FC2ブログ

らんきーブログ

世の中のおかしな事をあたりまえに考える。大事な事は情報を知ることだけじゃない。だからどうするのってことじゃない?


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ブログを書いていると色々ある。
励ましのメールを頂いたりしてジ~~ン誰にも知れず感動したり。
あるいは私のブログの悪口をどこかのブログで見て一人、落ち込んだり(笑)
それも若い人が書いたようなブログで「逝ってよし」みたいな書き方をされているのを見かけると悲しくなる時がありますねー。シクシク^^;

私は子供がいないから、血縁で言えば、甥っ子や姪っ子くらいしか身近な子供はいないが、その子達の未来がもし、戦争が身近な世の中になったら可哀想だなと思う。また今のまま格差が広がっていけばと不安にも思う。
私はもう人生の半分以上を生きてきたし、これから先どうなろうが自分ら夫婦だけを考えたら何とか適当には生きていけると思う。決して恩着せがましく書くわけではないが、このブログにしても自分の為に警鐘を鳴らしているわけではない。誰の為かといえば、やはり若い人の未来の為に憂いているというのが一番の書いている理由だと思う。
ブログ書いてる人ってだいたいそんなもんだろうけど。

それだけに若い子らからの批判的な文体は結構こたえますね^^;
何故、そういったブログを見つけるのかというと、たまに暇な時に「らんきーブログ」と言う単語でGoogleブログ とか ヤフーブログとかで検索をかけているからだ。すると、私のブログを有難く取り上げているブログや悲しい気持ちにさせてくれるブログに出会えるわけだ(笑)

ま、今までも批判されたり、悪口書かれたり、誤解されたりした事はブログ上で、何度もあるから、あまり気にはしていませんけどね^^
自分がどう評価されてもいちいち気にしていてはやってられません♪

首相、週刊朝日に憤り 暴力団との「関係」報道で 2007年04月24日 西日本新聞
安倍晋三首相は24日夜、長崎市長射殺事件で容疑者が所属していた暴力団と首相サイドの「関係」を指摘した週刊朝日の報道について「私や私の秘書が犯人や暴力団と関係があるのであれば、直ちに首相も衆院議員も辞める考えだ」と述べ、強い憤りを示した。さらに「いくらなんでもだまっているわけにはいかない」と、法的措置を取る意向を明らかにした。

 首相は「一切関係ない。まったくのでっち上げで捏造だ」と強調。

 その上で「この記事を書いた(週刊)朝日の記者、あるいは朝日(新聞関係者)の皆さんは恥ずかしくないのか」と不快感を示した。

 また「いくら私が憎くて私の内閣を倒そうということでも、まったく事実に基づかない、いわば言論によるテロだ。報道ではなく政治運動ではないか」と指摘した。

 官邸で記者団の質問に答えた。
 


アベチンゾー・・・肝っ玉、小さ過ぎ!!
いちいち怒らんで、ど~~んと構えなさいよ、ほんっと情けない男。
だいたい疑惑多すぎなんだから、キミは。
まさかこんな事が「闘う政治家」だなんて勘違いしているんじゃないよね(笑)
恥ずかしいのはお前だ! アベチンゾー!

 ブログランキングに参加しています。 押して下さると明日に繋がります^^

※人気ブログ 政治ブログランキング :現在29位 


にほんブログ村 政治ブログへ※にほんブログ村 政治ブログランキング :現在5位


<↓情報が満載↓>
AbEndフォーラム
News for the People in Japan
トラックバックピープル「2007年参議院選挙 野党共闘 」  


スポンサーサイト

安倍晋三は、伊藤一長長崎市長が銃弾によって死亡した件で、事件の翌日に
「ご冥福を衷心よりお祈りしたい。ご家族の悲しみや怒りを察すると余りある。
選挙中の凶行は民主主義に対する挑戦で、断じて許すわけにはいかない。
こうした暴力を断固として撲滅していかなければならない」と優等生の無難な言葉を吐いた。
常識のある大人、あるいは政治家ならば、当然の言葉を、安倍晋三は目をどこかに泳がせながら、暗記した文を辿るように喋るのが、自分の言葉ではない証拠である。

事件の一報を聞いた際は「捜査当局において厳正に捜査が行われ、真相が究明されることを望む」だったのは、既に皆さんご存知の通り。
これが安倍晋三を語る上での一番大事なポイントだと私は常々思う。
ちょっと前に踏切事故で女性を助け、殉職した警官の葬儀の際に故人の名前を平気で間違えたり、官房長官時代には、同じ自民の加藤氏宅の放火事件の際もコイズミ同様、しばらくの間、何も語らずだったりの最低人格の持ち主だ。
人の痛みや暴力を受ける側の気持ちが本当にわからないのだろう。
人としてやはり欠陥品なのである。 当たり前の言葉すら自分で判断できない。

悲しいとか嬉しいとか楽しいとかの気持ちを、私は、絶対に安倍晋三とは共有できない。
もし仮に将来日本が戦争が出来る国になった時でも、国民の戦死についても何もわからないのであろう。おそらく「人口を増やさなくてはいけません」なんて事を平気で言うのではなかろうか? こんなバカ殿様の下で生きていかなくちゃいけない国民こそ哀れである。もちろん私も哀れな国民の一人である。殿様とその周辺がバカならば忠告してやらねばならない。だから毎日、こういったバカ殿と不愉快な老臣達相手に、時間を費やしてブログを書いている。

その安倍晋三首相は18日夜、またまた強行採決した少年法改正による少年院送致年齢の引き下げについて「残念ながら少年犯罪が凶悪化しており、被害者の気持ちも踏まえればやむを得ない」とのたまっているが被害者の気持ちがわからない男が何をほざく! である。
全く、自分の言葉に一貫性がないのである。何故少年犯罪が凶悪化しているのか? 
今の弱者切捨ての社会が子供たちを、不安と狂気の世界に踏み込ませているのだ。
一番の弱者である子供たちは敏感に察知する。
そこを被害者を利用して、平気で法改正する。安倍晋三、、お得意の拉致被害者を利用する唯一の政治姿勢と全く同じやり口なのである。この内閣はこういったやり口が非常に多い!

少年法改正では少年院送致の下限年齢を現在の「14歳以上」から「おおむね12歳以上」に引き下げる少年法改正案の与党修正案を自公両党がまたも強行採決した。 
教育基本法国民投票法やその他何でもかんでも強行採決させているのは誰だ!?
2年前のコイズミ郵政選挙で自公を圧勝させた国民の民意なのである。
回りまわって今、その数による暴力という不条理が国会で当たり前のように行われている事を、自公を圧勝させた国民は知っているのだろうか? 

更には関連で長勢甚遠法相は、国民投票法での投票権年齢を「18歳以上」とする国民投票法案の成立を受けて、成人年齢を「満20歳」と定める民法や少年法などの改正に着手する考えを明らかにした。
「法案が成立すれば議論するのは法律上の義務だ。考え方を整理して作業を進めなければならない」という事だ。どんどん進められていく。
今現在、そしてこれからの子供たちの未来は一体どうなるんでしょう?

教育基本法の改悪で、国に対しての愛国心を強制的に持たされ、国家による道徳を徳育という教科ですり込まれ、奉仕を義務化され、そしてルールを守らないと、小学生でも少年院に送り込まれるような監理の下、18歳で成人扱いされる教育を受けていく今の子供たち。
一体どんな大人へと成長していくのだろう? 強制愛国少年少女の誕生?

それは、自発的に、どこかに自ら進んで、どこかに志願したくなるような教育の始まり?
そのどこかとは軍隊であろう。18歳になれば誰もが軍隊に行きたくなるような教育を受けていくのではないか? しかも私たちのように賛否を論じるのでもなく、まともな議論もせず、何の疑いも無く当たり前のようにそこに志願したくなるような教育。
成熟した大人を変えるよりも子供を変える事(洗脳とも言う)は簡単なことである。
国家10年計画?あるいは20年計画か?それとも崩壊するまで永遠に続く計画か?
そう思いたくもなる恐ろしい将来の日本人像を想像してしまう。

多感な10代の子供たちの思想を今現在の大人たちである私たちとは全く別なものに変えてしまうようなものだ。政府好みの、安倍晋三好みの人間製造計画である。

その国の防衛に関するTOPのいつも妙な笑い顔の久間章生防衛相は亡くなった伊藤市長に対し「人柄、人望も本当にすばらしいと思っていただけに本当に残念だ」と言ったらしい。
これもまた前日には「制度の欠陥が如実に出ている。投票日の3日前を過ぎたら補充がきかない。すると共産党の候補者が当選する。」「選挙期間中に凶事があった時、補充立候補ができるからまだよいが、できない時にどうなるのか。制度の問題としてきちんととらえないといけない。」というような党利党略・自分利自分略を咄嗟に正直にコメントする男の言葉だ。
後先は人にとって大事である。 これを間違えると人は信用されない。

今回のこの二人の発言は国民不在である。 いつもの事ではあるが。
目の前にぶら下がった憲法改正による軍事国家誕生しか見ていないかのようだ。
同じ自民系の伊藤市長が亡くなってもこのような発言しか出来ない政治家らが国防のTOPに君臨しているのである。国民の恐怖感や、不安感などは一切、脳裏には浮かばないように頭の構造が出来ているのだろう。最早、話し合いは通用しないのである。彼らには。
選挙という国民の意思で落としてやる事が良いと思われます。
国政を携わる政治家の選挙民は地域だけではなく国の事も考えなくてはいけません。

それを受けて、菅義偉総務相は18日、候補の死亡日によっては補充立候補ができないケースがあるので現行の補充立候補制度の問題点を調査し、その後の公職選挙法の見直し論議をするようである。 公選法によると市長の死亡が投票日3日前(19日)午後5時以降だったら、補充立候補は受け付けられなかったという事だ。
人の死を悼み、国民の不安を取りのぞく事よりも、こういう自分達だけの損得に関する事ならばフットワークは異様に軽い。何でも自分らの為にだ! for 自公だ!
これがもし自公以外の候補者の被害だったらどうであったろうか?とも穿って思う。

要するに人の死をも自分らに有利に利用していく思考法しかないのである
公選法はその事だけで無く、ネットに関する問題にしても、もっと手をつけなくちゃいけない部分は多いにあるというのに、全くバカ内閣だ。

いい加減に国民はこのバカな政府のやり方に気づくべきである。
間違いなくこの国は、自滅党&公暗党により、最悪の方向に向かっている。

 ブログランキングに参加しています。 押して下さると明日に繋がります^^

※人気ブログ 政治ブログランキング :現在28位 


にほんブログ村 政治ブログへ※にほんブログ村 政治ブログランキング :現在4位


<↓情報が満載↓>
AbEndフォーラム
News for the People in Japan
トラックバックピープル「安倍晋三」 
トラックバックピープル「2007年参議院選挙 野党共闘 」  


安倍晋三が目指そうとしている国は、国民には復古的な精神を持たせて国に対しての服従、我慢や、奉仕の心を目覚めさせつつ、一部の富裕層にはいい思いをさせる国だと私は認識しています。安倍晋三は国民の立場で物事を考える事が出来ない筈です。
全てが政治の愚・・じゃない具としての発想しかないのではないでしょうか?

安倍晋三は生まれた時から政治家というの中で育ってきたのですから、普通のの普通の国民の生活、考え方とは全くかけ離れているものだと思います。
それも並の政治家の家ではありません。昭和の妖怪と言われ、A級戦犯容疑者として巣鴨プリズンに入所していた頃は、精力が旺盛すぎて、しょっちゅう夢精をして洗濯に苦労したという岸信介の孫なのだ。苦労のレベルからして違う(笑)

1960年の安保反対運動で国会周辺を反対運動が起こった時の信介爺ちゃんの「殺されようが何をされようが絶対に安保改定は必要だ」という断固たる信念が安倍少年には絶対にカッコよかったはずである。何といっても爺さんは、娘婿のお父さんの晋太郎も頭が上がらない安倍晋三のヒーローだった筈だ。
安倍晋三は当時6歳くらいだろうが、これが安倍晋三の政治家としての原風景ではないだろうかと思う。そして国会周辺でデモをしていた人達が安倍晋三にとっての国民というものを認識した原風景だとも思う。大好きなお爺ちゃんの仕事の邪魔をするのが国民だという。

ちなみに安保改定通過の4日後に岸信介爺さんは「私のやった事は歴史が判断してくれる」という言葉と共に退陣をする訳だ。安倍晋三が目指しているものはここらあたりなのだろう。
そこから考えないと安倍晋三の無意味な行動は理解できないと思う。
そんな安倍晋三だから国民には教育基本法改正憲法改正で着実に国民を僕(しもべ)のように扱い、考えているのは何の不思議な事でもない。

幼児期に受けた国会周辺のデモ風景と祖父の毅然たる態度。これを国民の側からではなく、大好きな祖父という、それも一番の身内の側から見て、考えて影響を受け、そして自分の永遠のヒーロー像となり、成長したのが安倍晋三なのである。
こんな国民は他にはいないであろう。安倍晋三は素直であるのは間違いないと思う。それだけに三つ子の魂というか、当時六歳だから六つ子の魂は今現在でも引き継がれているものだと思う。自我が目覚める頃からして、人としての基本が違う。
モノの見方や考え方が国民の側からではなく、最高権力者からの側からしか見えないのだと思う。これはもう致命的なほど。

少年の頃の「原風景」で一生を決めてしまう事は、ままあるだろう。それはトラウマになるかもしれないし、あるいはいい意味でもその人の人生を決めるものになるかもしれない。
しかし、安倍晋三の原風景は、日本国民を不幸に巻き込ませる原風景だったと思う。日本の今、そして未来を狂わせる国家レベルのトラウマになってしまった事が日本の不幸である。

だからこんなニュースを見聞しても、なんとも思わないであろう。

虫歯治療受けられず黒人少年死亡 格差社会の現実象徴
 米メリーランド州で先月末、12歳の貧しい黒人少年が虫歯を悪化させ死亡した。貧困層が最低限の医療さえ受けられない格差社会の現実を浮き彫りにした。
デーモンド・ドライバー君は今年1月、ひどい歯痛を母親に訴えた。病院に運ばれたとき虫歯の黴菌が脳に回っていた。2度手術を受けたが、先月25日死亡した
<以下略>

確かに今現在のアメリカの医療格差は日本よりも酷い。
しかし、これはいずれ近い将来の日本の姿かも知れない。安倍晋三らが目指そうとしているものはそんな社会だ。格差問題は、生活だけではなく「命」の格差になっていくのだ。
安倍晋三にとっては国民とは、国会前で大勢で「反対運動」をするだけのその他大勢の人間の集まりなのである。そこにはお爺ちゃんの仕事を邪魔するだけの、何も本当のことはわかっていない烏合の衆という認識しかないのであろう。 永遠に分かり合えるわけが無い。

安倍晋三だけに限った事では無いが、今の二世、三世がはびこる政治家たちの群れを見る度に、国民の事をちゃんとしっかりと考えられる政治家が少ないという事をつくづく痛感させられます。 そんな腐った政治家達は選挙で全員落とすしか道は無い。
まずは手始めに都知事選で石原慎太郎を落とす事だ。
誰を当選させるかも大事だが、誰を落選させるのかも今後は大事な事だ!
選挙で日本を変える事は出来るはずだ! 国民の1票で変えなくてはいけない!

 ブログランキングに参加しています。 押して下さると明日に繋がります^^

※人気ブログ 政治ブログランキング :現在30位 


にほんブログ村 政治ブログへ※にほんブログ村 政治ブログランキング :現在3位


<↓情報が満載↓>
AbEndフォーラム
News for the People in Japan
トラックバックピープル「安倍晋三」 
トラックバックピープル「2007年参議院選挙 野党共闘 」  


守るべき大事な事は何か? 安倍沈憎にはそれがわからない。
ボクの内閣しか目が行かない。意地?我侭?ヤダヤダ攻撃?
女性を「子供を産む機械」に例えた柳沢厚生労働相を守る事は最早どこからどう見ても意味は無い。柳沢本人も早く楽にして欲しいと内心は思っているだろう。自分ひとりの為に全野党欠席という異例の国会になっているのだ。かといって今更辞めさせるのも「任命責任」を問われて困ってしまう安倍沈憎。かといって長引かせて辞めさせても印象が悪い安倍沈憎。
前門の、後門の鹿 まさしく馬鹿な安倍沈憎の決断力の無さ。

安倍沈憎は参院選の顔になる前に終ってしまいそうだ。この問題の決着がどう着こうとも、最早沈んでいくしかない。それしかないという理由で大差をつけて総理に選んでもらったのに、自民党議員もろとも人を見る目、本質を見る頭、まったく見識がない人々の群れだったという証拠。郵便箱安倍・・じゃないポスト安倍に今後は目を向けていくべきか?

ここ4ヶ月間、実際、ただ決められた答弁と繰り返しの言葉の羅列を喋るだけでいいのなら、気の利いた小中学生だって安倍晋三の代わりは十分に出来ただろう。それくらい安倍は言われるままの為すがままの面白みが全く無い読書発表会総理だった。しかも下手だったし。
政治家にとってやはり言葉は命。発言も命。会話術、演説も命だ。
安倍晋三はそこに全く命のかけらさえも無い男だった。
柳沢も言葉によって命、すなわち政治生命を失うのは間違いないだろう。
いくら安倍晋三が機械のようであったととしても人の例えとして「生む機械」は無い。
もう意地を張らずに辞めさせてやってください。世界の恥にまで広がっている。

安倍内閣で言葉遊びをすれば、この内閣は「言葉無い欠く」である。
生きた言葉であれば人の心に響く。下手でも届く。どれひとつとして響いた言葉は無かった。
今現在守らなくてはいけないものは何か? 国民の生活である。
その方向を見向きもせずに「憲法改正おたく総理」は、ボクの内閣とその愉快な間抜けな仲間だけを守ろうとしている。
もうこれ以上書くまい。実質、安倍ENDの光景は国民の目にもう写っただろう。
次のステップの準備の方が大事のようだ。2月4日の愛知県知事選、北九州市長選の結果如何では来週早々にも何かが始まるかもしれない。

しかし、経団連のガン・トヨタの県である愛知では、県選管が29日まとめた投票日1週間前の期日前投票状況では前回知事選の同時期の約3・6倍に上り、前回総数を上回ったらしい。沖縄のようにまた創価票か?それとも宮崎そのまんま効果?
愛知はちと厳しいかもしれない。どちらにしても愛知の人も北九州の人も従来のしがらみを捨てて、地方選挙だからといって地方だけを見ないで大きな気持ちで今使うべき大事な一票を未来の子供たちの為にも投じて欲しいものだ。あわよくば2連勝したい!

安倍晋三自滅。残すは小泉END森ENDである。おまけにW中川もw
安倍晋三を指名した小泉&森の無責任コンビの任命責任も重い。忘れてはならない。
小泉&森も安倍と共に去るべし! 全て同罪の、隠し砦の三悪馬鹿トリオである。


 ↓ブログランキングにご協力お願いします。
 ※人気ブログ 政治ブログランキング :現在25位 

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村 政治ブログランキング :現在3位

<↓情報が満載↓>
AbEndフォーラム
News for the People in Japan
トラックバックピープル「安倍晋三」 
トラックバックピープル「2007年参議院選挙 野党共闘 」  


パソコンを弄くるようになって6~7年くらい経つのかな?
自分勝手にあれこれ触りまくって失敗しまくって覚えていくタイプの独学なので、おそらくエクセルにしてもワードにしてもHP作成ソフトにしてもネットの遊び方にしても恐ろしく偏った、そして無駄な覚え方&使用方法で操作している筈である。
今更、基礎から覚えていく気も無いし、不便もしていないからそれはそれでいいけどね^^

もちろん私だけではなく、このブログを見に来てくださる読者の方々のPCレベルやネットレベルも幼稚園児並みの方から天才か!ってくらいのレベルの人まで幅広い事だと思う。
そういった中で情報の共有を一緒にやろうとしてるんだから意外に大変な事なのである。
まず検索の仕方一つとっても要領がいい人もいれば、なかなかピンポイントで検索できない方も多いことだと思う。あるいは文字を読むスピード。クリックする的確さなんかも入れると同じ1時間でも慣れた人と不慣れな人では数倍の量的な差は出るであろう。

そんな中で今回、皆さんの協力で立ち上げた「AbEndフォーラム」
速報性や量を重視してみていくのもいいし、あるいはノンビリと時間がある時にゆっくりと見るのもいいと思う。それぞれのライフスタイルで情報を共有していく事が一番いい。
私みたいにこうやってブログを書いている人間は、なんといっても結局時間はそれなりにあるのだ。あるから何とかブログを書く。本当に忙しい人はなかなか書く事は難しいと思う。
まして仕事も忙しい、おまけに恋人との関係がドロドロだったり、家庭には問題が山積みだったりしてたら、内容の濃いブログなんてなかなか書けないと思う^^;
もちろんやる気がある時はそれでも書きますけどね、僕朕は(笑)

そういった意味でほとんどの人は一日に数十分から1,2時間空いてる時間にお気に入りのサイトやブログを巡回出来ればいい方だと思う。私のブログなどはアクセス解析から分析するに結構仕事中に休憩がてら(それともさぼってが多いかな(笑))読んでらっしゃる方が多いように思う。とにかく時間が無いというのは現代人の宿命ではある。
そういった方々に特に「AbEndフォーラム」は利用して頂けると嬉しいと思う。
限られた時間の中で効率よくネット巡回していくのも大事なことですよね。

昔読んだ本で「不良のための読書術」という本があったが残り人生を考えて、例えば月に1冊の本を読む人がいたとして年に12冊で、残り人生が仮にあと40年としたら500冊くらいしか本は読めないわけだ。だからくだらないと途中で思ったらもう読むな!みたいな本だったと記憶しているが(笑)さだかではない^^; けど人生ってそういう切捨て的な感覚も大事な部分だと思う。とにかく知的部分では時間は有効に使うべきだと思う。
より多く有意義な人生&遊びを楽しむ為にも人生時間は有意義に だ。

自分の興味の或る分野だけでもいいのだ、とりあえずチェックしていくのは。
そこで「AbEndフォーラム」の中からいくつかカテゴリをピックアップしておきますのでそこだけでもブックマークして見てくださいね^^皆様のおかげ様で充実してきました。
安倍晋三フォーラム
憲法・教育基本法フォーラム
共謀罪フォーラム
藤田東吾社長フォーラム
そして時間がある方は「AbEndフォーラム」TOPからごゆっくりと閲覧してください。
AbEndフォーラム

ちなみに「AbEndフォーラム」のRSSは
http://atbb.jp/abend/rss.php です。
RSSリーダーをご利用の方は是非ご利用ください!
記事がアップされる度にいち早く情報を見ることが出来ますよ!
RSSリーダーをまだお持ちで無い方の為に・・・とりあえずいくつか・・・
http://reader.goo.ne.jp/
http://reader.livedoor.com/
http://reader.www.infoseek.co.jp/#undefined
http://r.hatena.ne.jp/
私はなんでか忘れたけど
http://paipo.jp/ を使っています。(ブログ右下のほうに貼り付けてます)

他にもたくさんありますのでまだお使いで無い方はどれか利用したらいいですよ。
更新された順から上に来るので無駄なくお気に入りのブログがチェックできます^^

今日の記事は以上です(笑) が最後にとっておきの安倍リンクを^^
昨日の記事のコメント欄で教えていただいたみりさんからの情報
 「政治介入」の決定的証拠──中川昭一、安倍晋三、松尾武元放送総局長はこれでもシラを切るのか をご紹介します。必読!保存版です^^
安倍晋三にしても今が旬の中川(酒)にしてもどれくらい、恥知らずの人間として与太っているのかがよくわかるかと思います。 みりさん、どうも有難うございました♪
皆さんもPCに保存して暇な時にコピーでもして多くの人に読んでもらうのも忘れずに~^^


※ご要望により動かない(軽い)バナーも作りました。ご利用ください^^



 このランキングサイトから訪れてくださる方が多いのです^^ご協力を♪
 ※人気ブログランキング :現在1位

 ※FC2ブログランキング :現在2位

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村ランキング :現在4位

※記事の頑張り度にあわせて上記のランキングバナーをそれぞれクリックお願いします^^;

「AbEnd」↓ 安倍晋三の情報ならココ♪
トラックバックピープル「安倍晋三」  に参加しています。
AbEndフォーラムへはこちらから!

情報や言葉は受け取り手によっては同じ事実でも相反することは多い。
褒めているつもりの言葉でも相手によっては皮肉と受け取って怒ったり、
あるいは、目出度い人はけなしてるのに褒められてると思って喜んでいたりw
安倍政権になって急に浮上してきた履修問題や、学校関係に対する不信感が募る一方のイジメ問題にしても、みのもんたの猿説法だけを聞いてる人の受け取り方と、情報を多方面から網羅している人とでは全く違うだろう。モノの見方や感じ方はそれくらい人それぞれ違う。
私は個人的には教育基本法改正に伴う作戦としての履修問題は計画されていたと思っている。伝統的な小泉以降のやり方をそこらへんは受け継いでいると思う。
違うなら違うでいい。私はそう思っているのだw それでいいのだw 

日本の参加不要
北朝鮮、6カ国協議で表明
 【ソウル=中村清】北朝鮮外務省報道官は四日、米中朝三カ国が非公式協議で六カ国協議の早期再開に合意したことに関して「日本が六カ国協議に参加しないなら、この上なく良いことだ。参加国を少なくすることは協議の効率性を高めるためにも決して悪いことではない」と述べ、同協議から日本を排除するよう求めた。朝鮮中央通信記者の質問に答えた。
 同報道官は「われわれは日本に六カ国協議への参加を要請したことは一度もない」と表明。さらに「米国の一つの州のような日本が、わざわざ地方代表として協議に参加する必要はなく、米国から協議結果を聞けばよい」と強調した。
 また、同報道官は「協議再開が発表されるやいなや、日本の首相と外相らが『核保有国という前提のもとでは北朝鮮を六カ国協議に受け入れる考えはない』などと口にしている」とも指摘し、日本政府をけん制した。
東京新聞

米国の一つの州のような日本とか、ケチョンケチョンに言われてますね、我が日本は。
ロイター通信では『日本が北朝鮮を核保有国として認めることを拒否していることについては、「状況判断ができない政治的な低脳」であることを示すと非難した。』とまで言われていましたね。昨日、一部のまじめそうな方のブログを眺めていたら、やはり怒っている人もいますね、舐められてるとか、北朝鮮の言うとおりで情けないとか、このままでいいのか?とか、あるいは北朝鮮がこのようなコメントを出した理由は安部政権にダメージを与えるためだとか・・・w ま、色々な見方があると思います。
私のお気に入りのブロガーの方々は皆だいたい冷めている方が多いような気がします。

何故北朝鮮がこんな事を言う必要があるのか?
これを北朝鮮側が言う事によって誰が得をするのか?ここを私はいつも考えたいと思う。
刑事だね、気分は。まず推測から入るタイプの^^昔気質の刑事でいたいw
余談だが小学生の頃、戦中未亡人の恐ろしい女担任先生に「ぶいっちゃんは将来刑事になりなさい」と唐突に言われたことがある(笑)
いまだに真意はわからないが、警察官ではなく刑事だったのが不思議ではあるw

<ココから少しぶいっちゃん刑事的妄想に入る・・・・w>
そうやって考えると私の頭の中の点と線はこの4つにしか今は結びつかないようになっています。ある意味もう病気ですね(笑) その名もアベビョー
その4つの点と線は 北朝鮮と共同通信社と電通と安倍晋三  どぇす。
こうやって日本を国際的に恥ずかしいというか情けない国だね発言する事によって、
「流石、北朝鮮!いい事いうわぁ」とは普通、思わないだろう。「お前が言うなよ」という方が当たり前だとは思う。北朝鮮も言ったからといって特別評価が上がるわけではない。
それをあえて北朝鮮がわざわざ声明するという事は日本に対して煽っていると思うわけだ。
それしかない。それも日本政府にではなく日本国民を煽っているような気がする。
戦争も自前で出来ない国が一丁前の席に来るなという言い方で。

アメリカの51番目の州の癖に一人前のふりをするなと馬鹿にされることで熱い大和魂マジメな日本魂を持った人たちの心を鼓舞させているのではないだろうか?
「舐めやがって」「拉致したりして悪いのは北朝鮮の癖に」「日本が何も出来ないと思って」「日本政府よ、北朝鮮なんかに舐められるな!!」と・・・。そしてそれはイコール安倍晋三の望む方向に行きやすくなるわけです。戦争がしたい国へ・・・(爆)
日本政府はそういった方向へ国民感情が行くのを実は待っているのではないか?
<以上、ぶいっちゃんデカ(刑事)の妄想オワリ・・・w>

防衛庁を「省」に昇格させる防衛庁設置法改正案も政府・与党は今国会での成立を目指しているようで、久間章生防衛庁長官は「正月明けに庁から省に衣替えをするのが普通のやり方だ」と、法案が今国会で成立すれば来年1月から防衛省が発足する可能性もあるようだ。そうなれば自衛隊の派兵なんかも、やりやすくなるし、軍備拡張路線も整いやすいし、北朝鮮有事に対しても自衛隊を派兵する準備はスンナリと進みそうです。
こういった流れや教育基本法改正の愛国心の強制にしても、北朝鮮からの屈辱発言にしても、一事が万事、「安倍軍事政権」へと結びつけて考えた方が間違いない思考法かと思っています。 外れていたらそれはそれでいいしw

結局、私の妄想の4点の北朝鮮と共同通信社と電通と安倍晋三  の続きなんだけど

共同通信社は8月24日、9月1日付で北朝鮮の首都平壌に支局を開設すると発表した。日本の報道機関が北朝鮮に支局を開設するのは初めて。同社は、核・ミサイル問題、日本人拉致問題などで注目される北朝鮮に取材拠点を置くことで、正確かつ客観的で質の高い報道を目指す、としている。

 中国やロシアなど北朝鮮の友好国以外の報道機関では、米AP通信の関連会社である映像専門のAPTNが今年5月、平壌支局を開設している。
 共同通信社によると、平壌支局長は中国総局長が兼務し、当面は常駐記者を置かない。同社の田辺義雅・総務局次長は朝日新聞の問い合わせに対し、「支局開設までの経緯は明らかにできない。(現地での)取材に大幅な制約はないと考えている」と述べた。常駐スタッフは現地で雇うが、「報道は当方の主体的な判断に基づいて行い、必要に応じて日本人記者を派遣する」と述べた。

 同社の後藤謙次・編集局長は、開設理由について「北朝鮮の実情を内外に伝えることが報道機関の使命。現地から正確な報道に努める」とのコメントを出した。
 朝日新聞2006年08月24日

以前にもこの共同通信の北朝鮮支局の話は書いたけど、どうしてもこれが頭から離れません。意味が無いんだよね、「必要に応じて日本人記者を派遣する」といったくだりにしても「正確な報道に努める」にしてもあり得ないだろし。。絶対に近く。 
北朝鮮側のメリットとしては、支局を許可する事で金が入ってくるというのもあるだろうが、一番のメリットは北朝鮮の共同通信支局による「日本発」のニュースという信用度なのではないのだろうか? 今や世界中でブッシュの次に信用が置けない金正日の北朝鮮なんだからw
『ブッシュ米大統領は金総書記よりも危険』 ブッシュの方が上ってのが笑わせる(笑)

その片棒を担ぐだけの共同通信発の北朝鮮ニュース・・・・。
何故安倍政権誕生にあわせて北朝鮮支局開局なんだ。>ダイワハウスCM調で(笑)

 そこで「テーミス」の記事だが、「平壌支局開設とはいうものの、日本人記者は一人もいない状態だ。これで『日本で始めての取材拠点』などとよく言えたものだ。共同通信は金王朝の“延命”を助けているだけだ」という共同通信社会部記者の嘆き節で記事は始まっている。

「共同通信社は9月1日付で、北朝鮮の首都・平壌に支局を開設した。同社は核・ミサイル問題や日本人拉致問題などで重視される北朝鮮国内に取材拠点を置くことで『質の高い報道を目指す』といっているが、どうも怪しい。

 米国メディアに詳しい放送関係者の解説によれば「(北朝鮮に支局を開設した)APTNは米AP通信の関連会社だが、本社は英国ロンドンに置いている。そのため、北朝鮮も支局開設を認めたようだ。だが、実際、APTNは常駐記者は置いていない。中国とロシアの通信社と業務協力を結び、映像を配信してもらうことが目的だ。今回の共同通信の場合もこの『APTN方式』が踏襲された。つまり、共同と結びつきの濃い朝鮮中央通信社と“提携”し、さまざまな記事や映像を配信してもらう。そのため、平壌支局は朝鮮中央通信社内に置かれることになった」という。

 やはりそうか!承知のように、朝日新聞社屋内には中国の「新華社通信東京支局」があり、リベラルで名高い?「ニューヨーク・タイムズ東京支局」も同居している。つまり、朝日とこれら外国の通信社などは、情報が“筒抜け”どころか、情報を“共有”しているのである。
その昔、日支事変解決に日本政府が躍起になっていたとき、同盟通信社の現地記者の一部?が“暗躍”して、その努力を水泡に帰させたことがあったが、どうもその系統にある共同通信社には、濃いDNAが流れているらしい。
 
軍事評論家=佐藤守のブログ日記 :共同通信社長の不可解な訪朝

詳しくは「佐藤守のブログ日記」さんのブログを全文読みに行かれて欲しいのだが、おそらくそういったことだと私も強く思う。共同通信はあの巨大広告会社電通の2番目の大株主である。もう電通と兄弟みたいなもんである。
「でん」と言えば「つう」と答えるデンツーの仲なのだ! はっ?共同電通信支局なのか?^^
電通の情報にあまり詳しく無い方はこちらカルトvsオタクのハルマゲドン: 電通を読んでネw
・・・で私の最後の妄想は、北朝鮮の共同通信支局を通じて電通へ、そして安倍晋三周辺に次の一手の報告が順次なされているのでは?ということで終わるわけだ(笑)
もちろんその動きの中には、様々な駆け引きや、予期せぬ動き(北朝鮮の使えない人達w)や諸外国からの圧力、変な国の強気なだけの外交なども加わって計画通りには全ては行かないのは言うまでも無いわけだ。そのうえに安倍こべ政権には敵も多いようだしw

しかし北朝鮮と共同通信社と電通と安倍晋三の周辺事態がいやらしいルートで微妙にある部分で繋がっているんだと思うけどね~。そして安倍晋三自体はそんな繋がりは知らない・蚊帳の外だろうとも思う。ボンボンは何も知らないのが世間の常識だから^^
  ・・?ん? 今日は妄想ブログ落ちで終わるのか???(笑)
ま、表現の自由もあれば、妄想の自由があってもいいよね^^

※ご要望により動かない(軽い)バナーも作りました。ご利用ください^^



 このランキングサイトから訪れてくださる方が多いのです^^ご協力を♪
 ※人気ブログランキング :現在1位

 ※FC2ブログランキング :現在2位

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村ランキング :現在4位

※記事の頑張り度にあわせて上記のランキングバナーをそれぞれクリックお願いします^^;

「AbEnd」↓ 安倍晋三の情報ならココ♪
トラックバックピープル「安倍晋三」  に参加しています。
AbEndフォーラムへはこちらから!

政権交代の為には自公連立政権が負けるか分裂すればいいわけです。
ということは自公連立政権の気色悪さについてわかりやすく国民に教えて伝える事が出来ればいいのです。それも自然に熱くならずに・・・。
自由公明党を解体せよ!ー衆議院補欠選挙よりーでも書いたけど本当どっちもキライだ!
詳しい事をたくさん知らせるよりもわかりやすく簡潔に伝える事が物事一番大事です。
世の中の多くの人は興味の無い事にはあまり長時間関わりたく人が多いのですから^^;
そういった意味で日本人が知らない 恐るべき真実 のこの記事は私にもわかりやすかったし人に教える際でもいいと思います。全文読む事をオススメします。

新聞報道によれば、「安倍氏は、自民党総裁選に勝ったあと、さっそく池田氏に挨拶に行っているようです。

(自民党≒勝共連合≒統一協会)+(公明党=創価学会)=安倍首相率いる自公連立政権、という図式ですね。

カルト教団と呼ばれ、数多くの被害者を生み出し、オウム事件の背後に潜みながらも一切の裁きを受けていない、このような二団体が後ろ盾となっている政権を、あなたは信じることができますか?

日本人が知らない 恐るべき真実:統一協会+創価学会=自公連立政権

今現在の政権に関わる事ですからね。学会や統一協会が安倍晋三と関係があるの?ってレベルの国民はまだまだ大勢いるわけですから。「宗教は自由だから別に何やってる人がいてもいいいんじゃないの?」というレベルの人もいるんですから、たくさん。
ネットが出来る知り合いにならリンク先を教えてやるとか、ネットをやらない人達には、上記引用先の内容を自分なりにわかりやすくまとめて教えてやったらいいのです。
ネット内での伝播とあわせて、いやそれ以上にまだまだネット外での伝播が大事だと思うのです。政権交代はネット発の口コミからです^^もうひと頑張りですよ、多分。伝えましょ^^

安倍訪中のカゲに創価学会 池田名誉会長!? 1/2


安倍訪中のカゲに創価学会 池田名誉会長!? 2/2

かなり画像は悪かったけど、関西系のムーブって番組なのでしょうか?私は九州なんで当然見たこと無いけど、面白そうな番組ですね。少なくとも全国系列の番組よりもネットを意識したかのような番組作りになっているかのようです。
これは安倍晋三 シラを切る の巻 のエントリーで書いたように池田名誉会長に会ったのかという国会での質問に「そういうことはございません」5連発発射のオウム答弁しかしなかった安倍晋三の話題である。この一連の話をTVでも放送してたんですね~、関西だけだけど。
地方局はここくらいは出来るわけですね。福岡もやれぃ!!
何故、関東では無理なのか?という話も暇つぶしにどうぞ^^

関東のマスコミは北朝鮮並みの情報統制 1/2

関東のマスコミは北朝鮮並みの情報統制 2/2

なるほどねぇ~、コメントに台本があるような報道系の番組なんてふざけてますよねぇ。コメンテーターの意味が無いですよね。大学教授とか専門家をいくら呼んでいても言う事が決められているのならそれはただの飾りだし、箔付け、権威付け、信用付けの為の役割だな。意味なし!! 権威という肩書きを持った人の口を借りてるだけなのだ。

しかしこういった番組が関西で出来るなら早く九州・福岡でもせれよ!

安倍総理に直訴イーホームズ藤田社長
http://www.youtube.com/watch?v=wGuKbgV7V2g

ちょっと構成はイマイチの面もあったけど安晋会の名前も出ていた。地方局では藤田社長の話がTVでこうやって流す事が出来るんだから、もっとやって欲しいね。
※藤田東吾社長関連 ここまでのまとめ 更新しました^^

関西はそういった意味でやっぱ大したもんです。たかじんの番組にしても全国ネットに比べたら色々よく言ってるし。
地方のTV局や地方新聞紙が生き残る道は実はこういった事からでは無いかと思うんだよね~。福岡なんてあまりTV見ないんでわからないけど、「グルメ」や「温泉」なんかの番組ばかりだと思うよ、情け無い。
地方のTV局、特に報道系の番組にはスポンサーを企業なんかに頼らずに真実を求める市民にしたらどうだろうか?
いくらくらい払えば真実を報道する?払うじぇ!「一口いくら」で募集して欲しいもんだ。
持ちつ持たれつでやっていこうよ、地方局さん。
どちらにしても報道やニュース番組だけはスポンサーは国民にすべきだ。ガンバレ地方!!




お陰さまで AbeEndフォーラム もだいぶ記事が増えてきて充実してきました。
読者の皆さんも是非ブックマークしてチェックする習慣をつけておいてくださいね^^
ブロガーの方とコメンターの方の登録もまだまだお待ちしています。
「ユーザー登録は」はこちらから♪
ブログをお持ちの方でよろしければ、ブログの邪魔にならないところにでも「AbEndフォーラム」へのリンクをお願いします^^

AbEndフォーラムバナーです(シツコイですが^^みんなで広めましょ♪)









【追記】
わんばらんす さん、カナダDe日本語 さん らくちんランプ さん きまぐれな日々 さん
「AbEndフォーラム」へのリンクを貼って頂いて有難うございます。


 このランキングサイトから訪れてくださる方が多いのです^^ご協力を♪
 ※人気ブログランキング :現在1位

 ※FC2ブログランキング :現在2位

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ※にほんブログ村ランキング :現在4位

※記事の面白さにあわせて1~3つのランキングバナークリックお願いします^^;
■1バナーぽちっ:70点! ■2バナーぽちっ:85点! ■3バナーぽちっ:100点満点♪ 


「 AbEnd 」↓ 安倍晋三の情報ならココ♪
 トラックバックピープル「安倍晋三」 に参加しています。

いよいよ来週辺りから教育基本法改正に向けて大きな山場が訪れそうだ。私のブログでは引用は今後出来るだけ東京新聞からにしようと思う。東京新聞に載っていない記事の時だけ他のものを引用しよう。東京新聞は今現在一番頑張っているというかまともな記事や解説が多い。そういった新聞を贔屓して応援していく事も市民の大事な役目だと思うから。
福岡にもあったらいいのになぁ~・・・福岡なのに東京新聞!w

臨時国会 週明けから攻防激化
 中盤入りした臨時国会は週明けから、安倍政権が重要法案と位置づける法案をめぐり、与野党の攻防が一層激しさを増す。

 安倍首相が最重視し、教育改革の出発点となる教育基本法改正案は三十日、衆院教育基本法特別委員会で、首相も出席して本格的な審議に入る。

 政府提出の改正案は、一九四七年に制定された同基本法をすべて改正。愛国心については「我が国と郷土を愛する態度を養う」と表現している。一方、民主党が提出した法案では「日本を愛する心を涵養(かんよう)する」としている。

 与党側は十一月上旬に政府案の衆院通過を図りたい考えだが、野党側は二十六日の幹事長・書記局長会議で、政府案の成立阻止に向けた共闘強化を確認。今国会最大の対決法案として、週明けから、採決日程をめぐる攻防が激化する。 <以下略>
 ※東京新聞

このところイジメにしても高校の世界史の問題にしても何かと教育や学校関連の不祥事のニュースが増えてきた。過去に遡って掘り起こしたかのような学校関連の不祥事ニュースも多い。学校側に色々な問題があることは事実だがそれをどうも政府側はうまく利用しようとしているようにも感じるのは穿(うが)ちすぎか?小渕さんの娘さんやヤンキー先生らのパフォーマンスもなんだかな~って気持ちで見ています。

晴天とら日和:安倍晋三またかスキャンダル。で、人に教育出来る身なのか?

教育改革国民会議
首相官邸

教育改革国民会議報告 -教育を変える17の提案-
どこの馬鹿が、
こんなアホな、
文章を考えたか?
 

↓こりゃ~ぁ~、もう、笑ってしまうしかないねぇ・・・・・・・・
 御用とお急ぎのアル方もナイ方もゆっくり読んで下さいナ。

一人一人が取り組む人間性教育の具体策(委員発言の概要)

上記引用先の読み応え抜群の「晴天とら日和」のとらちゃんのブログに書いてある通り冗談じゃないの?と思えるような内容のむちゃくちゃな提案や具体案を国は考えているようです。
例えばこんなの『子どもを厳しく「飼い馴らす」必要があることを国民にアピールして覚悟してもらう』とか『「ここで時代が変わった」「変わらないと日本が滅びる」というようなことをアナウンスし、ショック療法を行う』なんてのがありますよーー;
こんなんじゃダメでしょ、全く。ある種のマジメさが怖いのは安倍晋三だけではないようです。

「政府、党は議論しない」
核保有論で首相
 安倍晋三首相は二十七日、都内で講演し、麻生太郎外相や中川昭一自民党政調会長が核保有議論を容認する発言をしていることについて「非核三原則は堅持する。政府、党の正式機関としては議論しない。それ以外の議論は、自由な国なので封殺することはできない」と述べた。

 麻生氏らの発言は政府や党に核保有論議を求めたものではなく、問題はないとの見方をあらためて示したものだ。<以下略> ※東京新聞

中川(水鉄砲)や麻生の発言だけではなく、従軍慰安婦問題で「河野官房長官談話」の内容を再検討する必要性があると個人的見解を語った下村博文等の発言は何を意味するか?
こうやって閣僚の誰もが自由に発言していく度に、シオシオのパ~(byブースカ)の塩崎官房長官、略してシオカンや安倍晋三が、当たり前のように「個人的な見解であれば問題ないし個人が判断することだ。政府の見解はこれこれこうである事に間違いない」だ、な~んて語っているっておかしくないでしょうか?
仮にこういう発言を全員がすれば、どうなるの?安倍こべ内閣になるネ、本当の(笑)

そしてもうひとつ思うのはこういう発言を中川や下村あたりにさせる事で得をするのは誰か?という事ですね。犯人探しの原則です^^
得をするのは総理になる前に今とは全く違った威勢のいい発言ばかりしていた安倍晋三に他なりません。政府見解とは違う意見を閣僚レベルの政治家が言ってもそれは大した問題ではないという事をアピールしたいのではないのだろうか?「それ以外の議論は、自由な国なので封殺することはできない」という言葉に置き換えて過去の自分の今とは全く違う発言もチャラにしようという目論見ではないかと思ったりもします。

要するに安倍晋三は自分を正当化させたいのだ。
総理になる前は自由に持論が言えたが今は政府の代表として責任のある立場にいるのでそうはいかないのだよということを。 あの頃は私も自由だった・・と。
だから「私の過去の発言をいちいち国会などで取り上げたり、追及されてもそれは何の意味も無いのだよ、野党&マスコミの皆さん」作戦ではないのでしょうか?
記者に答えている安倍晋三の誇らしげな顔を見てそう直感した^^
とにかく今週の国会関連の動きからは目が離せないですね。
■衆議院TV   ■参議院インターネット中継




さて一昨日作成した「AbEndフォーラム」も早くも9名の方が参加してくださいました。
本当に有難うございます。登録は簡単ですのでお気軽に参加お願いいたします。
これは私個人の「フォーラム」という事ではなく、ブロガーやコメンターの皆さんが平等に利用できるものと位置づけています。もちろん読者の方々全員のものにもなるかと思います^^

登録も簡単。「ユーザー登録」で名前とメールアドレスとパスワードを記入するだけです。
使い方も慣れたら簡単、色々な用途で使える思います。
ただ見るだけでもOK(気になるフォーラムを参照するだけでOK)ですし、ユーザー登録された方は各カテゴリ内のフォーラムのトピックにレスをつけたり、あるいは自分で新らしいトピックを立てたりして記事を書いたりすることも出来ます。
ブログのように記事を書くのではなく、自分が見つけた気になるサイトのリンク先を貼り付けたり、記事を引用したりするだけでいいと思います。
情報を皆で共有するという意識が一番大事だと思うのです。
リンクを貼ったり引用したりした後に、一言何か言葉を添えてくれるのが一番ベストかな?
その情報をどう捉えるかは個人の自由だと思います。

こんなリンク貼ってもみんな知ってるからなぁ~とか、この情報は今更貼ってもしょうがないし・・とか余計な事はあまり考えなくてもいいかと思います。
自分が「これは大事なんじゃないか」と思うものであれば遠慮せずにどんどん活用してみましょう。情報を発信・伝達していくだけでいいのです。意外に自分が見聞する情報って偏ってしまいがちですから、色々な方の情報があるだけで十分役に立つと思います。
その際の注意点としては、カテゴリやフォーラム別に内容に沿った場所を使用する事を忘れずに^^ 注意点はそれくらいです。

情報の宝庫!  これが理想です。
とにかく忙しい方の為に役に立てれば嬉しいと思います。
よかったらブログをお持ちの皆さんのリンク先に加えていただければ幸いかと存じます。
入り口は多い方が多くの情報を大勢で共有できますからね。

これを私が作りたいと思った理由は
コメンターの方々の中には優れた嗅覚をお持ちの情報通がいるということがひとつ。
そしてどうしてもコメント欄にアドバイスや引用先を教えてもらっても記事の中に埋もれてしまいがちで勿体無いということ。
それともう一つの理由は、藤田社長の官邸突撃の際にらくちんランプさんが同行取材されてその日のうちにすぐにYOU TUBEにそのビデオをアップされました。
それを知った時に、早くこれを多くの人に教えたいと思ったのですが、今現在では
安倍晋三・トラックバックピープル」しか手段は無かった。もちろんそれだけでも十分いいのですがもっと簡単に皆に知らせる方法はないかと考えた事が理由の一つです。

これは私のようにブログを持っている者だけでなく、持っていないコメンターの方々の方にこそいえることだったのですね。いくらいい情報を早く知っても伝える手段がコメント欄しかないのは勿体無い。2ちゃんねるはそういった意味で重宝なのでしょうが私はほとんど見ない(笑)
そこでAbEndという関連の情報ならココ!という場所を作っておけば皆が一瞬のうちにチェック出来るのでは?と思ったからです。情報の瞬時の伝播場所 ですね。
きっこのブログが引用OKという事で藤田社長のコメントが多くのブログで共有引用したような現象もきっかけのひとつになるかな?

ま、今後どういう風に進化するか・・・あるいは退化?衰退?廃墟と化していくかは私も含め使用してくださる皆さんの良心にかかっていると思います。多くの方々にブックマークされるようなフォーラムになるように、どうか皆様宜しくお願いいたします^^

昨日のバナーがまましえさんにダサイといわれたのでまたバナーを作りました(笑)
やっぱダサイか?(笑) まだ続くかバナー作成の旅は^^; 







 このランキングサイトから訪れてくださる方が多いのです^^ご協力を♪
 ※人気ブログランキング :現在1位

 ※FC2ブログランキング :現在2位

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ※にほんブログ村ランキング :現在3位

※記事の面白さにあわせて1~3つのランキングバナークリックお願いします^^;
■1バナーぽちっ:70点! ■2バナーぽちっ:85点! ■3バナーぽちっ:100点満点♪ 


「 AbEnd 」↓ 安倍晋三の情報ならココ♪
 トラックバックピープル「安倍晋三」 に参加しています。

政治・時事関連のブログの数も私がブログをやってから約1年。かなり増えてきたように思う。私もその隅っこの端くれにいるわけだ。 でその記事を書く際に、元ネタは何かというとやはり一番多いのは、普段私が毛嫌いしているTVや新聞やあるいは週刊誌、ネット配信のニュース・・・等になるわけです。一次情報なんて一般人の私らには滅多には手に入らない。
私も地元の事件等の裏話くらいは噂話として入っては来ても、裏付けが取れるわけでも無いので公表も出来ない。

個人でやっている政治・時事関連のブログというものはだいたいそういう感じが主流だと思う。同じような元ネタだったら同じような記事になるじゃん と思われる方もいらっしゃるかもしれないが、そこにそのブロガー自身の人生観や人生経験、知識や感性、そして文体・・・等によって味付けがされるからそれぞれに味のあるエントリーになるのだと思う。
あるいは元ネタの組み合わせ方の上手い人とかもいるわけだ。
点と線では無いけれど一見、誰も見落としそうな古い記事ネタが最新の記事ネタと噛み合ったりとか・・・。独自の観点からのエントリーになるわけだ。

しかしそれも本業仕事の時間の合間に、自分が書きたい記事の情報ソースを探したり、確認作業をしたり、裏づけ作業をしたりとかで記事を書く時間よりもそちらの情報収集の方に時間が取られる事も少なくは無い。
今日のこの記事の様に思ったことを書き連ねるだけなら割合短時間で済むのだが・・^^
だから今最も私が関心がある耐震偽装の藤田社長関連の情報なんてTVた新聞ではもちろん拾えないし、ネットのブログの中から探さなくてはいけない。
それもたった一日ネットを見ていないだけで、全く展開が変わっているという現状だ。
なかなか政治や時事関連のブログを書くという事は大変なのである(笑)

ずいぶん長い前フリになったが国家らが本題(笑)>またかいって突っ込みはナシ。
私のブログにもたくさんの方がコメントを下さる。有難い事である。
もちろん自分の記事に関するコメントが多いのだが、ここ最近、コメント欄にリンクを貼って更に詳しい関連の情報の提供をされる方が増えてきた。 そういった方々にはご自分でブログを持ったらどうですか?と声をかけてもいた。 前にお知らせしたが時間的に余裕が無いので全ては見ることは出来ないから少なめでお願いしますと書いていた。
しかし、これはよくよく考えると非常に勿体無いことだと気がついた。

私のように自分の書きたい事を決めてブログで発信する人。
そしてコメント欄専門でリンクを貼ったりして応援してくれる人。
ブログにも役割分担がなにがしかあってもいいのではないかと思ったのだ。
そこで今日作ったのがコメンター&ブロガーが相互利用できるAbEndフォーラムだ。
「耐震偽装の藤田社長関連」「安倍晋三関連」「共謀罪関連」等のスレッドをたててそこにリンクを貼ったり、情報ソースを貼ったりするわけだ。
コメンターの方は有益な情報やソースをお知らせできるし、ブロガーにとっては見逃していた情報も拾える・・・どうでしょ?

そしてその掲示板はもちろん私だけではなく、全てのAbEnd賛同ブロガーの方々が利用できるようにする。 いいんじゃないかなぁ?

AbEndフォーラム

早速作ってみました。

AbEnd賛同のブロガーやコメンターの方々に自由に使っていただきたいと思います。
リンクフリーです、もちろん♪ どんどんご自分のブログに貼って欲しいです。
そのうちバナーも作ってみますね^^お待ちください。
とりあえずテスト的に置いてみます。 すぐ削除の可能性もありえ~る(笑)
レンタルなので利用規約とかもあるから難しい面もありますからね^^;

とりあえずブログ右上とコメント欄のところに貼っておきます^^
やっていきながら考えていこう^^

 このランキングサイトから訪れてくださる方が多いのです^^ご協力を♪
 ※人気ブログランキング :現在1位

 ※FC2ブログランキング :現在1位

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ※にほんブログ村ランキング :現在3位

※記事の面白さにあわせて1~3つのランキングバナークリックお願いします^^;
■1バナーぽちっ:70点! ■2バナーぽちっ:85点! ■3バナーぽちっ:100点満点♪ 


「 AbEnd 」↓ 安倍晋三の情報ならココ♪
 トラックバックピープル「安倍晋三」 に参加しています。

悪法と何かと噂の高い共謀罪は後回しか・・・。まだまだ油断は出来ませんね。
こうやって小出しに情報は出てきますが水面下では虎視眈々とジミングス(自民愚衆)は強行採決のチャンスを窺っているのかもしれません。引き続き、共謀罪関連の最新情報は 
情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士さんのブログでチェックしておきましょう。

衆院法務委:信託法から審議 「共謀罪」は後回し
 衆院法務委員会の与野党筆頭理事が23日夜に協議し、前国会から継続審議になっている信託法改正案の審議に入ることで合意した。共謀罪を創設する組織犯罪処罰法改正案も同じく継続審議になっているが、野党の反発が強いことなどから審議を後回しにする。【森本英彦】
毎日新聞 2006年10月23日 23時57分

そして、補選に勝利したのを、すっかり自分の力と錯覚してしまいがちな安倍晋三が少しずつ調子に乗って来ている模様です。こちらも今後、国会中継でチェックしておきましょう。
■衆議院TV   ■参議院インターネット中継
下手なテレビよりも面白い時もありますからブックマークは忘れずに^^ 

安倍首相 改めて改憲に向けた決意を表明 参院本会議
 安倍晋三首相は23日の参院本会議で、憲法改正について「占領軍の影響下で制定されたことも事実。いかに中身が素晴らしいものであっても基本法である以上、その制定過程にはこだわらざるを得ない」と述べ、改めて改正に向けた決意を表明した。首相はまた、主権在民や基本的人権の尊重、平和主義などについては「普遍的な価値であり、当時の日本国が希求していたものだ」と述べた。民主党の犬塚直史氏の質問に答えた。
 首相は18日の党首討論でも、憲法を改正すべき理由として制定過程など3点を挙げた。
 (毎日新聞) - 10月24日10時19分更新


以前カマヤンさんのブログで知った事だが政治家の情報源についてこう書いてあった。

実際に議員さん周辺と接触する以前には、私は、国会議員は特殊な情報源があって、我々の知らないこと・我々には納得いかないことの正解をすぐに参照できるはずだ、と、何となく思っていた。

が、実際に議員さん周辺に接触して分かったことは、議員の情報源は、基本的には我々と同じだ、ということだ。すなわち新聞でありテレビであり週刊誌、原則的にはこれらが議員の情報源だ。

カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの虚業日記 

言われてみるとホント最もな事なのだが、目から鱗の瞬間でもあった^^
政治家も一部の連中や一部の瞬間を除いて基本的に私達市民と同じような情報源しか無いのである。確かにそう思う。権力中枢から遠くなればなるほどそうであろうと思う。
新聞、TV、週刊誌、本、等が基本なのである。
そしてその個人個人によって大きな違いというのが、友人知人や縁故等のブレーンなのである。そのブレーンによって情報や思想が大きく変わるという点はある。
そしてブレーン(過去から現在に至るまでの)がその人を作るといっても過言ではない。

そういった意味で安倍晋三をリトルリトル考えてみる。

祖父・寛(政治家)、岸信介(政治家、首相)。
大叔父・佐藤栄作(政治家、首相)
父・晋太郎(政治家)  兄・寛信(妻はウシオ電機会長・牛尾治朗の娘)
弟・信夫(岸家へ養子、政治家)
妻・昭恵(第5代森永製菓社長・松崎昭雄の娘、第3代森永製菓社長・森永太平の孫)
特選芸能情報&ニュース速報:安倍晋三プロフィール

もちろん、それ以外のしがらみも祖父の代からてんこ盛りですよね。
そんな環境で育てば考え方の元としては、ほぼ祖父や父の代からのブレーン達(利権絡みにもなろう)からの情報がまず基礎的要素としてあり、更にそれに裏づけするかのような繋がり方(これも利権絡みにもなろう)をする人達がニコニコと寄って来て安倍晋三の政治理念が出来上がったことであろうとなんとなく想像できる。祖父や父以外の関連からの考え方が安倍晋三に素直に届くとは考えにくいのである。やはりそこはお坊ちゃまだから、頑ななわがままなところは資質としてあることでしょうしーー;

これは安倍晋三だけに限らず2世3世議員になればなるほど強い傾向だと思う。
しかし、外である程度年季をかけて、揉まれたり叩かれたりした人はちょっとは違うかな。
色々な思想や人物に触れることで原石が磨かれ光り輝く人もいるとは思う。
しかし・・・である。安倍晋三にはそれがヒジョ~~~~~に薄いと思う。
籠の鳥的生き方(受身人生)を満喫してきた匂いがプンプンと漂うのである。
闘う政治家といえば聞こえはいいが、八百長の筋書きアリの闘いにしか見えない。

だから私が思うに安倍晋三が、例えば統一協会に祝電を送ることも、「あ、そうか学会」の池田名誉裏番長と密談する事にしても安晋会とか慧光塾みたいな怪しげな繋がりなんて安倍晋三からして見れば祖父や父の代から当たり前のように繋がっていたようなブレーン(まるで親戚みたいな?)みたいなものなのだからあまり罪悪感とかも薄いように思うのである。
周囲が騒いで驚くといったような(笑)雰囲気が読み取れる。本人がわかってないのだ。
政治家ってそんな繋がりがあって当たり前じゃないの?という感覚みたいなのが安倍晋三にはしっかりと根強く、そして普通にあると思う。
世間との普通の人の常識のような距離感や感覚が全くナッシングなのである。

こういった意固地なお坊ちゃんの性格や思想は、まず変わらないと思う。
自分の考えが絶対正義という真っ直ぐクンだから怖いのだ。
人の話をよく聞くというが、それはただ単に聞くだけなのである。
そのうち「安倍の耳に念仏」 という(ことわざ)も出来るのは間違いない。
今現在は総理になったので安倍に真珠の状態だが(笑)
そういう意味でもこの安倍こべ政権は私は危険だと思うのである。
安倍晋三のブレーンは筋が悪いのが多すぎると思うからである。




さて昨日書いたエントリー「敷居は低く 志は高く 【ブログ共闘】」だが、エントリーアップ後すぐに、お二人から「管理人にだけ表示」でコメントを頂いた。そして今日のランキングクリックも今のところ非常に多いので似たようなお考えの方が多いのではないかと想像します^^
私だけ読むのは勿体無いので昨日のコメント欄で書いたようにご紹介します。

私は30代の子供が二人いる主婦です。何かのリンクをたどってここへたどり着いて以来、毎日覗かせてもらっています。私たちの世代は子育てに忙しく、毎日の買い物や、PTAの役員活動など自分の半径10メートルくらいのことしか気にしてない人が多いでしょう。 私もそのような感じでしたが、政治系のブログを読むにつれ、なんと自分たちのこれからの生活が脅かされていることかぞっとしました。ノンポリな私でさえ、今回の補選の結果は非常に気になりました。イーホームズの藤田社長のことに関しても、どれほどの人がこの件に対するアベシンゾーの対応を知っているのでしょうか?
こんなブラックな人が教育基本法を改正することなんて許せるわけありません。
らんきーブログさんによって開眼した私のような者もいるのです。
これからもがんばってください。 

ぶいっちゃん、こんばんわ。はじめまして。
少し前から毎日来るようになったものです。
今日の話は、ものすごーーーーーく共感しました!!

私も、数ヶ月前までは、ネットで芸能情報を見てるだけの主婦だったのです。が、ジャニーズネタから→きっこさんのブログへと流れ、→ライブドア事件→
耐震偽装問題→小泉政権→・・・ブッシュ911問題→戦争→アベ・・
と、流れ流れて、
人気ブログランキング・社会のところを毎日のぞくまでになりました。
毎日、将来が不安でしょうがない状態で・・・。
でも、友達や会社の人との、かなりの温度差を感じています。
言葉でうまく説明しようとすると、つい熱くなって、おかしな宗教じみた人になってしまいます。
そして、何もしらない人達にとっては、「そんなことより自分の生活に
集中していたい」・・という感じなのですね。
その大事な生活が脅かされるかもしれないのに。
興味のない人にも興味をもたせる為に、自分でもブログやってみようかと今、考え中です。
毎日読んで、応援してます、がんばってください!!
 

お二人様、有難うございます!これからも頑張ります♪
お二人の後ろにはもっと多くの似たような感覚をお持ちの方が、今どんどん増えていっている途中なのではないかと思います。その為にも政治を身近にそしてわかりやすく敷居を低くする事、とっつきやすくする事も頭に入れて政治ブログを書いていく創意工夫もこれからは必要になってくると思っています。
いくら、素晴らしい内容でも伝わらないと意味がありません。
そして伝えて貰わないと広がっては行きません。

政治家が敷居を高くして国民に政治をわかりにくくしたのと同じように政治の事を書く市民ブロガーが、せっかく興味を持って見にきてくださる方々に、更に政治をとっつきにくく難しいものにしていったのでは本末転倒ですからね。
敷居を低く志を高く の精神で頑張るのもひとつの手段かと思います。
まだうまくはまとまっていないのですが、コメント書いてくださる人達用の掲示板なんか作ったらいいかなぁとこの頃思っています。ブログ記事とは直接関係の無い情報とかも書き込みやすいでしょうし・・・。ちょっと考えてみようかな?

政治家もブレーンによってその情報源や考え方・思想が大きく変わるようにブログを書くものにとってもブレーンというものは大事な要素であると思う。
安倍晋三のブレーンには、全く魅力を感じさせてくれない。
私がブログを書く上でのブレーンとは、やはり私がリンクを貼っているお気に入りのブログであり、そしてコメントやTBを送って何かを氣づかせてくださる魅力ある方々全てだ。
どこをどう考えても負ける要素はないですね(笑)

 このランキングサイトから訪れてくださる方が多いのです^^ご協力を♪
 ※人気ブログランキング :現在1位

 ※FC2ブログランキング :現在2位

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ※にほんブログ村ランキング :現在3位

※記事の面白さにあわせて1~3つのランキングバナークリックお願いします^^;
■1バナーぽちっ:70点! ■2バナーぽちっ:85点! ■3バナーぽちっ:100点満点♪ 


「 AbEnd 」↓ 安倍晋三の情報ならココ♪
 トラックバックピープル「安倍晋三」 に参加しています。

民主党の小沢一郎と自民党の安倍晋三との初の党首討論が3時に始まった。
車で移動中の時にしか見ていないが、小沢の方がやっぱ貫禄はありますね。
小沢に言って欲しかった言葉は「えっ何?何て言ってるかわからん!」と言って欲しかったのだが・・・そこまで幼稚な事はやらないかw

党首討論:周辺事態認定で初の直接対決 憲法改正も論戦
討論終了後、首相は記者団に「大局的な観点からお互い自分の考えをぶつけ合うことができた」と余裕の表情を見せたが、小沢氏は「小泉さんは僕の質問の趣旨を分かっていたと思うが、安倍さんは分かっているかどうかわからない」と記者団に酷評した。 ※毎日新聞 2006年10月18日 21時25分

いいですね~。この発言(笑) 小泉VS小沢の党首討論の時は、小泉は自分の器と力をわかっているからあの時は妙に小沢に対して卑屈な酔っ払いのように笑っていただけだったもんね。己の器がわかるという事はある意味素晴らしい事だ。
しかし、国会中継ももう少し映像をうまく出来ないものかね?
途中自民からも民主からもうるさいヤジがあった。それもしつこいのもあった。
誰がヤジってるか位、映像で写すかテロップで流せばいいのにw

あの党首討論を見て、ジミングス(自民愚衆)が好きな方はやっぱ安倍さんの若さの勝ちやね、小沢は悪代官顔でツマランなと思うんだろうし、人それぞれなのはしょうがない。それはいい。人好き好きである。世の中には騙される人も多いしw
しかし今の安倍を見て政策や考え方がいいとかリーダーシップがあるとか言ってる人って、ホント一体何を、どこを見てるんだろうと思いますね~。
自民党全体として自民支持ならまだ少~~~しはわかる部分はあるけど、安倍個人では何も無い人って評価しかないのが当たり前じゃないかと思うけどね。

結局「人」というのはあるいは人の成り立ち・信念みたいなものはなんだろ?
色々あるかと思うが、そのひとつには「師匠筋」というのがあるかと思う。
小沢一郎には田中角栄という賛否両論はあるが最強の師匠が若い頃からいた。
一方安倍晋三には誰がいるんだろ?学者崩れか?おべんちゃら系の?
今調べたら師匠は鶴太郎らしい(笑) ま、絵の師匠だけどねw 
本物の画家ではなく異色画家タレントとして人気がある鶴太郎という所が国民に人気があるらしい安倍ならではである。
本物の前では偽者はどうしても底が浅いのがバレルからねw
あえているとすれば安倍の師匠はいいとこ小泉純一郎なんだろうね、結局は。

しかしその師匠筋の差は大きい。若い熱い血潮のほとばしる時代に誰と出逢いどんな影響を受けたか・・・これは人生の大半を決めていくのではないだろうか?困った時、窮地に陥った時、様々な場面で師匠のあるなしは大きいと思う。安倍晋三はそういった点でも人の匂いがしない無機質な薄っぺらさかしか感じないのだろう・・・。
そんな人間のどこに魅力があるのだろうか?人を見る目が無いのは私なのか? 
仮に私が少数派だとしてもいいか^^ ジミングス(自民愚衆)の群れにはいるよりも。
「騙された~」と騒いで日本が滅びていくのを、あるいは日本が消滅していくのを受け入れるよりも「やっぱりネ」と笑える分、まだマシやねw そうならないうちに世の中を変えよう!

 このランキングサイトから訪れてくださる方が多いのです^^ご協力を♪
 ※人気ブログランキング :現在2位

 ※FC2ブログランキング :現在2位

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ※にほんブログ村ランキング :現在2位

※記事の面白さにあわせて1~3つのランキングバナークリックお願いします^^;
■1バナーぽちっ:70点! ■2バナーぽちっ:85点! ■3バナーぽちっ:100点満点♪ 


どうなの、このニュース。きな臭いニュースがバンバン流れてきますね。

「宣戦布告とみなす」 北朝鮮が声明発表
 【平壌17日共同】朝鮮中央通信によると、北朝鮮は17日、国連安全保障理事会の制裁決議に対する外務省報道官声明を発表し「米国の敵視政策の産物であり、わが国への宣戦布告とみなすしかない」と主張、「断固批判する」と強く反発した。14日採択の制裁決議への初の公式政府反応。

 声明はまた、制裁決議に沿った行動により「わが国の自主権と生存権が少しでも侵害されるなら、だれであれ容赦なく無慈悲な打撃を加えるだろう」と主張。さらに「今後の米国の対応を注視し、それにより該当する措置を講じるだろう」とした。
 
※ 東京新聞(2006年10月17日 16時17分) 


何故、共同通信が北朝鮮に支局を出した途端にこんな大きな出来事が起こるの?
何故安倍晋三が総理大臣になった途端に北朝鮮がああいうきな臭い事をするの?
すべて偶然なのか?偶然なのでしょうね。常識的に考えたら・・・。
しかしアメリカではブッシュが政権をとった年に911の悲劇が起き一気に戦争への道へ・・・。あれも偶然なのでしょうね。
世の中似たようなことはよくありますしね。という事はアメリカのように日本もいよいよ戦争への準備が整うのでしょうか?日本も似たような国にされていますし。

一番危険なのは、テロか?
福岡でも昨日のニュースで空港がテロにあったとして仮定したテロ対策の予備練習があっていた。死人もいるというような想定だった。
テロが一番ありそうな気がする。一度でも起こったら一気に世論の空気は右寄りに有無を言わさず変わっていくのではないか?
誰でも起こせるテロ。北の国がしなくとも今、日本でテロが起きれば万人が北の国の仕業だと疑うまい。マスコミは真実を報道できるか?
そんな便乗犯が出てもおかしくない今日この頃だ。核も怖いが身近な危険はテロ勃発か?

日本は小泉純一郎の格差社会の時代から一気に世界を相手にした安倍晋三による
差世界の道へと進んで行きそうである。
核を持たざるものと持つものの差は、人類の戦争と平和への核差を有無を言わさぬ「だれであれ容赦なく行われる無慈悲な暴力」によって一気につけられてしまう・・・。

 このランキングサイトから訪れてくださる方が多いのです^^ご協力を♪
 ※人気ブログランキング :現在2位

 ※FC2ブログランキング :現在2位

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ※にほんブログ村ランキング :現在2位

※記事の面白さにあわせて1~3つのランキングバナークリックお願いします^^;
■1バナーぽちっ:70点! ■2バナーぽちっ:85点! ■3バナーぽちっ:100点満点♪ 

中国訪問への足がかりをつけてくれたのではないかという噂の安倍晋三と「あ、そうか学会」の池田名誉番長との逢瀬記事は嘘だったのか?

<安倍首相>創価学会の池田氏と会談 総裁選後に極秘で
 安倍晋三首相が先月20日に自民党総裁に選出された後、首相就任前に公明党の支持母体・創価学会の池田大作名誉会長と極秘に会談し、来夏参院選や対中関係をめぐり意見交換していたことがわかった。
 関係者によると、会談は26日の安倍政権発足以前に、東京都内の創価学会の施設で行われた。安倍首相は総裁選直後に秋谷栄之助会長に電話で就任あいさつした際、池田氏との面会を要請したという。
 席上、首相は父、安倍晋太郎元外相が生前、池田氏から厚誼(こうぎ)を受けたことに謝意を表し、参院選での公明党や創価学会の協力を要請。池田氏は「しっかり応援したい」と述べ、協力を約束したという。また、小泉純一郎前首相の靖国神社参拝で冷え切った日中関係の早期改善が重要との認識で一致。さらに池田氏は国連を中心とした平和外交の必要性にも言及した。
 首相は先月30日の公明党大会に来賓として出席した際「私の祖父の岸信介(元首相)も父の安倍晋太郎も公明党とは交友関係が深かった。何か特別な運命を感じる」と語っている。
 ※(毎日新聞) - 10月8日

ところが昨日の国会答弁ではシラを切りとおしました。証拠画像(笑)↓なんか笑えます。
「そういうことはございません」5連発!全くシラを切るアベシンゾー。
シラを切るという技を覚えたシンゾー。汚さが1上がった。ふてぶてしさが1上がった。
ボキャブラが1上がった。早口が1下がった・・・・。のかな?(笑)

しかしもっと違う言葉で何か言えないのでしょうか?全くイライラします。
では毎日新聞や他の新聞報道の記事が嘘という事なのでしょうか?自公連立でその公明党の裏方さんの「あ、そうか学会」の名誉会長と会ったって何故言えないのでしょうか?
かえって隠すほうがおかしいのではないかい?
会って世間話をちょっと話しましたで何故、どこがいけないの???
何か特別な運命を感じるほどの祖父の代からの親しい間柄なら別に隠す必要も何も無いのではないでしょうか?隠すからこうやって書きたくなるわけです。

それにしても民主党の広野ただし・・・しつこかったです(笑)グッジョブ!
ちなみに小沢一郎も学会の会長と4月に会っているようですね。 

小沢氏、創価学会会長と会談・憶測呼ぶ10分間 民主党の小沢一郎代表が公明党の支持母体である創価学会の秋谷栄之助会長、正木正明副会長らと11日に会談していたことが分かった。小沢氏が代表就任のあいさつ回りとして、11日夕に東京・信濃町の創価学会本部を訪問した。会談時間は10分強で、関係者によると選挙の話はしていないという。
 小沢氏が立役者となった1993年の細川「非自民」連立政権には公明党も参画したほか、小沢氏が自由党党首時代の99年には自民党の小渕政権下で自自公連立を組んだ経緯がある。 小沢氏は代表就任後、日本医師会や日本遺族会など自民党の有力支持団体を精力的に訪問している。与党内で小沢氏への警戒感が高まっているさなかの動きだけに、憶測を呼びそうだ。
 ※NIKKEI NET

そして同じように聞かれると「会ってません」と記者を睨み付けるように言ったそうである。
この睨みつけという昔気質の技もまだまだ安倍には無理だろうなぁ・・・。
現場では結局こういったあからさまな人間力が大事だと思うんですけどね。
多分小沢一郎も会っているのは間違いないと思う。
しかしここで小沢がいう「会っていない」は与党に対しての揺さぶりだったり、何か余計な事を考えさせるといったような意味合いが強いと思う。
シラを切るという事で自民党側になんらかの警戒感を持たせるのが大きな理由だと思う。
ちょっとぶいっちゃんよ、贔屓(ひいき)がひどいよという噂もあるがそうに違いない^^

しかし小沢が公明党と手を組むという事がわかったらもう小沢削除は間違いない。
自民も民主もタイマンせれよ! 宗教の力は借りるなと言いたい。
その為には選挙民が賢くなる事だ。投票率さえ上がればなぁ。来年の参院選にリトル期待。

とまあ、物事は色んな側面で見られるわけだ。解釈の仕方も色々。
小沢も会ってるからやはり民主もダメだ、小沢もダメだという意見も多いだろう。
それは自由である。安倍も小沢もお互い「会っている」のは事実なのに私が受け取る印象は上に書いたようなものだから・・・。

私は思うのだが、自民党や公明党を叩く事と民主党など(他の野党を含む)を叩く事と平等ではいけないと思うのである。やっぱ野党は弱いもんですよ。
政権与党の権力の力の分くらいは差し引いて考えて叩かないと可哀想なもんである。
野党はそれこそ汚い手も与党以上で無いと勝てないのだ。
そこらは多めに見てやればいいのに・・・と負け戦が好きな私はよく思う。
与党は別にヨイショする必要はないじゃない。調子に乗らせて私腹を肥えさせるだけです。
与党を叩き、ウォッチして国民が監視する事でこの国がよくなるんだから。
ヨイショしてたら逆に危険な事でしょ?普通。
与野党が切迫してくればよりよい緊張感を持ったいい政権になっていきそうだと思うのが常識的な考えだと思うのですけどね。

ま、私は一生、反与党精神の男だから常にこんな見方になっていくのだと思う。
国民全員が与党(勝ち組)の精神じゃとてもじゃないけど面白くない世の中だと思う。
その総裁である小泉にしても安倍にしても日本一叩かれるのはしょうがない事なのだ。

ちゅくりあげたい教育がある。 
うちゅくちいくに、日本。 自滅党

わたくちは、国民(こくみん)が自分(じぶん)の国(くに)に誇(ほこ)りをもてりゅ教育(ちょーいちゅ)を実現(じちゅじぇん)ちゃちぇて参(まい)りまちゅ。先生(ちぇんちぇー)が、生徒(ちぇーと)に対(たい)ちて時(とき)には毅然(ちじぇん)とちた態度(たいど)で叱(ちか)る事(こと)の出来(でち)りゅ教育(ちょーいちゅ)が、今(いま)こちょ重要(じゅーよー)なのでちゅ。

とりあえずガスパーチョ:2006年安倍自滅党ポスター その3

お見事なパロディポスターです♪ナイス!!その安倍晋三も少しはお喋りも上手になったがまだまだ、ボキャブラもユーモアも何も無い。メルマガ「こんにちは、安倍晋三です」を創刊したそうだがやはりタイトルからして何のひねりも面白みも無い。
まじめなのはい事である。しかしマジメな人ほど手に負えないのは世の常。なんだか近頃では安倍晋三が自殺するのでは?と少~し心配にもなってきています・・・。いや少しマジで。
目覚め悪いだろうなぁ・・・・こうも悪口ばかり書いていたら・・と思う^^;

マジメな人って・・。思いつめると怖いところがありますからね。
だいたいネットで嫌われている人もある意味「マジメ」な人でしょ、真っ直ぐというか。
そういう意味も含めて今回のプチ大統領はちょっと心配ですね。全く手がかかる。
そしてマジメな人やお坊ちゃまほど切れると限度が無い。
それこそ「シラを切る」というレベルではない切れ方になる。それも怖い事ですね。

 このランキングサイトから訪れてくださる方が多いのです^^ご協力を♪
 ※人気ブログランキング :現在2位

 ※FC2ブログランキング :現在2位

 ※にほんブログ村ランキング :現在2位

※記事の面白さにあわせて1~3つのランキングバナークリックお願いします^^;
■0:読む価値なし ■1バナー:まぁまぁ? ■2バナー:明日も頑張れ ■3バナー:よかったよ

安倍晋三、訪韓中に全くもって偶然に起きた(笑)北朝鮮の地下核実験成功(疑惑?)から以降、どうも前もって決められていた流れに沿ったような展開になっているような気がする。

久間防衛庁長官:将来的に周辺事態認定も 
 久間章生防衛庁長官は12日午前の参院予算委員会で、北朝鮮制裁策に絡む船舶検査の実施条件で日本への武力攻撃に至る恐れのある「周辺事態」認定について「現状で周辺事態は発生していない」とした上で、「国連決議後、どのように事態が推移するか分からないので、周辺事態とわが国が認定する状況も出てくるのではないか」と述べ、将来的な認定に含みを残した。民主党の浅尾慶一郎氏の質問に答えた。
※毎日新聞 2006年10月12日 13時10分


今のままでは北朝鮮に出入りする全船舶の臨検に日本が参加する場合は憲法にひっかかるのでこのままでは法的に出来ないそうである。臨検は強制手段だから危険も伴うし。
これだけを読むとなんとか出来ないものかと思うだろう。
日本の事は日本で何とかできないものかと思う人も多いはずだ。
今回の北朝鮮に対する態度としては断固たる決意で、と思う人も多い流れだろう。
で周辺事態って何よ?という事ですがこれは「放っておけば日本への攻撃に発展するおそれのある、日本周辺で起きた安全が脅かされる事態」の事だそうです。更に

周辺事態法とは
周辺事態に際して我が国の平和及び安全を確保するための措置に関する法律の通称。嫌がらせのように法律名が長い。1999(平成11)年5月28日法律第60号。

この法律の目的は、放置すれば日本国が武力攻撃にさらされ、安全が脅かされる事態(これを "周辺事態" と定義)に対応するため、日本国とアメリカとの間の相互協力及び安全保障条約(すなわち "日米安保条約")を効果的に運用し、日本国の平和と安全を確保することを目的とする(第一条の要約)法律。

つまり、先に定義した "周辺事態" が周辺国(一言で言えば北朝鮮である)に発生した場合、米国が戦争を行なっている間に、日本国の自衛隊などが後方支援することを正当化するための法律である。またこの法律により、自治体や民間人などを "一般的な協力義務" として米軍の戦争に動員することが可能となった。

関連するリンク http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H11/H11HO060.html

簡単に言うとアメリカ軍の行為と一体化した戦争協力法みたいなものだそうだ。
この周辺事態法の適応があれば今回の北朝鮮制裁策に絡む船舶検査の件でも、国連憲章第7章の41条が盛り込まれたら、日本も臨検が出来るようになるとの事だ。
その順序としては周辺事態法から船舶検査法を切り離し、更に船舶検査法を変えないと法的に出来ないそうだけど・・・。よくは知りません^^;
要するに法を変えていかないといけないわけですね。そんな気運もマスメディアを筆頭に高まっている様な気もする危難な匂いがする今日この頃です。

実はこれが今回の大いなる安倍こべ政権の目的だったのではないでしょうか?
仕方なく法律を国民の安全と平和の為にという目的で少しずつ変えていく・・・。
憲法改正の第一歩になるやも知れません。
そんな気がしてなりません。今後この手の法改正に絡む話は要チェックですネ。

安倍こべ内閣の周辺事態こそ危険です^^;

安倍こべ内閣は「戦争が出来る国にしたがっている」と思ってみるとTVのニュースの見方も変わると思います。それが危機感を持つという事ですね。
仮にそうでなければそれはそれでいいじゃないですか。間違っていたら平和なのですから^^
最悪の方の万が一に備える事は決して悪い事でありません。

国やマスメディアの情報収集力にしても、実際たいした事は無いんです。こんな大事な時にでも平気で間違って報道・発言してしまうんです。情報なんて結局、絶対は無いわけです。
昨日の二度目の核実験を実施という誤情報が国内を駆けめぐり、世界に飛び火した件でのマスメディアや政府の危機管理の対応のことですね。

 仕掛けられた情報心理戦 独り歩きした誤情報『2度目実験』 
■政府情報にも問題点あった

 軍事ジャーナリストの神浦元彰氏は、今回情報に踊らされたもう一つの要因として、「日本政府が適切な情報を出さなかったせいでもある」と強調する。

 そもそも軍事の世界では、核実験は短期間の間に複数回するのが常識だ。九八年五月にインドとパキスタンが相次いで核実験を行ったときは、インドが五回、パキスタンは六回の実験をほとんど日を置かずに実施した。複数回の実験で信頼性を高めなければ核武装するまでに至らないからだ。

 「『北朝鮮は一回目の実験で失敗したので二回目を行う』という報道があるが、これは完全に間違っている。一回目に成功したら、立て続けに二回目、三回目の実験を行うのは当然のこと。二回目がないとしたら、それは実験が成功したことを意味するのではなく、まだ核武装する能力がないか、それとも成功してはいても核武装までする意志がないかのどちらかだ。政府は二回目、三回目の実験が当然あり得ると国民に向かって適切に情報を出すべきだった。そうすれば今回のようなことにはならなかった」と神浦氏は政府の対応を批判する。
 情報心理戦になったとき、心得るべきことは何なのか。

■事実を把握し冷静に対応を
 危機管理コンサルタント「リスク・ヘッジ」の田中辰巳代表は、企業の危機管理にかかわった経験から「暴力団やエセ右翼団体から脅迫されたり、インターネット上で誹謗(ひぼう)中傷されても、過剰反応したらかえって相手の術中にはまってしまう。北朝鮮に対しても同じことだ」としたうえで、こう話す。「危機管理の第一歩は事実を正確に把握し、それに即した対応策を冷静に練ることから始まる。相手を過度に怖がったり右往左往することは、最もやってはいけない愚策だ」

東京新聞:仕掛けられた情報心理戦 独り歩きした誤情報『2度目実験』 


確かに政府もマスコミも誤情報を流したり、または情報に流されたりと有事の際にはあまり当てにならないということか。何故、誤情報が流されたのか?ある意味おかしなことではある。
安倍こべ内閣が情報に流されたというのはある意味間違いかもしれない。
自分らの予定通りに行かなかったという事だったのかもしれないからだ。

私ら国民側は可哀想なものである。情報操作したがっているもの達の間にいるだけで、何も真実がわからない。予想していくだけなのである。
だいたい本当に北朝鮮で核実験があったのだろうか?そこさえ疑わしい。

話はドロンパと変わるが書きたくないけど書いておこう。
反日なんとかって例のブログで私の記事の「北の国から・・・安倍プレゼント」を紹介されていたようだ。昨日TBされていたが不愉快なので速攻削除した。あまりいいように書かれていないというのもあったし、(当たり前か(笑))コメント下さった方々のまで引用していたから即削除した。 だいたい私の記事なんて「こう思う」とか「そうでない事を願う」というような中途半端な文体なのに批評してもしょうがないと思うんだけどねぇ~^^;
※注 TB・コメントの削除は私の自由なブログ♪管理人特権です^^

親切な読者の方が「記事が使われてるよ」と、教えて下さるというパターンがあるので、前もって「もう知ってるよ」という事をここに書いておきますね。
上記引用にあるように過剰反応せずにスルーしたいと思います。
色々書きたいことはあるけど・・やめとこう。 華麗にスルーする~だ(笑)

しかし反日って自民党を批判する人のこと?
野球で言えば強く華やかなりし頃の巨人をキライとか批判したら反プロ野球ということ?
わからんなぁ~・・・。野球が好きだからこそ巨人をキライだって言う人がいることも、
それはまた、すっごく正常な事だと思うけどねぇ~。
今ではあまりに人気が無さ過ぎて、例え話にしてはわかりにくいかな?
そんなレベルの反日ってそれこそ反日だね(笑) !!あ!スルーすんの忘れてた^^; 

 このランキングサイトから訪れてくださる方が多いのです^^ご協力を♪
 ※人気ブログランキング :現在2位

 ※FC2ブログランキング :現在2位

 ※にほんブログ村ランキング :現在1位

※記事の面白さにあわせて1~3つのランキングバナークリックお願いします^^;
■0:読む価値なし ■1バナー:まぁまぁ? ■2バナー:明日も頑張れ ■3バナー:よかったよ

今日は一日何かと忙しかった。朝から新聞もTVもネットもほとんど見ずにいると世間の事は全くわからないね、流石に。政治家でもない私にとって北朝鮮が何をしようが現実はうやっぱそんなもんだ。正確にはサスケと野球だけ代わる代わる見てました(笑) 
長野誠さん、サスケ完全制覇オメデトウ! アンタがやると思ってたよ^^
サスケは単純に同じ目標に向かう姿がいいと思う。一番二番の勝者を決めるのではなく全員が勝者になれるという目標に向かって行けるからお互いが共に喜んだり嘆いたり素直に出来るんだと思う。いい光景ですね、イマドキ。 ソフトバンクは明日からの奇跡に期待しよう^^

北方面へのやることはさっさとやらして別のイシューで国会進めろ
北朝鮮問題一切質問してやんなかったら面食らうかな? 
安倍"美しくない"政権よ
そゆ攻め方もありかも

小沢、負けるな!
民主的に止める最後の方法だ

ぬぬぬ?:大人宣言? 迷惑な! @"核保有国サロン"と言う存在がろくでもない"大人国家"を増産する

インターセプターさんに賛成です^^ 国会では北朝鮮問題は一切質問しないというのはアリだと思います。安倍晋三の何故か唯一の得意分野ですから(笑)野党は今後は「無視」or「スルー」という技も時々入れていって欲しいと思います。下手に質問するとこんなこともある。

NHK参議院国会中継の午前の部がまさに終わろうとしていた11時53分頃、森ゆうこ民主党議員は、今週発売の「週刊現代」10/21号に掲載された記事「安倍晋三は拉致問題を食いものにしている」の事実関係を質した。安倍晋三首相が答弁に立った途端、ひょっとして生中継用の質問と中継外用の質問と二通りあるのだろうか、と思ってしまうほど絶妙のタイミングで中継が中断した。
佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン:午前11時53分の質問@NHK国会中継

その後安倍晋三の答弁は声を荒げてキレてしまい、おまけに休憩後はこの質問も切れてしまったようです。是非見てみましょう。※参議院インターネット審議中継・森ゆうこ 28分過ぎくらいです。なんか色々と不自然な展開ではある、時計を気にしながら質問する森議員。よくわかりませんがと前置きする無意味な質問。わからないなら言わなくてもいいし・・・。
それでもキレる安倍晋三(笑)事前に打ち合わせしていない質問だったのか???
とにかくなんだかよくはわからないが安倍晋三に表向きに知られている事以外の質問をする時には色々と大変だという事でしょうか?
お膳立て内閣だから、質問もきっとそうなのでしょう。でないと加藤ちゃんや田中真紀子のように何がしかの報復がありそうですしね。国会前の掴み(脅しネ)はOKのようですし。

10日に実施された韓国の世論調査では国民の67%が「韓国も核を保有すべきだ」という回答で、しかも半島が戦争状態になった時に最大の利益を受ける国では「日本」が39.5%でTOPだったそうである。 ※2006/10/11付 西日本新聞朝刊
韓国もまた国策とマスメディアに毒されているということでしょうか?
日本でも今現在実施したら結構数の人が保有に傾くのでは? アメリカの銃社会と似たような感覚ですよね。「持っててよかった♪」「殺られる前に殺れ」って感覚?

極論だが、だいたい自分だけが幸せならそれでいいと考える人は「核保有」賛成じゃないかと思っている。確かに持っておけば安心だもんね。アメリカみたく。
人に対して使った事もあり、何十万人殺した実績があって、そして今でも持ってて、他国が持てば怒って堂々と威張ってられるんだから・・・。
どうせ持つなら全世界の国という国で平等に持つべきである。
オールオアナッシング 核に関してはそれしかない。
実験する国も悪いが、今現在平気で持っている国の方が悪いでしょ。

決して日本は国民の方から核が必要という声を上げてはならない。
韓国のように核保有の世論調査が今あっても決して答えてはならない。
奇麗事を言う安倍晋三は勘違いした国民の大いなる後押しを待っているのでは?
国民からのそんな声を待っているのが・・・・あるいは
そんな声を無理やり作ろうとしているのが安倍こべ内閣ではないだろうか?
※酔って書いた為・・あとで加筆の予定アリ(笑)

 このランキングサイトから訪れてくださる方が多いのです^^ご協力を♪
 ※人気ブログランキング :現在2位

 ※FC2ブログランキング :現在2位

 ※にほんブログ村ランキング :現在1位

※記事の面白さにあわせて1~3つのランキングバナークリックお願いします^^;
■0:読む価値なし ■1バナー:まぁまぁ? ■2バナー:明日も頑張れ ■3バナー:よかったよ

一昨日実施した第一回「今現在好きな政党ランキング」の結果です。
1位は26票で無党派の皆様でした^^ 出来るだけ無党派にはしないで~とお願いしたにも関わらず1位を取るあたりが「らんきーブログ」のゲスト様のへそ曲がりというか・・(笑)
断固たる決意の持ち主の方々が揃っているなと心強く思いましたよ^^
2位は民主党でした。やはり私が小沢一郎をとりあえず推していますので妥当なところでした。後は社民、共産、新党日本、国民新党そしてムネオの新党大地の順でした。投票してくださった皆さん有難うございました。思った以上に参加してくださった方がいて嬉しかったです。

今現在好きな政党は?
[投票期間] 2006/10/08 ~ 2006/10/09 [投票数] 77票

  1. 無党派
    33.8%
    (26票/33.8%)

  2. 民主党
    32.5%
    (25票/32.5%)

  3. 社会民主党
    11.7%
    (9票/11.7%)

  4. 日本共産党
    10.4%
    (8票/10.4%)

  5. 新党日本
    6.5%
    (5票/6.5%)

  6. 国民新党
    2.6%
    (2票/2.6%)

  7. 新党大地
    2.6%
    (2票/2.6%)

  8. 自由民主党
    0.0%
    (0票/0%)
    公明党
    0.0%
    (0票/0%)
    沖縄社会大衆党
    0.0%
    (0票/0%)
    自由連合
    0.0%(0票/0%)

しかし、いいですね~(笑)自公が1票も入りませんでした。
片寄ってますね~「らんきーブログ」(笑)
冷やかしや遊びで何票かは自民党に入れる方もいらっしゃると思っていたのですが、見事に0票でした。完全な野党連合ブログですね。
これでもうある意味「自公民の悪口」ももっと堂々と書けるってんもんですね^^ 
もう書いてたか(笑)
また次回、何かのアンケートをやりますのでその時もよろしくお願いいたします。

お気に入りに入れているココロさんのわんばらんすで知った「戦争のつくりかた」 (WEB版えほん) すごくいい内容です。是非お子様と一緒にご覧ください。

 本サイト及び「戦争のつくりかた」の著作権は、りぼん・ぷろじぇくと、及び井上ヤスミチ氏に帰属します。版権は株式会社マガジンハウスに帰属します。
http://www.ribbon-project.jp/book/index.html 


大事なことは国民ひとりひとりがほんの少しでいいから危機感を持つ事です。
以前にも貼っておいたのですが、いい文章ですのでもう一度貼っておきます。

ナチスが共産主義者を弾圧した時
私は不安に駆られたが自分は共産主義者でなかったので何の行動も起こさなかった

その次 ナチスは社会主義者を弾圧した 
私はさらに不安を感じたが自分は社会主義者ではないので何の抗議もしなかった

それからナチスは学生、新聞、ユダヤ人と順次弾圧の輪を
広げていき、そのたびに私の不安は増大したがそれでも私は行動に出なかった

ある日ついにナチスは教会を弾圧してきた そして私は牧師だった
だから行動に立ち上がったがその時はすべてがあまりにも遅かった

丸山真男著
『現代政治の思想と行動』のドイツのマルチン=ニーメラー牧師の告白


戦争はよその国でしか起こらないというのは常識ではありません。
明日は我が身明日は我が国というような出来事が戦争だと思います。
戦争を出来る国にしたいという一見、勇ましく、カッコイイ声が日本国内でも今後大きく出てくる可能性があります。「美しく国の為に闘って来い!」というような風潮になるかもしれません。闘わないものは美しくないというような世の中になるかもしれません。
安倍晋三安倍こべ内閣は戦争が出来る国に、そんな美しい国にしたいようです。

人生においてなんらかの危機感を持つ事は当たり前の事だと思います。
道を歩いている時でも注意が必要な時代です。あるいは家にいても・・・。
そのうえで何も起こらなければそれに越した事はありません。
それが危機感を持つという事だと思います。万が一という覚悟を持つ事。
平和や幸福は願ったり、他力本願なだけでは勝ち取れないものだと思います。

 このランキングサイトから訪れてくださる方が多いのです^^ご協力を♪
 ※人気ブログランキング :現在2位

 ※FC2ブログランキング :現在2位

 ※にほんブログ村ランキング :現在1位

※記事の面白さにあわせて1~3つのランキングバナークリックお願いします^^;
■0:読む価値なし ■1バナー:まぁまぁ? ■2バナー:明日も頑張れ ■3バナー:よかったよ


安倍晋三が中韓訪問中のこの目立つ時期にタイミングよく北朝鮮が地下核実験を行いましたね。偶然なのでしょうか?それとも何か根回しでもあったのでしょうか?
とってつけたような核実験実施だと思うのは私だけでしょうか?

共同通信社長ら代表団が訪朝
 【ソウル=平野真一】朝鮮中央通信によると、石川聡社長を団長とする共同通信社の代表団が7日、訪朝のため平壌に到着した。
 空港で朝鮮対外文化連絡協会の洪善玉(ホン・ソンオク)副委員長、朝鮮中央通信社の金昌光(キム・チャングァン)副社長の出迎えを受けたという。共同通信社の代表団は今年4月にも訪朝、金永南(キム・ヨンナム)・最高人民会議常任委員長らと会見している。
 (2006年10月7日22時28分 読売新聞)

一見何の関係も無いような共同通信社の訪朝記事ですが前回の北朝鮮のミサイル騒動の時もそうだったらしいけど、マスコミが訪朝の最中だったとのことだ。
もはや新聞は古聞あるいは古読(こどく)と呼ぶべきか?でも書いたように北朝鮮に共同通信は支局を9月から置いている。北朝鮮内に支局がある時点でとてもまともな報道は期待できないと思うのが普通の感覚だと思うけどね。どんなニュースでも北朝鮮の検閲無しには発信できないならそれはもう公正なニュースではない。聞かない方がマシか。

北朝鮮が「地下核実験」 北東部で地震波検知
 北朝鮮の国営朝鮮中央通信は9日、北朝鮮が同日、初の地下核実験に成功したと報じた。韓国は北朝鮮北東部で同日午前、地震波を検知。日米両政府は実験実施を確認していない。北朝鮮は昨年2月に核兵器保有を公式宣言していた。今年7月の弾道ミサイル発射を上回る強硬措置。10月3日の外務省声明通り実験を行ったと表明したことで日米など国際社会は強く反発、実験が事実なら国連での制裁論議は必至だ。

 昨年11月以降中断している6カ国協議は完全に崩壊し、朝鮮半島情勢は1994年の核危機以上に深刻な事態に陥り、米朝間の緊張が危機的な状況に達する恐れもある。
 塩崎恭久官房長官は9日午後「事実とすれば重大な脅威であり、日朝平壌宣言に違反する。厳重に抗議し、非難する」と述べた。首相官邸には「官邸対策室」を設置、関係閣僚や関係省庁の局長が緊急招集された。
 朝鮮中央通信は、核実験による放射能漏れはないとしている。実験の場所や時間には言及していない。プルトニウム型原爆とみられるが、使用した数や規模などは不明。10日は朝鮮労働党創建日で、これに合わせたとみられる。
 聯合ニュースによると、韓国政府当局者は北朝鮮咸鏡北道の花台郡地域で9日午前10時36分に地震波が検知されたと述べた。ロイター通信によると、韓国の青瓦台(大統領官邸)は北朝鮮でマグニチュード(M)3・58から3・7の地震を検知したことを明らかにした。

 国連安全保障理事会は同日午前(日本時間同夜)にも非公開協議を開き、対応を議論する見通し。中国中央テレビによると、中国外務省は北朝鮮の核実験に反対する談話を発表した。韓国政府は緊急の閣僚会議を招集、同国軍は警戒態勢を強化した。

 ◆北朝鮮の国営朝鮮中央通信の九日の地下核実験に関する報道全文は次の通り。
 全国すべての人民が社会主義強盛大国建設で一大飛躍を創造していく活気あふれる時期に、われわれの科学研究部門は10月9日、地下核実験を安全に順調に行った。
 科学的計画と綿密な計算により進められた今回の実験では、放射能流出のような危険が全くなかったということが確認された。
 核実験は100パーセント、われわれの知恵と技術に依拠し進められたもので、強力な自衛的国防力を熱望してきたわが軍隊と人民に大きな刺激と喜びを抱かせる歴史的出来事だ。
 核実験は朝鮮半島と周辺地域の平和と安定を守るのに寄与するであろう。 
(共同)東京新聞:2006年10月09日の記事  

最後の行に書いている(共同)ってのが共同通信配信のマークなわけです。
地方新聞等は共同通信から配信された記事を元にニュース記事としているわけですね。
この共同通信発の北朝鮮関連の記事を全て額面通りには読むのは危険だと思う。
共同通信発ではなく「北朝鮮通信」発という心構えで読まなくてはいけないのでは
ないだろうか? そこ(北の国)に支局がある限り・・・。

共同通信社 加盟新聞社一覧
北海道新聞|室蘭民報|河北新報|東奥日報|デーリー東北|秋田魁新報|山形新聞|岩手日報|福島民報|福島民友新聞|産業経済新聞|日本経済新聞|ジャパンタイムズ|東京新聞|下野新聞|茨城新聞|上毛新聞|千葉日報|神奈川新聞|埼玉新聞|山梨日日新聞|信濃毎日新聞|新潟日報|中日新聞|名古屋タイムズ|中部経済新聞|伊勢新聞|静岡新聞|岐阜新聞|北日本新聞|北國新聞|福井新聞|富山新聞|北陸中日新聞|日刊県民福井|京都新聞|神戸新聞|奈良新聞|大阪日日新聞|山陽新聞|中国新聞|日本海新聞|山陰中央新報|四国新聞|愛媛新聞|徳島新聞|高知新聞|西日本新聞|大分合同新聞|宮崎日日新聞|長崎新聞|佐賀新聞|熊本日日新聞|南日本新聞|沖縄タイムス|琉球新報|スポーツニッポン新聞東京|スポーツニッポン新聞大阪|報知新聞|日刊スポーツ新聞東京|日刊スポーツ新聞大阪|デイリースポーツ

悲しいけどこんなにあるわけです。私が義理で取っているのもある。上記の地方新聞は共同配信の記事に頼った生き方をしているのが現状です。スポンサーは電通で。
新聞はある意味、危険な存在になっていく可能性すらあるかも。
北朝鮮の今回の核騒動を考えるにこれも筋書き通りの事だと思うのは穿(うが)ちすぎか?

安倍晋三が総理になるタイミングで共同通信社が北朝鮮に支局を出し、日本と北朝鮮との綿密な情報交換の場所としての位置づけを確保し、安倍ピ~ンチや ここだ~っ というタイミングに応じて北が何かする。そして国民に対し危機感を煽った後で、颯爽と安倍晋三が前もって決まった筋書き通りに決められたセリフで処理をする。
生まれてから今まで筋書き通りにマジメに(笑)生きてきた安倍ならではである。
そして日本も軍備拡張していかなくてはならないという世論を作っていくつもりではないのだろうか?世論を右傾化させる事だ。憲法9条改正論も出てくるだろうし、集団的自衛権も・・・。
戦争が出来る国の方向にだけは世論も誘導されないように厳戒な注意が必要だ。

共同通信社の北朝鮮支局の開設という「こんなものイラナイ」と、危険な統一協会に祝電を打ち、「何か特別な運命を感じる」とまで賞賛する池田大作(公明党総裏番長にして、あっそうか学会番長)にも近しい安倍晋三チームのシナリオ通りなのではないのだろうか?

まさかそこまで腐ってはないと思いたいが、なんにしてもタイミングが良すぎるというのは忘れないでおこうと思う。何故今日なんだ・・・?
筋書き通りに生きてきた安倍晋三の人生だけに、なんか胡散臭いっす。
どちらにしても安倍晋三にとっては嬉しい出来事ではないのだろうか?

今度の事で安倍晋三の株が上がるような事があれば北朝鮮との間での裏取引なんぞ、めっちゃ安いもんだろう。そうでない事を祈る。
ちなみに今回の安倍晋三のコメントは「冷静かつ毅然(きぜん)と対応する必要がある」という事のようだが・・・・国会でもちょっと突っ込まれると、たかが自分の事くらいでオロオロと早口になり興奮し、全く冷静で毅然とした態度ではない貴方だからこそ心配なのです(笑)

 このランキングサイトから訪れてくださる方が多いのです^^ご協力を♪
 ※人気ブログランキング

 ※FC2ブログランキング

 ※にほんブログ村ランキング

※記事の面白さにあわせて1~3つのランキングバナークリックお願いします^^;
0:読む価値なし■1バナー:まぁまぁ?■2バナー:明日も頑張れ■3バナー:よかったよ


ブログをやる人には人それぞれの理由がなにがしかあると思う。
やってみるとわかる事だが、一人からでもTBを頂いたりコメントを頂いたり、まして激励の言葉をもらうと嬉しいし、楽しくなるし、それが今後のやる気にもなる。
ほとんどの人が無報酬で一日のうちの多大な時間をかけてブログ記事を書く。
それが趣味のブログであれ政治のブログであれ、何かを書くということは大変な事だ。
楽しくなければ続かない。 政治ブログで考えてみる。

個人で書く政治ブログにしても書いていてある意味楽しさが無ければ続かない。
それを辞めさせる為には、ズバリ一言で言うと「楽しくさせない」ことだと思う。
そのことを知っているからこそ、コメント欄を炎上させたりとか、反論コメントや嫌がらせTBを送ってきたりする輩がウヨウヨといるわけだ。
自分のブログを開く度に嫌なコメントがあったり、関係の無いTBを削除したりに時間を取られるようになると楽しさはドヨ~ンと減っていく。

コメント欄にたくさんのニュース記事のアドレスを貼る方もいらっしゃる。
確かに参考になり有難い面もあるのだが、それを全部読む時間は残念ながら無い事の方が多い。逆に申し訳なくなるし負担になる。
自分が興味のある記事を読んでまとめるのだけでも大変な労力なのに人から押し付けられた(言い過ぎかな?)記事を全て網羅する事は時間的にまず出来ない。
ある意味善意の押し売り的な面もあるのだ。これは自分でブログを持っているとよくわかる。
私の場合は一つか二つ程度の関連記事ならば有難いがそれ以上になるともうギブアップだ。どうかそこらへんはご了承いただきたいと思う。

今現在、私は「安倍晋三・トラックバックピープル」に度々投稿させて貰っている。これは安倍支持の方も反安倍の方も自由に安倍晋三の事に関する記事を書いた時は参加できるオープンなやり方のトラックバックピープルだ。これを作成された美爾依さん の懐の深さだね^^
元々これは美爾依さんや きまぐれな日々のkojitakenさん らが提唱した「AbEnd」から発展していったものだ。AbEndなんていいタイトルだね!にもあるように昔のコンピュータ用語では、異常終了のことを"Abend" (Abnormal endの短縮形)という事から始まった、基本的には「反安倍」がメインだったのだがこの頃ではその当初のことを知らない方々を含め大勢のブロガーの方々が投稿されている。俗にいう「一人歩き」状態ですね。
これは非常にいい傾向だと思います。こうなるともう止まらない♪

私は反安倍の「AbEnd」という繋がりは「呉越同舟」の精神だと思っている。
「反安倍」という、その点は一致という事でそういった記事をよく書き投稿しているわけである。そこには自民支持の方もいれば民主支持の方、他の野党支持の方、あるいは無党派の方々と様々な思想の方がいることだと思う。
そういう集まりだと私は認識していつも楽しい思いをさせていただいているわけだ。
安倍晋三トラックバックピープル」の参加趣旨は私の中では「AbEnd」である。

しかしこれがある部分で強制や義務になったらどうか?
「AbEnd」に参加する人は自民党の事を良くは書いてはいけないとか、必ず「○○」という文字を文中に入れなくてはいけないとかの強制的な規約みたいなものが存在したら私はとっとと辞めるであろう。なぜならば楽しくないからだ。
そういった規約や制約は滅びの始まりだと思っている。なぜならばその時点である方向に縛られてしまうからだ。自由度が薄れていくわけだ。
あくまでブログの場合ですよ。日常生活にはルールが必要なのは言うまでもありません^^

ブログを書く人にとって大切な事は自由な精神だ。
それを失ってしまうと、企業に固定給で雇われた「自称ジャーナリスト」と同じでは無いか?
それでは本当の自由は掴めないはずだ。
私の中でのブログを書く楽しさ=自由 なのである。
これを書くと仲間に勘違いされないだろうか?とかこういう書き方をするとみんなに嫌われるんじゃないか等と考えすぎると何も書けなくなるし、何の為に貴重な時間を割いてブログをやっているのかわからなくなるだろう。第一楽しくない。もっとも最低限の礼儀とか仁義みたいなものはその自由の中にも必要なのは言うまでも無い。

私にとってブログとは須く(すべからく)呉越同舟だと思っている。
ある一点で共通の部分があればそれは繋がる事が出来るし、同じ舟に乗る用意は出来ているということである。当然その逆で目的を達したり、目的と違う方向(私の場合は楽しくない方向)に向かっている時はその船からとっとと降りるのも私の自由なのである。
それが個人ブログの楽しさだ。

反権力側のブログを書いている人はそういう自由を大事にする人が多いように思う。
群れる事がキライというか・・。それがある意味良さでもあるが、逆に弱さ(権力側から見れば烏合の衆?)でもあるが・・・。
らんきーブログはそういった点で自由でいたいと思う。
大きな意味で右だろうが左であろうが上だろうが下だろうが「この国をよくしたい」という一点が正しく同じ方向であれば呉越同舟(左右同舟)という自由な舟に乗れるのでははなかろうか?
色んな小さな舟が同じ目的の港に集まるという考え方もいいかもしれない。

 このランキングサイトから訪れてくださる方が多いのです^^ご協力を♪
 ※人気ブログランキング

 ※FC2ブログランキング

 ※にほんブログ村ランキング

※記事の面白さにあわせて1~3つのランキングクリックお願いします^^;
0=読む価値なし 1クリック=まぁまぁ? 2クリック=明日も頑張れ 3クリック=よかったよ


先日の共謀罪第一号は政府だった^^; の記事で書いてたように7年前の国連の同条約起草の会議で政府が共謀罪に批判していた事実が明るみになった途端、今国会での共謀罪の成立は見送られるという事になったようだ。

『共謀罪』の成立 今国会見送りへ 自民、公明両党の幹事長、政調会長、国対委員長は五日、都内のホテルで会談し、教育基本法改正案など五法案を今国会の重点法案として、優先的に成立を目指す方針を決めた。「共謀罪」新設を柱とする組織犯罪処罰法改正案は含まれておらず、同改正案の今国会成立は見送られる方向が強まった。
 自公両党が今国会成立を目指す方針を決めたのは、教育基本法改正案のほか、(1)テロ対策特別措置法改正案(2)防衛省昇格法案(3)国民投票法案(4)北海道道州制特区推進法案-の合わせて五法案。

 共謀罪をめぐっては、日本政府が一九九九年に国連で、国際組織犯罪防止法条約の批准問題に関連し「共謀罪は日本の法体系になじまない」と主張、共謀罪を導入せず条約に加わろうとした経緯があり、野党が法案に強く反対していることに加え、過去の見解との整合性を図る必要があると判断したとみられる。
東京新聞:2006.10.06 

やっぱジミングス(自民愚衆)は汚いですよね~。やり方が。前回の国会の際には民主党案を丸呑みしてまで通そうという荒業まで出して何とかゴリ押ししていたあの共謀罪をあっさりと政府の共謀罪必要論の虚偽が問題になる前に話題にすら上らないようにする魂胆なのか?
実際、ニュース等でも安倍晋三の答弁が面白過ぎて、そっちの方ばかりに時間が取られ、あまり共謀罪については語られていないしね。
元々前回の時もTVや新聞の共謀罪の取り扱いは非常に少なかった。こうして政府側の汚点は国民にはあまり知らせないままに安倍こべ内閣支持率を維持しているのであった(怒)

しかし野党側はこれをスルーしてはならない。前回あれだけ無理やり通そうとした共謀罪に対してのこの変節はやはり追及しない手は無いだろう。何がそう急がせたのか暴いてくれ。
あるいは見送りと油断させておいて国会終盤で強行採決もあり?なんてえげつない技もありそうですから野党の皆さんは油断しないようにいつでも阻止する準備はしておくように!
皆さんもここ2ヶ月くらいは■衆議院TV  のチェックを忘れずに^^

そういえば昼間チラっと国会中継を見ていたら民主党の枝野議員が安倍晋三に質問していた際にしきりに「これじゃアベコベじゃないですか!」みたいな事を言っていた。
受ける、受ける、私はTVの前で一人バカ受け(笑)意識してアベコベって言ってるんじゃないかと思うくらい笑えました。このまま安倍こべ内閣を流行らせて欲しいものだと思います。

歴史認識のこともネチネチと安倍晋三の過去の発言を巡って共産党の志位委員長に追及されていたけど相変わらず「歴史認識は歴史家に任せる」の一点張りで逃げている様子。そんなことで中国や韓国に行って大丈夫か?歴史家同伴で行くつもりなのでしょうか?

日中首脳会談で共同文書 日本政府方針
 安倍首相は4日夜、首相官邸で記者団に「日中関係、日韓関係は極めて重要な二国間関係だ。発展のためにも全力を尽くして参りたい」と強調。その上で「(先の大戦の)反省の上に立って日本は戦後、自由で民主的な、基本的な人権をしっかりと守り、平和に貢献をする国を造ってきた。戦後の日本の歴史についても話をしたい」と述べた。 ※asahi.com:2006年10月05日07時11分 

最後の行で「戦後の日本の歴史についても話をしたい」なんて言っていますが・・・何を語るんでしょうか?意味があいませんが・・・。国会を舐めてるのか?
しかし国外に行けば歴史を語れるのですね^^;国内では語らないくせに(笑)
今度行く中韓訪問の会談で靖国問題などの歴史認識を克服しに行くということらしいですからその時に全てがわかるわけですね。どうなることやら・・・。案外自民党は左に変身していくつもり?参院選まで??安倍本人もわかっていないようだから見ている方もわからん。
ある意味難しい・・・まさしく安倍こべ政権かも?油断禁物ですね。
とりあえず息抜きに安倍晋三の若い頃の発言でも聞いて見ましょうか。(笑)

よく喋ってます!若いっていいね、喋り方は相変わらずですが。横に座ってる森田一さんがなんか言いたそうで笑えます。今よりある意味、無駄な自信があるのが笑えます(笑)
自分の答弁が棒読みだと非難されるという愚痴を小泉に相談したという50を超えて大いに惑う安倍晋三。自分では棒読みだとは全く気づいていないのもある意味凄い事ではあるが・・・。

 論語為政の一部
十五にして学に志し、三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にして天命を知る

今からでも遅くないから学に志すところからやり直して欲しいと思います。
それも私立のエスカレート方式の学校ではなく普通の市民の誰もが体験する
受験戦争という戦争くらい体験してから、本当の戦争について語って欲しいとも思います。
しかし・・・国会ってあれですね。座ったり立ったり歩いたりの時間が無駄ですね。
改善していかないといかんですね。それとカメラをもっと増やして欲しい。自民側とか民主側とかの議員の様子専用のチャンネルも国会TVで見られたらいいなぁ。安倍晋三専用とか(笑)

  押すのキライな人も多いけど、ここから訪れてくださる方が多いのです^^
訪れる人が増えて、人と人の縁が広がるボタンです^^
(右上にも3バナーあります^^)
クリックしてね^^いいことあるよクリック応援有難うございます♪

参院代表質問:安倍首相、憲法改正に意欲表明
安倍晋三首相の所信表明演説に対する代表質問が3日午前、参院本会議でも始まった。首相は「今こそ私たち自身の手で21世紀にふさわしい日本の未来の姿、理想を憲法として書き上げていくことが必要だ」と述べ、重ねて憲法改正に意欲を表明した。また、集団的自衛権に関し「いかなる場合が憲法で禁止されている行使に該当するのか、個別具体的な例に即し、よく研究する」と語った。民主党の伊藤基隆氏の質問に答えた。 ※毎日新聞 2006年10月3日 11時41分 

このよく研究するというのが曲者なんですよね~。
消費税問題について「逃げず、逃げ込まず」という全くわけのわからない講釈をたれる人ですから集団的自衛権に関しても同じように『「逃げず、逃げ込まず」にならない様に誇りある日本人として闘って行こうではありませんか!』と解釈していくのではないでしょうか?
その時の為の伏線として今回使ったのではないかと今ふと思いました。
そもそも「21世紀にふさわしい日本の未来」とはなんぞや?戦争が出来る国?
安倍晋三統領が思い描いているものが全くわかりません。
自分にも見えていないのでしょう(笑)答弁でいっぱいいっぱいですもんね、この頃(笑)

さて、話はドロンパと変わり、私が政治ブログを書く際には、お気に入りのブログを読んだりニュース配信サイトを見たりして自分の興味のある話題をピックアップして書く事が多いのですが今後は案外You Tube もその一つに入りそうな気配です。

YouTubeで政治活動 そんな時代が来てる 2006/10/ 2
政見放送は無理だが、広義の「政治活動」は可能
YouTubeが日本の政治に本格参入する時代はあるか では、実際に選挙活動がインターネット上で行われる可能性はあるかというと、どうもなさそうだ。総務省はJ-CASTニュースの取材に対し、「公職選挙法で、インターネット使用した選挙活動は禁止されています。政治活動となれば、インターネットに対して規制はありませんが」 と答えた。ということは、政見放送などは無理だが、広義の”政治活動”となれば話は違ってきそうだ。しかも、総務省は、インターネットを利用した選挙活動を認めるか現在検討中だという。 <中略> 息抜きに日本メガネ党の政見放送(おぎやはぎ)をどうぞ^^

実際に、米国ではYouTubeが大きな政治的力を発揮した事例もある。
2006年8月21日付産経新聞によると、06年8月の民主党のコネティカット州予備選で当時現職だったリーバーマン上院議員を破ったレイモント氏の支持団体は、リーバーマン氏のちょっとした失敗やおかしなしぐさなどを編集した動画をYouTubeに投稿し続けたという。YouTubeがレイモント氏の勝利にどれほど貢献したのかは定かではないが、後日リーバーマン氏が、YouTubeを活用したレイモント氏支持団体に苦言を呈したという。
日本の政界に、YouTubeに対する警戒感ない
現在でも、ブッシュ大統領がリーバーマン氏に接吻したシーンやおかしなしぐさを取り上げた動画を簡単に見つけることができる。米国の政治活動に、YouTubeは大きな影響力をもっているのは確かだ。
日本で、こんな事態が起こることはあるのか。
YouTubeは日本のネット社会に浸透、政治家でも安倍晋三首相、麻生太郎外相、などYouTubeで検索すると幾つかヒットする。そんな状況だから、リーバーマン氏と同様のケースが生じる可能性もないとは言えなそうだ。
実際に、「悪用」が起きたとき、政党は同サイトに削除要請するのだろうか。自由民主党はJ-CASTニュースの取材に対し、「そういうことは想定していない」 とだけ答えた。日本の政界には、YouTubeに対する警戒感はないようだ。

日本メガネ党」があるなら日本ブログ党があってもおかしくは無いですよね^^誰か立ち上げてください。日本ブログ党は「反与党」なら誰でも入れる党という定義でどうでしょうか?
しかしYou Tubeでは選挙活動ではダメだが政治活動で使えるのならこれは利用しない手は無いですよね。特に野党側は。今後ドンドン活用して頂きたいと思います。
全国紙の新聞一面にド~ンと多大な広告費を使うよりも手軽に面白く色んな角度から活用できる事は安易に考えられます。TVではフィルタがかけられてしまったり都合よく編集されたりするので今後はこういったアピールも大事だと思いますね。

短く簡潔に面白く作れば多くのブログでも紹介しやすいので是非検討してすぐ実施して欲しいと思いますね。文字だけではなくこういった映像発信もこれからは重要な武器になるのではないでしょうか?
美爾依さんのブログで知ったのだが、政府側には2005年11月から私の知らないうちに
「政府インターネットテレビ」というのがあるようだがこれは如何なものでしょうか?どうせ自分達に都合のいい部分だけを繋ぎ合わせただけのTVより性質が悪い代物ではないのでしょうか?これも税金で作っているかと思うとなんだか情け無いですね。
どうせ税金で作るなら野党側にも平等に作れって感じですね。

政府インターネットテレビとはインターネット環境のブロードバンドの進展に対応して、小泉内閣と国民との間をより身近にするため、動画専用サイトとして立ち上げられた。日本政府の広報用インターネットテレビ。総理記者会見や政府公報CMなどが見られる。 

チラっとチャンネルを見てみたけれど全く見る気がしないのでやめました^^

1ch 総理の一週間 総理の一週間をまとめて紹介
2ch ビデオで見る総理 総理の公務を紹介
3ch 総理からのメッセージ 総理の記者会見など
4ch English Version
5ch 官房長官記者会見 長官会見記者会見を紹介
6ch 大臣のほんね 大臣の本音に迫るインタビュー
7ch 改革続行中 構造改革がテーマの特別番組
8ch ニッポンの元気 各地域が製作した構造改革番組
9ch タウンミーティング・ダイジェスト タウンミーティングを紹介
10ch CMライブラリー
11ch トピックス
12ch 防災チャンネル

ネ!まったく面白く無さそうでしょ(笑)6chの大臣のほんね だなんて言うわけ無いし(笑)
参考資料として確認の為とか、TVを見られなかった時は少しは役に立つかもしれないけど所詮、どこかの国と同じようなプロパガンダ放送と一緒でしょう。洗脳させられるだけだね^^
とにかくYou Tubeのような若い人が訪れるサイトで興味を惹く映像を流すって事も政治に対する敷居を低くするって意味でも有効だと思うし工夫すれば色々方法もありそうなので来年の参院選までに野党は無い頭を絞って世耕タヌキンよりやり手の方法を使って政権交代に向けて頑張るべし!話題は自分で作っていく時代だ。
そしたら私のブログでもバンバン流して広める事も出来るし、一石二鳥だ。

※オマケ ブログに貼り付ける方法
You Tubeの映像の右側に「Embed」というのがあるのでそれをブログに貼り付けるだけで貼れます。しかしこのままだと画像が大きすぎるので縦と横の比率を少し変えたらいいと思います。50~60%の比率だと「横255、縦210」くらいですね。
えっ? 皆さんもう知ってましたか? 私はこの頃知りました(笑))


  押すのキライな人も多いけど、ここから訪れてくださる方が多いのです^^
訪れる人が増えて、人と人の縁が広がるボタンです^^
(右上にも3バナーあります^^)
ランキング緑バナークリック応援有難うございます♪

教育基本法改正案とテロ対策特別措置法改正案とを最優先課題として、今国会で再度取り上げられる組織犯罪処罰法改正案で、実は安倍晋三with先が見えないジミングス(自民愚衆)が必死に創設したがっているあの共謀罪が実は7年前、国連の同条約起草の会議で、政府自体が元々共謀罪に批判していたという事のようです。

東京新聞:政府、国連で『共謀罪』批判
 「国際組織犯罪防止条約を批准するには、共謀罪創設が不可欠」とする政府が、実は、国連で「共謀罪は日本の法体系になじまない」と主張し、共謀罪を導入せず条約に加わろうとしていたことが、一日、民主党や日本弁護士連合会の調査で明らかになった。共謀罪必要論を根底から揺さぶる事実だけに、臨時国会で野党の厳しい追及を受けるのは必至の情勢だ。

 国連審議を伝える外務省公電の分析で分かった。国連条約は第五条(原案当時の三条)で共謀罪や参加罪の導入に触れている。導入は義務づけではないとの条文解釈もあるが、政府は「同条で義務づけられた」と解釈している。共謀罪は英米法、参加罪は独仏などの大陸法になじむといわれ、最も狭義の参加罪は「犯罪を行わなくとも、単に犯罪組織に加入すれば罪になる」結社罪を指す。条約原案は共謀罪や結社罪の導入を促していた。

 公電によると、一九九九年三月の国連審議で、日本政府が条約原案を「日本の法体系になじまない。英米法、大陸法以外の法体系の国々が受け入れられるようにしなければならない」と批判、「国内法の基本原則に従って」「組織犯罪集団の関与」などの文言挿入を要求し認められた。さらに、結社罪ではなく「犯罪組織に参加し、犯罪に貢献することを認識して行為する」ことを罰する「広義の参加罪」に変更するよう求めた。こうした日本側主張の一部が受け入れられ、条約最終案は米国などとの協議を経て、日本政府が提案した。

 日本には共謀共同正犯理論や教唆罪、ほう助罪があるため「広義の参加罪」なら、ほぼ現行法のまま条約批准可能とされる。日弁連関係者らは「政府が、日本の法体系を壊さずに批准しようと条約原案を変更させたことがはっきりした。共謀罪必要論の虚偽を示す重要証拠だ」としている。導入に前のめりな安倍晋三首相らは民主党などの厳しい追及を受けそうだ。

何のことはない。政府が自ら国連で批判したものを、前国会では知らん顔して
「欧米か!」じゃなくって^^ 「米か!」って国の誰かから命令されたからだろうが、
無理やり共謀罪を組み込もうとしていたという明らかに異様な展開なのである。
全くこんな事実を国民はおろか政治家も知らないでいたというのが恐ろしい話である。
外務省公電ってなんだ?よくはわからないけど在外公館から本国政府に伝達される公文書ってどこかに書いてあった・・・。という事は政府(与党側だけなんだろうね)は当然、この事実を知った上で前国会で「国際組織犯罪防止条約を批准するには、共謀罪創設が不可欠」と、いけしゃぁしゃぁと叫んでいたのか・・・・。汚いね、ほんと。
結局政府自らが共謀罪創設の真実を国民に隠して共謀していたというオチだね。

共謀罪関連をあまりご存じない方はこちらをどうぞ♪ 
共謀罪ってなんだ?
私のブログでもいくつか書いています。お時間がありましたら^^
共謀罪 その罪と× ・・・○はある?
愛国心+共謀罪=三猿国家
共謀罪は丸呑み出来ません^^ 毒ですから


結局国が無理にでも推し進めたい何かには必ずこういった裏があるという事ですね。
国民の知らぬ間に自分たちが決めたことですら平気で隠して真逆の事をしようとするジミングスの群れなのですから・・・。そして「らくちんランプ」さんのブログで知ったのですが

らくちんランプ : 安倍晋三とモアイ像の奇妙な関係 
統一協会に祝電を送ったり、かつて『週刊ポスト』(04年6月11日)が報じた「若返りの水」と称するミネラルウォーターを販売している(現在は中止しているかも?)インチキ宗教「慧光塾(えこうじゅく)」の熱心な信者である安倍晋三は、先日総理大臣に就任したことで、今後はその権力を遺憾なく発揮して、益々その布教活動に力を入れてるもの思われます。

 さて、安部晋三の母親・安倍洋子は、札幌市郊外にある庭園の総面積が約30万坪、3万基以上の墓石とモアイ像が建っている「真駒内滝野霊園」という霊園の親会社である「社団法人中央公益札幌」の理事に就任していて、年間4,000万円の役員報酬をもらっているそうです。

その詳細は下記リンク先に記述されていますが、後々のために安倍洋子に関する記述部分をピックアップしておきます。(以下引用)

安倍晋三の背後に潜む異様な光景の北海道巨大霊園:山岡 俊介(ジャーナリスト)

母子ともになんだかなぁ~ですね。とにかく安倍晋三の周囲には怪しいのが多すぎ!!
今日の国会答弁も下ばかり向いて紙切れを読んでるだけでした。
あの答弁でいいのであれば、僕朕でも総理大臣になれると錯覚しましたよ^^
という事で今日の記事もトラックバックピープル:安倍晋三にTBしよう。



昨日の逆アクセスランキングの記事でTBもらった中で相互リンクしている
人間汁観測所:願えば願う程 遥かな大地が広がる未来よ のまましえさんの記事を読んで非常に嬉しくなりました。まましえさんのブログは音楽関係のブログなのですが、そこでリンク先の私のブログも見て政治に関心を持たれた方がいるようだというような記事でした。
これこそが私の理想ですね。政治とは全く関係の無いブログからの繋がり。
これが本当は政治じゃないんでしょうか?知らない人、わからない人。関心が無い人が興味を持つ事・・・。それこそが開かれた政治。 なんてちょっと偉そうですね(笑)
政治がわかっている人だけが語り合うだけではイマイチだと思うのです。

政治は詳しいけど文章にすると難しすぎる人。人間的にちょっとどうかって人。
コミニケーション取るのが苦手な人。行動力が無い人・・・。

政治はあんまりわからないけど文章が上手な人。人間的に素晴らしいと思える人。
コミニケーションを取るのが上手な方。行動力がある方・・・。

もちろん両方兼ね備えている方もいおられるし、素晴らしい方も多いのですが、こうやって分類してみると政治に詳しい人だけが世の中を動かすのではなく、実際には行動を起こしたり人間的魅力のある人が動かしたりする事も多々あります。誰でも一長一短あるものです。
私個人では政治に詳しくても人間性がどうか?と思う人よりも政治には疎いけど人間的に素晴らしい人が大好きです。(皆そうでしょうけど(笑)

私の理想は、こういった色々な人達がもっと気楽にリンクを組めるようになるって事でしょうか?ネットを見ているとどうも政治関係のブログは難しい怖いというイメージが時たま見かけられます。そういった強烈なブログも必要ですが全部が全部そうである必要は無い。
そこでそれぞれの得意分野の人がリンクを貼って得意分野で伝播していく・・・。
コミニケーション作りが得意な人は輪を広げたり、文章力がある人はわかりやすく政治の事を書いてみたり、あるいは行動力がある人はリアルの世界でちょっと行動してみる・・・とかネ。
本当に行動力がある人は自らが政治家を志したらいいくらいです^^

そうする事によって、いい情報や考え方が大きなリンクとなって広まっていくわけですね。
そういったブログの輪こそ、ブログやネットの最大の魅力でしょう。
内輪のサークルだけで仲良しこよしの世界だけにいるのが日本人って好きな傾向があるけど、間口(まぐち)をド~ンと広げていた方が思わぬいい情報や素敵な考え方が伝わってきて変化もあるし、また楽しくなる事このうえないと思いますけどね。
考え方は多種多様でいいけれど、どこかの部分で繋がっていればネットの世界も人と人が繋がるリアルと一緒です。いい縁はどんどん広げましょうねー。
政府がしょっちゅう行う共謀罪に対抗するための共有財(知恵という財産)を持ちましょう♪

  押すのキライな人も多いけど、ここから訪れてくださる方が多いのです^^
訪れる人が増えて、人と人の縁が広がるボタンです^^
(右上にも3バナーあります^^)
ランキング緑バナークリック応援有難うございます♪

先月9月の30日間のらんきーブログの『逆アクセスランキング30』です。
本当にお世話になっております。もちろん以下のサイト以外にもたくさんあるのですが
今回は特にお世話になった上位30サイトだけ紹介いたします^^

順位 リンク元サイト名アクセス数
1人気ブログランキング:社会・経済ニュース2054
2カナダde日本語1122
3Google検索 656
4Yahoo検索458
5反戦な家づくり416
6きまぐれな日々295
7喜八ログ260
8トラックバック・ピープル・安倍晋三245
9日本がアブナイ!231
10FC2ブログランキング175

まず1位の人気ブログランキング:社会・経済ニュースはいつもブログエントリーの一番下に「ポチっと」とお願いしているブログのランキングサイトです。ダントツにここから訪れてくださる方が多いのがわかりますでしょ?よかったら今日も押して帰ってくださいね(笑)

2位は「カナダde日本語」さんですね、AbEnd安倍晋三トラックバックピープル提唱者の美爾依さんのブログです。たまに私のブログを記事に取り上げてくださったりしてもらっているお陰ですごいアクセスがあります。(それともうひとつ理由が・・・。それは最後に)
そしてGoogle検索、Yahoo検索の順ですね。意外に検索サイトからはアクセスが少ないのがらんきーブログの特徴ですね^^;
今月からは検索サイトからもアクセスが増えるように少し工夫してみるかな?
以下、相互リンクしてくださっているブログやTBを送ったりしているブログさんが多いです。

同じブログでもそのエントリーに送ったTBから来てくださる方や、リンクを貼ってくださってる場所からとか、あるいは最も多いのは記事内に私のブログ記事を引用して頂いたりアドレスを引用して頂いた時とかにアクセスが多いようですね。
ホントに有難うございます。引用は大歓迎ですのでこれからもヨロシクです。
基本的にこのTOP30に入っているブログは私のお気に入りにも入っているし、毎日私も見に行っているブログばかりです。皆さんも是非見に行ってお気に入りを増やしてください^^

11風に吹かれて149
12ブログ版「ヘンリー・オーツの独り言」148
13雑談日記(徒然なるままに、。)125
14カルトvsオタクのハルマゲドン120
15BLOG BLUES114
16ブログ村ランキング111
17とむ丸の夢109
18Yahooブログ検索106
19鳥越俊太郎のオーマイニュース編集長ブログ99
20伊東勉の「言いたい事、伝えたい事。」92
21女神のDTP79
22人間汁観測所74
23佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン72
24花・髪切と思考の浮游空間70
25薫のハムニダ日記69
26ぬぬぬ?68
27非国際人養成講座64
28はてなアンテナ57
29雑木帖 ─ メディアウオッチ他 ─48
30ぷらも&ぱずる まじっく:共謀罪問題39

インターネットのこの広い世界で何かの文字で「縁」が始まるわけですが、面白いもんですよね。たった一度しか見ないで永遠に「サヨナラ」してしまうブログもあれば「ブックマーク」して何度も訪れるブログもある。  そういった意味でTBやコメントを相手ブログに送ったりあるいは記事内にリンクを貼ったり、引用して紹介したりするという事はその輪を広げていくのにすごく便利なものですよね。「いいもの」「いい文字」「いい言葉」「いい情報」はすぐに多くの人が共有する事が出来るのがブログ(ネット)の最も優れた点だと思います。

そういった意味で8位のトラックバック・ピープル・安倍晋三はもっともっと広まっていったらいいのになぁと思っています。8位で245アクセスありますが1日にしたら8人です。
非常に少ないと思います。もっとこのページを目立たせないといけません。

その為には、トラックバック・ピープルにTBを送るだけではなく、その安倍晋三関連の記事を書いた時には自分の記事の中にトラックバック・ピープル・安倍晋三のリンクを貼った方が絶対にいいと思います。自分が送るだけでなく、自分のブログからもトラックバック・ピープル安倍晋三のページに誘導するという事ですね。
今現在1400もの安倍晋三関連の記事があるのです。
もっともっと広げていくためには記事を書いて送るだけではなく、自分のブログの記事にリンクを貼って見知らぬ人を誘導する事も大事だと思いますね。自分も窓口になる。

ひとりひとりが窓口になってトラックバック・ピープル・安倍晋三の記事がたくさんの人の目に留まるように誘導する。これをやらないと、いくらいい記事があっても、ブロガー同士の内輪の中だけで埋もれてしまっては非常にもったいない事です。
安倍晋三関連のブログを書いてTBを送る際には毎回自分のブログのどこかにも
トラックバック・ピープル・安倍晋三のリンク入り口を出来るだけ貼って送りましょう。
多くの人の目に触れれば触れるほど何かが大きく変わっていくものだと思います。

ブログをやっている方でもし面倒でなければ、提唱者のカナダde日本語の美爾依さんの
AbEndのリンクリストを自分のブログに表示する方法を読んで自分のブログに常時貼り付けて表示させるようにしたら窓口が非常に増えると思います。私もブログ右上にしてます^^
カナダde日本語さんからのアクセス数が多いのもきっと美爾依さんはブログの左上に
安倍晋三 リンクリストを貼ってらっしゃるからだと思います。
そこに私の記事がある時にアクセスが増える、そんな効果だと思っています。
他の上位ブログも安倍晋三 リンクリストを上に貼ってらっしゃりますので間違いないです。
私でも貼れたから多分そんなに難しくは無いかと思います^^;
日本の街中で「AbEndって知ってる?」って会話が溢れるようになりますように(笑) 

  押すのキライな人も多いけど、ここから訪れてくださる方が多いのです^^
訪れる人が増えて、人と人の縁が広がるボタンです^^
(右上にも3バナーあります^^)
ランキング緑バナークリック応援有難うございます♪

この情報が本物ならすごい事だ。早速聞きに行ってください。
とむ丸の夢さんのブログで知った藤原直哉のインターネット放送局:藤原直哉の「日本と世界にひとこと」小泉政権の後始末 の9月26日分のmp3を聞いてみましょう(10分程度です)。

郵貯340兆円のうち、すでにゴールドマンサックスの仲介で200兆が
30年満期の米国債に充当されている。
 そのうち手数料3兆円分の米国債がキックバックされ、2兆円分が
竹中氏に、1兆円分がコイズミ氏に渡っている。
 このことがリークされて、4月に竹中氏が検察の事情聴取を受けたが、
以前から月に1回勉強会をしているCIAから表に出すなといわれて、
10億円渡されて検察側の捜査はストップ。
 竹中氏はスタンフォード大学の客員教授として渡米し、
終生帰国しないということで手を打った。

とむ丸の夢:キックバックは竹中氏2兆円、コイズミ氏1兆円! 

追記※ 野バラさん が全文テキスト化して下さいました^^小泉政権の後始末テキスト版

聞いてみましたか?スゴイ話をあっさりと話してらっしゃいます。小泉が1兆円!!
1億円のトランクで1万個ですよ!!小泉陰性・・じゃない^^小泉院政が十分にひける金額ですね。政治家1人に10億やって手なづけても1000人に言うことを聞かせる事ができる。
CIAと勉強会やってるらしい検察だって10億でストップする世の中なんですから。
そして竹中は2兆で国外追放島流し処置だけど・・それって海外逃亡援助というか帰国させるだけではないだろうか?しかしなんで竹中えなりもどきは小泉の倍もあるんだろ?
話半分にしても、10分の一にしてもおかしな話が出てきましたねぇ。
国会でちゃんと調べて証人喚問でもして竹中と小泉を追及して欲しいもんですねぇ~。

そしてその竹中政治家辞任の時期ににあわせたかのような植草教授の痴漢疑惑。
正直言ってあまり興味が無かったので前回の手鏡事件の時は、「あ~そんな人なんだ」とマスコミに流されるままの情報に私も流されていました。スケベな男だと。それくらいの知識しかなかったがあれから色々調べてブログを読んでいるうちにこれは冤罪では?という疑問も出てきて、そして下記の神州の泉さんのブログを読んで、また色々と考えさせられました。

 植草一秀氏の痴漢疑惑逮捕のニュースで、私は、報道された情報をすべて網羅しているわけでは勿論ない。痴漢事件が起きたときの電車内の状況や、植草氏が駅の事務室で蒲田署員に引き渡されるまでの詳細な情報は、はたしてどれくらい出てきているのだろうか。   神州の泉:植草氏逮捕に関するメディアの独断性と偏頗性

もしも冤罪だとしたらどうなんでしょうか?
これは私には事実はわかりません。しかし万が一冤罪という可能性はありえる事なのです。もちろん前回の手鏡事件のことも含めて大事な時期に酔っ払って電車に乗る植草氏の油断もあるでしょうが、こんなオヤジ狩りのような痴漢でっち上げはかなり簡単に出来る犯罪です。まして相手が(国家側)がその気になって計画的にやれば簡単な事だと思う。

そう考えると様々な植草援護ブログがああまでも炎上するのはおかしいことだ。
AAA植草一秀氏を応援するブログAAA ここもひどいコメント欄の嵐だった・・・。
今は休止されているようですが、冤罪の可能性が少しでもあるからそれを信じて応援する人がいても別におかしいことではないと思う。それをネットフナムシ達が必要以上に繁殖して攻撃する方がおかしい。というか異常だ。この流れだけを見て私も事実はどちらかは判断できないがネット偽善フナムシ(正義ぶってるけど中身は逆のフナムシね)の繁殖具合からの判断で何かが裏にあると思うようにして推移を見ている状態だ。
実際、報道の仕方もおかしいし、逮捕のタイミングも怪しかったと感じるだけに。

そして昨日の安倍晋三の初心者表明・・じゃない所信表明。

安倍首相の所信表明演説、カタカナ言葉109回2006年09月30日02時46分
 安倍晋三首相の29日の所信表明演説では、カタカナ言葉が多用された。看板政策の「再チャレンジ支援策」のほか、「イノベーション(技術革新)の力とオープンな(開かれた)姿勢」など、日本語の方が理解しやすい表現も多い。
 首相演説の分量は、全体で8301文字。このうちカタカナ言葉は、日本語として定着している外国語や外国地名なども含めると計109回も登場。「自宅での仕事を可能にするテレワーク人口の倍増」や、「子育てフレンドリーな社会を構築する」といったフレーズもある。(時事)
 

安倍首相就任会見 「しっかりと」32回「思います」35回
 ■自信のなさ表れ? 専門家は辛口分析

 「しっかりと教育再生改革に取り組んでまいりたいと思います」
 26日夜の就任記者会見で安倍晋三首相は「しっかりと」「思います」「まいります」という表現を連発した。
 「首相としての初会見で緊張していた」(自民党関係者)との見方がある一方、専門家は「自信のなさの表れでは」と辛口の分析をしている。
 就任会見は首相官邸で約26分間行われた。発言の中でとりわけ目立ったのは副詞の「しっかりと」だ。「しっかりとスタートする」「しっかりと支援していきたい」など32回登場。1分間に1回以上使った計算だ。
 また、文末では「思います」(35回)、「まいります」(22回)、「考えています」(18回)を多用。「しっかりと」強調した決意が最後に「思います」といった形で弱まった印象を与える。
 「上手な“聞き方”“話し方”の技術」(ダイヤモンド社)などの著書がある話し方研究所の福田健会長は「同一表現がこれだけ多いとは…」と驚く。福田氏は「首相の重責に『しっかりしないといけない』との思いから『しっかりと』という力強い表現を無意識に多用しているのではないか」と指摘。「文末で『思います』『まいります』を繰り返すのは、弱さや自信のなさの表れ」という。(産経新聞) - 9月28日8時0分更新

頑張って5分くらい我慢して聞いてたけど、全く心にも足の小指にも響きませんでした。
こんなにカタカナ好きとはね。横文字が好きなのね。 「欧米か!」 って感じですね(笑)
http://youtube.com/watch?v=xWyUPcgHRmk
タカアンドトシでも見て息抜きしてください^^見習って欲しいネ、このテンポ。
安倍晋三は下ばかり見て喋ってるしね。どこかのサイトで読んだけどあの安倍のたるんだ分厚い頬(ほほ)が口を圧迫してカツゼツを悪くしているんじゃないかと(笑)私もそう思う^^
そして全く意味がわかりませんでしたね。やはり安倍は傀儡なんでしょうね。
ウーパールーパー似の世耕らが色々と知恵をつけてやったのでしょうが全く無駄でした。

再チャレンジだなんて言っていますが、郵政民営化に反対した中で当選した議員には復党の話を持ちかけているけどあの選挙で落選した人間には何の声もかかっていない人も多いそうである。何の再チャレンジか?参院選に都合のいい者にだけしか再チャレンジはない。
本当に復党させるつもりなら落選した人間も全て含めて踏み絵を踏ませよ。まぁ。復党する人も多数出るようだけどもうダメですね、去勢議員です。今度二度と党の規則に逆らえないような生き方を選ぶんですから。党議拘束議員、略して頭数議員として頑張ってください。

ところで鈴木宗男は首相指名では小沢一郎に入れたらしい。よしよし^^
新党日本の荒井チンコロスケは安倍に入れたらしい・・・・情け無い。
国民新党との統一会派は解消だとか・・・全く野党は何やってるんだか・・・。

首相指名選挙:郵政造反議員17人中12人が安倍氏に投票
 26日行われた衆院の首相指名選挙で、郵政民営化法案に反対し自民党を離党した「造反組」議員17人のうち、平沼赳夫元経済産業相、保利耕輔元自治相、堀内光雄元通産相ら無所属議員12人が安倍晋三首相に投票した。自民党復党の可能性を考慮したものとみられる。野呂田芳成元農相は「地元での葬儀」(平沼氏)を理由に欠席した。
 一方、国民新党の綿貫民輔代表、亀井静香代表代行、亀井久興幹事長と新党日本の滝実総務会長の4人は綿貫氏に投票したが、新党日本の荒井広幸幹事長は参院本会議の首相指名選挙で自民党の安倍晋三氏に投票した。
 両党は衆参両院で統一会派を組んでおり、国民新党は新党日本に文書で「看過できない。荒井氏の厳正な処分を求める」と抗議。対応によっては両院で統一会派を解消するとしている。新党日本は田中康夫代表が首相指名の対象ではないため、自主投票としていた。 ※毎日新聞 2006年9月26日

その野党第一党の小沢不在の最中に民主党の色男・細野豪志がやってくれました。
その色男の中身の実態は好きという字がついたただの好色男だったという話。

別に、誰が誰と不倫しようとしまいと、大胆に路上キスをしようとしまいと(笑)、どうでもいいことだが、こういう無自覚で軽薄な色男に政治家は似合わないだろう。まして民主党が党としての運命を賭けて反転攻勢に出ようとしている、この時期だぜ。しかも政調会長代理だって…。相手はなんとテレビの報道番組の女だぜ。政治家がそんな女に手を出すか、普通…。政治家失格だろう。
「毒蛇山荘日記」:民主党よ、細野を即刻除名処分にし、議員辞職勧告を。 

仰るとおりです。ここにも「欧米か!」って人間がいましたね。路上でしなくてもねぇ・・・。
この国会の論戦が今始まろうかという矢先にこのニュース。もしかしたら自民側の餌だったのかも知れませんね。でなくてもこの時期に見つかるような、それも堂々とやっちゃってはいけません。何かを犠牲にしないと出来ないでしょう。こんな楽しい思いは^^;
やっぱ民主党若手議員は前原以下ちょっと鍛え直さないとダメなようですね。
鍛えてもダメかな?相変わらずTVに出てるチャラチャラ議員多いからね。
逆に出なければいいんだよね、一切。そしたらTVに出るのは自民だけになって電波芸人ぶりが目立つのにさ。自民と一緒のことやったって負けるに決まってるんだから。

なんだか来週からの国会もどうなることかジミングス(自民愚衆)より先に野党の皆さんがこうもバラバラで野党愚衆で頼りなくては心配が先に立つばかりではある。
安倍こべ政権を倒す前に野党がこうもだらしないというのはアベコベではあるね。
こんな事ではビューティフルカントリーを目指す安倍晋三プチ大統領にいいようにされてしまうではないか? ビューティフルカントリーって・・・・ 「欧米か!」 チャンチャン^^

  押すのキライな人も多いけど、ここから訪れてくださる方が多いのです^^
訪れる人が増えて、人と人の縁が広がるボタンです^^
(右上にも3バナーあります^^)
ランキング緑バナークリック応援有難うございます♪

世論調査である。果たしてこの世論調査は今後も政治の目安として使用していっていいものだろうか?ちなみに28日、今回の安倍晋三のジミングス内閣についての報道各社の世論調査結果の支持率は以下のようになっている。

ー安倍内閣支持率ー
日経新聞 71% 読売新聞 70.3% 
毎日新聞 67% 共同通信 65% 朝日新聞 63%

なんだか最初から各社ともに目標数値があったかのような結果である(笑)
先の総裁選のABEの得票率あたりをめどに出してきたか?って雰囲気^^;
一方、ネットでは昨日も紹介したが以下のような支持率にになっている。

自民党の安倍晋三総裁は26日、第90代総理大臣に就任し、安倍内閣が発足します。あなたは、安倍新内閣に期待しますか? 「美しい国へ」安倍内閣に期待?
期待する (26.45%)  期待しない (73.54%)
 ※今日のシングルイシュー

ほぼ世論調査とは支持率は逆転している。このネットのアンケートが突拍子も無くおかしくない証拠に今現在やっているシングルイシューのアンケート結果が以下のこれだ。

飲酒運転の厳罰化から4年。飲酒運転による死亡事故は、今年に入って増加傾向に転じ、悲惨な死亡事故が続発しています。あなたは、飲酒運転のさらなる厳罰化が必要だと思いますか?  飲んで乗る 厳罰化必要?
思う (88.75%)  思わない (11.25%)  
※今日のシングルイシュー

ネットだからって特別変な人とかが投票していないのはわかる。ま、確かに年齢層とか性別は偏るだろうけど。しかし世論調査とは違い、関心のある人達が多いというのはいえると思う。そこで世論調査。 日経の場合の調査方法は以下のような感じで集計しているらしい。

▼集計方法
「有権者のいる世帯」と確認できた集合を抽出標本とします。
そのうち「回答を得られた有権者」の集合を回収標本とします。
回答率は「回収標本÷抽出標本」で定義します。
内閣支持率などの比率の算出は、回答を得らた件数(回収標本)を分母とします。
たとえば、抽出標本=3000、回収標本=2000で、内閣を「支持する」と回答した人数=1000の場合、 回答率=67%(2000÷3000)、内閣支持率=50%(1000÷2000)です。 <以下略>

更に日経電話世論調査 よくある質問 を読んでみると面白いです。本当にかかって来た人っているのかな?と思ってGoogleで「世論調査 かかってきた」で調べてみた(笑)
ついでにヤフーブログでも「世論調査 かかってきた」で検索してみた。暇だね~私も。
色々読んでみると面白い体験もある。少なからず体験記をブログにアップしている人もいるようだが・・・どうも少ないと感じるのは私の気のせいだろうか?

ブログを書く人だったらおわかりのように「世論調査」の電話が自分の家にあったらまずネタになる(笑)そんなおいしいネタはないだろう^^
ネタが無くてブログを書く人は困っているのだ(笑)そういう点では格好のネタなのに・・・
それなのに「世論調査 かかってきた」のブログが少なすぎる。検索の仕方が悪いのか?
という事は家にいて固定電話をとり、更に律儀に答える人はだいたいネットとかしない年配の人が多いという事では無いだろうか?上記の よくある質問 内にあるように色々とランダムに抽出する方法ではあるがやはり無理はあると思う。

まずこの個人情報がうるさく言われている世の中で、しかも日々新たな「オレオレ詐欺」もどきが出現している煩わしい世の中で更に、いきなり「○○新聞のアンケートですが・・」という時給1000円くらいで雇った臨時アルバイト調査員のマニュアルを読みながらの質問にどれだけの人が信用して答えるというのでしょうか?
私に「○○新聞のアンケートですが」と、もし電話がかかってきたとしたらと考えてみた。
まず信用しないですね。信用する為にわざわざ○○新聞まで確認の電話するまでもない。
そんなもんだと思いますよ。ただでさえ、ろくでもない営業電話の多い時代に。
何故いきなりかかってきた電話に、そんなこと考えてもいない時に「支持政党は」とか「家族構成」「職業・性別・年齢」なんか教えなくちゃいけないのか考えるとぞっとしますね。
密かに共産党支持者の人とかは尚更答えにくかったりするのではないだろうか?社民党もかな?(実際あまり口に出して支持政党の話をしない人も多いですし)

昨日の朝日新聞の世論調査の回答率は57%だ。43%の人達はやはり信用しないで答えなかったのだ(私もこちらのグループになる)。あるいは胡散臭さを感じる人達だったのであろう。やはりこの世論調査結果の分母の人柄や性格も考慮して考えないといけないだろう。
「人を信じやすい」「騙されやすい」「断るのが苦手」「単純にいい人」こんな方々が比較的多いのではなかろうか?それは=オレオレ詐欺とかにもあいやすい人ではなかろうか?
世論調査の質問項目に「あなたは騙されやすいですか?」も是非入れて欲しいものだ(笑)

権力側がよろこんぶ調査 ー世論調査考ーにも書いたが、この答えなかった43%の方々を対象にアルバイトの調査員とかではなく、プロのオペレーターを使って、もう一度再調査をして欲しいものだ。こちらの方々の答えの方にリアルさを感じます。
本当の世論というかリアル世論はこの答えなかった43%に近いと思うのだ。
今のやり方では、簡単に言うと「TV・新聞」を信用していますか?
というアンケートで「イエス」をつけた人の答えが主になるのだ。
57%の人々が全てそうだとはいわないが、ほぼそれに近いのではないだろうか。
次回からは質問項目の追加に「TV・新聞は信用しますか」も入れておくように^^; 

このすっかりコソ悪が増えた今の世の中には世論調査を騙(かた)って個人情報の収集をしている人間もいる事だろう。約半数の方々がいきなりの見ず知らずの人からの電話で「○○新聞ですが」とか「○○TVですが」の挨拶だけでスラスラと答えるお国柄ですからね。
世論調査を騙るヨロヨロ詐欺だって出来そうでもある。小泉以降、世論調査はよく聞くようになったような気がするが。どうもおかしい。今国会で「世論調査」についても取り上げてもらい、その信憑性と是非をもう一度深く考えていただきたいものだと思う。
今のような世論調査なら必要ないと思うのは私だけでは無いだろう。

  押すのキライな人も多いけど、ここから訪れてくださる方が多いのです^^
 ※人気ブログランキング

 ※FC2ブログランキング

 ※にほんブログ村ランキング

3つともクリック応援有難うございます♪

数学がキライな人はいつ頃からキライになっていったのか?おそらく算数の頃からでしょうネ。となると小学生の算数時代のどこかでわからなくなった為に面白くないから益々わからなくなっていったという事ですね。勉強ってだいたいそんなもんだと思います。キライになった理由として先生がキライだったからとか教え方が下手糞だったというのもありますよね。
結局ものごとは基本が出来ていないとそれに続く応用も出来なくなるし、わからなくなって、面白くなくなっていくというのは当たり前の話ですね。

そんな私は高校の頃の入学時はそこそこの私立校だったのですが全校生徒800名近くの中で5番でした。(自慢話^^)しかし、さらに自慢では無いですが高校時代一度も勉強した事がありません(笑)部屋には机すら置きませんでしたし(笑)教科書も学校に置きっぱなしで、またカンニングなんてのは自分の主義に合わないのでしないので高校卒業時には文系500人中ワースト10に入ってたと思います。その当時の担任からは「多分お前がこの高校の歴史上1位の下降率やろう」と笑われていました。何故勉強しなかったのか?それは大学に行く気が無かったからですね。それだけ。勉強も好きではなかったけど^^

環境って大事なもので私の両親共に学歴も無くまた親戚一同見渡しても従兄弟とかでも大学に行ってた人はいなかった。自然そういう話も無いままで、またウチは貧乏だから大学にはいかんどこっと勝手に高校に入った時点で私は勝手に決めていたのでした。ホントはもう少し将来のことを考えてたら違う人生になったでしょうがそれもまたよし です。
下手したら高校も辞めてたくらい(笑)それくらい毎日遊んでましたね。
要するに先の事は何も考えないボンクラな青春時代ではありました(笑)

ですからこの頃では政治の話をよく書いて偉そうな事を語っていますが政治の事もほとんど知らなかったというのが正直なところです。何故って?
だって政治って面白くなかったんだもん(笑)学校の授業と一緒ですよ。何を聞いてもピンと来ない。それこそイメージだけで判断するしかないようなレベルですよ(笑)

唯一、田中角栄さんの時だけはまだ私は学生だったけど発言に魅力があったから興味はあったけどそれ以外は政治の事はほとんどニュースを受身で見るくらいで見事にマスコミに騙されていた今で言う、「B層」の基本中の一人でもあります^^;それは要するに政治の基本的な考え方が全くわからなかった知らなかった、「党議拘束」何それ?見たいな感じですね。
もちろん中学や高校で習ったであろう基本的な事も全く頭には残っていない(笑)
勉強しないと決めたあの日から学校の授業の脳みそはキレイに無くなったようですし。

そんな私でもこうやって政治ブログもどきを書けるわけですね。
誰からも文句は今のところ言われていませんし^^;やればそこそこは出来るわけですね。
ま、そんなに大したことはやっていませんが自分が疑問に思う事を調べていくうちに順序はバラバラですがなんとなくですが政治の事が少しずつわかるようになっていくもんです。
それはやはり数多くの政治ブログを書いている方々のお陰だと思っています。
読み比べていくうちに何が正しくて何がおかしいか見えてくるような感じですね^^
それは、イコール面白い、面白くなるという事だと思います。
面白いから読んでて飽きない。書いてて飽きないということでしょうか。

本当は政治家に魅力があったり国民の方を向いた政治をやってくれればもっと政治に興味を持つようになるのだと思います。しかし意識してでしょうが政治家達は難しい言葉を使い、専門用語を使い、話をこんがらがせるようにして国民に興味を持たせないようにしています。
小泉はその点「自民党をぶっ壊す」という威勢のいいわかりやすい言葉で国民に興味は持たせてくれたと思います。しかしそれは結局嘘で、イメージ戦略の始まりでもあった訳ですけど・・・。しかし小泉のお陰で興味を持つようになったひとは多いと思う。しかし、よくわからないという人も私同様まだまだ多いと思う。わからないから面白くないの悪循環ですね。

でもわからないのは結局は自分のせいでもある。
わかるようになれば何でも面白い。
これも真実ですネ。一歩踏み出してみましょう。
そしてわかるようになれば今まで見えなかったものが見えるようになります。見えるようになれば気づくようになります、気づくようになれば想像力も湧いてきます。自分の考えも出来てきます。好循環の始まりですね^^ その点ネットは非常に便利です。一緒にガンバリましょ^^
今度の安倍晋三政権になってからまた益々政治嫌いの人が増えてきそうな気がします。
それくらい昔の自民党って感じの今度のジミングス(自民愚衆) 政権の面白く無さです。

しかし相変わらずネットでは人気が無い安倍晋三。
ネット界では前回のヤフー選挙の結果といい、反安倍という流れがどうやら出来つつあるようですね。AbEndの影響も少しはあるかな?
何せ何も実績が無い人だけに期待の仕様が無いというのは本当のところだと確かに思う。
これで期待をするというなら世の中誰でも総理大臣だ(笑)大臣経験も無い人間がいきなり総理だからねぇ。いきなりTOPな訳だから。これが終われば政治生命も終わるということか?

安倍新首相 ネットの支持率は低調 2006/9/26
衆参両院は2006年9月26日午後の本会議で、自民党の安倍晋三総裁を第90代、57人目の首相に選出した。自民党の総裁選では圧倒的な強さで勝利を収め、そのまま首相の座についた形だが、ネット社会では安倍新首相の「支持率」の出だしは、かなり低調だ。絶賛される小泉前首相と比べると、その落差が際立つ。

「期待しない」と答えたのが7割以上

安倍政権、ネット上では低調な滑り出し ライブドアが配信している「動画ニュースライブ!」でのアンケート「シングルイシュー」では、26日15時から、「あなたは、安倍新内閣に期待しますか?」というテーマで意見を募っている。20時現在で「期待する」と答えたのが29.57%で、「期待しない」と答えたのが70.42%。政権スタート時の支持率としては、かなり低い方だ。

ネット社会の人々は流石に敏感ですネ。
安倍晋三は面白みに欠けるというのが直感的にわかるのだと思います。
昨日の総理就任後初の記者会見も結局何を言ってるのかよくわからないというのが正直な感想です。着飾った言葉で話す言葉は結局、勉強を教えるのが下手糞な学校の先生と同じで聞く方のやる気を無くさせます。

そうして政治ギライが増える事ってやっぱり国民にとってマイナスだと思うんですよね。
政治キライ無関心派国家権力の戦略 くらいに考えなくてはいかんでしょう。
こんなに豊かな日本で(まだまだ世界的には豊かです)もったいないですよね。
政治に興味が無いって勿体無い。少しでもわかれば面白いと思うんです。政治って。
それを安倍晋三は面白くないようにして(そうは本人はそう意識していなくても元々面白くないところが悲しいところだけれど(笑))国民を1億総能面のような顔に仕立て上げることが、もしかしたら彼の総理としての一番の仕事なのかもしれない・・・。

ー今日のOZAWAー 小沢「心臓病の兆候感じた」…代表質問立たず
 体調不良で都内の病院に検査入院している民主党の小沢一郎代表が、10月2日からの衆院本会議の代表質問に立つことを取りやめた事が分かった。
 鳩山由紀夫幹事長によると、小沢代表は25日に検査入院する際、「10年余り前のことがあって、その兆候らしきものをちらっと感じた」と説明。小沢氏は平成3年に狭心症で入院しており、今回も何らかの異常を感じたとみられる。
 小沢氏は26日、医師の許可を得て首相指名選挙に出席し、病院に戻った。その際、小沢氏は記者団に「昨日より良くなった」などと語った。 ZAKZAK 2006/09/27

残念だなぁ・・代表質問楽しみにしてたのに・・・。
これも天命か。69歳で心不全で亡くなった小沢一郎の父親の年齢に近づいてるしなぁ。
残念ですが完全復活を待つ事にしよう。他の野党もいることだし^^
小沢主義 面白いですよ^^小沢一郎を知らない人には一読の価値ある本だと思います。

ー最後にー
皆様の応援のお陰さまで下記の3つともランキング1位になれました^^(夜10時現在)
いいのかなぁ~^^こんなブログでという気持ちもありますが
「期待量」込みということで素直に喜ばせて頂いております^^感謝!!


  押すのキライな人も多いけど、ここから訪れてくださる方が多いのです^^
 ※人気ブログランキング

 ※FC2ブログランキング

 ※にほんブログ村ランキング

(今日中にオール1位じゃ無くなる可能性も多いと思いますけど^^;)
※ 上記バナーをクリックするとランキング投票ボタンになりますので^^; ご注意を(笑)

安倍晋三新総理大臣がとうとう誕生してしまった。戦後最年少の首相だ。以前から政治の若返りにはあるていど期待していたがまさか安倍によって成されるとは・・・・悲しいです。
昨日、自民党の幹事長に選ばれた中川秀直ゲロゲ~ロですが、そのお仕事とは?

自由民主党幹事長とは自由民主党の党三役の一つであり、事実上党総裁に次ぐ党内ナンバー2の要職とされる。党最高責任者である党総裁は河野洋平を除き内閣総理大臣に就任していることから、党務全般を執行部幹事長が握っている。

任期は1年。任期途中で辞職した場合は新任者の任期は前任者の残任期間までである。総裁が新たに選任された場合は在任期間に関わらず幹事長の任期は終了となる

幹事長の最大の仕事は選挙を指揮し、勝利する事であり、立候補者に対する公認権を持つ事から、党内において絶大な発言力を握る事になる。特に衆院選では小選挙区制が導入され、公認漏れ候補が非公認で立候補して当選することが以前の中選挙区制に比べて格段に難しくなったことにより、従来から大きかった幹事長の影響力がさらに増加したとされる。
選挙以外にも議院運営委員会、国会対策委員会などを通じて、国会運営、法案審議の指揮を行う。
 

実質の自民の実権を握ってるような存在である。何故この食用カエルのような顔をしたゲロゲ~ロ中川が幹事長に今回なったのか?一体どんな人か知らない方はブログの右下のお気に入りにも入れてある三輪のレッドアラートさんの:中川秀直氏についての黒い黒い噂を是非読んで頂き、自民党がどの方向に向かおうとしているのかの参考にして欲しい。
幅広い人脈だとかキレイにいうけどなんて事は無い、新聞族とか「あ、そうか学会」に顔が利くという人脈の事なのだ。これでTVだけではなく新聞も今後は全く当てにならないという事がわかります。まぁ、元々あてにはしていないけどね^^;

倍晋三とタッグを組む中川秀の二人あわせて安直内閣 がついに出来上がったわけだ。最悪ですね。AbEndとあわせてこのカエルEndも誰か立ち上げてください^^;
言論弾圧・情報抹殺の時代がいよいよやってきました。
だいたい自民党と公明党の連立自体がおかしいのだ。
自民党を応援するという事はほぼ公明党「あ、そうか学会」を応援しているのと同じようなものなのですから。選挙だっていまや、自民は公明の助けなくしてはダメな状態でなのですから。フランスではカルトと認定されている「あ、そうか学会」=公明党が与党のこの国って・・・それだけでおかしいと思いませんか?その「あ、そうか学会」と太い人脈を持つゲロゲ~ロ中川は統一協会にも安倍晋三同様、祝電を打っているらしいです。

統一協会・集団結婚に祝電
 霊感商法や違法伝道など反社会的活動を繰り返す統一協会の集団結婚を兼ねた大会に祝電を送った国会議員は、安倍晋三官房長官らのほかにも多数いることがわかりました。正副大臣、政務官など現職政府関係者だけでも九人。中川秀直自民党政調会長の名前もあがっています。2006年6月25日(日)「しんぶん赤旗」 

安直コンビ。その安直さで日本は危険なカルト国家にされてしまいます。
おまけにもう一人の中川。禁酒宣言をしても長続きしない、自制能力すらない酒乱の癖に「日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会」の代表で(お前の前途を考えろって)趣味は水鉄砲という中川昭一政調会長も論外ですね。戦争の出来る国にしたいのなら貴方は水鉄砲で前線に向かってください(笑)
そして今日決まったABEこべ内閣の人事は以下の通りです。(赤字の秘密は後で)

安倍こべ内閣(笑)の顔ぶれ
▽総理=安倍晋三
▽総務=菅義偉(丹羽・古賀) 
▽法務=長勢甚遠(森)  
▽外務=麻生太郎(河野)
▽財務=尾身幸次(森)
▽国土交通=冬柴鉄三(公明党)
▽環境=若林正俊(参、森)
▽官房・拉致問題=塩崎恭久(丹羽・古賀)
▽国家公安・防災=溝手顕正(参、丹羽・古賀)
▽防衛=久間章生(津島)
▽文部科学=伊吹文明(伊吹)
▽厚生労働=柳沢伯夫(丹羽・古賀)
▽農林水産=松岡利勝(伊吹)
▽経済産業=甘利明(山崎)
▽金融・再チャレンジ=山本有二(高村)
▽規制改革・公務員制度改革・道州制=佐田玄一郎(津島)
▽沖縄・北方・イノベーション・少子化=高市早苗(森) 

▽経済財政=大田弘子(民間)

 赤字は統一協会系の団体に祝電を打ったとされる方々らしいです。これに中川ゲロゲ~ロを加えて5名か。一体この国は・・・。カルトを日本の国教にでもしようというのでしょうか? 
※参照 http://blog.livedoor.jp/takassa0/archives/50900658.html
↑カルトvsオタクのハルマゲドンさんからお借りしました^^

ー今日のOZAWAー<小沢代表>衆院本会議に出席
 体調不良のため25日に東京都内の病院に検査入院した民主党の小沢一郎代表が、首相指名選挙を行った26日の衆院本会議に出席した。小沢氏側から党幹部に「首相指名選挙だけ出席する」と連絡があった。健康不安説の拡大を防ぐ狙いがあるとみられる。本会議出席後は再び病院に戻る予定。※毎日新聞 - 9月26日13時 -

ん~。。きついんだろうなぁ・・。健康面に不安を抱えたままの国会かぁ・・。
なかなか世の中は上手い具合にはいきませんねぇ~。ま、そのくらいはハンデって気持ちで野党は頑張って国会を戦い抜いてくださいね!
案外体調が悪くて入院というのは嘘かもしれない^^何かの作戦かも?
とにかく参院選まで後10ヶ月! アベカルト内閣が倒れるまで頑張りましょう♪

  押すのキライな人も多いけど、ここから訪れてくださる方が多いのです^^
訪れる人が増えて、人と人の縁が広がるボタンです^^
(右上にも3バナーあります^^)
ランキング緑バナークリック応援有難うございます♪

「歴史認識は歴史家に任せるべきだ」という考えの安倍晋三総裁は自分のこれまでの全然波乱万丈でない人生という歴史すらTV局には任せてはいない。ヨイショさせているだけだ。
ましてまだ何も成し遂げていないABEの物語をTVで、さもカッコよく長時間もかけて作るのか?色々なブログを読んでたら、「やったね、テレ朝!」とか「流石、テレ朝」なんて喜びの声のブログも多い。なんだかなぁ~。あれを見て素直にそう思える人がいるのが不思議です。

自民党の三厄・・・じゃない三役も幹事長に愛人問題で一世を風靡した中川秀直(62)、政調会長にはBSEの際の対応が笑えた中川昭一(53)、総務会長は「加藤の乱」の際に同調しなかった丹羽雄哉(62)が決まったようだがあまり関心は無いです。W中川って紛らわしいねってことくらいですね^^あえて言えば「中川家か!」というツッコミくらいです。
国会対策委員長には二階俊博(67)が、民主小沢一郎対策として決まったみたいだが・・二階って昔から小沢一郎を一回り小さくしたように見えてしょうがないのは私だけでしょうか?(笑)人相も悪いし。ジミングス(自民愚衆) がどちらにしても安倍晋三を中心に動き出した。
今ネット見てたら小沢一郎は検査入院したみたいだ。大丈夫かな?

さて人を惹きつけるものの一つに喋り方、あるいは声質みたいなものがあると思う。
歴代首相でいえばやはり田中角栄のダミ声の喋りは面白かったし、今でも頭に響くような印象に強く残っている。小泉純一郎も喋り方は上手かった。
というよりあれは啖呵(たんか)みたいなものであったが。ワンフレーズ啖呵だったね^^; 
そこで安倍晋三のお喋り能力は?先日、安倍関連で安倍新政権にメディア戦々恐々? というナイスな記事を出していた東京新聞にこういう記事が載っていた。

 『優等生安倍氏響かない』
「新しい憲法を制定すべく政治日程に乗せるため、リーダーシップを発揮する時がやってきた」「日米同盟の信頼性を高めるため、政務レベルの対話が必要」などと持論を展開。官邸での会見と違って努めてゆっくり話しているように見える。ただ、五人の中で一番声が小さく、語尾が聞き取りにくい。

 「小泉首相のように何が出てくるか分からない(文法的にも)崩れている魅力、『乱れ』がない」。東教授の最初の感想だ。

 最も気になったのは演説に「間(ま)」がないことだという。「安倍さんは『人材育成』など三つのキーワードを挙げたが、いまひとつ好感が感じられない。それは常にしゃべり続けていて間をあけないから。間は聞き手を注目させて理解を助ける効果があり、言葉以上に伝わることもある」という。

 さらに安倍氏が持論を述べた後、「こう思います」と付け加えるクセに注目。「旧来の伝統的なスピーチで優等生的。響いてこない。自民党のプリンスといわれているが、小泉さんのような『乱れ』の要素がほしい。国民はそういうところにひかれる」

東京新聞:総裁候補予定5人の言語力分析 

と、自民党のブロック大会で総裁候補たちが所信表明を行った際の安倍晋三を「歴代首相の言語力を診断する」(研究社)の著者、東照二・米ユタ大学言語文学部教授(50)が分析した記事の抜粋です。「声が小さい」、「語尾が聞き取りにくい」、「間が無い」、「好感が感じられない」、「響いてこない」散々ですね(笑)この先生、グッジョブだ!(笑)
更に私が付け加えれば「早口」、「舌足らず」、「心が無い」、「高揚が無い」、「面白くない」、「何を言ってるのかわからない」、「フランス語に聞こえる」・・・・きりが無いネ(笑)
先日のテレ朝「特報スクープ決定版!!安倍晋三が号泣した日」で心ある国民が情けなくて号泣したあのドラマの主役は加藤晴彦だった。滑舌(カツゼツ)良すぎです(笑)ABEに比べて。もっと喋りの下手なモゴモゴした役者を選ばないといかんよね^^少ししか見てないけど。

果たして安倍流の美しい日本語で29日に所信表明演説が出来るのでしょうか?
↓次期首相『安倍晋三』総理大臣 1/2(You Tube)


それと■衆議院TV で1月26日の耐震偽装の問題で民主党の馬淵澄夫に対する安倍晋三の答弁も見てない人は見よう(カレンダーで1月26日に行って「馬淵澄夫(民主党・無所属クラブ) 14時 01分 1時間 15分 」をクリックして、だいたい53分くらいから安倍晋三の話になり59分くらいから安倍晋三がお喋りしだします(笑)
酔っ払っているのかと最初思いましたね、私は(笑) そんなレベルだった。
私はこの時の安倍晋三のお喋り映像を見て全てを感じ取りました^^

よい子の喋り方教室に行った方がいいでしょうね^^ 手遅れか(笑)

※追記※直接見たい方は雑談日記(徒然なるままに、。)さんのブログですぐ飛べます^^

  押すのキライな人も多いけど、ここから訪れてくださる方が多いのです^^
訪れる人が増えて、人と人の縁が広がるボタンです^^
(右上にも3バナーあります^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ  クリック応援有難うございます♪

明後日26日に臨時国会が召集されますね。安倍晋三新首相(予定は不安定)の所信表明演説は29日に行われる予定だそうですが、今頃はしっかり喋る練習を、山梨の別荘かどこかでしているのでしょうね(笑)。 モーニング娘。を昔辞めた保田さん似の元DJの奥さんから「もっとゆっくり喋らないとまた馬鹿にされるわよ」なんてチェックいれられながら。
安倍こべ政権のジミングス(自民愚衆)人事にはあまり興味は無いです。
アメリカに丸めた尻尾を振った順に選ばれるようなものでしょうから。

前国会から引き続きの、教育基本法改正案テロ対策特別措置法改正案の成立をこの臨時国会では最優先するらしいです。他には防衛庁の省昇格法案や憲法改正手続きのための国民投票法案、そしてこのブログでも何度か取り上げた共謀罪の創設を柱とする組織犯罪処罰法改正案など約80日間の安倍晋三with愉快なジミングスVS小沢一郎民主&マジメな野党の攻防は暇を見つけてチェックしましょう。
TVだけではわからない面白い一瞬を見たい方は■衆議院TV で毎日チェック!!

TVでは一部(だいたい権力側のいいところだけ)しか流さない事が多いから、意外に見逃せないポイントもあって面白いですよ^^ 
TV各局からわざとらしいほどヨイショされる安倍晋三のTVでは絶対に流さないであろう早口舌足らずピンボケでございます答弁を聞くだけでも面白い筈です^^;

A級戦犯(不起訴の岸祖父さん含む)がどんな罪を犯したの?と子供の頃から考えている安倍晋三はとにかく日本を米国と一緒に戦争のできる国にしようとしているのは恐らく間違いないところだろう。もし間違っていたならそれはそれでいい事だから最悪の事を考えておこう。
政治家も三代続けば、三代目はそりゃあ、おかしくなりますよ。
祖父岸信介の縁故&父晋太郎の縁故だけでもう強固なものがあるんですから。
ABE自身の考えはほとんど無くすべて安倍家の方針みたいにもなるよね。
まして子供の頃からの祖父から受けた薫陶(呪縛)は一生拭い去れないでしょう。
その偉大なる祖父岸信介超えを目標にABEは今からは邁進するつもりでしょうから特A級戦犯あるいはS級戦犯の称号を目指すようなものでしょう。阻止してあげましょう、皆の力で。

話はドロンパと変わり、ちょっと気が早いけど来年夏の参院選の予習です。
今、ヤ○ト運輸の配達のアンチャン(30歳くらい)が来ていた時に私が見ていたネットの内容をちょっと聞いてみたら下記の参院選のしくみを知らなかったのでちょっと簡単に説明しますね。結構こういったことって知らない人も多いと思いますよ^^

Q. 参議院議員が半数ずつ改選されるのはなぜですか
A.  参議院議員の任期は6年で、3年ごとに議員の半数が改選されます。つまり、比例代表選出議員48人、選挙区選出議員73人、合計121人が1度の通常選挙で改選されることになります。
 このように改選の時期を6年の任期ごとに一斉に行うのではなく半数改選としたのは、議院としての意思の継続性を保つとともに国会の機能の空白化を防ぐことを目的としているからです。なお、参議院には衆議院のような解散がないので、半数改選も規則正しく実施されます。 ※参議院ホームページ


要するに来年夏の参院選は参議院議員242名のうち半数の121名が改選されるわけですね。平成22年満了の方々はそのままって事です。自分の選挙区の状況もとりあえずチェックしておきましょうね^^ ※Yahoo!みんなの政治: 参議院の議席配分
これをわかりやすく党別に更に図にまとめると下記のようになるわけです。
黄色い部分の議席が来年の参院選に該当するわけですね。ですから自公あわせて今現在135議席ありますからこれが現状よりもマイナス15議席という事になれば120議席(赤字)で野党側合計の方が122議席(青字)という事になり参議院では多数になるわけです。
ー平成18年 9月23日現在ー
自分の選挙区のこともよく考えてどの党に入れたらいいか考えながら政治ニュースを見たりあるいは国会中継を見るのも面白いと思います。目指せ野党で15票プラス!
ふ~ん、公明党はYahoo!みんなの政治: 参議院の議席配分 で見てたら東京・埼玉・神奈川・愛知・大阪で強いんですね~。頼みますよ^^この地域の人!ちゃんと選挙に行ってね^^
もう何度も書いてるのでご存知の通り「あっそうか学会」を組織票に持っている公明党支持者は雨が降ろうと槍が降ろうとテポドンが降ろうと^^選挙には必ず行きますので、私達が選挙に行かないという事は公明党に1票入れているのとほとんど同じ意味なのですよね。

例A) 100人の選挙人口数で投票率が60%でした。60票ですね。
そのうち公明党が25票、民主20票、共産10票、社民5票とします。 公明党が当選ですね。
例B) 100人の選挙人口数で投票率が40%でした。40票ですね。
そのうち公明党が25票、民主10票、共産3票、社民2票とします。 公明党が当選ですね。
もういっちょ!! 例Cだ!(笑)
例C) 100人の選挙人口数で投票率が25%でした。25票ですね。
そのうち公明党が25票、民主0票、共産0票、社民0票です。 公明党が当選ですね(笑)


簡単に書くと上記のように世の中の投票率は60%でも25%でも公明党は毎回ほぼ100%の投票率になるのですよね(笑)もうお分かりですね^^ 
選挙に行かないという事は公明党を応援しているのと同じ理屈なのですね^^「隠れ公明党」「隠れあっそうか学会員」という事にもなるかもです。 非常に罪なことなのです。
近所の方々にも教えてあげましょう^^
選挙に行かずんば公明党(あっそうか学会員)支持とみなす と(笑)
「あっそうか学会」の事をよく知らない方はここのまとめサイトでお勉強してネ^^ ※落選運動
比例代表もあるから全国的に選挙に行きましょうね^^

ブログを何かを発信する人達だけでは無く、ブログや何かで受信する人だけの人達だってちょっと気づくだけで、少し行動するだけで世の中は変わる事もあると思います。
「わからないから興味が無い」「興味が無いから何も行動しない」では無くちょっとわかれば何かが変わる事があるのが人生です。その集大成が国を動かすという事かも知れません。
なんだか偉そうになりましたネ^^;  一足早い参院選のお話でした^^

  押すのキライな人も多いけど、ここから訪れてくださる方が多いのです^^
訪れる人が増えて、人と人の縁が広がるボタンです^^
(右上にも3バナーあります^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ  クリック応援有難うございます♪

ジミングス(自民愚衆)の群れを引き連れて安倍晋三政権が来週早々に誕生する。
国民を無視して自民党員だけで選ばれた、まさしく生まれてきてからずっと籠の鳥で生きてきた人にふさわしいお膳立て(笑)。幸せな人生だね。顔に出ています(笑)
 「僕の前にはいつも道があるのだ。楽なのだ。でも僕の後ろに道はないのだ!それでいいのだ~」天災アベボン語録にもある^^; 安倍晋三総裁選公式サイトをチラと覗いてみた。

具体的政策
1 政治のリーダーシップを確立
2 自由と規律でオープンな経済社会
3 健全で安心できる社会の実現
4 主張する外交で「強い日本、頼れる日本」
5 党改革:新たな時代の責任政党のビジョン
6 「戦後レジーム」から、新たな船出を
http://www.abe2006.jp/plan/index.shtml 安倍晋三総裁選公式サイト

なんだかちっともわからないですが、多分とりあえずは憲法改正教育基本法の改正の2つに長期的に力を入れるんじゃないかなぁとか思っています。
というのも先日紹介した「日本がアブナイ!」さんの記事で書かれてるような展開を目論んでいるんじゃないかなぁと私も思うからです。以下引用。(リンク先で全文読んでくださいネ^^)

今回は安倍晋三氏がやけにこだわる「国立大学9月入学」論をメインに書きつつ、ちょっと気になる「自衛隊の予備自衛官補の制度」なるものを紹介してみたい。
<ちなみに「予備自衛官補」というのは、18歳以上の一般国民が計50日間の訓練を受け、予備自衛官になる資格を得る制度である。(訓練には1日7900円支給)、システムの概要などは後述。>

『安倍官房長官は14日、自民党本部で開かれた公開討論会に出席し、国公立大学の入学時期について「世界の大体の学校は9月だ」と語り、9月入学の導入を検討する考えを表明した。そのうえで「(入学まで)4月から9月の間に、ボランティア活動をやってもらうことも考える必要がある」と述べ、奉仕活動を義務づける考えも示した
<朝日新聞 15日> 』<関連報道記事*1>
 
 安倍氏は「憲法改正」と共に「教育改革」を政権構想の二本柱にしており、秋の臨時国会では、まず「教育基本法の改正」の実現に強い意欲を示している。
 また、同時に「教育バウチャー制度」や「教員免許更新制度」、そして教育のシステム、内容を含め、多岐にわたる提言を行なっている。
安倍氏がこだわる国立大9月入学&ボランティア+「予備自衛官補」で若者集め

ボランティアというリトル美しい言葉の裏にあるものは将来への「徴兵制」への足慣らしの可能性もあるかも知れないということですね。そしてセットで戦争が出来る国にする為の憲法改正。この予備自衛官補というのは日給もある事からニート対策にもなりますね。
国の為のボランティアですね、これは究極の・・・!おそらくそうでしょう。
徐々に普通の軽いボランティアで慣らしてからそういうものに変貌していくのでしょうかね。
そういった方向にこの国が向かっている可能性は非常に強いと思います。
愛国心の強制にしてもそうでしょう。将来の布石ですね。週明け早々いよいよ総理となる安倍晋三を朝日新聞社が実施した全国緊急世論調査(電話)によると一般国民は 

安倍氏の指導力については強いリーダーシップが「ある」29%に対し、「それほどでもない」が53%。特に男性では59%と高い。
 信念や考えを「きちんと説明している」は38%で、「あいまいにしている」の42%を下回った。安倍氏が総裁選で、財政や外交、歴史認識などについてあいまいな発言をしたことが響いているとみられる。
 一方、安倍氏が総裁になって自民党が「よくなる」と思う人は17%、「悪くなる」は3%で、「変わらない」が70%と最も多かった。安倍氏のもとで、自民党改革はそれほど期待されていないようだ。※asahi.com 2006年09月21日

という評価だ。ABEが総裁になってジミングス(自民愚衆)が悪くなるが3%しかいないというのが悲しい事ですね。すっかり騙されてますねー、国民グス^^;
持ち上げるところがイメージしか無い為にリーダーシップや信念・考えなんかは「よくわからない」が本当は一番多いと思う。多分ABE本人もわかって無いのではないだろうか? 
結局、傀儡だから少し先の事しか命令されて無いのではないか?どこに行き着くかわからないまま裏方(アメリカ&カルト&etc・・)から言われるままに行動しているような気さえする。
しかしそんな人間が確実に戦争が出来る国への道を造ろうとしているのは間違いない。
小泉悪政時代では勝ち組・負け組という言葉が生まれたが今度の安倍こべ傀儡政治では生き組・死に組という言葉が生まれるようになるのではないか?イメージだけで流されては絶対にいけないです!ネットを見ていない友人知人にも伝えてくださいね^^

傀儡(かいらい、くぐつ)は操り人形 (マリオネット )のこと。転じて実権を持たずに家臣や他国に思うままにされる皇帝 や王 や政府 などを傀儡君主・傀儡政府と呼ぶ。

ABEが戦争が出来る国にしようとする前に新しい法律をひとつだけ作って欲しいと思う。
戦時政治家率先垂範法」だ^^
これはもし自国が戦争に巻き込まれた際にはまず政治家本人あるいは子息が必ず、戦地、それも前線に向かわねばならないという法律だ(笑)
それくらいの法律をまず作ったら政治家も真剣に政治を考えるだろう。
家族の反対もあるだろうし、政治家を辞める人も出てくるかもしれない(笑)
この法律があれば戦争が出来る国にはまずしないだろうと思うが・・?(笑)
あ・・・そしたら全員戸籍上だけ離縁したりするか^^;卑怯者の集まりだからネ。しかし万が一戦争があればまず自分らが前線に立つ事が最低限のことだ。国民より先に行け。後ろから撃たれるかも?^^ま、これは冗談だが、そのくらいの覚悟を持って政治を行って欲しいものだ。

臨時国会がいよいよ来週26日から始まる。
野党はあらゆる手を駆使して新ジミングス(自民愚衆)の息の根を止めて欲しいと思う。
まずはABEの薄っぺらな化けの皮を剥いで欲しい欲しいと思う。
ネタは仕込んでいるだろうか?いきなりド~ンとスキャンダル爆弾もOKだよ^^
イメージとは全く逆の全然爽やかではない安倍こべ政権には何もさせないように野党は協力して闘うべし!!安倍こべ政権は来年の参院選で終わらせるのだ^^

  押すのキライな人も多いけど、ここから訪れてくださる方が多いのです^^
訪れる人が増えて、人と人の縁が広がるボタンです^^
(右上にも3バナーあります^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ  クリック応援有難うございます♪

戦後生まれ初のジミングス(自民愚衆)葬祭・・じゃない総裁、乙女座B型の安倍晋三はとにかく66%の得票率で昨日、戦後最年少のジミングス代表になった。
52歳か。(今日が誕生日らしいね)OZAWAと丁度一回り違う。同じ干支と血液型か。
26日の指名選挙で総理大臣に任命されるのだろう。OZAWAにならんかな?^^;
ま、ジミングスの先頭を歩いてどっかに落ちて自滅してください(笑)
しかし得票率も目標の70%は行かなかったけど、66%は小泉純一郎の過去2回の時よりも高いんですよね。麻生、谷垣が頑張ったという雰囲気もあるようだがジミングスの群れ
KOIZUMIの5年間の暗黒時代よりもダークになっているという事ですね。要チェックやね。

今朝のスパモニだったかな、ABEの学生時代の頃のエピソードがあったがABEが確か女性(定かではない)と道を歩いていて、チンピラ風の二人組と肩がぶつかったことでケンカを売られたが一歩も引かなかったという話だった。
折も折田中真紀子が「お前の口をバットでつぶす」と脅迫されたり、加藤ちゃん家が放火されたりと言論が不自由になり、物騒なご時勢に、ABEだけが威勢のいいエピソードでした。
友人の証言も交えてなんだかカッコよく編集してあった。(多分話も嘘だろうけど^^)
はっきり見なかったから覚えていないけど連れの女性と一緒の時に2人組のチンピラ風の男に対して好戦的で敵には一歩も引かないという事はカッコイイことなの?
イメージ作りの一端なのでしょうか?闘う姿勢がカッコイイという風潮を作ってるのかな?

いくら喧嘩が好きな男でも普通、女連れでは(仮に女性じゃなくても)肩がぶつかったようなくだらない事でケンカはしないのが常識人だ。自分がもし負けた時のことを考えたら残されたものはどうなる?そんなものは勇気でもなんでもない。美しくもないのは当たり前。
本当に勇気ある美しい男^^は、くだらない争いを避ける筈であるし、謝ることすらあるだろう。
そっちの方が真の男としてカッコイイと私は思う^^本当に闘うべき時は他にあるのだ!

ゲストに平沢栄もいたから、やはりヨイショエピソードなんだろうな。
一体あのエピソードは何が言いたかったのだろうか?テレ朝はもうダメやね。
チンピラを北朝鮮に見立てた主婦向けのイメージ戦略だね。
主婦やB層を早速味方につけて頼もしいイメージ作りの第一歩だろうね。
ABEに応援体制は準備OKですよというテレ朝の忠誠の証だったのだろうか。

結局私ら一般人はTVの情報は好き嫌いは別にしてどうしても見てしまう。
TVにしても全部が全部、嘘を報道しているわけではなく、まともな報道もする。
その中にミスリードしたり、意図的に何かをいれたりで偏向に満ちた構成がご飯にかける
ふりかけのように散りばめられているものだと思う。
問題意識も何も無くただ単に流されて見ていては「みのもんた」の全て言うとおりにもなってしまうし(笑)、番組編集サイド(権力側ネ)の思う壺にもなるわけですね。
そうならない為にちょっとだけでも政治の今現在の真の知識を持っておけば「騙されないですみますよ」という事を私は言いたいのだ(だって悔しいでしょ?意図的に騙されるのって)

権力側に寄り添うTVが好きなやり方は「イメージ作り」が筆頭だろう。
KOIZUMIがそうだった。ABEは個性が全く無い分、周囲は何かと大変だろうが色々な手段を使ってイメージ作りに力は入れる筈である。垂れ流されるイメージ戦略には、私たちは想像力というイメージで対応をすべきである。その想像力というイメージを養う為にはTVからの「見た目・聞いた目」だけではなく、自分の中で少しでいいから、政治や時事問題の予備知識を持ったうえで眺めてみるという態度・姿勢が大事だ。「心の目・頭の目」だ。
すると案外醒めた目でTVも見られるし、何かおかしなところがよく目に付くようになる筈だ。
意図的に作られた匂いがわかるようにもなる。
TVイメージ戦略にはそれを上回る知識による想像力というイメージで対抗するのだ。

そんな政治関係のブログの中でも特にわかりやすく王道をゆくと私が思っているお気に入りのブログで是非、少しでいいから政治に関心を持って知識を身につけて下さると嬉しい。

安倍はやや苦戦、谷垣は大健闘・・・そして、私は民主主義による逆転を目指す?! 
ともかく勝負は、来年の参院選である。ここで何とか安倍自民党の議席を減らして、与党(+公明党)を過半数割れにしなくてはいけない!

 ちょっと大げさかも知れないけど。私は、こういう大事な時にこそ、何とか一般市民の思いを結集して、民主主義の力を発揮させたい。民主主義の力を信じたいと思うのだ。
 折角、憲法が国民に主権を与えて、60年もそれを守って来たのだから。「こういう大事な時に、それを行使、発揮できなくてどうする?!」という気持ちもある。
 私自身は無力ではあるけれど、皆さまの知恵と力をお借りして、小さな力をつなげて行けば、何かできるのではないかと・・・。 
 日本がアブナイ!

私の大好きな日本がアブナイ!のmewさんのブログのリトル難点(笑)は文章がやや長い時もあるという事くらいか?^^;(ゴメンネmewさん)
しかしすぐに慣れます^^ご安心を!! 非常によく調べられた上に、わかりやすい文章できっと政治に関心が持てるようになると思います。ぜひご自分の「お気に入り」に入れて読まれる事をお奨めいたします。私もだいぶmewさんのブログで勉強させて頂きました。 
知り合いの方にも教えてあげてくださいね^^ ついででいいですから、私のブログも(笑)

  押すのキライな人も多いけど、ここから訪れてくださる方が多いのです^^
訪れる人が増えて、人と人の縁が広がるボタンです^^
(右上にも3バナーあります^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ  クリック応援有難うございます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。