社民5票とします。 公明党が当選ですね。
例B) 100人の選挙人口数で投票率が40%でした。40票ですね。
そのうち公明党が25票、民主10票、共産3票、社民2票とします。 公明党が当選ですね。
もういっちょ!! 例Cだ!(笑)
例C) 100人の選挙人口数で投票率が25%でした。25票ですね。
そのうち公明党が25票、民主0票、共産0票、社民0票です。 公明党が当選ですね(笑)


簡単に書くと上記のように世の中の投票率は60%でも25%でも公明党は毎回ほぼ100%の投票率になるのですよね(笑)もうお分かりですね^^ 
選挙に行かないという事は公明党を応援しているのと同じ理屈なのですね^^「隠れ公明党」「隠れあっそうか学会員」という事にもなるかもです。 非常に罪なことなのです。
近所の方々にも教えてあげましょう^^
選挙に行かずんば公明党(あっそうか学会員)支持とみなす と(笑)
「あっそうか学会」の事をよく知らない方はここのまとめサイトでお勉強してネ^^ ※落選運動
比例代表もあるから全国的に選挙に行きましょうね^^

ブログを何かを発信する人達だけでは無く、ブログや何かで受信する人だけの人達だってちょっと気づくだけで、少し行動するだけで世の中は変わる事もあると思います。
「わからないから興味が無い」「興味が無いから何も行動しない」では無くちょっとわかれば何かが変わる事があるのが人生です。その集大成が国を動かすという事かも知れません。
なんだか偉そうになりましたネ^^;  一足早い参院選のお話でした^^

  押すのキライな人も多いけど、ここから訪れてくださる方が多いのです^^
訪れる人が増えて、人と人の縁が広がるボタンです^^
(右上にも3バナーあります^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ  クリック応援有難うございます♪
関連記事

「歴史認識は歴史家に任せるべきだ」という考えの安倍晋三総裁は自分のこれまでの全然波乱万丈でない人生という歴史すらTV局には任せてはいない。ヨイショさせているだけだ。
ましてまだ何も成し遂げていないABEの物語をTVで、さもカッコよく長時間もかけて作るのか?色々なブログを読んでたら、「やったね、テレ朝!」とか「流石、テレ朝」なんて喜びの声のブログも多い。なんだかなぁ~。あれを見て素直にそう思える人がいるのが不思議です。

自民党の三厄・・・じゃない三役も幹事長に愛人問題で一世を風靡した中川秀直(62)、政調会長にはBSEの際の対応が笑えた中川昭一(53)、総務会長は「加藤の乱」の際に同調しなかった丹羽雄哉(62)が決まったようだがあまり関心は無いです。W中川って紛らわしいねってことくらいですね^^あえて言えば「中川家か!」というツッコミくらいです。
国会対策委員長には二階俊博(67)が、民主小沢一郎対策として決まったみたいだが・・二階って昔から小沢一郎を一回り小さくしたように見えてしょうがないのは私だけでしょうか?(笑)人相も悪いし。ジミングス(自民愚衆) がどちらにしても安倍晋三を中心に動き出した。
今ネット見てたら小沢一郎は検査入院したみたいだ。大丈夫かな?

さて人を惹きつけるものの一つに喋り方、あるいは声質みたいなものがあると思う。
歴代首相でいえばやはり田中角栄のダミ声の喋りは面白かったし、今でも頭に響くような印象に強く残っている。小泉純一郎も喋り方は上手かった。
というよりあれは啖呵(たんか)みたいなものであったが。ワンフレーズ啖呵だったね^^; 
そこで安倍晋三のお喋り能力は?先日、安倍関連で安倍新政権にメディア戦々恐々? というナイスな記事を出していた東京新聞にこういう記事が載っていた。

 『優等生安倍氏響かない』
「新しい憲法を制定すべく政治日程に乗せるため、リーダーシップを発揮する時がやってきた」「日米同盟の信頼性を高めるため、政務レベルの対話が必要」などと持論を展開。官邸での会見と違って努めてゆっくり話しているように見える。ただ、五人の中で一番声が小さく、語尾が聞き取りにくい。

 「小泉首相のように何が出てくるか分からない(文法的にも)崩れている魅力、『乱れ』がない」。東教授の最初の感想だ。

 最も気になったのは演説に「間(ま)」がないことだという。「安倍さんは『人材育成』など三つのキーワードを挙げたが、いまひとつ好感が感じられない。それは常にしゃべり続けていて間をあけないから。間は聞き手を注目させて理解を助ける効果があり、言葉以上に伝わることもある」という。

 さらに安倍氏が持論を述べた後、「こう思います」と付け加えるクセに注目。「旧来の伝統的なスピーチで優等生的。響いてこない。自民党のプリンスといわれているが、小泉さんのような『乱れ』の要素がほしい。国民はそういうところにひかれる」

東京新聞:総裁候補予定5人の言語力分析 

と、自民党のブロック大会で総裁候補たちが所信表明を行った際の安倍晋三を「歴代首相の言語力を診断する」(研究社)の著者、東照二・米ユタ大学言語文学部教授(50)が分析した記事の抜粋です。「声が小さい」、「語尾が聞き取りにくい」、「間が無い」、「好感が感じられない」、「響いてこない」散々ですね(笑)この先生、グッジョブだ!(笑)
更に私が付け加えれば「早口」、「舌足らず」、「心が無い」、「高揚が無い」、「面白くない」、「何を言ってるのかわからない」、「フランス語に聞こえる」・・・・きりが無いネ(笑)
先日のテレ朝「特報スクープ決定版!!安倍晋三が号泣した日」で心ある国民が情けなくて号泣したあのドラマの主役は加藤晴彦だった。滑舌(カツゼツ)良すぎです(笑)ABEに比べて。もっと喋りの下手なモゴモゴした役者を選ばないといかんよね^^少ししか見てないけど。

果たして安倍流の美しい日本語で29日に所信表明演説が出来るのでしょうか?
↓次期首相『安倍晋三』総理大臣 1/2(You Tube)


それと■衆議院TV で1月26日の耐震偽装の問題で民主党の馬淵澄夫に対する安倍晋三の答弁も見てない人は見よう(カレンダーで1月26日に行って「馬淵澄夫(民主党・無所属クラブ) 14時 01分 1時間 15分 」をクリックして、だいたい53分くらいから安倍晋三の話になり59分くらいから安倍晋三がお喋りしだします(笑)
酔っ払っているのかと最初思いましたね、私は(笑) そんなレベルだった。
私はこの時の安倍晋三のお喋り映像を見て全てを感じ取りました^^

よい子の喋り方教室に行った方がいいでしょうね^^ 手遅れか(笑)

※追記※直接見たい方は雑談日記(徒然なるままに、。)さんのブログですぐ飛べます^^

  押すのキライな人も多いけど、ここから訪れてくださる方が多いのです^^
訪れる人が増えて、人と人の縁が広がるボタンです^^
(右上にも3バナーあります^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ  クリック応援有難うございます♪
関連記事

安倍晋三新総理大臣がとうとう誕生してしまった。戦後最年少の首相だ。以前から政治の若返りにはあるていど期待していたがまさか安倍によって成されるとは・・・・悲しいです。
昨日、自民党の幹事長に選ばれた中川秀直ゲロゲ~ロですが、そのお仕事とは?

自由民主党幹事長とは自由民主党の党三役の一つであり、事実上党総裁に次ぐ党内ナンバー2の要職とされる。党最高責任者である党総裁は河野洋平を除き内閣総理大臣に就任していることから、党務全般を執行部幹事長が握っている。

任期は1年。任期途中で辞職した場合は新任者の任期は前任者の残任期間までである。総裁が新たに選任された場合は在任期間に関わらず幹事長の任期は終了となる

幹事長の最大の仕事は選挙を指揮し、勝利する事であり、立候補者に対する公認権を持つ事から、党内において絶大な発言力を握る事になる。特に衆院選では小選挙区制が導入され、公認漏れ候補が非公認で立候補して当選することが以前の中選挙区制に比べて格段に難しくなったことにより、従来から大きかった幹事長の影響力がさらに増加したとされる。
選挙以外にも議院運営委員会、国会対策委員会などを通じて、国会運営、法案審議の指揮を行う。
 

実質の自民の実権を握ってるような存在である。何故この食用カエルのような顔をしたゲロゲ~ロ中川が幹事長に今回なったのか?一体どんな人か知らない方はブログの右下のお気に入りにも入れてある三輪のレッドアラートさんの:中川秀直氏についての黒い黒い噂を是非読んで頂き、自民党がどの方向に向かおうとしているのかの参考にして欲しい。
幅広い人脈だとかキレイにいうけどなんて事は無い、新聞族とか「あ、そうか学会」に顔が利くという人脈の事なのだ。これでTVだけではなく新聞も今後は全く当てにならないという事がわかります。まぁ、元々あてにはしていないけどね^^;

倍晋三とタッグを組む中川秀の二人あわせて安直内閣 がついに出来上がったわけだ。最悪ですね。AbEndとあわせてこのカエルEndも誰か立ち上げてください^^;
言論弾圧・情報抹殺の時代がいよいよやってきました。
だいたい自民党と公明党の連立自体がおかしいのだ。
自民党を応援するという事はほぼ公明党「あ、そうか学会」を応援しているのと同じようなものなのですから。選挙だっていまや、自民は公明の助けなくしてはダメな状態でなのですから。フランスではカルトと認定されている「あ、そうか学会」=公明党が与党のこの国って・・・それだけでおかしいと思いませんか?その「あ、そうか学会」と太い人脈を持つゲロゲ~ロ中川は統一協会にも安倍晋三同様、祝電を打っているらしいです。

統一協会・集団結婚に祝電
 霊感商法や違法伝道など反社会的活動を繰り返す統一協会の集団結婚を兼ねた大会に祝電を送った国会議員は、安倍晋三官房長官らのほかにも多数いることがわかりました。正副大臣、政務官など現職政府関係者だけでも九人。中川秀直自民党政調会長の名前もあがっています。2006年6月25日(日)「しんぶん赤旗」 

安直コンビ。その安直さで日本は危険なカルト国家にされてしまいます。
おまけにもう一人の中川。禁酒宣言をしても長続きしない、自制能力すらない酒乱の癖に「日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会」の代表で(お前の前途を考えろって)趣味は水鉄砲という中川昭一政調会長も論外ですね。戦争の出来る国にしたいのなら貴方は水鉄砲で前線に向かってください(笑)
そして今日決まったABEこべ内閣の人事は以下の通りです。(赤字の秘密は後で)

安倍こべ内閣(笑)の顔ぶれ
▽総理=安倍晋三
▽総務=菅義偉(丹羽・古賀) 
▽法務=長勢甚遠(森)  
▽外務=麻生太郎(河野)
▽財務=尾身幸次(森)
▽国土交通=冬柴鉄三(公明党)
▽環境=若林正俊(参、森)
▽官房・拉致問題=塩崎恭久(丹羽・古賀)
▽国家公安・防災=溝手顕正(参、丹羽・古賀)
▽防衛=久間章生(津島)
▽文部科学=伊吹文明(伊吹)
▽厚生労働=柳沢伯夫(丹羽・古賀)
▽農林水産=松岡利勝(伊吹)
▽経済産業=甘利明(山崎)
▽金融・再チャレンジ=山本有二(高村)
▽規制改革・公務員制度改革・道州制=佐田玄一郎(津島)
▽沖縄・北方・イノベーション・少子化=高市早苗(森) 

▽経済財政=大田弘子(民間)

 赤字は統一協会系の団体に祝電を打ったとされる方々らしいです。これに中川ゲロゲ~ロを加えて5名か。一体この国は・・・。カルトを日本の国教にでもしようというのでしょうか? 
※参照 http://blog.livedoor.jp/takassa0/archives/50900658.html
↑カルトvsオタクのハルマゲドンさんからお借りしました^^

ー今日のOZAWAー<小沢代表>衆院本会議に出席
 体調不良のため25日に東京都内の病院に検査入院した民主党の小沢一郎代表が、首相指名選挙を行った26日の衆院本会議に出席した。小沢氏側から党幹部に「首相指名選挙だけ出席する」と連絡があった。健康不安説の拡大を防ぐ狙いがあるとみられる。本会議出席後は再び病院に戻る予定。※毎日新聞 - 9月26日13時 -

ん~。。きついんだろうなぁ・・。健康面に不安を抱えたままの国会かぁ・・。
なかなか世の中は上手い具合にはいきませんねぇ~。ま、そのくらいはハンデって気持ちで野党は頑張って国会を戦い抜いてくださいね!
案外体調が悪くて入院というのは嘘かもしれない^^何かの作戦かも?
とにかく参院選まで後10ヶ月! アベカルト内閣が倒れるまで頑張りましょう♪

  押すのキライな人も多いけど、ここから訪れてくださる方が多いのです^^
訪れる人が増えて、人と人の縁が広がるボタンです^^
(右上にも3バナーあります^^)
ランキング緑バナークリック応援有難うございます♪
関連記事

数学がキライな人はいつ頃からキライになっていったのか?おそらく算数の頃からでしょうネ。となると小学生の算数時代のどこかでわからなくなった為に面白くないから益々わからなくなっていったという事ですね。勉強ってだいたいそんなもんだと思います。キライになった理由として先生がキライだったからとか教え方が下手糞だったというのもありますよね。
結局ものごとは基本が出来ていないとそれに続く応用も出来なくなるし、わからなくなって、面白くなくなっていくというのは当たり前の話ですね。

そんな私は高校の頃の入学時はそこそこの私立校だったのですが全校生徒800名近くの中で5番でした。(自慢話^^)しかし、さらに自慢では無いですが高校時代一度も勉強した事がありません(笑)部屋には机すら置きませんでしたし(笑)教科書も学校に置きっぱなしで、またカンニングなんてのは自分の主義に合わないのでしないので高校卒業時には文系500人中ワースト10に入ってたと思います。その当時の担任からは「多分お前がこの高校の歴史上1位の下降率やろう」と笑われていました。何故勉強しなかったのか?それは大学に行く気が無かったからですね。それだけ。勉強も好きではなかったけど^^

環境って大事なもので私の両親共に学歴も無くまた親戚一同見渡しても従兄弟とかでも大学に行ってた人はいなかった。自然そういう話も無いままで、またウチは貧乏だから大学にはいかんどこっと勝手に高校に入った時点で私は勝手に決めていたのでした。ホントはもう少し将来のことを考えてたら違う人生になったでしょうがそれもまたよし です。
下手したら高校も辞めてたくらい(笑)それくらい毎日遊んでましたね。
要するに先の事は何も考えないボンクラな青春時代ではありました(笑)

ですからこの頃では政治の話をよく書いて偉そうな事を語っていますが政治の事もほとんど知らなかったというのが正直なところです。何故って?
だって政治って面白くなかったんだもん(笑)学校の授業と一緒ですよ。何を聞いてもピンと来ない。それこそイメージだけで判断するしかないようなレベルですよ(笑)

唯一、田中角栄さんの時だけはまだ私は学生だったけど発言に魅力があったから興味はあったけどそれ以外は政治の事はほとんどニュースを受身で見るくらいで見事にマスコミに騙されていた今で言う、「B層」の基本中の一人でもあります^^;それは要するに政治の基本的な考え方が全くわからなかった知らなかった、「党議拘束」何それ?見たいな感じですね。
もちろん中学や高校で習ったであろう基本的な事も全く頭には残っていない(笑)
勉強しないと決めたあの日から学校の授業の脳みそはキレイに無くなったようですし。

そんな私でもこうやって政治ブログもどきを書けるわけですね。
誰からも文句は今のところ言われていませんし^^;やればそこそこは出来るわけですね。
ま、そんなに大したことはやっていませんが自分が疑問に思う事を調べていくうちに順序はバラバラですがなんとなくですが政治の事が少しずつわかるようになっていくもんです。
それはやはり数多くの政治ブログを書いている方々のお陰だと思っています。
読み比べていくうちに何が正しくて何がおかしいか見えてくるような感じですね^^
それは、イコール面白い、面白くなるという事だと思います。
面白いから読んでて飽きない。書いてて飽きないということでしょうか。

本当は政治家に魅力があったり国民の方を向いた政治をやってくれればもっと政治に興味を持つようになるのだと思います。しかし意識してでしょうが政治家達は難しい言葉を使い、専門用語を使い、話をこんがらがせるようにして国民に興味を持たせないようにしています。
小泉はその点「自民党をぶっ壊す」という威勢のいいわかりやすい言葉で国民に興味は持たせてくれたと思います。しかしそれは結局嘘で、イメージ戦略の始まりでもあった訳ですけど・・・。しかし小泉のお陰で興味を持つようになったひとは多いと思う。しかし、よくわからないという人も私同様まだまだ多いと思う。わからないから面白くないの悪循環ですね。

でもわからないのは結局は自分のせいでもある。
わかるようになれば何でも面白い。
これも真実ですネ。一歩踏み出してみましょう。
そしてわかるようになれば今まで見えなかったものが見えるようになります。見えるようになれば気づくようになります、気づくようになれば想像力も湧いてきます。自分の考えも出来てきます。好循環の始まりですね^^ その点ネットは非常に便利です。一緒にガンバリましょ^^
今度の安倍晋三政権になってからまた益々政治嫌いの人が増えてきそうな気がします。
それくらい昔の自民党って感じの今度のジミングス(自民愚衆) 政権の面白く無さです。

しかし相変わらずネットでは人気が無い安倍晋三。
ネット界では前回のヤフー選挙の結果といい、反安倍という流れがどうやら出来つつあるようですね。AbEndの影響も少しはあるかな?
何せ何も実績が無い人だけに期待の仕様が無いというのは本当のところだと確かに思う。
これで期待をするというなら世の中誰でも総理大臣だ(笑)大臣経験も無い人間がいきなり総理だからねぇ。いきなりTOPな訳だから。これが終われば政治生命も終わるということか?

安倍新首相 ネットの支持率は低調 2006/9/26
衆参両院は2006年9月26日午後の本会議で、自民党の安倍晋三総裁を第90代、57人目の首相に選出した。自民党の総裁選では圧倒的な強さで勝利を収め、そのまま首相の座についた形だが、ネット社会では安倍新首相の「支持率」の出だしは、かなり低調だ。絶賛される小泉前首相と比べると、その落差が際立つ。

「期待しない」と答えたのが7割以上

安倍政権、ネット上では低調な滑り出し ライブドアが配信している「動画ニュースライブ!」でのアンケート「シングルイシュー」では、26日15時から、「あなたは、安倍新内閣に期待しますか?」というテーマで意見を募っている。20時現在で「期待する」と答えたのが29.57%で、「期待しない」と答えたのが70.42%。政権スタート時の支持率としては、かなり低い方だ。

ネット社会の人々は流石に敏感ですネ。
安倍晋三は面白みに欠けるというのが直感的にわかるのだと思います。
昨日の総理就任後初の記者会見も結局何を言ってるのかよくわからないというのが正直な感想です。着飾った言葉で話す言葉は結局、勉強を教えるのが下手糞な学校の先生と同じで聞く方のやる気を無くさせます。

そうして政治ギライが増える事ってやっぱり国民にとってマイナスだと思うんですよね。
政治キライ無関心派国家権力の戦略 くらいに考えなくてはいかんでしょう。
こんなに豊かな日本で(まだまだ世界的には豊かです)もったいないですよね。
政治に興味が無いって勿体無い。少しでもわかれば面白いと思うんです。政治って。
それを安倍晋三は面白くないようにして(そうは本人はそう意識していなくても元々面白くないところが悲しいところだけれど(笑))国民を1億総能面のような顔に仕立て上げることが、もしかしたら彼の総理としての一番の仕事なのかもしれない・・・。

ー今日のOZAWAー 小沢「心臓病の兆候感じた」…代表質問立たず
 体調不良で都内の病院に検査入院している民主党の小沢一郎代表が、10月2日からの衆院本会議の代表質問に立つことを取りやめた事が分かった。
 鳩山由紀夫幹事長によると、小沢代表は25日に検査入院する際、「10年余り前のことがあって、その兆候らしきものをちらっと感じた」と説明。小沢氏は平成3年に狭心症で入院しており、今回も何らかの異常を感じたとみられる。
 小沢氏は26日、医師の許可を得て首相指名選挙に出席し、病院に戻った。その際、小沢氏は記者団に「昨日より良くなった」などと語った。 ZAKZAK 2006/09/27

残念だなぁ・・代表質問楽しみにしてたのに・・・。
これも天命か。69歳で心不全で亡くなった小沢一郎の父親の年齢に近づいてるしなぁ。
残念ですが完全復活を待つ事にしよう。他の野党もいることだし^^
小沢主義 面白いですよ^^小沢一郎を知らない人には一読の価値ある本だと思います。

ー最後にー
皆様の応援のお陰さまで下記の3つともランキング1位になれました^^(夜10時現在)
いいのかなぁ~^^こんなブログでという気持ちもありますが
「期待量」込みということで素直に喜ばせて頂いております^^感謝!!


  押すのキライな人も多いけど、ここから訪れてくださる方が多いのです^^
 ※人気ブログランキング

 ※FC2ブログランキング

 ※にほんブログ村ランキング

(今日中にオール1位じゃ無くなる可能性も多いと思いますけど^^;)
※ 上記バナーをクリックするとランキング投票ボタンになりますので^^; ご注意を(笑)
関連記事

世論調査である。果たしてこの世論調査は今後も政治の目安として使用していっていいものだろうか?ちなみに28日、今回の安倍晋三のジミングス内閣についての報道各社の世論調査結果の支持率は以下のようになっている。

ー安倍内閣支持率ー
日経新聞 71% 読売新聞 70.3% 
毎日新聞 67% 共同通信 65% 朝日新聞 63%

なんだか最初から各社ともに目標数値があったかのような結果である(笑)
先の総裁選のABEの得票率あたりをめどに出してきたか?って雰囲気^^;
一方、ネットでは昨日も紹介したが以下のような支持率にになっている。

自民党の安倍晋三総裁は26日、第90代総理大臣に就任し、安倍内閣が発足します。あなたは、安倍新内閣に期待しますか? 「美しい国へ」安倍内閣に期待?
期待する (26.45%)  期待しない (73.54%)
 ※今日のシングルイシュー

ほぼ世論調査とは支持率は逆転している。このネットのアンケートが突拍子も無くおかしくない証拠に今現在やっているシングルイシューのアンケート結果が以下のこれだ。

飲酒運転の厳罰化から4年。飲酒運転による死亡事故は、今年に入って増加傾向に転じ、悲惨な死亡事故が続発しています。あなたは、飲酒運転のさらなる厳罰化が必要だと思いますか?  飲んで乗る 厳罰化必要?
思う (88.75%)  思わない (11.25%)  
※今日のシングルイシュー

ネットだからって特別変な人とかが投票していないのはわかる。ま、確かに年齢層とか性別は偏るだろうけど。しかし世論調査とは違い、関心のある人達が多いというのはいえると思う。そこで世論調査。 日経の場合の調査方法は以下のような感じで集計しているらしい。

▼集計方法
「有権者のいる世帯」と確認できた集合を抽出標本とします。
そのうち「回答を得られた有権者」の集合を回収標本とします。
回答率は「回収標本÷抽出標本」で定義します。
内閣支持率などの比率の算出は、回答を得らた件数(回収標本)を分母とします。
たとえば、抽出標本=3000、回収標本=2000で、内閣を「支持する」と回答した人数=1000の場合、 回答率=67%(2000÷3000)、内閣支持率=50%(1000÷2000)です。 <以下略>

更に日経電話世論調査 よくある質問 を読んでみると面白いです。本当にかかって来た人っているのかな?と思ってGoogleで「世論調査 かかってきた」で調べてみた(笑)
ついでにヤフーブログでも「世論調査 かかってきた」で検索してみた。暇だね~私も。
色々読んでみると面白い体験もある。少なからず体験記をブログにアップしている人もいるようだが・・・どうも少ないと感じるのは私の気のせいだろうか?

ブログを書く人だったらおわかりのように「世論調査」の電話が自分の家にあったらまずネタになる(笑)そんなおいしいネタはないだろう^^
ネタが無くてブログを書く人は困っているのだ(笑)そういう点では格好のネタなのに・・・
それなのに「世論調査 かかってきた」のブログが少なすぎる。検索の仕方が悪いのか?
という事は家にいて固定電話をとり、更に律儀に答える人はだいたいネットとかしない年配の人が多いという事では無いだろうか?上記の よくある質問 内にあるように色々とランダムに抽出する方法ではあるがやはり無理はあると思う。

まずこの個人情報がうるさく言われている世の中で、しかも日々新たな「オレオレ詐欺」もどきが出現している煩わしい世の中で更に、いきなり「○○新聞のアンケートですが・・」という時給1000円くらいで雇った臨時アルバイト調査員のマニュアルを読みながらの質問にどれだけの人が信用して答えるというのでしょうか?
私に「○○新聞のアンケートですが」と、もし電話がかかってきたとしたらと考えてみた。
まず信用しないですね。信用する為にわざわざ○○新聞まで確認の電話するまでもない。
そんなもんだと思いますよ。ただでさえ、ろくでもない営業電話の多い時代に。
何故いきなりかかってきた電話に、そんなこと考えてもいない時に「支持政党は」とか「家族構成」「職業・性別・年齢」なんか教えなくちゃいけないのか考えるとぞっとしますね。
密かに共産党支持者の人とかは尚更答えにくかったりするのではないだろうか?社民党もかな?(実際あまり口に出して支持政党の話をしない人も多いですし)

昨日の朝日新聞の世論調査の回答率は57%だ。43%の人達はやはり信用しないで答えなかったのだ(私もこちらのグループになる)。あるいは胡散臭さを感じる人達だったのであろう。やはりこの世論調査結果の分母の人柄や性格も考慮して考えないといけないだろう。
「人を信じやすい」「騙されやすい」「断るのが苦手」「単純にいい人」こんな方々が比較的多いのではなかろうか?それは=オレオレ詐欺とかにもあいやすい人ではなかろうか?
世論調査の質問項目に「あなたは騙されやすいですか?」も是非入れて欲しいものだ(笑)

権力側がよろこんぶ調査 ー世論調査考ーにも書いたが、この答えなかった43%の方々を対象にアルバイトの調査員とかではなく、プロのオペレーターを使って、もう一度再調査をして欲しいものだ。こちらの方々の答えの方にリアルさを感じます。
本当の世論というかリアル世論はこの答えなかった43%に近いと思うのだ。
今のやり方では、簡単に言うと「TV・新聞」を信用していますか?
というアンケートで「イエス」をつけた人の答えが主になるのだ。
57%の人々が全てそうだとはいわないが、ほぼそれに近いのではないだろうか。
次回からは質問項目の追加に「TV・新聞は信用しますか」も入れておくように^^; 

このすっかりコソ悪が増えた今の世の中には世論調査を騙(かた)って個人情報の収集をしている人間もいる事だろう。約半数の方々がいきなりの見ず知らずの人からの電話で「○○新聞ですが」とか「○○TVですが」の挨拶だけでスラスラと答えるお国柄ですからね。
世論調査を騙るヨロヨロ詐欺だって出来そうでもある。小泉以降、世論調査はよく聞くようになったような気がするが。どうもおかしい。今国会で「世論調査」についても取り上げてもらい、その信憑性と是非をもう一度深く考えていただきたいものだと思う。
今のような世論調査なら必要ないと思うのは私だけでは無いだろう。

  押すのキライな人も多いけど、ここから訪れてくださる方が多いのです^^
 ※人気ブログランキング

 ※FC2ブログランキング

 ※にほんブログ村ランキング

3つともクリック応援有難うございます♪
関連記事

ブログのいいところはもう数え切れないくらいある。
昔のHP時代から比べると、文字を打ち込むだけといってもいいくらいの作業で毎日、楽に記事が書ける(ネタがあればだが・・(笑))
ところが悪い点もある。例えばカテゴリ別でそれも時系列で読めないという点か?
もちろんカテゴリを押せばそれぞれの分野の記事が読めるがちょっと不便だと私は思っている。(私だけかな?)
そこで今日は安倍晋三の所信表明の記事を書いてもつまらないので
今までの「らんきーブログ」の政治カテゴリ をすべてまとめてみました^^
最初の頃は今読むと恥ずかしいくらいの内容だがそれも私の記録だ。

はじめに   
2005/09/21 - らんきーブログの説明と注意書き  
∟はじめまして。 当ブログにお越し頂き有難... 続きを読む

注意書きとらんきーブログのご挨拶文ですね。以下が政治のエントリです。
よろしかったら、上から順に読んでないのがありましたら暇を見つけて読んでみてください^^

政治のこと
2006/01/31 - 政官財暴マスメディア 5つの癒着
∟前回の選挙で圧倒的勝利を収めた自民党を選... 続きを読む

2006/02/17 - ガセネタ党総裁がガセネタと言った(笑)
  ∟ZAKZAK-堀江「武部Jrに現金」30... 続きを読む

2006/02/23 - ガセネタから嘘に・・・そして伝説へ
  ∟昨日は休みの日だったが、朝早くから女子フ... 続きを読む

2006/02/27 - ところで他の野党は今何してるの?
  ∟永田ガセメール問題が、約10日間テレビで... 続きを読む

2006/03/03 - 恥を知ること 
  ∟民主党の前原の顔がこの間からどうも、よゐ... 続きを読む

2006/03/06 - PSE法 略すと・・・
  ∟P パープリンな集まりの S 政府関係... 続きを読む

2006/03/11 - 岩国市民は住民投票に行くべし!
  ∟米空母艦載機の岩国基地への移駐案受け入れ... 続きを読む

2006/03/13 - アメリカを越える時
  ∟昨日行なわれた岩国市の住民投票の結果は... 続きを読む

2006/03/24 - 偽メール問題はタイマン勝負でよかったのだ
  ∟10時からNHKで衆院懲罰委員会を見た。... 続きを読む

2006/03/28 - 隠れ自民のおかま刺客?
  ∟真実の裏側には・・・永田のガセメール問題...続きを読む

2006/03/29 - 政治家は引きこもって下さい
  ∟月曜日のTVタックルに政治家出演の時代劇... "続きを読む

2006/04/01 - 「お楽しみに♪」 はいつの日か
  ∟民主党元代表の前原クンの『お楽しみに』の... 続きを読む

2006/04/06 - 今こそ壊し屋の出番だ
  ∟民主党の決戦は金曜日。 明日だ。 今回... 続きを読む

2006/04/07 - 民主党 王はイチローに決定
  ∟3時からNHKで民主党の代表投票選を見た... 続きを読む

2006/04/10 - 同じ舟に乗ること
  ∟世論調査とかではコイズミン内閣の支持率は... 続きを読む

2006/04/14 - 町会議員のススメ
  ∟市会議員をやっている友人から6~7年前に... 続きを読む

2006/04/16 - 愛国心が必要なのは?
  ∟愛国心を持てと国が仰ってるようだ。 愛... 続きを読む

2006/04/18 - 小沢一郎=I・OZAWA=愛・小沢でヨロシクッ!
  ∟小泉(以下コイズミン)が、小沢一郎(以下... 続きを読む

2006/04/22 - 共謀罪 その罪と× ・・・○はある?
  ∟共謀罪 色々調べてみたら頭が痛くなりまし... 続きを読む

2006/04/24 - 自民955票差の敗因はブブキン?
  ∟千葉7区の衆院補選は、民主党の太田和美氏... 続きを読む

2006/05/04 - 愛国心+共謀罪=三猿国家
  ∟昔々の西暦でいうと2006年頃のこと、愛... 続きを読む

2006/05/08 - コイズミンC生産終了~♪
  ∟私の中ではコイズミンはもう終わっている。... 続きを読む

2006/05/18 - 無知の無恥によるロスト5年
  ∟昨日のコイズミンと小沢一郎の党首討論、色... 続きを読む

2006/05/22 - 拘束されるのはお好きですか?
  ∟今の国会で共謀罪や教育基本法改正などの審... 続きを読む

2006/05/30 - 母が泣いている (前に「分」が付くけど^^)
  ∟社会保険庁の不正免除の問題ってどうでしょ... 続きを読む

2006/06/01 - 民から腐れ官へ無駄金は流れる -改正道交法-
  ∟改正道交法による民間駐車監視員の取り締ま... 続きを読む

2006/06/02 - 共謀罪は丸呑み出来ません^^ 毒ですから
  ∟共謀罪の今国会での成立は断念という事にな... 続きを読む

2006/06/15 - 暗黒時代から安国時代へ・・・
  ∟TBを頂くブログの中に晴耕雨読 という私... 続きを読む

2006/06/17 - 政教一致で自民統一?
  ∟どうなるの?日本国は。安倍シンゾーっ(以... 続きを読む

2006/06/20 - 安倍ABE(異常)+END=ABEND Cから先はダメなのよ^^
  ∟《安倍晋三、統一協会合同結婚式に祝電》問... 続きを読む

2006/06/23 - B層からの脱出
  ∟私はご存知のように政治にたいして詳しくは... 続きを読む

2006/06/24 - あべんつう 安倍+電通の造語(笑)
  ∟電通というただの広告会社の話の続きです。... 続きを読む

2006/07/03 - 従が主を選ぶ時代に
  ∟泣いてしまった・・・。^^昨日のNHK「... 続きを読む

2006/07/05 - テポドンちゃん騒ぎして喜んでるのは?
  ∟北朝鮮が7発?ぶっ放しましたね。朝早くか... 続きを読む

2006/07/11 - アカンボウが歩き出す前に・・・
  ∟ついてる・・・・・・・?生霊か?水子か?... 続きを読む

2006/07/12 - 権力側がよろこんぶ調査 ー世論調査考ー
  ∟昨日の地元の西日本新聞朝刊を見ると「ポス... 続きを読む

2006/07/17 - 議題設定機能はネット発♪
  ∟マス・メディアが受け手である私たちに対し... 続きを読む

2006/07/18 - 呉越同ブログ
  ∟なんだか近頃交換日記のようにお互いのブロ... 続きを読む

2006/07/22 - 靖国問題 天皇メモで得するのは?
  ∟毎年のように終戦記念日近くになると閣僚あ... 続きを読む

2006/07/30 - 悪いのはマスコミか安倍か?両方でした^^
  ∟福田猿・・・・じゃない^^ 福田氏が総裁... 続きを読む

2006/08/05 - ポピュリスト(国民政治家) 角栄さん
  ∟やっぱ、田中角栄だネ。日本の今後を考えて... 続きを読む

2006/08/10 - 自民党葬祭選  あ・・総裁選だった^^;
  ∟自民党総裁選は9月19,20日に行われる... 続きを読む

2006/08/16 - 放火を賞賛する世の中でいいの?
  ∟先日TVでKOIZUMIの靖国参拝批判を... 続きを読む

2006/08/22 - 夏休みを満喫した二人
  ∟北方領土で日本人漁師が一人射殺されようが... 続きを読む

2006/08/23 - 選挙運動は静かなネットで^^
  ∟来年からネット選挙運動が解禁されるような... 続きを読む

2006/08/24 - 再チャレンジ精神の無い政治家の群れ
  ∟私の好きな歴史時代小説家のひとり、故・隆... 続きを読む

2006/08/29 - 今日からOZAWA!ヨロシク!
  ∟9月に安倍政権が誕生するのはもう間違いな... 続きを読む

2006/08/30 - 小沢主義とらんきーブログ主義
  ∟靖国問題騒ぎも下火になり、自民党全体の支... 続きを読む

2006/08/31 - らんきーブログ主義 その1
  ∟政治の事が本当に詳しくて好きならば政治家... 続きを読む

2006/09/03 - 美しい国へ そのタイトルの謎^^;
  ∟きっこのブログ:美しい国って?を読まれた... 続きを読む

2006/09/04 - アカンボウのままで終わらないものか?
  ∟昨日のサンプロだったのだろうけど国民新党... 続きを読む

2006/09/10 - 君はジミングスを知っているか!?
  ∟レミングスってご存知ですか?昔まだGAM... 続きを読む

2006/09/13 - B型の時代か? しかし嬉しくないね(笑)
  ∟12日に無投票再選を決めた民主党の小沢一... 続きを読む

2006/09/14 - 中身が悪くてマジメな人・・・ABE
  ∟昨日の記事で書いた小沢一郎民主党B型党首... 続きを読む

2006/09/16 - STK から AbEnd へ
  ∟自分がお気に入りに入れているブログを読ん... 続きを読む

2006/09/19 - 天知る地知る人知る、そして安倍だけ知らない・わからない(笑)
  ∟嬉しいお知らせからっす!^^(今日9月1... 続きを読む

2006/09/20 - どうでもいい日だよね?(笑)
  ∟第21代ジミングス(自民愚衆)総裁に安倍... 続きを読む

2006/09/21 - ABE&ジミングスを見る目を養おう^^
  ∟戦後生まれ初のジミングス(自民愚衆)葬祭... 続きを読む

2006/09/24 - いよいよ参院選^^ えっ?ちょっと早い(笑)
  ∟明後日26日に臨時国会が召集されますね。... 続きを読む

2006/09/25 - 喋り方教室のススメ 
  ∟「歴史認識は歴史家に任せるべきだ」という... 続きを読む

2006/09/26 - アベカルト内閣誕生 トトカルチョではない(笑)
  ∟安倍晋三新総理大臣がとうとう誕生してしま... 続きを読む

2006/09/27 - ABEはキライでいいけれど政治がキライになるとABEの思う壺
  ∟数学がキライな人はいつ頃からキライになっ... 続きを読む


我ながらよくぞ書きましたねぇ^^ 自分の成長日記みたいです(笑)
少しは成長したなぁ~と自分でも思いますね(笑)少しですけど^^;

※ 贅沢なお願いですけど、この政治カテゴリの記事の中で、よかったものとか面白かったものがあったら教えてください^^今後の参考にしますので^^
(と書いて、誰からもコメントが無かったら、すっごい恥ずかしいけど・。その時は消そう(笑))

  押すのキライな人も多いけど、ここから訪れてくださる方が多いのです^^
 ※人気ブログランキング

 ※FC2ブログランキング

 ※にほんブログ村ランキング

3つともクリック応援有難うございます♪
関連記事

この情報が本物ならすごい事だ。早速聞きに行ってください。
とむ丸の夢さんのブログで知った藤原直哉のインターネット放送局:藤原直哉の「日本と世界にひとこと」小泉政権の後始末 の9月26日分のmp3を聞いてみましょう(10分程度です)。

郵貯340兆円のうち、すでにゴールドマンサックスの仲介で200兆が
30年満期の米国債に充当されている。
 そのうち手数料3兆円分の米国債がキックバックされ、2兆円分が
竹中氏に、1兆円分がコイズミ氏に渡っている。
 このことがリークされて、4月に竹中氏が検察の事情聴取を受けたが、
以前から月に1回勉強会をしているCIAから表に出すなといわれて、
10億円渡されて検察側の捜査はストップ。
 竹中氏はスタンフォード大学の客員教授として渡米し、
終生帰国しないということで手を打った。

とむ丸の夢:キックバックは竹中氏2兆円、コイズミ氏1兆円! 

追記※ 野バラさん が全文テキスト化して下さいました^^小泉政権の後始末テキスト版

聞いてみましたか?スゴイ話をあっさりと話してらっしゃいます。小泉が1兆円!!
1億円のトランクで1万個ですよ!!小泉陰性・・じゃない^^小泉院政が十分にひける金額ですね。政治家1人に10億やって手なづけても1000人に言うことを聞かせる事ができる。
CIAと勉強会やってるらしい検察だって10億でストップする世の中なんですから。
そして竹中は2兆で国外追放島流し処置だけど・・それって海外逃亡援助というか帰国させるだけではないだろうか?しかしなんで竹中えなりもどきは小泉の倍もあるんだろ?
話半分にしても、10分の一にしてもおかしな話が出てきましたねぇ。
国会でちゃんと調べて証人喚問でもして竹中と小泉を追及して欲しいもんですねぇ~。

そしてその竹中政治家辞任の時期ににあわせたかのような植草教授の痴漢疑惑。
正直言ってあまり興味が無かったので前回の手鏡事件の時は、「あ~そんな人なんだ」とマスコミに流されるままの情報に私も流されていました。スケベな男だと。それくらいの知識しかなかったがあれから色々調べてブログを読んでいるうちにこれは冤罪では?という疑問も出てきて、そして下記の神州の泉さんのブログを読んで、また色々と考えさせられました。

 植草一秀氏の痴漢疑惑逮捕のニュースで、私は、報道された情報をすべて網羅しているわけでは勿論ない。痴漢事件が起きたときの電車内の状況や、植草氏が駅の事務室で蒲田署員に引き渡されるまでの詳細な情報は、はたしてどれくらい出てきているのだろうか。   神州の泉:植草氏逮捕に関するメディアの独断性と偏頗性

もしも冤罪だとしたらどうなんでしょうか?
これは私には事実はわかりません。しかし万が一冤罪という可能性はありえる事なのです。もちろん前回の手鏡事件のことも含めて大事な時期に酔っ払って電車に乗る植草氏の油断もあるでしょうが、こんなオヤジ狩りのような痴漢でっち上げはかなり簡単に出来る犯罪です。まして相手が(国家側)がその気になって計画的にやれば簡単な事だと思う。

そう考えると様々な植草援護ブログがああまでも炎上するのはおかしいことだ。
AAA植草一秀氏を応援するブログAAA ここもひどいコメント欄の嵐だった・・・。
今は休止されているようですが、冤罪の可能性が少しでもあるからそれを信じて応援する人がいても別におかしいことではないと思う。それをネットフナムシ達が必要以上に繁殖して攻撃する方がおかしい。というか異常だ。この流れだけを見て私も事実はどちらかは判断できないがネット偽善フナムシ(正義ぶってるけど中身は逆のフナムシね)の繁殖具合からの判断で何かが裏にあると思うようにして推移を見ている状態だ。
実際、報道の仕方もおかしいし、逮捕のタイミングも怪しかったと感じるだけに。

そして昨日の安倍晋三の初心者表明・・じゃない所信表明。

安倍首相の所信表明演説、カタカナ言葉109回2006年09月30日02時46分
 安倍晋三首相の29日の所信表明演説では、カタカナ言葉が多用された。看板政策の「再チャレンジ支援策」のほか、「イノベーション(技術革新)の力とオープンな(開かれた)姿勢」など、日本語の方が理解しやすい表現も多い。
 首相演説の分量は、全体で8301文字。このうちカタカナ言葉は、日本語として定着している外国語や外国地名なども含めると計109回も登場。「自宅での仕事を可能にするテレワーク人口の倍増」や、「子育てフレンドリーな社会を構築する」といったフレーズもある。(時事)
 

安倍首相就任会見 「しっかりと」32回「思います」35回
 ■自信のなさ表れ? 専門家は辛口分析

 「しっかりと教育再生改革に取り組んでまいりたいと思います」
 26日夜の就任記者会見で安倍晋三首相は「しっかりと」「思います」「まいります」という表現を連発した。
 「首相としての初会見で緊張していた」(自民党関係者)との見方がある一方、専門家は「自信のなさの表れでは」と辛口の分析をしている。
 就任会見は首相官邸で約26分間行われた。発言の中でとりわけ目立ったのは副詞の「しっかりと」だ。「しっかりとスタートする」「しっかりと支援していきたい」など32回登場。1分間に1回以上使った計算だ。
 また、文末では「思います」(35回)、「まいります」(22回)、「考えています」(18回)を多用。「しっかりと」強調した決意が最後に「思います」といった形で弱まった印象を与える。
 「上手な“聞き方”“話し方”の技術」(ダイヤモンド社)などの著書がある話し方研究所の福田健会長は「同一表現がこれだけ多いとは…」と驚く。福田氏は「首相の重責に『しっかりしないといけない』との思いから『しっかりと』という力強い表現を無意識に多用しているのではないか」と指摘。「文末で『思います』『まいります』を繰り返すのは、弱さや自信のなさの表れ」という。(産経新聞) - 9月28日8時0分更新

頑張って5分くらい我慢して聞いてたけど、全く心にも足の小指にも響きませんでした。
こんなにカタカナ好きとはね。横文字が好きなのね。 「欧米か!」 って感じですね(笑)
http://youtube.com/watch?v=xWyUPcgHRmk
タカアンドトシでも見て息抜きしてください^^見習って欲しいネ、このテンポ。
安倍晋三は下ばかり見て喋ってるしね。どこかのサイトで読んだけどあの安倍のたるんだ分厚い頬(ほほ)が口を圧迫してカツゼツを悪くしているんじゃないかと(笑)私もそう思う^^
そして全く意味がわかりませんでしたね。やはり安倍は傀儡なんでしょうね。
ウーパールーパー似の世耕らが色々と知恵をつけてやったのでしょうが全く無駄でした。

再チャレンジだなんて言っていますが、郵政民営化に反対した中で当選した議員には復党の話を持ちかけているけどあの選挙で落選した人間には何の声もかかっていない人も多いそうである。何の再チャレンジか?参院選に都合のいい者にだけしか再チャレンジはない。
本当に復党させるつもりなら落選した人間も全て含めて踏み絵を踏ませよ。まぁ。復党する人も多数出るようだけどもうダメですね、去勢議員です。今度二度と党の規則に逆らえないような生き方を選ぶんですから。党議拘束議員、略して頭数議員として頑張ってください。

ところで鈴木宗男は首相指名では小沢一郎に入れたらしい。よしよし^^
新党日本の荒井チンコロスケは安倍に入れたらしい・・・・情け無い。
国民新党との統一会派は解消だとか・・・全く野党は何やってるんだか・・・。

首相指名選挙:郵政造反議員17人中12人が安倍氏に投票
 26日行われた衆院の首相指名選挙で、郵政民営化法案に反対し自民党を離党した「造反組」議員17人のうち、平沼赳夫元経済産業相、保利耕輔元自治相、堀内光雄元通産相ら無所属議員12人が安倍晋三首相に投票した。自民党復党の可能性を考慮したものとみられる。野呂田芳成元農相は「地元での葬儀」(平沼氏)を理由に欠席した。
 一方、国民新党の綿貫民輔代表、亀井静香代表代行、亀井久興幹事長と新党日本の滝実総務会長の4人は綿貫氏に投票したが、新党日本の荒井広幸幹事長は参院本会議の首相指名選挙で自民党の安倍晋三氏に投票した。
 両党は衆参両院で統一会派を組んでおり、国民新党は新党日本に文書で「看過できない。荒井氏の厳正な処分を求める」と抗議。対応によっては両院で統一会派を解消するとしている。新党日本は田中康夫代表が首相指名の対象ではないため、自主投票としていた。 ※毎日新聞 2006年9月26日

その野党第一党の小沢不在の最中に民主党の色男・細野豪志がやってくれました。
その色男の中身の実態は好きという字がついたただの好色男だったという話。

別に、誰が誰と不倫しようとしまいと、大胆に路上キスをしようとしまいと(笑)、どうでもいいことだが、こういう無自覚で軽薄な色男に政治家は似合わないだろう。まして民主党が党としての運命を賭けて反転攻勢に出ようとしている、この時期だぜ。しかも政調会長代理だって…。相手はなんとテレビの報道番組の女だぜ。政治家がそんな女に手を出すか、普通…。政治家失格だろう。
「毒蛇山荘日記」:民主党よ、細野を即刻除名処分にし、議員辞職勧告を。 

仰るとおりです。ここにも「欧米か!」って人間がいましたね。路上でしなくてもねぇ・・・。
この国会の論戦が今始まろうかという矢先にこのニュース。もしかしたら自民側の餌だったのかも知れませんね。でなくてもこの時期に見つかるような、それも堂々とやっちゃってはいけません。何かを犠牲にしないと出来ないでしょう。こんな楽しい思いは^^;
やっぱ民主党若手議員は前原以下ちょっと鍛え直さないとダメなようですね。
鍛えてもダメかな?相変わらずTVに出てるチャラチャラ議員多いからね。
逆に出なければいいんだよね、一切。そしたらTVに出るのは自民だけになって電波芸人ぶりが目立つのにさ。自民と一緒のことやったって負けるに決まってるんだから。

なんだか来週からの国会もどうなることかジミングス(自民愚衆)より先に野党の皆さんがこうもバラバラで野党愚衆で頼りなくては心配が先に立つばかりではある。
安倍こべ政権を倒す前に野党がこうもだらしないというのはアベコベではあるね。
こんな事ではビューティフルカントリーを目指す安倍晋三プチ大統領にいいようにされてしまうではないか? ビューティフルカントリーって・・・・ 「欧米か!」 チャンチャン^^

  押すのキライな人も多いけど、ここから訪れてくださる方が多いのです^^
訪れる人が増えて、人と人の縁が広がるボタンです^^
(右上にも3バナーあります^^)
ランキング緑バナークリック応援有難うございます♪
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。