らんきーブログ

世の中のおかしな事をあたりまえに考える。大事な事は情報を知ることだけじゃない。だからどうするのってことじゃない?


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

引退宣言のススメというタイトルで今年の4月18日に引退表明した日本ハムの新庄の記事を久々に読んでみた。 う~ん。我ながらいいことを書いている・・・ということではない^^;

あれから半年、新庄引退セレモニーはとうとう優勝という付録まで付いた。
自分を追い込む前代未聞の引退発言の効果は大きかったのではないか。
自分に置き換えたらよくわかる。引退発言してチームがBクラス、あるいは最下位なんてことになったでは球史に残る新庄の汚点発言にもなる。新庄も後にはひけないくらいに燃えただろうが、皆から愛される男、新庄はチームメイトにもファンにも後押しを、応援を受けた。
新庄に恥をかかせてはならない。イコール自分達の恥だとも思ったのではないか。

引退発言はチーム全員に今年1年の野球人生を有意義に過ごす転機にもなった。
注目される新庄に引っ張られるように、何かと目立つ今年は無様な姿は出来ないという意識がチーム全体に伝播したのではないだろうか?

8回の裏、稲葉のHRで勝利がほぼ決定的になった後の最後の新庄の打席の時から、もう新庄は泣いていた。こんな選手、こんな光景ある?清原が泣いてた事あったなぁ、遥か昔。
そして三球三振。これが新庄現役最後の打席だった。
三振してスタンディングオベーション。こんな光景ある?
TVでは新庄のアップのシーンが何度写った事か・・・。
最後の守備中も泣いてるし^^; ま、許してやろうw
44年ぶりの球団としては優勝なんだけど、やっぱ、新庄引退効果だろうなぁ。
新庄は最後は伝説となったなぁ~。 自分で作ったよね、野球人生の決着を・・まさしく♪

野球のルールがわからなくても新庄が好きだという方は多い。
明るい。とにかく明るい。しかし明るさだけではプロにはなれない。
シーズン初頭の前代未聞の引退発言から半年、よく頑張った!
新庄&日本ハム選手!!おめでとう~!!お疲れさま^^

 このランキングサイトから訪れてくださる方が多いのです^^ご協力を♪
 ※人気ブログランキング :現在1位

 ※FC2ブログランキング :現在1位

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ※にほんブログ村ランキング :現在3位

※記事の面白さにあわせて1~3つのランキングバナークリックお願いします^^;
■1バナーぽちっ:70点! ■2バナーぽちっ:85点! ■3バナーぽちっ:100点満点♪ 


スポンサーサイト

新庄が4月18日に「28年間思う存分野球を楽しんだぜ。今年でユニホームを脱ぎます打法」でホームランを打ち、その試合後のヒーローインタビューでいきなり引退表明をした。
「ヒーローインタビューという最高の舞台でみんなに報告したいことがあります。タイガースで11年、アメリカで3年、日本ハムで3年。今シーズン限りでユニホームを脱ぐことを決めました。最後のユニホームの姿を球場に足を運んで目に焼き付けてください。残りシーズン今まで以上にどんどん楽しんでやろうと思います」
新庄の美学だろう。私はいいと思う。プロの選手なんだから。自由だ。
しかし球団側や他のチームメイトらにはたまったもんじゃないだろうね。寝耳に水ガッポリ状態だろう。しかし新庄は姉への最近のメールでも、「打撃不振で胃に穴が開きそうだ。打てないのに使ってもらってチームに申し訳ない」と伝えていたらしいから自分のベスト状態からほど遠い、いっぱいいっぱいの状態だったのだろう。
しかしここに異を唱える男がいた。
ちょっと待ってぃ!!久々に1勝挙げた巨人の桑田だ。今季を集大成と位置づける38歳の桑田にとって「引退」は 軽い言葉ではない。だからこそ、新庄の言動に“待った”をかけた。 黙ってはいられなかった。1勝挙げていなかったら黙っていたかも知れないが・・・(笑)
「野球を大事にしてほしい。そこから 外れるようなことはやらないで。人のことは分からないけど、野球を大事にしてほしい。そこから外れることはあまりやらないでほしい。 “あかるい(明るい)”野球は素晴らしい。それは彼の持ち味だからね。 でも“あ”がない“かるい(軽い)”野球はちょっとね…。気をつけてほしいです。野球界は先輩たちが築いてきた世界だからね」
ときたもんだ。
引退については賛否両論あると思う。ボロボロになるまでやりぬくタイプ、絶頂の時に辞めるタイプ、華があるうちに辞めるタイプ。美学の問題だ。
誰も聞いていないが、ちなみに私は絶頂引退タイプです。

シーズン序盤での新庄の引退発言では、共に闘う選手にとってはマイナスだ。モチベーションが下がる選手もいるだろう。下記にある事も尤もだ。SANSPO.COM>コラム甘口辛口
しかし、周囲への影響などお構いなし。一丸となって優勝を目指して戦っているチームメートには失礼であり、身勝手すぎて日本の野球風土にはそぐわない。
そして熱烈コアなお客さんにとってもリトルマイナスかも知れない。
しか~し私はこう思う。
日本ハムの宣伝効果としては新庄流に言えば効果満点だったのではないだろうか?
シーズン終了後に引退表明した場合引退試合をするくらいの効果しかないし、来年からもう日本ハムの応援やーめたって人も出てくるかも知れない。
ところがシーズン前半でこの引退表明をやった事で引退するなら一度くらいは札幌ドームに足を運んで生新庄を見に行くかってことで足を運ぶ人は増えるに違いない。
私は新庄はそういう効果も考えて有終の美を飾る楽しい引退イヤーにしたのだと思う。

毎試合見に行くコアなファンと違い普通、年に1回行くか行かないかって人は多い筈だ。
私なんて3年くらい球場には足を運んだ事がない。
そのコアでないファンの為にも早い時期の引退表明はアリだと思う。
そしてその新規のお客さん達が日本ハムの試合もなかなか面白いじゃないってことでリピーターファンになってくれれば球団側にとってはおいしい筈だ。
そういう効果もあるので一概に新庄の引退発言を否定的に見てはいけないのだ。
球団も・選手らもその覚悟で今年の試合は全力で新規ファン獲得に向けて頑張ればいいのだ。「有難や~新庄様~」の精神だよ。何でもプラスに考えなくちゃネ。

一方、ここ最近苦労してきた桑田の言い分も痛いほどわかるが、新庄は見た目ほど軽くは無いと思うよ。軽いのは君の球だ!!星クン! な~んて古い話を入れつつ、野球を大事にしているのは新庄の方かも知れないよ。ファンを獲得する為に色々とやったじゃない、新庄は。
何もしなくても根強いファンがいる巨人にいてはわからないかも知れないね。視聴率が落ちたり、巨人の人気低迷だといわれて久しい今日この頃巨人の選手で受身ではなく新庄の半分でも自分から何かした人いますか?

先輩たちが気付いてきた伝統を大事にするのはいいことだけれど、その次は君らが後輩たちに引き継がなくてはいけないのです。その為にもプロ野球がもっと面白くならなければいけないのではないでしょうか?新庄はそういった意味で記録的には大した事は無いけれど魅せる野球を常に意識してきた一流の野球選手だと思いますよ。

プロ野球人気全盛の頃ならば新庄のやり方はそぐわなかっただろうが、今の野球界ではその人気回復に頑張った点ではすごく貴重な選手だったと思います。
話はチョビッつ違うかも知れないが自分の命が今年一杯だとしたらどうしますか?
お世話になった人や好きな人たちに会っておきたいと思いませんか?誰にも告げずにひっそりと死を待つのもアリでしょうが私は会っておきたいタイプです。
その知人友人に変わるものが新庄の野球人生哲学の場合ファンに早めに告げるって事じゃなかったのかなぁとかも思います。

プロ野球選手はサラリーマンではない。独立個人自営業者に近い職業だと思う。
お客さんあっての商売だ。そのファンを大事にするって気持ちが今のプロ野球選手で一番強かったのはもしかしたら新庄だったのでは無いでしょうか?
そしてこういう引退宣言が出来るってことはやはり限られた一流選手の特権なのです。

 このランキングサイトから訪れてくださる方が多いのです^^ご協力を♪
 ※人気ブログランキング

 ※FC2ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ※にほんブログ村ランキング

※記事の面白さにあわせて1~3つのランキングバナークリックお願いします^^;
■1バナーぽちっ:70点! ■2バナーぽちっ:85点! ■3バナーぽちっ:100点満点♪ 

後半部分が異様に盛り上がったWBC。
アメリカ戦でのタッチアップ100%誤審での敗戦。
韓国戦での完膚無き敗戦で準決勝進出への限りなき絶望を味わう。
そしてメキシコの逆襲!アメリカ敗退。策士、策に溺れるアメリカベースボール。
奇跡の準決勝進出。そして3度目の正直で韓国にリベンジ。そして決勝へ。
最後までハラハラドキドキさせながら、日本の野球が世界一を勝ち取る。

話の途中ですが(笑)今日までWBCの話を書かせてください(笑)

なかなか普通の野球漫画でもこうはいかないですよ。
まさに筋書きの無いドラマに日本国民は心地よく酔いしれたわけだ。

私らから見たらひとくくりの同じプロ野球選手でもチームが違えば会話すらした事がない選手達も多数いた筈だ。
わかりやすく日本最低の例で言えば自民やら民主やら社民やらすべての政治家が
勝利という目的のために一致団結して世界の強豪に立ち向かっていったという図だ。
うーん。政治の世界を例にするとなんだか汚すぎてわかりにくくなっちゃったね(笑)

要するに国際大会、対世界と考えると何事もやはり「呉越同舟」になるわけだ。
セリーグ、パリーグ、大リーグの枠を取っ払ってひとつの目的のために闘うのだ。
当然、王監督たち監督コーチ陣も選手の扱いには苦労をするだろう。他のチームとの兼ね合いもあるし、また選手同士も気兼ねもあるしすぐには一致団結とはなるまい。そこでイチローだ。「ここでケガでもすればイチローはそれまでの選手なんですよ」まるで矢沢永吉が自分の事を「ヤザワならこういうね♪」かのように語った。そういった様々な発言で刺激を投げ、他の選手たちと一体になっていった。

イチローは孤高だ。
例えばインタビューひとつとっても、松井とは全然スタンスが違う。
さんまのからくりTVで「熱血少年」というコーナーがある。ギター少年や将棋少年やこの間はアイスホッケー少年が出ていた。6歳くらいの子ども達だ。個人的には浪花の将棋少年が好きだ(笑)そこでアイスホッケーの子がディレクターに怒っていた。「取材するんならちゃんとアイスホッケーの事知ってないと失礼やろ」って。子供が説教していた。至極最もな話だ。

これを厳しく考えているのがイチローだ。取材して質問する側にも一流としてのプロ意識を持った質問をしなさい という事で、それ以前の人の取材は受けないのだろう。これがインタビュー嫌いと言われる所以だと思う。しかし松井は違う。松井は誰にでもオープンに受け答えする。意識してはいないだろうが、話す事によって相手にもチャンスを与えて修行させるかのようなやり方だ。これは二人が歩んできた道がそうさせるのだと思う。松井は野球の太陽の道を歩いてきた。ある意味長嶋的な男だ。高校時代もそして巨人というブランドもある。
イチローは高校時代も無名でそして土井オリックス時代で不遇を味わい、仰木監督との巡りあわせがもう少し遅ければどうなったかはわからない可能性もあった。
イチローと松井。二人の関係はある部分で、昔の王と長嶋の関係に近いと思う。

王監督もまた孤高のイメージがある。 比較する対象が選手時代は長嶋しかいないんだからそれは日本一不幸で、そして偉大な野球選手だったと思う。長嶋の天然の明るさが相手では誰が相手でも勝負にならないもの。さんまでも勝てません。そして父親の国籍の問題もあり、人一倍何かと神経も使っていた事だろう。偉大な記録や功績があるからといって決して傍から見るほど楽しいだけの野球人生ではなかったと思う。

その二人の孤高が今回巡り会った。 そして二人は孤高では無くなった。
この巡りあわせが長嶋監督の言葉「メイクミラクル」の世界版を今回成し遂げたのだと思う。悲壮感や孤独感を味わったものを中心に一致団結した時その仲間は強くなる。

次は3年後ですね。我侭でキライなアメリカのお蔭でこんないい思いが出来て今回はラッキーでした。世の中よー出来てます(笑)

これでまた野球をやる子が増えたらいいですね~。
野原で球遊びが出来た昔のようにならんかなぁ。空港はいらんから野原を作って欲しいね!

クリック募集中です^^ 
人気blogランキング

9回裏5点差でも安心できない。普通ならありえない気持ちだ。
そして4点差になるともっと安心できない。
未知の強豪キューバは流石に油断できない。

大塚、一球入魂だ! ツーアウトになった。 三振!!勝ったーーーーー!
WBC世界一が今決定した。 王ジャパン今歓喜の時だ。

面白かった。 野球ってこんなに面白いものなんですよ。

人との出会いは人生を変える。
王監督とイチローの出会い。 世代を超えた孤高同士は語り合う言葉は少なくとも分かり合える部分・影響を受けたものは大きかっただろう。
そしてイチローと日本選手達。 プロ意識と上昇志向の塊のイチローと共にプレイすることで得たものはすべての選手に大きかっただろう。

日本のオールスターとは違い、一発勝負での世界大会という真剣な闘いで共に闘った日本代表の選手たちの数日間は彼らを大きく成長させただろう。

一球の重み。日本代表の責任と世界一へのプレッシャー。
そして9回すべての攻守にあった緊張感。こんなに野球を一生懸命見たのは久しぶりだった。
ファインプレーもあれば、まさかのエラーもある集中力と緊張感のバランス移動。

イチローが日本代表に価値と喝を入れ、すべての選手がそれに続いた。
王監督でさえ日本代表というプレッシャーを強く感じたこの大会。
そのプレッシャーが見るものにも緊張感と興奮を十二分に与えてくれた。

王さんの喜ぶ顔を見ると何故かホッとします。

王ジャパン世界一おめでとう。

クリック募集中です^^ 
人気blogランキング

WBCは当初の予想以上にかなり盛り上がって良かったと思います。
私も含めた日本人のこういう単純なところは実は私は好きです(笑)
投手の球数制限にしても、誤審を堂々とするマイナー審判しか呼べない状況にしても、またアメリカ主導の強引なやり方にしても、おかしな点は多々あれど政治の世界と違ってスポーツの世界が面白いのは筋書き通りには行かない事もある というところが痛快です。
アメリカの思い上がりと我侭さだけが浮き彫りになったという言う事で。

キューバをぎりぎりまで参加させようとしなかったり、グループ分けにしてもキューバは決勝に残りにくいようにしたり、また日本対韓国のように同じチームが決勝に行くまでに3回も当たる(本当は、準決勝は日本対ドミニカ共和国と韓国対キューバになるのが普通だもんね)ようなへんてこりんなルールにしてもアメリカのアメリカによるアメリカの為の大会ルールなんだから笑わせてくれます。
よほどキューバと当たりたくなかったんだろうね。ましてその前に負けてるし(笑)
何でもゴリ押しすれば自分勝手な正義が通ると思ってるアメリカの姿が今回のWBCの件でも立証されたという事では非常に価値がある第1回WBCのルールでした。

ある意味第1回大会というのはお祭だとも思うのです。野球(ベースボール)の世界一を決めるお祭。祭は出なくちゃ損なんです。ヤンキース松井がオープン戦でホームランを打ってる映像をニュースで見ると、「そこで何やってんだ?」って気持ちになります。
祭の神輿を担がないで褌しめて一人で何やってんの?って感じです。
日本からはイチローと大塚の二人の大リーガーしか野球祭に出なかったわけですが松井の代役の福留にしても井口の代役の宮本にしても気持ち的は当初はあまり面白くは無かったともいます。代役ですからね。でも彼らは昨日、祭を楽しんでくれました。よかったです。野球を通してスポーツ界全体をあるいは世界を見るという発想が彼らにはなかったんでしょうね。アメリカに行っても応援してくれる日本のファンの為にも故郷に錦を飾る的な期待に応えて欲しかったとつくづく思います。

イチローはWBCのアジア予選が始まる前に記者から「もしもケガをしたらどうしますか」と聞かれた時「もしそうなったらイチローはただそれだけの選手だということ」みたいな発言をしたそうだが、この覚悟がいいですね。イチローだから言える言葉かもしれないけど、自分をこうやって追い込む発言をする人間って好きですね。

イチローの言葉は自分自身とそして同じ日本選手に対しての意識革命を促す発言が多かったように思う「ただ勝つだけじゃなく、すごいと思わせたい。戦った相手が“向こう30年は日本に手は出せないな”という感じで勝ちたいと思う」「不愉快でした」「屈辱だ」「今日、負けるのは日本のプロ野球の汚点になるところだった。本当に気持ちいいですね。本当に、しゃくに障りましたからね。野球というのは、けんかではないですけど、そんな気持ちだった」・・・数々の発言があった。
ここまで言うイチローというのは今までにはなかった事だ。

これは私の推測だがチームメイトの日本選手に足らないものをこういった言葉によって刺激を受けさせ、イチローの覚悟や意識と同じ土俵に登らせたかったのではなかろうかと思う。先ほどの祭の話で言えば、和気あいあいの村のお祭気分の雰囲気を、一気に負けられないプライドとプロ意識を持った緊張感溢れる世界最高の祭にしていこうとしたのではないだろうか?
ある意味、日本人選手に対して野球選手としての意識革命を実践したと思う。
特に若い選手達にはいい刺激となり今後の日本プロ野球界にもいい影響を与えるような気がする。

ひとつには野球という平等のルールのうえでのスポーツの世界ではいろんな国の問題を除外視して発言していいんじゃないか?という彼独特の理論では無いかとも思う。国の問題は色々あるだろうけど野球の事だけに関しては純粋な気持ちで発言していいんじゃないかという。彼自身名指ししてどこの国とは言っていない。日本を鼓舞する意味で言った発言だったと思うのだ。
ああいった大きな舞台での発言は何かと問題になることも多いが私はイチローの今回の発言のすべてを見ていて「あぁ、日本人としての新しいスポーツ選手の形がある・・・」と思った。
日本人はだいたい大人しすぎるから、あれくらいの方が逆に新鮮でいいと思うのだ。
賛否両論あるだろうがスポーツの世界だけに私はそう思う。

昨日の試合は視聴率は瞬間で50%もあったそうだ。平均でも35%以上も。
さぁ明日はキューバとの決勝戦だ。
間違っても昨日のTV中継のように一部の地域になって途中で切れませんように・・・(笑)

クリック募集中です^^ 
人気blogランキング

-WBCの野球中継をTVで見ながら実況ブログ実験中。-

WBC準決勝 日本VS韓国戦が始まった。 現在3回の裏が終わったところだ。
3回の表の日本の攻撃は惜しかった。ワンアウト1,2塁で西岡の当たりはジャストミートだったが野手の正面でゲッツー。まだまだ勝負の神さまはユラユラたゆっているようだ。
現在4回表、ノーアウトでイチローが内野安打で出塁。今日今のところ2打数2安打だ。そしてバッター松中ノースリーでイチロー盗塁! 盗塁も2個目。ノーアウト2塁になった。うーん、松中ファールフライでワンアウト。松中は相変わらずココ一番で迷いがある。チームバッティングだとか4番打者だからだとかあれこれ考えずに来た球を打つ!それだけでいいと思うんだけどなぁ・・あれくらい力があるバッターは。
次の多村、大きなレフトフライでツーアウト、今江もセンターフライでチェンジ。
イチロー以降3人とも一発を狙ったバッティングだった。
走者がイチローなんだから、転がすバッティングでよかったのになぁ。チームとしての意思統一というか・・うーん。勿体無かった。まず1点でよかったのになぁ。

4回の裏、韓国の攻撃、レフトフライ(多村のファインプレイ)、ライトフライ、センターフライで3アウト。上原ちょっと疲れてきたかな?
5回の表、小笠原から。レフトライナーでワンアウト。次は里崎。センターフライで2アウト。韓国も日本もフライアウトが多くなってきたなぁ。さぁ、次はさっき2塁打を打った色男薩摩っぽ川崎。セカンドゴロで3アウト。三者凡退。

やはりこういう展開かぁ・・・。なかなかいいピッチャーが相手だと点は入らないもんですね。短期決戦はやはり投手&守備力ってのは大事ですね。

5回の裏韓国の攻撃。センターフライ、三振、そしてセンター前ヒットで2アウト1塁。しかしセンターフライで3アウト。

さぁ後半です。いよいよ。ここまではいつものパターンか・・。
6回の表日本の攻撃。ここで韓国はサウスポーに投手交代。
1番バッターの青木からだ。レフトフライでワンアウト。次はスイッチヒッター西岡。右のバッターボックスで勝負。セカンドゴロで2アウト。さぁ3番イチロー。今日のイチローにはブーイングがすごい。イチロー一人完全に敵役だ。ショートゴロで3アウト。
我慢の時が来ているね。お互いに。我慢比べの展開だ。得てしてこういう時はよくいうように四球やエラーを出した方から崩れていく。ここは日本も正念場だ。
6回の裏。韓国の攻撃三者凡退。
いよいよ残り3回となってしまった。 どーなるんやろ?

7回の表。また韓国はピッチャー交替。アンダースローの右投げだ。
松中からだ。打った!ライト線の2塁打。松中ベースを叩き「さっきの場面でこれを打てたらよかったんだよ!俺のバカちんが~~!」って感じで気合を入れてます!!
さぁノーアウト2塁。次は5番多村。ここはチームバッティングだ!!采配も大事だぞ!王監督。多村、後ろ髪が茶髪で長すぎ!!似合ってないよ!!誰か教えてあげて(笑)バントの構えから失敗。ワンツー。ツーツーになった。バントの構えから空振り三振!普段やってないからか?打たせた方がよかったね。ここで今江に代わって代打福留!ワンアウト2塁。打ったぁ!
!!!ライトオーバーのホームラン!!!
遂に福ちゃんが・・・留ちゃんが・・・・意地を見せてくれたよ~♪
次の打者小笠原にデッドボール。動揺しています、韓国のピッチャー。ここはチャンス!次は里崎。 おっとピッチャー。パスボールでキャッチャー後逸。ランナー2塁へ。ピッチャーかな~り動揺しているよ。ワンアウト2塁。里崎打ったーー!左中間にエンタイトルツーベース!3対0だ!!韓国ベンチたまらずピッチャー交替。サウスポーだ。

やっと試合が動いたよ。3対0だ。まだまだチャンスは続く。ワンアウト2塁。
次の川崎のセカンドゴロの間にランナー3塁。ツーアウト3塁で青木に代打宮本!!待ってました!!いぶし銀!もっと出してやってたらよかたのになぁ・・・
ここでまたまた韓国ピッチャー交替。今度は右投げ投手だ。当たり前だけど必死ですね韓国も。総力戦だ。さぁツーアウト3塁。もう1点入れておけ~! やったー!!レフト前ヒット!!4点目が入りました~~~!! 長嶋ジャパンのキャプテンが魅せてくれました!!今江は個人的には好きなんだけど、やはり大舞台では宮本のような存在は大きいね。アメリカ戦でも宮本でよかったのになぁ・・。 次は西岡だ。ツーアウト1塁。またまた!ライト前ポテンヒットー! そして3番イチロー。ツーアウト1,3塁。レフト前ヒット!!! 5点目!!そして打ったイチローはクールなまま。ツーアウト1,2塁。そしてこの回、打者一巡で松中に。セカンドゴロでチェンジ。

7回表が終わって5対0で日本リードで残り3回の攻撃を耐えしのげば、いよいよキューバとの決勝だ!まだまだ5点ではわからんよね。しかし、勝負の神さまはぐっと日本に引き寄せられたのは間違いない。後はミスをしたりしてそっぽを向かれないように落ち着いて丁寧なプレイをすることだ。

7回の裏、韓国の攻撃。上原がまだ頑張っています。3,4番を二者連続三振。ツーアウトから5番バッターがセンター前ヒット。投球数ももうすぐ規定の95球になる。6番バッターをしかし三球三振でチェンジ!上原ガッツポーズ! 流石国際試合負け無しの男。ここまでで86球だった。 
あと2回だ。抑えは誰でいくか? 雨が少し激しく降って来た。

8回の表。先頭打者多村。左中間にホームラン! 6対0です。さっきのバントミスと三振の鬱憤を晴らせてよかったね♪気持ちが楽になると打てたりするから精神面ってのは大きいですネェ・・。続く福留はレフトフライでワンアウト。ここで雨の為中断。今のうちにトイレに行っとこう(笑) しかし試合見ながらブログ打つのも面白いね(笑)
このまま負けたら韓国は複雑な気分でしょうね。WBCで日本には2勝1敗なのに決勝に行けないんだから。ま。ルールだからしょうがないけど。WBCも今後あるとしたら(というよりもアメリカは威信をかけてリベンジしなくちゃいかんから、今後WBCはあるよね)審判の件とかルールの件とか色々と課題が山積みですね。やってみてわかる事も多いから次に期待しよう。しかし、日本は韓国とは何かと因縁めいた関係になりいますね。これも日韓両方に与えられた今後の課題ですね。

まだまだ中断中です。現在の時刻2時35分現在。
3時10分試合再開。 小笠原から。ファウルフライでワンアウト。次は里崎。センター前ヒット。ツーアウト1塁で川崎。三振。チェンジ。
8回の裏、韓国の攻撃。ピッチャーは薮田に交代。
TVから「一部の地域を除き中継をお伝えします」とアナウンサーが言った。
一体、一部の地域とはどこなんだ? いつも思うんだけど、可哀想ではないか。


・・・・仕事しながらがら見てたんだけどいつまでたってもCMばかり流していると思ってたら・・・


一部の地域とは・・・・・・・ここ福岡もだった ・・・・・(笑)(怒!)
残念ながら実況ブログはここで終了するという悲しい結末で終わる(笑)
こんな落ちでいいのか!!!!ムカッ!

と思ったらゴルフ中継が始まった、その右上に小さな四角窓が・・・野球が小ちゃくあってる。もう9回の表になってる。そして9回の裏になってる。仕事場のTVは14インチだから小さすぎて・・・(笑)

笑わせてくれる・・・・最後まで実況ブログをしたかったのに・・・。
まさか福岡が・・・・あの一部の地域になるとは・・・。結構ショ~~ック!(笑)
横嶺さくらの女子ゴルフ中継に負けるなんて・・・スポンサーは一体何を考えているのか?・・・ここはやっぱりあと少し中継するのが常識やろうもん。

あ、終わったようだ!!今!小さい画面で「王JAPAN!決勝進出」の文字が出た。
6対0でJAPANの勝ちだ。なんだか嬉しいけど嬉しくない(笑)

とりあえずすっごく中途半端でサビシイけど
ブログ de WBC実況中継 を終わります!
なんかこの実況ブログも中途半端過ぎて、今日負けた韓国と一緒くらいに悔しいっす(笑)

日本選手&韓国選手、お疲れ様。 さぁ後はキューバとの決勝だ!そのまま行け!~

クリック募集中です^^ 
人気blogランキング

WBCは始まってみると盛り上がってますねー^^。
いよいよ明日は棚ぼた奇跡の準決勝。三度目の韓国との対戦になりますね。
イチローの「ただ勝つだけじゃなく、すごいと思わせたい。戦った相手が“向こう30年は日本に手は出せないな”という感じで勝ちたいと思う」発言で火がついた韓国。
イチローは自分自身をも鼓舞する意味で言った言葉だと思うが韓国メディアが喜んで飛びついた。
韓国は燃える材料を作るのも上手です。兵役免除にしてもそうだし。
それと韓国が今回強い理由は、現役大リーガーが早いうちからWBCに参加表明し体も作りチームとして練習が出来た、その愛国心が一番の強さの要因だろう。

日本に至ってはズバリ言って松井にしても井口にしても愛国心なしだった。まぁ自分のアメリカでの今後の事が心配なのはよくわかるが。 野球を見る方としては最低の選択だった。
彼らは日本の野球よりも自分の野球を取ったんですよね、結局。国よりも個人。
確かに色々とWBCの意義にしても、球団との関係にしても問題はあったと思うが、祖国のために参加したいと表明すれば日米共に世論は味方になっただろうに。
有名スポーツ選手の影響って大きいものだ。特に若い人には。愛国心というのも日本人には特に常日頃から薄いだけに有名になればなるほどそこのところも考えて欲しいと思う。

そこでイチローだ。
今年のイチローは矢沢永吉との対談での影響かどうかはわからないが?
イチロー×矢沢永吉 英雄の哲学 & スポニチAnnexニュース
(私はかなり影響があったのでは?と思ってるけど(笑))言う事が矢沢的になってカッコイイ。
B型の本領発揮的な言い回しが多い。
イチローは選手としてだけではなく、野球人としての考え方も超一流だと思う。野球を通じて人生を考えそしてまた野球に繋げていく事を実証している偉大な選手だ。
そのイチローが今回は高校野球の選手のように大会前から燃えて喜んでいた。
それはイチローはいち野球選手を越えた使命感のようなものを持っているからだと思う。

サッカーのワールドカップはすごい。4年に一度の祭典オリンピックにも勝るとも劣らないくらいに世界中が熱狂する。もちろん日本でもここ最近の盛り上がり方はすごい。
Jリーグの選手で日本代表に選ばれた人の中で辞退した人っている?
代表=ワールドカップ=世界の強豪と夢の舞台で戦えるチャンスが来るというサッカー選手としてはもうそれこそ、代表=人生の目標 的な大きなステータスであり夢であり、目標であり、大きな喜びなのだ。もちろん今年始まったアメリカ主導のWBCとは歴史もその成り立ちも全然違うので簡単には比較は出来ないが。

しかし、イチローはこれを純粋に「チャンス」と捉えたのだ! 一番の理由は野球を盛り上げるためのだ。野球というスポーツももっと世界的に!という大きな心で。とりあえず第1回があれば、必ず後に繋がる可能性は大きい。
その為にもこの色々と問題はあるが、WBCを成功させよう!その為にはモチベーションをあげて前向きに取り組もうというポジティブシンキングで向かっていったのだと思う。WBC日本代表に選ばれるという事にステータスをつける事も今後の野球界の発展には必要だという考え方を実践したのだ。松井や井口は見習えっての、その心を。
自分を育ててくれた日本野球界のためにも、今回は無理をしてでも出場して欲しかったとつくづく思う。代表を辞退すること=価値を下げる行為 なのだ。これがもしサッカー選手ならどうなる?何のためにサッカーやってるの?って感じではないだろうか?価値やステータスは選手が自分達で作って行くものだと思う。そういった意味で今回辞退した人はどんな事情があったにしても永久に今後もWBCがあるのなら出て欲しくないし、選ばれても欲しくない。

イチロー効果。
これはきっとWBC以降に出てくるだろう。
川崎や青木をはじめ、多くの選手がイチローの野球に対する姿勢や考え方、取り組み方、プロ意識そのすべてを身近に見て感じた事だけでも大きな収穫だ。
そういった役割も担いつつ、誰よりも熱く試合に向かうイチロー。
王監督とイチローの関係もいい。共に孤高だ。似ている部分があるように感じる。今回の闘いでは王監督もイチローには感謝しているだろう。今回イチローが不参加だったらと考えるとゾッとするし、またここまで盛り上がったかどうか・・・?

しかし明日の準決勝は微妙ですね。勝てば勝ったで日本は2敗した韓国よりも順位は上になるわけだし、負けたら負けたで屈辱の3連敗になってしまう。しかし実際はもう一度終わっていたのだ。勝っても負けてもいい試合をして欲しいと思う。願わくば勝って決勝戦まで行って欲しいけどね。

でも明日の審判にまたまたあの大誤審王、ミスターアメリカのボブ・デービッドソンが出るらしいね。
何で降ろされないのか? まったくどこまでまとわりついてくるのか・・・。
ライナーかなんかでボブに顔面直撃か股間直撃させないといかんね、挨拶代わりに(笑)

明日はVS韓国&審判出来ない審判 との闘いだな。やはり負けられないね。

クリック募集中です^^ 
人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。