FC2ブログ

らんきーブログ

世の中のおかしな事をあたりまえに考える。大事な事は情報を知ることだけじゃない。だからどうするのってことじゃない?


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

久々に天木直人氏のBLOG読んだ。

迷走の果てに進退極まった菅首相は、とうとう究極の発言を口にした。
 それは、原発事故処理を含めた新しい原発政策を国民合意で形成する事は今後数十年を要する歴史的大業だと国民に向かって捨てゼリフを吐いたことである。
<中略>
菅首相の退場とともに民主党は変わり、日本の政治は総保守化するだろう。
誰が原発政策と日米同盟の正しい政策を指導していくのか。

それは決して菅首相ではない。左翼政党ではない。 保守政党の中から脱原発、脱日米同盟の平和外交を唱えるものが出てこなくては国民を引っ張っていくことはできない。 果たしてそのような政治が実現するのだろうか。

菅首相の役割は終わった


漠然と私もそう思う。もちろん自民党ではありえない。しかし左翼政党もダメだ。
福島県民への健康調査(人体実験みたいなもの)も30年にわたり行われる。長い・・・・。
その時に責任を取る、あるいは口にするような政治家は現在の政治家の中にいないでしょ。
30年以上も先となれば、私自身もその頃にはこの世にはいないだろう、おそらく・・・^^;
福島の未来や、健康調査の結果や、放射能自体の影響を最後まで知る事なんて出来ない。

国ぐるみの原発政策は失敗だったのだ。安全な原発なんてあるわきゃないのだ。
原発テロなんてのが世界のどこかで始まったら。。。。と考えるとぞっとする。
日米関係も、そして既得権益のカタチそのものを根本から変えていく国へ変わらなくては!
1年先が読めない今の政治家では無理だ! 半数以上を変えたいもんだね、政治家も。
30代前後の方々がこれから30年後の日本を創るために立ち上がらんかね?
30年後でも責任が取れる、若手世代の方々にこれからの日本を創って欲しいな。

スポンサーサイト

山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』 : 菅直人は勝ったのか、負けたのか?小沢一郎は勝ったのか、負けたのか?鳩山由紀夫は騙されたのか、騙したのか?原口一博は裏切ったのか、裏切られたのか?菅は、予想通り「辞めるつもりはない」と言っているらしいが、いずれにしろ、菅が逃げ切れるとは思えない。

今回の政変劇で得をしたのは菅直人ではない。菅直人こそ最大の敗者かもしれない。「一応のメドがつけば退陣する」と言ったはずだったが、早速、菅直人と菅内閣執行部は、「すぐ退陣するとは言っていない」「当分、退陣しない」と居直りを宣言したらしいが、日本国内だけではなく、全世界が注目する中で、よくも言ってくれたものである。菅直人が考えるほど世間は甘くない。菅直人首相とその取り巻きは、すでに充分に信用をなくしているが、これで決定的に、信用をなくしたと思われる。そういう意味では、鳩山由紀夫や小沢一郎は騙されたのかもしれないが、しかし、それでよかったのかもしれない。騙すよりも騙されたほうがいいのかもしれない。特に小沢一郎の場合、今回の政変劇で、「小沢一郎は終わった」のではなく、「小沢一郎は勝った」と言うべきかもしれない。小沢一郎の政治力が、何回も何回も危機に直面しながらも、なかなか衰えないのは、小沢一郎が「性善説」の人であって、「裏切る人」ではなく「裏切られる人」、「騙す人」ではなく「騙される人」だからではないのか。
その醜い人間性を天下に曝け出した卑劣漢・菅直人首相の退陣は、本人や取り巻きが、どんなに足掻こうとも、かえって早まったと思う。いずれにしろ、「日本人の恥」を世界中に晒したのは、菅直人とその取り巻きである。   赤字は私。 

「一定のめどがつくまで・・・」なんていってる自体で、もう菅アウトなのだ。(ナオトではない)
それが今年の秋くらいと思っているのか、来年の1月くらいなのか菅アウトの思惑はわからないが、日本がその時まで何も起こらない国だと思っている時点で菅アウト。
もしかしたら、また震災や津波がどこかで起こるかもしれないし、ナニが起こるかわからないと想定することが出来ない時点で菅アウト。危機管理能力も想像も無いんだから。
「一定の目処」がつく時期まで居座るという事はそれくらいいい加減だ。

小沢一郎評として、今回の山崎さんの文章「裏切る人」ではなく「裏切られる人」、「騙す人」ではなく「騙される人」だからではないのか」は、ストンと五臓六腑に落ちた^^
それプラス、家訓である「いい訳をしない人」も入るのだろうが(笑)
しかし国家受難の時代、もう裏切られたり騙されたりいい訳をしなんて事はもう卒業だ。
自身の政治生命もあと10年はないだろう。人生を逆算するとやるべき事も見えてくるはずだ。
未来の日本の為にもっと憎まれて疎まれて、既得権益の仕組みをぶっ壊して欲しいもんだ!


3人被曝の水たまり、放射線濃度が通常冷却水の1万倍
 日本の原発技術は安全ですが、立地(地震が起きやすい場所)運転、政治、利権で危険にしている。つまり、人災なのだ。

 日本の原子力技術は最高だが、素人の日雇いが建設し、現場の運用は杜撰そのもの。今回の水たまりの被爆にしても、何故、長靴を履いていなかったのか。完全なミス。過去にも、東海村JCOでは、ウランをバケツで運び臨界事故。どんなに安全な施設でも、そこにおかしなひとが居れば危険になる。

 福島原発でも地震や津波は天災だが、東電や保安院、政府の対応による被害拡大、土壌汚染、水質汚染等々は人災である。 (太字は私)
疾風怒濤 -非連続線上の飛躍 より


四季桜さんの言う通り、誰もが皆気づいていると思うが最早「人災」なのだ!
しかし「おかしな人」に誰も注意しなかったのか!気づかなかったのか?
作業員被ばくに自衛隊怒り 東電を猛批判  byスポニチ

そんな危機管理でやってるのか?一部の現場では・・・・・・??
TVで散々時間を使って垂れ流している東電の説明や、保安員の説明や、政府の説明・・・
・・・・まったく役に立っていない証拠。 現場の緊張感の無さが全てである!!
お役所仕事をしている場合ではないんだよ! 実験の発表会みたいな話ばっかで。

被曝した人に関わる全ての人、組織は同罪だ。 責任は誰が取るのか!!
責任の所在がたらいまわしだから、誰も彼も他人事のように言葉に命が宿らないのだ!
ここまでの東電、保安員、御用学者、政府の面々は責任を取って総入れ替えだ!


命をかけて・・・という行動ってそうそう出来るものではない。
こういった目立つ行動だけではなく、現地でも目立たぬ多くのヒーローがいるのでしょう。
それにしても「プロ」といえばそれまでだけど、政治のプロと違い、とても頼もしい。

消防放水「命中を確信」 涙の隊長、家族に陳謝
「非常に難しく危険な任務だった。国民の期待をある程度達成でき、充実感でほっとしている」――。東京電力福島第一原発の冷却作戦で、10時間以上の「連続放水」を成功させた東京消防庁の派遣隊員の一部が19日夜、帰京した。佐藤康雄総隊長(58)ら3人が東京都内で記者会見し、心境を語った。
 会見したのは、災害救助のスペシャリストである「ハイパーレスキュー」の冨岡豊彦隊長(47)と高山幸夫隊長(54)。
 冨岡隊長は「大変だったことは」と問われると、「隊員です」と言って10秒ほど沈黙。涙を浮かべ、声を震わせながら、「隊員は非常に士気が高く、みんな一生懸命やってくれた。残された家族ですね。本当に申し訳ない。
この場を借りておわびとお礼を申し上げたい」と言った。




島原の噴火災害。火砕流で亡くなった方々の遺体を収容したのは陸上自衛隊。いつ次の火砕流が来るか分からない中での作業。実際、途中で火砕流が発生。その時に隊員を救ったのは、現場の地理をよく知った隊長が、遠くに逃げるのではなく、横の山に登らせたことだった。勇気や連携と同時に、知の力が必要

今回の東京消防庁のミッションが成功したのも、行く前に作戦をしっかり立て、自分たちで現場の情報を集め、作戦を練り直し…という情報収集と知の力が大きかったんじゃないかな。もちろん日頃の訓練、チームワーク、勇気、使命感というものがとても優れていたというのは前提にしてゆってるんだけど

まさに“日本の救世主”となった東京消防庁のハイパーレスキュー隊。

というようにニケさんも書いてたけど、しっかりと作戦を立てていたというのがプロの仕事だ。
行方不明者の捜索、被災者達の現在と将来のケア、そして今後の生きる希望や目標等。
短期の目標と中期,長期の生きる希望&目標を立てることは政治のプロの仕事だ。

東北の責任者なら「小沢一郎」しかおらん! 
早急に党員資格停止処分は解いて、仕事をさせてあげてください! 
小沢一郎自らは停止処分は解けないのだから。 時限立法でも何でもいいから解くべし!
東北関東大震災の復旧こそは、小沢一郎がやるべき天命だ!
小沢だけが政治家じゃないが、党利党略を超え、一人一人の多くの政治家が動くべきだ!


どさくさに紛れて、国民の善意を逆利用する増税を実施されたり、あるいは
この国の仕組みを大きく変えるような裏技政策のタイミングが来ているかもしれませんね。
戦後最大の災害の規模に比べ、この国の政治そのものが、ほとんど見えないからね。
まさか「よし!今がチャンス!」というような悪魔な企みが始まったとは思いたくないものだが。

防災服の襟を立てたペンギン枝野は他人事のように喋るだけでヒトの心ナシだし。
さっき見たら無礼な襟立ては辞めて普通に作業着を着てたが何かあったのでしょうか?
そして節電担当に蓮舫(事業仕分けで津波対策のスーパー堤防の廃止をしたとか)、
ボランティア担当に辻元清美(阪神淡路大震災の際、被災地で反政府ビラをまいたらしい)
という人選ってナンデショウカ? なめんてんのか?しらないのか?
「計画節電」にしても怪しいナニカの実験では? と思えるくらいだ。
これくらいまでなら騒ぎも起こらないな・・・よしよし、みたいな。

そして多くの政治家(主に国政ネ)たちは今、何をしているのでしょうか?
TVに出るのは見飽きたアナウンサー、ワイドショーのレポーターと御用でない御用学者達。
まだ何も終わっていないのに感動場面を演出する番組はいらんでしょ、ろくなことは無い!
助かった人達は嬉しいに違いないし、失った方達は悲しいに違いない!それしかない。

また略奪がないのが不思議という外国メディアの論調も気をつけたいもんだ。笑わせる。
「恥を知る国」として、当たり前な部分だからね、日本人はまだまだ。(ごく一部除く)
あまり言われすぎると善人の印象を固定化され、国民ごと身動き取れなくなるかもよ。

国民の良心や善意を利用した増税を皮切りに、一気にこの国のカタチが変わるかも?
民主や自民を飛び越えて、一気に今後数十年のこの国の仕組みを変えられるのでは?
人の善意や良心を上手に利用するのが「政治屋」だという真実を見逃してはいかん。
皆が助け合うのはいいことだが、政治屋たちにいいように利用されるのは我慢ならんね。
杞憂ならいいけど今のこの国の今のカタチには期待していないだけに用心、用心。
どっちの政権になっても危険なこの国って・・・一体どうなっていくのか?

■追記■ (参考になる記事を見つけました。)
「谷垣は狂っている」 と亀井氏、えせ挙国態勢を批判


断捨離(だんしゃり)しなくちゃいけないもの・・・それは今不必要な政治家達。
昨日のnaokoさんのコメントで断捨離を知ったばかりのお調子者とは私のことだww

だんしゃり 断・捨・離とは、
自分とモノとの関係を問い直し、暮らし・自分・人生を調えていくプロセス。
不要・不適・不快なモノとの関係を、文字通り、断ち・捨て・離れ
引き算の解決方法によって停滞を取り除き
住まいの、暮らしの、身体の、気持ちの、人生の、新陳代謝を促す・・・

断捨離.COM 


東日本地震。
津波の脅威も凄まじい。想像を遥かに超えています。
今回の地震と、想像以上の津波の被害に遭われた方々に、お見舞い申し上げます。

危機感を持って生きること。 
これはとても大事な事ですね。
自分の事は自分で守る。家族単位でもいい。
そんな癖、習慣を身に付けたいですね。 もちろん弱者がいれば助ける事も大事。
国や行政に頼る前に、まず自分らの事は自分らで!そんな和が強い! 
一人一人が強くそう思えば、日本は変わるんじゃないだろうか。

もう変わらなくちゃいかんでしょ、・・・いろんな意味で。
政治を変えるのも、人生を変えるのも他人任せじゃいかんのです。
普段から、「生きる意味」をしっかり考えていかないといけない時代。
マスコミの垂れ流す堕落や、政治の低レベル化に付き合う必要はないのである。
くだらん笑いやゴシップよりも、もっと伝えなくちゃいけない情報がたくさんあるのに。
津波があんなに早く、恐ろしく身近なものだと知った時が最後だなんて・・・。

【追記】今日の話の参考になるようなブログがありましたので、ご紹介いたします。

三保小次郎日誌:「避難しようとは思わなかった」ーあるアンケートから
何が起こったのか。
もはや国家政府も県市の行政機関も、自衛隊も警察も消防も、どこにも依存できない状況に立ったとき、自己防衛をいかに決断し行動しなければならないか。
「自己責任」などとマスメディアの空虚な言論にまどわされることなく、一人一人が究極の判断をしなければならないのである。

その通りだと思います。自分で普段から考えておく事は大事だ。

また、つくづく日本人は、いい人が多く、奥ゆかしく、素晴らしいい人が多いと感じました。
譲り合い、助け合いが、こんな時でも出来る国民性は尊いです。
それだけに、ナニカが起こってからではなく起こる前に自分達を守りましょう!
自然任せ、他人任せ、自分には無関係じゃぁ、いかんと思う。
ひとりひとりが「生き方」をもっと考えることが大事な時代だと思うのです。


政治の事は書かないと書きながら、こんな記事が目に付きましたので貼っておきます。

<亀井金融担当相>「家族間の殺人事件増加」で経団連を批判
10月5日21時14分配信 毎日新聞
亀井静香金融・郵政担当相は5日、東京都内で行われた講演会で、「日本で家族間の殺人事件が増えているのは、(大企業が)日本型経営を捨てて、人間を人間として扱わなくなったからだ」と述べ、日本経団連の御手洗冨士夫会長に「そのことに責任を感じなさい」と言ったというエピソードを紹介した。御手洗会長は「私どもの責任ですか」と答えたという。
 会員制情報誌「内外ニュース」主催の講演会で述べた。亀井担当相は御手洗会長との会談時期については明らかにしなかったが、関係者によると、8月の衆院選前とみられる。
 亀井担当相は講演で「昔の大企業は苦しい時に内部留保を取り崩して下請けや孫請けに回した。今はリストラだけをしている」と話し、昨秋以降の経済危機で、派遣契約解除などをした大企業の批判を展開。「(大企業が)小泉改革に便乗して日本型経営を捨てたことが社会をおかしくした。責任を感じなければだめだ」と企業の経営姿勢や経団連を批判した。【井出晋平】

おてあらい等の責任だよ。 極論だけど大好きです! ガンバレ亀さんw
極論、あるいは推論から生まれる議論の中には有益な話が生まれることもあるしね。

人間を人間として扱わなくなったからだ! これは正論!バチが当たるぞ!




椅子の座り方でわかるわな。 仕事に対する姿勢や国民に対する意識が。
自民の大島理森と民主の山岡賢次が対談している映像があったけど、大島氏はふんぞり返り、山岡氏は前のめりというか紳士的な姿勢でした。 ふんぞりかえる癖は治らんやろw
他の民主議員達もそんな感じだ。椅子に浅く座り姿勢もいい。小沢はどうか知らないが(笑)
民主党の政治家は一所懸命仕事し始めましたよ。ナニワトモアレ。
やっぱ、一回り以上は若くなったんじゃないでしょうか?イメージ的には。
政治の形を変えようとしてるんだから、自公政治家や官僚は邪魔すんなよ。
色々と旧政権と官僚達のオカシナ関係が庶民らにもわかってきそうで楽しんでるからね。

それと、連立を組む社民党や国民新党も、あんまり新政権の邪魔すんなよ。
今は民主党を勝たせた国民のことを第一に考えるべき。
細かい事でちゃちなプライド出してたら、参院選前後で消えちゃうぞ。
連立の最適な方法を、もっと考えて無駄な時間を新政権に使わせない様に。
社民も国民も、自党のマニフェストの一つか二つを使ってくれたらそれで十分でしょ^^
それが連立の仁義では?獲得票数に比例して自党の政策が使用されるのが民主主義だ^^
連立の邪魔するようなら、斬ってもいいんだから。 それくらいの覚悟の連立をせよ!

人数もいないのに偉そうに権利を主張するのもまた、みっともない事と知るがよい。
次の参院選に向けて、どんな態度で連立政権に臨むと国民受けするか位、考えてください。
国民受け というのは すなわち 庶民を助ける政治をする事だよ。
そこら辺がわかってないから、亀井久興さんや、保坂展人さんらが落ちるんだよ。
次の参院選であんたらがいなくなったら、二大政党が始まるよ! いいのか~~??

どうも鳩山由紀夫氏はこのブログを見てるような気がするのは気のせいでしょうか?
なんか、発言の節々に似たような発言を耳にするのも気のせいでしょうか(笑)
もし、見ていたら、鍵コメントでも下さいね。 秘密にするから(爆)
気のせいでも何でもいいけど、頑張って欲しいもんだ!  元 野党共闘政権には。

政権交代! なんてことない。 なんてわかりやすい! ハウワンダホ~。
自民ー181 公明ー10 民主+193 なんだね。 まさしくオセロ。 何より喜ばしいのは、公明党のマイナス10だ。20世紀少年のお陰かもね、トモダチ and ゼッコウw
選挙区オール落選! 代表の太田クンもバッサリNO!の政教分離をマトモな市民に突きつけられた。 細かい数字は見なくとも、全体の投票率が上がれば選挙区ではバッサリ切れるって事だ!もちろん比例だって、もっと斬って落とす事は可能なのだ、今後もね。 
幸福わからん党のお陰かもしれないね、ある意味(笑) 似たようなもんだから、本質は。

問題は自公合体政権のマイナス数が、そのまま民主党に流れただけってこと。
社民や共産は何か選挙戦略ってあったのかね? 「はさみ将棋」程度の戦略でもいいが。

何年か前、確かアベチンゾウが存命の頃、コイズミが「まさか」という坂があるとか言ってたが、そんな感じか?ジミングスらは。もうTVで取り上げんでいいよ敗戦政治家達を。
今からの方々(個人的には、長崎の福田さんと、石川の田中さん)を映していきなさいネ。 
メディアと自民公明の関係は、今後どうなっていくのかね? 三位一体だったからね。
権力の切れ目が、縁の切れ目になるのか?
それとも、細川政権時のようにタッグを組み、巻き返すのか?来年の参院選を睨んで、自民党の残り滓政治家達は、暫く地下活動をするのだろうな、犬猫のように。 キヲツケロ!
民主党は、メディア対策はしっかりやらないといかん。 お調子者がいるだろうから。

この選挙でわかったこと。
衆愚政治、ポピュリズム だとか言われるものは永遠に変わらなく存在する。
大事な事は、それらを馬鹿にするでもなく、距離を置くのでもなく、上から見下ろすのではなく、その中に率先して入って、そのB層的な現場を見聞きし、その力を逆に大いに利用するようなしたたかさを持たないと政治的には、今後も勝てないって事かな。理想だけじゃ無理。
理想や綺麗事だけじゃ、ご飯が喰えない、結婚も出来ないって時代なんだから。 

特に社民党は、今後も生き延びたいなら海よりも深く反省し、代表を変えるべきかな。
民主が心配だと思う方々には社民くらいしかないでしょ、しかし今のままじゃ絶対に無理。 
保坂さんをムザムザと落とすような戦略しかない政党は、信用できんという事。
東京の比例の投票は、たったの299,032票だよ、社民党は。
もっとしたたかに、自分らの党益の為には他党を騙すくらいの野党共闘が出来ないと。
党の利益(保坂さん当選)すら達成できないような政党には国益を出す事は絶対無理! 
例えば、はなゆーさんとこでたった今知ったんですが社民の本田さん、確かに面白いね。
低気温のエクスタシーbyはなゆー:〔社民党再建案〕本田ゆみ氏の使い道を考えよう 確かに、こういった若い女性の使い道や、色々とやることあるよね~。今回も票数少なすぎ!

オセロのように民意は180度、表裏簡単に変わるって事が今回よくわかった。
オセロは2色だからね。 3色目の、本当の意味での確かな色の政党が生まれないと、2大政党だけでは、日本はアカンような気がするのは私だけじゃないだろう。
今の社民党や共産党では無理だ、悪いけど。考え方が保守的なんだもんよ(爆笑)
チェンジ!! 民衆は変わる事が出来るのは、今回の政権交代で証明された。
あとは、既存の政治家達の意識がチェンジしてゆくことだ! ガンバレ!元野党!

天木直人さんの6月20日のブログでこんな記事があった。

これでは日本はだめだ
「閉塞感のある今の日本経済を元気にしてくれそうな人は誰だと思うか」
そんなアンケートを、フジサンケイビジネスアイが首都圏在住のビジネスパーソン1500人にアンケートしたという。
その結果を20日の産経新聞が報じていた。
トップが東国原宮崎県知事だったという。2位に小泉純一郎元首相、と続く。
麻生太郎(5位)、島耕作(漫画の主人公-8位)、石原慎太郎(10位)などが10位以内の揃いぶみだ。
冗談ではないかと思う。ビジネスパーソンがこれでは日本経済がよくなるはずはない。


こういったアンケートを見ると、ネットでいくら書いても、なかなか変わらないと思ってしまう。
これに、そのうち、橋下知事とかもランクインしてくるのでしょうね・・・。
で、ビジネスパーソンとは以下のような方々の事を言うらしい。

ビジネスパーソン【businessperson】
ビジネスマン・ビジネスウーマンに代えていう語。実業家。経営者。また、会社員。事務員。


俗に言う、「小泉ー竹中政権時命名B層」と呼ばれている方々というか、TVをよく見るであろう主婦とか、高齢者の方々は除いてのアンケートでこれですか・・・。
TVだけじゃないんですよね、雰囲気やイメージなんかで流されるのは。
TVを見ている時間が長かろうが、短かろうが、マスメディア全体の影響は大きいと言う事か。
ワンフレーズTV、あるいは偏ったワンフレーズ報道がうまいんだろうなぁ、メディアは。
「ほっとけねぇ!」とか、「おどろおどろしたBGM」や「いいとこ撮りの映像」とか。 また、上記のビジネスパーソンってのは、いわゆる「勝ち組」の人らが多いのも理由だろうけどね。
自称、他称の勝ち組の人は、今の社会構造が気に入ってる方々が多いのでしょうし・・・。

何かいい方法はないものでしょうかねぇ~? 
そんな「勝ち組」の意見を参考にしてはいけないってことでしょ、やっぱ!
一部の裕福な人たちと、ワーキングプア等と呼ばれている方々との落差は開くばかりだ。
TVにしても、金持ちの派手な生活や、豪華で贅沢な暮らしぶりを、あるいは高級食材の大食いでもいいが、時折、面白おかしく放送しているのを見るたびに、一体、こんな番組を誰が見て喜ぶんだろうと思う事がある。高度成長期時代なら「頑張れば自分もいつかは・・・」的な発想も大いにあっただろうが、今は「頑張っても報われない時代」になってきた。
そう考えると、TVって・・・自称中流以上の人らのモノになってしまった感がある。
TVメディア自体が社会的弱者というか、そういった人々を切り捨てているような気がします。

今よりも上を目指すのはいい事だ。しかし、それは全ての人が上を目指せるような平等な条件があってこそだろう。たまにいい訳程度に「ワーキングプア特集」等の番組をするくらいで、その10分後には「贅沢なムダ番組」が、ダラダラと流される現状は茶番である。
メディアが、社会的弱者の方を向いていない事にまず、気づくべきでしょう。自称勝ち組の方々の作る番組に真の報道は生まれないと思う。そう思って見て、まず間違いはないかな?
もちろん、たまにいい番組もあるので、そういった時は素直に誉めたり広める事も大事。

そういったTVの見方を変えていくヒントを多くの人に気づいて貰う事も大事かもしれない。
そこを考えていく事は、政治の事を書くこととはまた違った意味で大事な事だね~。
そういう事を考えていくブログの方が楽しいかなぁ~。やっぱ楽しくないとね、ブログは。
結局、ネットの力はまだまだそんなもん と切り捨てればそれまでなんだけど、何か少しでも良い影響を伝播していく方法はあるのだと思う。 ブログを3年近くやって、なんとなくだけど、そんな限界を感じたり、いや、なにかある筈だと、もがいてみたりと色々体験してそう思う。

ああだこうだとブログ上で議論するのも、それが飯よりも楽しい方々にはいいだろう。
もちろんムダだとは思わないし、そこで生まれるもののあるだろうし、好きな人もいる。
しかし私は3年間ブログやってて、ブログ上の議論にはあまり価値を感じなくなってきた。
好きな人同士でやればいいのである。 それがお互いに楽しいのだろうし(笑)
ネット上には頭のいい人が多々いるのだが、議論だけを見てるとそうでもない事もある。
結構頭がいいんじゃないかと思ってた人が案外そうでもなくてガックリくる事も多い。

何か書きたい人、何か伝えたい人が増えない事にはネットの力は十分に生かされない。
TVの世界は「自称勝ち組」の世界。ブログの世界は「自称知識人」の世界ではなぁ・・・。
これでは、どちらも「普通の庶民」を置き去りにした世界ではないだろうか?
わからない人、知らない人、この頃何かがオカシイと気づいた人・・・・
そういった方々がもっと気軽に参加できるコミニュティこそブログの力の醍醐味だと思う。
天木氏も書いてたけど、投票率が数%UPするだけでも大きな変動の可能性がある。

もちろん、これは今現在の私見である。正解でもなんでもない、ただの思い付きだ(笑)
しかし、ただの思い付きの積み重ねから、人類は大いなる発展を遂げてきたというのを、私たちは忘れてはならない。 と、いつものようにオオゲサ満開で書いてみる(笑)
共闘とか、競闘とか、協闘とか色々書いたことはあるけど、まずは「共笑」目指して。
共に笑える時代が一番では?ギャハハでもワハハでもブヒヒでもオホホでもいい^^
大人も子供も、若者も老人も共に笑いながら共に生きていく。 共笑から共生へ。

※↓の拍手が一定数になったらパワー満タンで次の記事への意欲が湧きます(笑)

ちりとてちんが終った・・・・。 ついでに都の風(再放送)も終った。
朝の連ドラの話ですw 毎朝7時半のBSの両番組が一日の始まりであった。
面白かったなぁ~。 いつ頃くらいだろうか?連ドラ見るようになったのは。古くはおしん かw
続けてみるようになったのは、甘辛しゃん からだったなぁ。 
あのドラマは、途中から偶然見てしまったんだけど、母親役の樋口可南子が綺麗だったので見てしまったんだよね。綺麗というのは表現が違うんだけど、元々あまり好きな女優でもないのに、何故か綺麗に見えた。なんでやろう?

今回のちりとてちんの母親役は和久井映見だった。やはり綺麗だった。
芸能界にはあまり詳しくはないけど、おそらく私が思うに、女優さんが、朝の連ドラで母親役をやるって、何か「思い切り」というか「踏ん切り」をつける意味というか、次のステップの為の役どころなのかな? 主役から脇役への移行といいうか、主役の演技から脇役へとスライド みたいな。 諦めたわけではない、新しい役者道へ、行くための階段みたいな。
そして、連ドラの新人女優や若い俳優さんへの見本であったり、恩返しであったり・・・。
陽の当たる真ん中の場所から、1歩ずれたところで演ずる楽しさを知る というか。
だから、朝の連ドラの母親役は押しなべて綺麗に見えるんじゃないかなぁとか考えてました。

「私が、私が」の我を捨てた演技。 あるいは女優として若い子へ繋いでゆく演技。
一言でいうと、自分が育ててもらった「役者」の世界へ、恩返しをしている ような。
だからキレイに見えるんじゃないかなぁ・・・・と。今の篤姫の母親役の樋口可南子も綺麗だ。
しかし、ソフトバンクのCMではそうでもない(笑) やはりドラマの女優がいいですね。

年度末。 今日で三月も終りますね。
忙しく、色々とあった今月であった。 まだまだ私も頑張らなくてはいかんですなぁ、仕事。

恩返し。
育てて貰った世界への恩返しって大事な事である。
自分だけの力で、誰しも偉くなったわけじゃない。 どこかで誰かの世話にはなっている。
芸能界でも、またどんな世界でもそれは忘れてはならない事じゃなかろうか。

一番忘れている人が多い世界が・・・・・・・政治の世界であろう。
恩返ししなくちゃいけない世代の人々が、相変わらず自分の党の方だけ向いているし。
政治家が恩返ししなくちゃいけないのは、国民全体に対してじゃないんでしょうかね?
最早自分は役に立たないと気がつき、政界を去ることも立派な恩返しのひとつでは?
ウータン康夫・・・。 一体何を血迷っているのでしょうかね。 末期的症状だね、ここ最近。
戦後長きに渡って日本を支配してきた、自民党は去るべきである。

自民党政治家達が、自民党にだけ恩返しするような世界は、もう必要ないのであるよ。
政治は国民のものである。 国民に、真の恩返しを一日も早くして欲しいものだ。
ウータン康夫・・・サル族代表として、一刻も早く、解散で恩返ししてください。

 ← 現在、「日記・雑談ブログランキング」に参加中です。

※コメント&TBは、レスしない事が多いと思います。 ご了承ください。堪忍っす。

どうにもこうにもブログが書けない今日この頃です。 もう辞めるかな?
・・・と、昨年から何度書いたことでしょう(笑) 
私はブログで、どっかの誰かさん?みたいにカッコつける気はさらさら無い。
ある程度、本音で書いて、本音で弱音を吐くスタイルが自分流だと思っています。
だから、自分の事をよくぶれる、「ぶれいっちゃん」なんて書いてみたりもしていた。
そこを突いて、攻められたりもしたし。それじゃアカンと叱咤もされた事もある。
しかし、人ってどう? 「ぶれてナンボ?」ってな部分は誰しもあるんじゃない?
その「ブレ」を楽しむ余裕や、考えるゆとりが無い人間ってどうなのかな?

まして政治でいえば、自分がやるのならば、ぶれてはよくないけど、三文役者が勢ぞろいの今の政治家たちの低レベルの政治を眺めるだけでは、ぶれてぶれてしょうがないんじゃないでしょうか? 思ったように動かないんだから、まったく。 
正道を行かない政治家をぶれないでは見られませんよ(笑)
公明党とか、共産党支持者くらいじゃない?応援している人達が比較的ブレナイのは。
無党派層なんてのは、ブレ層でしょ。その代表みたいな気持ちで書いているからネ、私は。
しかし、ぶれるといっても自民党よりにぶれた事はないなぁ~(笑)それでいいんじゃない。
それは結局大きな意味で「ぶれていない」って事なのです。
そこを細かい事を探しだして、キィキィいう人がいるから馬鹿げてるのだよね。

今年始めの、このブログに端を発した、ちょっとした騒動にしてもくだらんかったでしょ?
あまりのくだらなさに書く気がなくなったのは事実です。読む気もか。
当事者の一人でもあるから、そのうちまとめ記事にでもしようかなと思ってますが。。。
「言葉の結晶」という記事ねぇ・・・・削除して消せばいいんだけどね(笑)
それこそ、私にとっては「どうでもいいこと」なんだよね。優先順位低すぎて(笑)
そこらの気持ちは、わからん人にはわからんめぇ~(笑)

しかし、得るものも大きかったでしょ?皆さんも。色々な意味で。
私も含めて、対応が悪かった人、判断がオカシナ人、変な人(笑) 勢ぞろいでしたね。
そして素晴らしい人達の発見も出来たという声も聞きました。
また、私の代わりにというとおかしいけど、色々なブロガーさんらにも助けられた。
やっぱ、無駄なものはないんだよね~、世の中は。
もちろん、あの記事自体は政治色の薄い話だったわけだけれども、奇しくも政治に関心のある方々が多々参加して盛り上がった話ではあったよね。おかしいよねぇ~(笑)

あの騒動の中で、私が一番情けなかったのは、ある人から教えてもらったコメント。
「B層」というか「私の読者層」を小馬鹿にした●●●って方のコメントだった。
私のことを馬鹿にしたりするのはいいけど、読者までもか・・・・と。あれには参った。
交流は薄かったけど、立派な政治のブログで尊敬もしてた分、ガックリきたもんです。
一番のショックだったかな? あれが。 よくも書けるなぁ・・・・と。
政治のことを書くって事は・・・書くって行為を何と考えているのかと思いましたよ。
私を叩くついでに、その読者を叩く その行為ってカッコイイのか?

とまぁ、こんなことを書くと、まだ引きずっているのかと勘違いされても困るのだけど、ブログを書こうかなと思うとついつい書いてしまうわなぁ・・・という事は引きずっているのか(笑) 
実際、ブログを開かない時は、まったく思い出さないから引きずってはいないと思うけどね。
それくらい、この頃は仕事も忙しく、ネットを見る時間はほとんど無くなってしまった。
願わくば、自公合体政権が消滅する日までは続けたいところなんですけどね。
私の為に・・・・(笑) そして皆の為にも、一日も早い政権交代を望みます(笑)

※コメント&TBには暫く、レスしない事が多いと思います。 ご了承ください。

 ← 現在、「日記・雑談ブログランキング」に参加中です。

暫定税率の期限を延長する「つなぎ法案」(ブリッジ法案)
それはまさしく、自民党が、生き延びる為だけの、最低に小汚い法案

※詳しくは 日本がアブナイ!& ぬぬぬ? の記事を読んでね^^

ガソリン税廃止に、与党がトンデモ「奇策」で対抗+大阪府知事選+マック判決

【卑劣な奇策】 ガソリン下げない 『場つなぎ法案』、嘘つきウータン福田の詐欺師のような逃げ口上 @三権分立の機能不全を自ら起こす坊ちゃん政治の無責任体質全開

ガソリンが25円安くなる期間が少しでもあり、国民が実感した後で元に戻ってしまうと、
流石に騙しやすい国民の多くが、何かに気づき、騒ぎだす恐れがあるから。
そして解散選挙になれば「衆議院議員3分の2の数」の力が消失する恐れもあるから。
43もある税金関連の期限切れ法案をひとつのパックにする事で国民を騙す作戦。
「国民の為」を思うのならば、野党が言うように議論が必要なものだけ別にするのが常道。
ガソリン税の暫定税率の法案だけを別にすれば、問題はわかりやすいのである。
「国政や国民の混乱を避ける為」と言いながら、国政や国民を無視した非道な作戦。

それが国政&国民を全く無視した 

自民党の首つなぎ法案 なのだ!!

ハイ、解散、解散~! ウータン康夫の「奇策」解散は間もなく?

 ← 現在、「日記・雑談ブログランキング」に参加中です。

昨日は震災の日でしたね。あれから13年になるのでしょうか。
福岡で3年ほど前にあった地震でも暫くは、結構怖かった思いがあるくらいだから、
阪神淡路大震災の時の衝撃、そしてその後はどれだけ大変だった事かと思います。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。


衆議院での3分の2以上の賛成による再議決で、給油法案はあっさりと決まった。
そして、今日から始まる国会では、租税特別措置法改正案が与野党間の争点になるようである。その暫定税率撤廃を掲げる民主党案も、与党は、野党が参議院で政府案を否決したら同じ技=コイズミ選挙の数の力を使い、3分の2以上の賛成での再議決の技を使うとか?
ねじれ国会はいいのだが、この3分の2条項がある限り、やはりうまくない。
ねじれがいいのか、悪いのかではなく2年ちょっと前の小泉選挙での3分の2の衆議院の数の力がいまだに乱用される事がいいか悪いのかを問う選挙を早急にして欲しいものだ。

本来なら、ありえない数字であろう、3分の2による議決権がある限り自公合体政権の立場としては選挙はしたくはないのが当たり前ではある。 次の選挙で万が一過半数を取って勝ったとしても、それでは「議決権」は失うわけですからね。 
今回の「新テロ特措法案」で、参議院では与党の賛成106、野党の反対133で否決。
そして衆議院では与党の賛成340、野党の反対133で、3分の2条項により再可決。
ここに怖さがありますよね。直近の民意より2年前の民意があっさり勝ってしまう法則です。
3分の2条項は、参議院議員すべてを、あっさりと無効化してしまうわけですから。

雰囲気に流されて、一度間違った投票をしてしまうと、権力側はそれを手放すはずが無い。
3分の2以上の賛成での再可決は、「モーターボート競走法」以来、57年ぶりという。
党議拘束がある限り、その【人】個人が、如何に立派な事を言おうと、やはり党としての投票になるわけだから、どの「人」を選ぶかも大事ではあるが、やはりどの「党」を選ぶかも非常に大事ですね。結局は力のバランスが物を言う。

どこか一方に極端に偏ってしまう事の怖さを私たちは認識しなくはならないと言う事なのでしょうね。 「右」「左」「上」「下」色々なバランスを取るということか。 色々な意見のいい部分が取り入れられるというのも、実は丁度良いバランスの中で生まれていくのだと思います。
「3分の2条項」での再可決のような、数の力にモノを言わせた有無を言わせない形では、多くの国民にとっての良いバランスは生まれないと思います。しかし、かといってバランスばかり考えて選挙に向かうと言うのも庶民にとっては危険なのは言うまでもありません。

憲法59条で決められているとはいえ、「3分の2条項」はもっとハードルを高くする必要があるのではないかと思う。せめて、直近の民意である選挙の結果もクリアしてとか、現在の首相で衆議院選挙を闘い、民意を得ているのかとか、あるいは使える回数の制限?、はたまた2回使った後は解散総選挙必須とか? 他にも何か必要なのではないだろうか? と素人考えで思います。 直近の参議院選挙で惨敗を喫した安倍晋三のままだったら、今回の「3分の2条項」を使う事の危険さ、愚かさ、等がよくわかったと思います。 
そりゃないだろうと、非常に国民にもわかりやすかったのでは無いだろうか。 

政権の顔を、ウータン福田康夫に変えられ、イメージを変えてはいるけれど、実質は同じ政権であるのは間違いなく、愚かで危険な「二年前の数の遺産力による、3分の2条項」をまんまと使用されてしまったのだから。 そこに民意は薄い。野党各党の足並みも悪かった。
もっと国民に、この危険性というか愚かさをアピールする方法は無かったのでしょうか?
とにもかくにも、今回の決着も民意を考えていない自公合体政権の横暴だと思っています。

※ TBのお返しは暫くしておりません。ご了承ください。すみません。

人気ブログランキング  に参加中です! ポチっと応援有難うございます♪ 
【2行日記】    
昨日は久々にたくさんのコメント&メール有難うございました!ウルウルしっ放しでした。
今日は久々にブログ休もうかと思ったのですが、やっぱり書きましたw


統一地方選挙や、参議院選挙が重なった今年は「亥年選挙」の年でした。
党員や組織団体が、度々駆り出される事で選挙疲れする事で投票率が下がり、自民党には不利で、公明党や共産党といった強固な組織を持つ政党には有利だといわれていました。
蓋を開けてみたら今年はどうだったでしょうか?投票率はそれほど変わらず、自民党のみならず、公明・共産と共に不調に終りましたね。そして民主党の一人勝ちになってしまいました。いいか悪いかは別として少しだけ過去のパターンを覆したのが今年の亥年選挙年だった。
特に参院選一人区での地方での自民党惨敗という結果は亥年現象に関わらずに起きたような新鮮な惨敗結果でした。「亥年選挙」ではなく「ウリ坊選挙?」の年とでも命名する?(笑)

そして衆議院選挙が早ければ年末? あるいは来春辺りには?と囁かれています。
小泉新党なる、最早数少なくなったであろう、政府命名B層をターゲットにした政界再編話も今日の朝の番組で流れていましたね。バカの集まりが出来た方がわかりやすいから是非新党でも珍党でも作って頂きたいものである。叩き甲斐がありますね。思う存分ww
また今日の午前中の国会では、自民党の林芳正が民主党の政策を横取りして首相に答弁を求めて、民主党が反発して一時国会が中断したとかいうような記事がどこかにあったがもう削除されていた。相変わらず汚い事をしますね。あ、しっかりコピペしてましたw(偉いぞオレ)

首相、野党との対話改めて強調 参院でも予算委スタート 
2007.10.15 ≪リンク切れw≫ 
 参院予算委員会は15日午前、福田康夫首相と全閣僚が出席し、基本的質疑に入った。7月の参院選で与党が大敗し、衆参で与野党勢力が逆転した「ねじれ」国会に臨むにあたり、首相は「まったく新しい段階になり、国民、国家のことを考えながら政治を進めていく思いは与野党まったく同じだと思う。話し合えばなんとかなるとの希望を捨てていない」と述べ、野党との協調路線を重視する姿勢を改めて示した。自民党の林芳正氏に対する答弁。

 ただ、林氏が政府への質問の形を借りて、民主党が参院に提出した年金保険料流用禁止法案や、同党が参院選で公約に掲げた基礎年金の全額税方式に関する財源不足などの問題点を追及したことに、野党側が反発。審議が中断する場面もあり、首相の協調路線姿勢とは裏腹に初日から与野党の対決色が鮮明となった。 


猿真似内閣には要注意!! 擬似民主党政権が福田内閣だ! も案外当たっているか?w

こういった茶番政治を行う政治家を選挙で選んでいるのは国民ではあるが、しかしその選挙制度もまた、政治家にやさしい事を私たちは忘れてはならない。弱者にはドンドン厳しくなる政治だが、政治家にはとことん甘い衆議院の選挙制度の話をちょっと紹介。

野球と政界の敗者復活戦 東京新聞【私説・論説室から】 07年10月14日

 プロ野球セ・パ両リーグでクライマックスシリーズが始まった。レギュラーシーズンの上位3球団が日本シリーズ出場権をかけて激突。ファンにとっては、ワクワク、ドキドキの“球秋到来”といったところだろう。
 一方、リーグ優勝を逃した球団でも日本シリーズに出場できる「敗者復活制度」に、釈然としない人もいるかもしれない。そういえば、政界にも似たような仕組みが…。

 衆院選の重複立候補。小選挙区と比例代表に掛け持ち出馬ができ、小選挙区で落選しても比例代表で復活当選できるという、候補者にとってありがたい救済措置のことだ。
 前回の衆院選では、比例代表当選者百八十人のうち、65%に当たる百十七人が復活当選組。国民生活全般のセーフティーネット(安全網)の整備はまだまだだが、議員自らの安全網はしっかり完備されているようだ。

 本来、重複立候補は過渡的な制度のはずだったが、今やすっかり議員の既得権になってしまった感がある。
 当然、有権者の評判は芳しくない。小選挙区で敗れて敗戦の弁を語った候補が、数時間後に比例代表で復活当選して笑顔で万歳する。こんな光景に首をかしげる人は少なくない。小選挙区で「ノー」の審判を受けながら、首相の座に就く究極の「敗者復活劇」が将来起きるかもしれない。
 政界も秋風ならぬ解散風が吹きつつある。政界引退をかけた戦いを公言する与野党首脳もいるが、そんな大上段に構えずとも、多くの議員に実践してほしいことがある。
 重複立候補を自ら辞退して、小選挙区だけに出馬する。その方がドキドキ感があっていいのでは。 (田畑豊)


二段構えで、政治家を手厚く保護する選挙制度。 バカが居座り続けられる筈である。
その半分でいいから毎年3万人以上自殺する国民の側に「セーフティネット」を向けろって。

近々行われるであろう「衆議院選挙」は小選挙区比例代表並立制です。
小選挙区選挙では全国を300の地域に分けて各TOPの1人が選ばれ300人が当選。
比例代表選挙では全国を11のブロックに分け、ブロックごとに立候補する政党が候補者の名簿を作って、私たち庶民は政党名を記入して投票するわけだ。
その政党の得票数に応じて、名簿の順番に従って当選人の数を割り当てるわけです。
その名簿の順位は1位が1人。2位が5人となってもいいわけです。
そして同順位の場合は惜敗率で順位が決まり当選するわけなのですね。
参議院選挙と大きく違うのは小選挙区にも、比例代表にも重複して立候補出来るという点が上の記事にもあるように政治家には優しい「セーフティネット」ってなわけなのだ。

簡単に言うとこんな仕組みですね。
ジミングス政党が、小選挙区選挙にも出ていた、A、B、Cの3人を比例代表選挙の名簿にも登載していたとします。比例代表選挙の当選人の順位を、第1位をウータンとして、重複立候補者のA、B、Cを同一順位の第2位としました。 
で、衆議院選挙の結果、小選挙区選挙ではAは当選、B、Cは落選したとします。その落選したB、Cの候補者のそれぞれの小選挙区での得票結果の最多得票者に対する得票の割合(惜敗率)が、Bが70%、Cが90%だったとします。 比例代表選挙の総得票数で、このジミングス党は2議席を確保したとすると、1位の比例のみ出馬のウータンと、小選挙区では落選したCの人が比例で復活当選したという事になるわけです。
な~~んて政治家に優しい「再チャレンジ」なのでしょう~~。
詳しくは度々ブログでも紹介しているAll Aboutの衆議院総選挙のしくみ基礎の基礎 を。

私達は参院選と同じく2票ある。小選挙区の個人名1票と比例での政党名への1票。
たったこれだけの事が、庶民の最低の義務なのですよね。
いくら、復活制度があっても、自民党自体に投票が少なければ復活も無いのである。
逆に考えれば、小選挙区では厳しい闘いが想像される少数政党も得票数が多ければ、復活当選は大いに出来るのですよね。選挙制度はいずれ変えてもらいたいが、現状では今の選挙制度のままで戦うしかないのである。 だからこそ小選挙区と比例代表での棲み分けが野党共闘で上手く活用されれば全ての野党に十分チャンスは訪れると思う。 
色々な人の「自公政治にNO!の1票」が、日本の未来の為に見事に各野党に分散される事を願います。 国民=庶民を信じて「党の方針」を高らかに挙げて闘って欲しい。
また、庶民の側もしっかりと考えた1票を、投票してやる事が大事だ。

・・・・と、相変わらず、随分と気の早い話を書いてしまいました(笑)

 政治ランキングに参加中です。

 :現在24位! クリックしたら順位が上がる不思議なボタン(笑) 

トラックバックピープル 衆議院選挙 野党共闘 にTBしています



人気ブログランキング  に参加中です! ポチっと応援有難うございます♪ 
【2行日記】    
黒川紀章さん、亡くなられましたね。あんなに元気だったのに。彼は彼なりに一生懸命にこの国の事を考えていたんでしょうねぇ。謹んでご冥福をお祈りいたします。


亀三兄弟の次男の試合は最低な試合でしたね。内藤選手にはホントお疲れ様。
亀親や亀長男の急所狙えだの肘上げて目を狙えだの反則推進の声もTVで拾われてたら世話無いですね。今まで様々な格闘技を見てきたがあれほど陳腐な試合は無い。
といってもところどころしか見ていないが。
所謂、ルール無きケンカでも、ある程度暗黙の男のルールってのがある。例えばナイフなんかの凶器は使わないとかね。ルール無きケンカは殺し合いだからそれで勝っても誰も賞賛しない。支持しない。ましてやボクシングというスポーツはルールがあるから成り立つ高度なスポーツなのである。私も遊びでした事あるけど4回戦ボーイと闘っても結構パンチは当たらないもんです。足の位置でパンチの予測が出来たりとかね。またルールがあるから面白い。
この社会もルールがあるからこそ安心して、実りのある生活が出来るってもんだしね。

ルール無き世界。それは特に小泉以降の政治の世界も一緒だ。
どちらもマスコミを味方につけて散々国民を煽る。一方から見たモノだけを流す。
国民も今回のボクシングにしても相撲界のゴタゴタにしても「オカシイ」とは流石に気づくでしょうし、TVメディアや何がしかの権力者による意図的な何かがあるのだと、わかるでしょう。
政府命名B層の流れが、今では案外まともな方向へ流れていっているのかもしれない。
同じパターンが出し尽くされてしまったのだ。バカなTV界。先端を行っているつもりで一番時代の波に乗っていない代物。全ての嘘はネット発で暴かれてしまっている。

直接、間接的な口コミによる真実効果はネットによって多くの国民に知らされる。
その数は私らの想像以上に今、世の中に蔓延しているんじゃないか?
作られた虚構の人。 それは安倍晋三であり、亀三兄弟である。
その器でないものが無理な事をすると必ず「ひずみ」が起こる。それを証明した。
この国の政権を担当する党の器で考えても自民党にはもう無いのです。
それなのにいまだに安倍や自民党を応援する人がネット界とTV界にだけwいる。必死だ。
最早、数少ない真の政府命名B層に頼った自民擁護の狂ったスタンス。
国民をそこまで馬鹿にしちゃぁいけない。そんなブログなんかが人気があること自体が怪しいし、どこかの何かのヤラセであるって事にほとんどの人はもう気づいている筈である。

テロ特措法がそんなに大事なら、何故政権を放り投げた。全てはそこに尽きる。多くのジミングス(自民愚衆)が支持した安倍晋三が政権を放り投げた時点でだいたいオワリなのだ。そこからはじめよ!それ位、総裁選で選んだジミングスの任命責任は重くなくちゃならんでしょ。
放り投げた前政権と、漁夫の利でウータン康夫が譲り受けた現政権は結局同じ自民党員だけが選んだ小泉遺産政権。かなり食いつぶしましたけどね(笑)世襲議員は食いつぶすまでやるのが信条だろうが国民はそんなに暢気じゃない。読売を始めとしたメディアも支持率を煽っている場合じゃないよ。「議題設定」がとにかくオカシイのが今のTVメディアと政治である。
政権を放り投げるような政党に、支持率が二桁あるのがオカシイのですよ。
総裁選なんかを「議題設定」にし、ダラダラ流していたマスコミの罪は重い。

さて昨日のアンケート結果です。協力してくださった皆さん有難うございます。

あなたのおおまかな職業は?
[投票期間] 2007/10/12   [投票数] 128票


会社勤め
(39票/30.5%)
ほぼ自営業
(31票/24.2%)
ほぼ主婦
(22票/17.2%)
派遣社員(パート)
(8票/6.3%)
学生
(6票/4.7%)
ほぼ無職
(5票/3.9%)
定年失業者 (追加)
(4票/3.1%)
年金暮らし
(3票/2.3%)
自営業+年金でやっと生きてるw (追加)
(2票/1.6%)
非常勤嘱託 (追加)
(2票/1.6%)
個人事業主(請負)←偽装じゃないです (追加)
(2票/1.6%)
80歳の元教員(女) (追加)
(1票/0.8%)
その他↓
(1票/0.8%)
会社社長 (追加)
(1票/0.8%)
わずかばかりの年金をもらいながら健康と
呆け防止のために(会社に悪いか)勤めにでている67歳 (追加)
(1票/0.8%)


「北朝鮮工作員」ってのが1票ありましたが相手にするのも面倒なので削除しましたw
128票のうち、約30%の39人が会社勤めの方でしたね。仕事の合間に有難うございます。
主婦の方も結構多いですね^^; いいですね(笑)>なにが?w
学生さんが少なかったですね~。やはりオヤジ臭いのかな?もっとヤングに精進せねばw
そして結構人生の諸先輩の方々も多いというのが改めてわかりましたね^^
ネットの年代層は着実に若者だけではなく、広がっているという事ですよね!

で、だから何がわかったの?って意見もありますが(笑)全体の7割の方々は会社勤めではない方々。それは私が自営業者ということもありますが、だいたい想像していた数字でした。
どちらにしましても忙しい時間の合間に見てくださっているのですよね、感謝します。
また年金をもらいながらもお仕事してらっしゃる方も多いようですね。
お体に気をつけて頑張ってくださいね!
何よりも嬉しいのは、アンケートにわずか半日でこんなにたくさん協力して貰った事です^^
また何かアンケートをさせてもらいますのでその時もよろしくお願いいたします。
今後また何か書く時の参考になります。ちなみに何かやって欲しいアンケートありますか?

もちろん「らんきーブログ」の読者中心のアンケートになりますので偏りはあるでしょうが、政府発表やマスコミ発表の調査よりは信頼性はあるかも?ですよ(笑) うん、間違いない!!
以前にやったアンケートでこんなのがあります。「今現在好きな政党は? 」です。
らんきーブログ:明日は我が国 の意識 2006.10.10
結構、いい具合に分散していましたねー、この時の支持政党は^^
またやってみようかな? 野党共闘ブログにはふさわしいかもしれませんw

ちなみに「野党共闘」の記事を書くと人気は落ちていく傾向があるようです(笑)
何ででしょうかね?野党共闘は「護憲の道」にも、「政権交代の道」にも繋がる今現在では、非常に現実的な庶民の戦法だと私は思うのですがねぇ~。「庶民の共生」戦法ですよね。
自公がENDするだけじゃいかんのは皆わかっている筈でしょ?
いきなり、民主党単独政権でいいの? それは嫌でしょ(笑)だったら四の五の言わない。
現状で考えられる選択肢の中から、確実な一歩を踏み出す事。 
それは大人の選択:野党共闘しかないと思っています。我ながらシツコイw

政治ランキングをもう少しまともなランキングにする活動に参加中(笑)協力はクリックで♪

 :現在24位! クリックしたら順位が上がる不思議なボタン(笑) 

トラックバックピープル 衆議院選挙 野党共闘 にTBしています




人気ブログランキング  に参加中です! ポチっと応援有難うございます♪ 
【1行日記】    
今日はアンケートを募集しています。よかったら協力してくださいm(_"_)m


私は自営業者だし、PCがいつも側にはある。
メールが来たらわかるし、時間があればネットを開くこともできる。忙しい時でも、昼飯を口に頬張りながらネットの情報を拾い読みする事くらいは出来る。そんな事を柄でもないのに、ブログで政治の事を約1年ちょっと書いてきて、やっと今くらいの政治力だ(笑)
全然大したことは無い。と、それは自他共に認めるところではある。私のブログの右サイドにあるオススメのブログ等を読むと私なんかよりも根本から政治に詳しい方々は多々いる。
その私よりも忙しい方々、あるいは会社勤めで朝から晩まで会社に拘束されて、家に帰ったらバタンキュー(死語?w)の方々の数は途方も無く多いだろう。ましてネットは繋いでいるけど、難しい政治の話まで疲れた体で読む気力も無いって方々が多数だと思います。

せいぜい自分の趣味や、娯楽の為の情報収集くらいが関の山だと思います。
そこでちょっとアンケートです。一体どんな方々がこのブログに来てくださっているのか?
よかったらどれか押してください。よろしくお願いいたします。(結果は明日発表)




ネットに繋いでいる方々の間でも、政治に関心を持ってわざわざ「ブックマーク」やRSSなんかで政治関連のブログをチェックしてくださる方々は書いている人だけではなく、読んで下さる方々も希少価値?とまではいかなくても有難い存在ではある。それくらい政治の事は、普通の方々の日々の生活サイクルの中での優先順位は低い存在だと思っています。
その中で書くことは無駄なのか? 私は決して無駄だとは思いません。
一人でもいいのですよね。読んで下さる人は。 その一人の人の心をグッと掴んで何かの「気づき」を促す結果になって、その方がもしかしたら将来、政治家になるかも知れない? 
あるいは、選挙で今までとは違う政党に入れるかもしれないのですからね。
アクセス数と内容(あるいは影響)は比例しない部分も大いにありますからね。

私にいつも何かの考えを示唆してくださる四季桜さんの昨日のブログ記事引用。

郵政民営化見直しの為に何ができる?
 国民が政治的意思表示を行う機会は選挙です。しかし、日本国民は、小泉郵政選挙と2007年参議院選挙の2回で、郵政民営化反対の意思表示を行わなかった。故に、国民の意思によって民営化が行われた。次の衆議院選挙で、郵政民営化に一貫して反対し、それを政策の要に据えている国民新党が躍進しない限り、民営化の在り方を再考する機会は完全に失われるであろう。

 郵政民営化を見直しさせるには、国民新党支持者が増加している、とアピールする以外に道は無いように思われる。手っ取り早い方法は、国民新党に入党する事であろう(参照:国民新党 入党のご案内)。自民党と民主党は、党員やサポーターを減らし続けている、故に、国民新党党員が増加すれば研究するであろう。当然、郵政民営化問題に帰結せざるを得ない。  
 政治的訴求やネット井戸端会議を繰り返しても、実社会での行動が政治へ影響を与える。動かすなら、選挙と実社会での行動が必要である。何よりも、二大痴呆政党である自民党と民主党は、選挙に勝つ事のみに関心がある。政治が益々虚構化している。 夢想飛行-非連続線上の飛躍


たった一人の行動から世の中は変わる事もある。それがブログがキッカケの人の可能性だってある。そこにはそのブログのアクセス数なんて関係は無いのである。「一人の書き手」が「一人の人生」を変えてしまう事だってあるのがブログの文字の力かも知れません。
昔で言う「一冊の本との出会いが人生を変えた」に置き換えてもいい。
私の子供の頃で言えば、漫画という本にしても「巨人の星」や「あしたのジョー」や「柔道一直線」を見て、影響を受けてそのままその道のプロになった人は多いものだ。
それが今では違う媒体から人生が変わる人が出てきてもおかしくは無い。
だから私は世の中には無駄なものは無い と思うのです。見えない「一人」に訴えかけるようなブログでも必ず意味があり、何がしかの影響を誰かに与える可能性はあるわけだから。

天木直人氏の昨日の記事の一部。たった一人からでも世の中は変わる可能性はある。

ああ、この国の政治家の中から一人でもいいから出て来てくれ。米国との軍事同盟を終らせない限り平和国家日本を取り戻す事は出来ないと声をあげる政治家が。米国の鎖から解き放たれない限り、日本の明るい将来はないと力強く公言できる本当の政治家が。一人でもいいからそのような政治家が現れて欲しい。そのような政治家が現れるなら、私はその人の足元にひざまずいて、残りの人生を捧げてもいいと思っている。
ああ、日本が消えていく。戦争国家米国に従属させられて消滅していく


私は、四季桜さんの記事で言えば「行動しない井戸端ブロガー」である。
ブログでせいぜい、毎日こんな事を書くくらいが関の山だ。
しかし、若い人や、志に燃えてくれる人のたった一人でも、万が一でも「その興味の入り口」として、このブログに訪れてそこから何がしかの「気づき」を促して人生が変わるキッカケにでもなってくれたらいいなぁ~と願い書いている。あるいは私のブログを通じて違うリンク先に行って「気づき」を促して貰うのもいいなぁと思ってます。名も知らぬキッカケブログでいい。

自分は行動はしない癖に、こんな言い方は卑怯かもしれないけど、「若い人」にはブログを書いたり読んだりするだけではなく、実際にリアル世界でドンドン行動を起こして欲しいと思います。人生に色々なしがらみが少なく、身軽なうちに起こした行動は財産にもなります。
私のように、ただ「書くだけの人」ではアキマヘん(笑) [若い人に言ってます^^;]
やはり「行動に勝るもの」はないと思います。文字だけのネット行動ではなく、リアルの世界で本当に血の通った方々との出会いが若い人たちには一番の財産になると思います。

と、昨晩、金八先生を見た私は、すっかり教育者のような気持ちで書いています(笑)

政治ランキングをもう少しまともなランキングにする活動に参加中(笑)協力はクリックで♪
 :現在24位! 25位枠にギリギリおやじ~ズです^^;  


トラックバックピープル 衆議院選挙 野党共闘 にTBしています

人気ブログランキング  に参加中です! 応援有難うございます♪ 
【1行日記】    
喜びもあれば、悲しみも多い今日この頃、皆さんお元気ですか?w


とうとうこんな事まで言い出しましたね。
10月1日から郵政民営化を稼動させ、ホっとひと安心の小泉純一郎。
息子をみのもんたの側に置けてマスコミ対策も相変わらず万全のようだ。
しかし私とどっこいどっこいのレベルの言葉遊びだw 「ま坂」・・・・・5点ですね(笑)

2007/10/04-19:19 政界に「まさか」あり=古巣で心構え説く-小泉氏 時事通信社
 「人生には上り坂もあれば、下り坂もある。もう1つは『まさか』という坂だ」。自民党の小泉純一郎元首相は4日、6年ぶりに出席した町村派総会であいさつし、かつての仲間らに政治家としての心構えを改めて説いた。
 小泉氏は、安倍晋三前首相が所信表明演説の直後に退陣表明したことを挙げて「まさか、あのような形で安倍さんが退陣するとは思わなかった」と述べると、「これからの政局もいつ、『まさか』が来るか分からない」などと語った。最後は自身の近況に触れ「首相を辞めて1年たち、少し体力も回復してきた。ゴルフもそろそろ始めようかと思っている」と、「まさか」に備えて当面は体力温存を強調していた。


「まさか」は日本にとって「魔の坂」です。私の方がうまいな(笑)6点以上は出るやろ(笑)
二度とコイツが表舞台に出ないようにしないといけません。出る・出ないは別にしても動けないようにしていかなくてはいけないし、踊らされてはいけない。だから自民党は危険なのだ。
清和会=森・小泉らが政権にいる限り、こういった報道はマスコミなんかに面白おかしく伝えられ、国民B層の声までをも多数演出されてしまい、歪んだ方向へと持っていかれてしまうからね。 もうウンザリである。マスコミのヤラセB層が政府命名B層を騙し増殖しているのだ!
郵政民営化凍結
へ向けて森田実さんもこう書いてらっしゃる。引用します。

【1】郵政民営化は、「米国政府の日本政府に対する年次改革要望書」に示された米国政府の要求に従ったもので、日本政府の米国政府に対する奉仕にほかならない。
【2】したがって、郵政民営化は日本国民のためではなく、国益に反して行われたものである。日本国民の資産を米国政府と米国の巨大金融資本の餌食にするものである。
【3】郵政民営化は、福田赳夫元首相と福田赳夫氏の影響下にあった大蔵省(現財務省)銀行局と福田赳夫氏の後継者たちの、田中角栄元首相と田中氏の影響下にあった郵政省(現総務省)に対する怨念にもとづく復讐であった。旧大蔵省銀行局(現金融庁)の郵政つぶしが、ブッシュ政権にバックアップされた小泉政権によってなしとげられた。
【4】郵政民営化は、日本郵政公社という健康体を、市場原理主義という誤った経済理論にもとづいて、無理矢理、大手術をして解体したようなものである。郵政公社という大きな国民の共有財産が、米国の利益に奉仕する小泉首相と竹中平蔵郵政民営化担当大臣の信奉する間違った経済理論によって、米国の巨大金融資本の餌食にされることになった。
【5】日本の政治が米国政府の影響下から離れて自立し、日本国民のための健全な政権が登場したとき、郵政民営化は停止されることになろう。郵政事業は本来、国の責任において行われるべきものであり、本来のあるべき姿に戻されなければならない。
【6】小泉首相による2005年の郵政民営化の決定(総選挙による小泉内閣の勝利)は、日本を半永久的に米国の従属国化した1960年の改定日米安保条約締結に匹敵するほどの自民党政権の大誤謬である。日米安保改定と郵政民営化は戦後の二大誤謬として歴史に記録されるであろう。
【7】郵政民営化によって地方は切り捨てられる。利益・効率の名のもとに、郵政事業が本来もっている社会奉仕的機能は停止される。日本の郵政事業は、日本国民のものから米国巨大金融資本のものになる。
【8】郵政民営化は日本の破壊である。

2007.10.3(その5) 森田実の言わねばならぬ[617]
平和・自立・調和の日本をつくるために【416】
郵政民営化スタートに対する短いコメント――郵政民営化は地方を破壊するだけではない。日本を破壊する大愚行である。日本国民の富を米国大ファンどの餌食にするものだ


ねじれ国会と呼ばれる、国民にとっては真っ直ぐな形の五分五分に近い国会が始まった。
強行採決を連発していた安倍晋三がいた頃の国会とは全く様変わりしてきた模様だ。
この国会で、失われた時代の悪政が少しでも元に戻っていくことを願います。
やり直せるのです。人生も政治も。 諦めたら、そこまでなのですよね。全ては。
ここまで一旦アップ。 今日の夜にでも、また別の記事を書く予定です。

人気ブログランキングに参加しています。 よかったらポチっと^^

 :現在22位

トラックバックピープル「衆議院選挙 野党共闘 」   どんどんTBを送ってください♪

人気ブログランキング  に参加中! 政治ブログジャンルで頑張ってます!
【一行日記】 
福田総理に決まって、騒ぎ喜んでいるのは一部TVと新聞だけってのが真実なのでは?
私の周囲でもブログのアクセス数も全く増えない関心の無さ。逆にアクセス数は減った(笑)


私が死刑制度について書いた時に偶然流れたBADニュース。鳩山法務大臣の以下の本音トーク。自分に法務大臣の再任は無いと踏んだ、読みの悪い男のこの発言。こんなのが大臣だから死刑制度廃止が正論になるのは当たり前である。私も「死刑制度廃止」という理屈はよくわかる。こいうった男らにその権限を持たせる事がどれだけ恐ろしい事か。冤罪の嵐と共に、国による無責任殺人の連鎖の可能性は非常に高い。この鳩山のような信用ならない人間がその死刑問題の最終決定機関にいるという事で「死刑制度廃止」は益々正論である事は理解できます。しかし、私は庶民側の感情論として「死刑存続」には一定の支持をするものだ。

感情としての死刑制度はずっと支持していきたい。人を意味無く残虐に殺せば、死刑になるのだよと、悪い事をしたらバチが当たるのだという教訓を教えるのには一番わかりやすくて、いいと思うからだ。「死」ほど哀しいものは無いという感情を育てるのにも適していると思う。

亀井氏 鳩山法相批判「人間の資格ない」
 福田康夫首相の国会指名から一夜明けた26日、国民新党の亀井静香代表代行が法相に再任された鳩山邦夫氏に対し「人間の資格もない!」と厳しく批判した。鳩山氏が25日の内閣総辞職後の会見で、法相の署名なしでの死刑執行を検討すべきだと問題提起したのを受けて怒りを爆発させた。福田内閣は皇居での福田首相の任命式と閣僚認証式を経て正式に発足した。

 国民新党本部での定例会見で、亀井氏が再任された鳩山氏にくってかかった。
 「ひどい時代を象徴している。人の命を軽んじるような者が法相に就任した。ボタンを押しておくと(機械的に)次から次へと殺されていくイメージで、人の命を扱っちゃっていいんですかね」と語気を強めた。さらにボルテージを上げ「法相の資格もなければ、人間の資格もない!鳩山は!!」とブッタ切った。これだけではおさまらず「任命権者にも責任がある」と怒りの矛先を福田首相へ向けた。

 鳩山氏は25日午前の会見で「法相が絡まなくても、自動的に客観的に進むような方法を考えてみてはどうか。法相に責任をおっかぶせる形ではない方法がないかと思う」と、法相の署名がなくても死刑を執行できるように制度を変更すべきとの考えを示していた。鳩山氏は福田内閣での“再登板”が決まると、今度は「法相が総合的な判断をしないといけないということは分かる。何かいい方法がないか省内で勉強したい」とトーンダウンさせた。

 鳩山氏の25日午前の発言について、ある自民党関係者は「総裁選で麻生太郎前幹事長の選対本部長を務めていたので、再任はないと思い油断していたのではなかったか」と指摘した。
 警察庁出身の亀井氏は「冤罪(えんざい)の危険性がある」などを理由に死刑廃止を持論としており、01年から超党派の国会議員でつくる「死刑廃止を推進する議員連盟」の会長を務めており、鳩山氏の発言を右から左には聞き流すことはできなかったようだ。

 亀井氏の挑発に鳩山氏は「死刑にならない法律体系ならば凶悪犯罪は増える。廃止すべきではない」との持論を展開し「まともに相手にするつもりはない」としている。しかし、同議連は長勢甚遠前法相に、在任中は死刑を執行しないよう「要請書」を手渡していることから、亀VS鳩の“直接対決”が実現する可能性もありそうだ。
スポニチ


ま、この話はまた長くなるので、また別の機会にじっくり時間をかけて書いて行きたいと思う。
次はこの話。麻生太郎が今回、片山さつきが言ってた「クーデター」で一夜にして総裁選で負けてしまった原因のひとつ、平沼復党である。麻生や与謝野は本当に甘いと思う。先の郵政選挙の際の亀井や小林なども甘かった。まさか衆議院の解散は無いだろう、まさか刺客を送り込むなんてしないだろうという読みがあったよね、あの頃の郵政造反組には。そしてほとんどは苦渋を舐めたわけだ。それと同じような甘さを、安倍内閣改造後すぐに油断して麻生、与謝野の両人は平沼&落選組の復党話までやっていた。甘い!!砂糖よりもチクロより甘いw
森、小泉一派は郵政民営化の為なら、いやアメリカの為なら何でもするのだ!!

平沼氏らの自民復党、小泉氏が反対意向…伊吹幹事長に助言
 小泉元首相は26日、就任あいさつのため議員会館を訪ねた自民党の伊吹幹事長に対し、郵政造反組の復党問題について、「友情よりも、党のためになることを考えろ。とにかく選挙に勝つことだ」とアドバイスした。
 会談は約10分間行われた。
 小泉氏は「おれは友情を切り捨ててでも、党のために尽くした。綿貫(民輔・国民新党代表)とは、本当に仲が良かったんだ」とも述べた。小泉氏の発言は、平沼赳夫・元経済産業相や落選中の郵政造反組の復党に反対する意向を示したものと見られる。
 伊吹氏は会談後、「昨年、友情で(造反組の一部議員を)復党させたのは失敗だったと思っているのだろう」と記者団に語った。
(2007年9月26日23時11分 読売新聞) 


ボンボン議員たちの常識に無い事を平気で「人生イロイロ」とやれるのが小泉純一郎なのである。禁じ手など無いのである。生真面目な安倍晋三も、悪ぶってはいるが、所詮ボンボンの麻生太郎も全く、相手にならないのである。森、小泉のような悪党にかかれば赤子の手をひねるよりも簡単な事だと思う。森、小泉、中川が水面下に潜って裏で操れるのである、それもあっさりと。福田康夫もおそらくあの軽い風貌からして、操り糸で軽く操れるものと思う。
もうちょっと国民の為にも、真の意味での「したたかさ」を政治家は持たないと、腰抜けと腑抜け議員ばかりではいつまでたっても小泉の流れを止められやしない。 
だからこそ、自民には下野して貰わなくてはならないのである。

中国では「のび太首相」とか言われだした福田総裁の支持率が57%もあったとか・・・・。
野比のび太は中国で「野比康夫」と訳されるらしいですね。 相変わらずおかしな国だ。
なんだろうね、この支持率。ご祝儀にしては多すぎ!本当に日本国内の世論調査か?(笑)
閣僚のほとんどが変わっていない事から、これは福田人気になるのでしょうか?
不思議ですね。支持率っていつも。 政治家もB層、マスコミもB層、国民もB層か?
3Bですね。 エンピツならかなり太いですけどね(笑) 
自公惨敗の参院選から、早2ヶ月! 何もして無い・・・というか不祥事が増えただけなのに支持率だけ上がっているこの世の中を早くまともにしましょうねー!庶民の力で!

人気ブログランキングに参加しています。 よかったらポチっと^^

 :現在21位

人気ブログランキング  に参加中! 政治ブログジャンルで頑張ってます!
【一行日記】 
昨日の昼からずっとTVは見ていません。総裁選の結果はネットだけの情報で十分。


71歳、福田康夫新総裁は日本人男子の平均寿命まで後7年。自民党定年73歳(比例公認のみ)まであと2年のお爺さんである。私とはあまり話も合わないだろう。私から見たら、親の世代である。その私でさえ、この頃の世の中の早さについていくのは正直大変な部分はある。親と話しても昔話だったら共通の話題もあるので盛り上がる事もあるが、現在から未来の話はすぐ終る(笑) そんな残人生6年(推定)の方がこの国の舵取りをするように決まった。

政治家の晩年の哲学は何でしょう?おそらく、かっこつけてこう言う人が多いのでないか。
「墓場まで持っていく」と。 それが暗黙の政治家のカラバカ達の哲学のような気がする。
先の長い子供たちの人生を、そして世の中のルールを、老い先短い老人たちが「墓場まで持っていくような事」をしながら決めていく、この国の政治。
結果が出る頃にはその本人はこの世にはいないーー; またそんな政権になってしまった。

麻生太郎が善戦した。思った以上に票は伸びたようだ。
古き自民党回帰への反発の対策:ガス抜き成功か?
麻生に最後の保守の砦を作ろうと、自民お得意の「振り子の法則」とやらで調整した?
福田康夫には世間一般のまじめな、寄らば大樹思想の政府命名B層の取り込みに成功。
ガス抜きキャラの麻生太郎にはヤンチャな、イケイケ的な政府命名B層をキープさせておく。

そういった総裁選選挙だったかな。この期に及んで自民党はまた逃げ道を作ったわけだ。
福田が駄目なら麻生でラストチャンス! それが麻生に流れた票じゃないでしょうか。
わかってないね。もう次は無いのにw 麻生セメントの御曹司じゃなくって麻生ガスだったw
そしてセメントマッチでは無かった総裁選という国民愚弄期間がやっと終ったのである。

態度未定議員が麻生氏へ? 福田氏、地方票伸びず
 自民党総裁選は23日、8派閥の支持を集めた福田康夫新総裁が国会議員票の65・6%を獲得したのに対し、麻生太郎幹事長は地方票で46・1%を得て、福田氏(53・9%)に7・8ポイント差にまで迫ったことが善戦の要因となった。福田陣営への「派閥談合」批判に加えて、一般党員の間の「麻生人気」が得票を押し上げた。

 福田氏は国会議員票254票、地方票76票の計330票を獲得。麻生氏は議員票132票、地方票65票の計197票を得た。共同通信の自民党国会議員を対象とした事前調査では、福田氏約260人、麻生氏約70人、態度未定が60人だった。態度未定者の多くが麻生氏を支持したほか、福田氏支持を決めた各派で一定数の「造反」が出たとみられる。

 麻生氏が総裁選で「古い自民党と、小泉改革以来の新しい自民党との再試合だ」と、派閥主導の福田陣営を批判した戦術が当たった。麻生氏に、次期総選挙の「顔」としての役割を期待する議員心理も働いたようだ。
2007年09月23日20時50分 西日本新聞


筋の話で言えば、麻生総理は今回ありえない話だった。安倍続投のキーマンだからね。
安倍が、腰砕けで裏切った時点で麻生も終っていた。
安倍が国民に謝罪もさせてもらえなかったのは全て麻生に責任を被せる為のようなもの。
それしか考えられない。自殺説まで飛び出す謎多き安倍晋三の入院隠蔽工作。
今日の夕方に安倍が表舞台に出るらしいけどねぇ・・・何故このタイミングなの?って感じ。

しかし福田にスンナリじゃ芸が無い。ガス抜き不足。そのガス抜きを麻生太郎がやった。
そうせざるを得ない立場の、自民党内政治家のしがらみ多き麻生太郎だった。
「自民党の中にも新しい自民党はいるぞ」と、次を見据えた「芽」を残した闘いを目指した。
その芽は衆院解散総選挙後に、下野後の野党総裁として麻生の花が咲くかもしれない。
麻生太郎には野党が似合う。 野党の総裁として晩年は頑張ってくださいねw
政権与党としての総裁は、福田康夫が最後になるだろう。麻生にはもう永遠に回らない。
福田にエネルギーは感じられない。猿真似福田は民主党の政策横取り作戦をするだけだ。
うまく行けばそれでよし。失敗すれば、民主党案では、やはり駄目だとなるわけだ。
横取り、漁夫の利が似合っている男、それが、本当は政策が何も無い福田康夫の本質だ。

党執行部が決まっているようですね。伊吹文明が幹事長とか。はぁ~・・・ですね。
伊吹文明幹事長、二階俊博総務会長、谷垣禎一政調会長に総裁直属とした、古賀誠元選対委員長を加えた「4役体制」で党運営に当たるとか。派閥のボスばかりですね。
参院選が7月29日に終ってから約2ヶ月間。ほとんど自民党がTVジャックしていました。
各TV局は、どれだけ与党と野党の放映時間を費やしたか、全て発表するように!

さて、国民B層は福田という面白みも無いキャラにどれだけ耐えられるでしょうか? 
政府命名B層にとっては、無茶苦茶退屈な政治の世界になるか? 自称玄人には受ける?
小泉、安倍と続いた相反する個性あるB層政治家とは違う意味のB層政治家、福田康夫。
自民党内の風だけを読んできて、最高位にまで登りつめた、鼻の下長猿の、福田康夫に、果たして国民、国家という風が見えるか?読めるか?感じられるか?? 国民読めるか??
無理だろうねぇ・・・・。あの総裁選時の演説を聞く限り、全く世の中、わかっていないもんね。
ならば総理を読もう!!国民で!! SYですね、今からの庶民の心得は!

ジミングス(自民愚衆) とはネズミの集団自殺説?レミングスという言葉の造語です。 自民党ってバカばっかりw
※ ますます小さくなってきている、このバナー(笑)第5弾!!

下の2つのランキングに参加しています。よかったら二つともポチっと^^

にほんブログ村 政治ブログへ :現在4位 

 :現在19位

人気ブログランキング  に参加中! 政治ブログジャンルで頑張ってます!
【二行日記】 
自民党初の「親子総理大臣」が誕生しそうですね。
世襲政治もとうとうここまで来ました。政治の世界は民主主義ではなく世襲主義か。


友達の選び方って色々ありますよね。
昔ながらの竹馬の友レベルから、ビジネスから知り合い、発展していった友人まで。
一般的にガキの頃からの付き合いの友達とは裏表の無い関係になりやすいし、大人になってからの友人とは、どこか一線を引いてしまいがちな雰囲気はありますよね。
お互いが無防備にストレートにぶつかり合いながら仲良くなっていくガキの時代と違い、大人になれば用心しながら付き合っていく事が多いでしょうからね。それは経験がそうさせる。

友達の友達と仲がよくなる事もあれば、「なんであんな奴と付き合ってんの?」と思うような知り合いがいる人間もいる。わかりやすく言えば、皆から嫌われているような人間と仲良くしている友人もいる。しかし、それもまた自由である。その二人は馬が合うのだろう。口を挟む余地は無い。 例えばAとBが親友同士でも、Bの友人にAが嫌う主義主張のCという人間がいてもしょうがないと思う。AとBの関係がそれで変わらないならいいと思う。
AとBがいる空間と、BとCがいる空間は別の種類だろうが、Bにとってはどちらも居心地がいいのだからしょうがないのである。私はそう思う。
しかし唯一そこで必要なのは信頼関係だという事は言うまでも無い。

昔には無かった関係。 それがネットを通じた知り合いだろうなぁ。
ほとんどの方の本名や顔や年齢すらほとんどわからないのに意気投合する方もいる。
主義や主張、物事に対する捉え方で「好き嫌い」が生じて、その関係が深まったりまた離れていったりする。私自身ブログを通じて多くの方々と親睦を深める事も出来たし、誤解を受けたまま疎遠になってしまった方もいる。
ネット上の関係では、文字による主義主張のぶつけ合いになるから上記のようなAとBとCの関係は、やや微妙だと思うのです。ネット上では基本的にリアルと違い全てがオープンになる為に「お前はどっちの思想だ?」みたいなことになりがちだからです。

私のブログなんて、真の保守の方もいれば、全く相反する方々もいらっしゃる。
ぶいっちゃんは何者? 一部では八方美人のいいかげん男だというレッテルもあるでしょうw
政治の話を書けば必ずそういった事になっていくのが今のブログ界の現状かな?
逆説的に考えれば、「誰かや何かを支持」すれば「誰か」を疎遠にさせる力があるわけです。あるいは誰かを支持しなければまた誰かがおかしいと思ったり・・・。考えすぎか?(笑)

しかし、大事な事はある。 「悪い事は悪い」という真実は変わらないという事である。
その方向が同じあれば、誰かや何かを支持しなくても、また行動が自由気ままでも気にする事は無いという事である。「自民党がオカシイ!」と思い行動するのならば、右派だろうが左派だろうが関係ないという事だし、民主だ共産だもある意味超越する瞬間があるという事だ。
その点、今回の総裁選での福田康夫の人気の無さは左右問わず、かなり一致してる(笑)
目的は同じなのである。その手段が違うだけなのである。それが私がよく言う呉越同舟だ。
手段は大事である。しかし、庶民レベルでは手段の強要はろくな結果にならないと思う。

自分と同じ考えの人達ばかりが住む世の中なんて面白くは無い。
だいたい3分の1くらいが賛成派で同じくらいが反対派で残りが微妙な位置にいるくらいが普通でいいと思う。その中で煮詰まっていく事で真実がより確かなものになっていく事も多い。
今日決まる、自民党の総裁選のおかしなことは言うまでも無い。
最初の段階で、手段の強要があったから面白くないのだ。
福田康夫になろうが、麻生太郎になろうが、明日からまた自民党を叩くのみである。
叩き方、その手段は百人百様、各自が長続きする無理ないやり方で頑張りましょう!
私の場合は、ジミングス(自民愚衆)キャンペーンで、からかい弄ぶやり方なのであるw

ジミングス(自民愚衆) とはネズミの集団自殺説?レミングスという言葉の造語です。 自民党ってバカばっかりw
※ 密かにどんどん小さくなってきている、このバナー(笑)

下の2つのランキングに参加しています。よかったら二つともポチっと^^

にほんブログ村 政治ブログへ :現在4位 

 :現在18位

人気ブログランキング  に参加中! 政治ブログジャンルで頑張ってます!
【一行日記】 史上最低の総裁選騒ぎも、もうすぐ終りますw

最初に私が勝手に、相互リンクしている各ブロガーさんにお知らせ^^
昨日、ある方から心苦しいので外して欲しいというメールを頂き、相互リンクを外しました。
政治以外の事をメインで書いてらっしゃるブロガーの方で、私のような言いっぱなしのブログとリンクしてある事でご迷惑がかかるといけませんので、いくつか一緒にリンクを外しました。
他にも、外して欲しい方がいらっしゃいましたら右側のメールフォームからお知らせください。
政治の事を書いているブログと相互リンクって、確かに迷惑かもしれませんからね。
気軽にお知らせくださいネ。 リンクは外しても仲良くしていきましょうねー(笑)

白川さんが一言で、良識ある国民の声を代弁してくださっているので紹介します。

それにしても馬鹿らしい自民党総裁選を真面目に書かなければならないことは、本当に馬鹿らしい。しかし、この馬鹿らしい総裁選がもっている意味や狙いを真面目に批判しなければ、自民党の思う壺である。だから、馬鹿らしいことでも真面目に批判しているのである。馬鹿をかまえば共馬鹿だ、と親父によくいわれた。そのことは忘れてはいない。馬鹿らしいことを真面目に批判することはあまり楽しいことではないが、誰かがやらなければ馬鹿が大手を振って罷り通るから、私は真面目にやっているのである(笑)。馬鹿にしないでほしい。
永田町徒然草 :たったの、戒告処分!? 


全くその通りでございます。バカを見る事によってバカになる。共馬鹿とはいい言葉だw
今の与党(影の薄くなった公明党含む)の自民党がこの国を動かす代表という事で考えるとわかりやすいが、「日本が自公の政治家だけだったら」と考えるとどうでしょうか?怖くねぇ?
「安倍が選挙の顔だ!」と一斉に安倍になびいた一年前。小泉が「次は福田だ!」と言ったら、またまた一斉に福田になびく、世襲政治家を筆頭の自民政治家の群れ、ジミングス

ま、どちらも2年前の郵政タマヌキ選挙で、政治家の肝を抜かれた腰抜け世渡り上手議員らの選択ではあるが、影のボスキャラ小泉の言いなりなのである。その小泉は頭は悪いから、ある意味小泉を動かしている誰かと何かがあるのは間違いない。所詮小泉も操りキャラだ。
森、小泉、中川のラインがある限り、自民党は果てしなく、レベルが低い次元から抜け出せない。この3人が天下国家を考えているとはとても思えません。 片山さつきが、中川{蛙)辺りからの指令で「クーデーターだ」とか得意気に騒いで、麻生落とし、福田擁護に走ったのがいい例である。片山さつきも生き残りをかけていよいよ本性むき出しで元ダンナの舛添に附いて行こうと必死である。何にでも魂を売る準備は出来ているようである。

杉村タイゾーの株が一部で上がっている。前回の郵政選挙当選の税金泥棒代表政治家。
しかし、こいつは絶対に評価しない。武部ブタに反旗を翻したようだが、二人で夕張視察に行った時の光景はよく覚えています。夕張再生プロジェクトの団長の杉村太蔵は、夕張市の成人式の予算が1万円しか無かった事すら知らなかったのだ。団長の癖に。夕張の現状を何も知らないタイゾーをとりあえず庇っていたのは武部ブタだった。せめてその恩義くらいは感じろよ、お前は。死なば一蓮畜生(托生)で行けよ。今更正論ぶっても私は絶対に認めませんw 本質は今でも変わらないだろう。 遅かれ早かれ、解散総選挙はある。 
その時のマスコミネタ一番候補が、格好のワイドショーキャラのタイゾーであり、片山さつきら小泉チルドレンになっていくだろう。今から気が重いことである。

テロ特措法の話題が、あちこちのブログ上でも盛り上がっています。
安倍晋三が職責を賭けるといってすぐに、無責任に放り投げたくらい重要な(?)ことである。
そこに来てこんな世論調査を、内閣府がやっています。聞くまでも無いことだと思うけど。

80%が武力攻撃に「不安」 内閣府世論調査西日本新聞
 内閣府は20日、外国からの侵略など武力攻撃や大規模テロの際の国民保護に関する世論調査結果を発表、80・2%が武力攻撃に「不安」があると答えた一方、国民保護の仕組みが国民の間にあまり知られていない実態が浮き彫りになった。

 国民の「不安」は、昨年の北朝鮮の核実験やミサイル発射、中国の軍事費増大など東アジアの不安定な状況を反映したものとみられる。
 2004年6月の国民保護法成立を受けた初めての調査で、今年8月に成人男女3000人を対象に行い、1805人から回答を得た。
 調査では武力攻撃について「非常に不安がある」と「少し不安がある」とした回答がそれぞれ34・0%と46・2%を占めた。

 また有事の際に国民の生命や財産を保護する国民保護の仕組みに関し「よく知っている」と「少しは知っている」が計29・8%にとどまったのに対し、「ほとんど知らない」「まったく知らない」は計70・2%に上った。


安倍晋三がまだ総理大臣として頑張っていく気持ちマンマンの頃に実施してたんですね。
武力攻撃に不安を持つ人はいて、当たり前である。それが当たり前じゃん。誰でも怖い。
国民の7割(私も含む(笑))がほとんど知らない、憲法違反の疑いもあったという国民保護法。これもまた小泉純一郎のワンフレーズ内閣時に成立したものだ。言葉尻は保護法とやさしいのだが、実体は、国民に危機を煽って、国民を統制する事が出来るとんでも法案か?

もちろん、全てが悪いとは言いません。それが法律の落とし穴です。
いい部分もあるけど、危険な解釈も出来る部分もあるという、曖昧な法律だと思います。
そして今の信頼できないアメリカ主導内閣では危険なものにもなりうると認識します。
全ての法律は権力側に有利に出来ているといっても過言ではない。それだけにおかしな部分や、不安な部分や、解釈次第でどのようにもなる法律には声を挙げていくべきだと思います。
そろそろ共謀罪の話題も再燃してくる事だろうし、安倍晋三亡き後の国会では、おかしな法律はガンガン再検討して改正して行くべきでしょうね。野党の頑張りに期待します。
参院選で、世論は、森発小泉以降安倍内閣にNO!を示したのだ! 忘れちゃいけないw
自民党の危険なアメリカ追従政策は、偉大な安倍晋三で終りにしなくてはいけないのですw
くだらない総裁選が終った後の国会で徹底的に論戦をかまして一気に解散総選挙だ!!
さらば、ジミングス(自民愚衆)!! ただの野ねずみとなって出直してください。

ジミングス(自民愚衆) とはネズミの集団自殺説?レミングスという言葉の造語です。 自民党ってバカばっかりw
※ 使ってくださる方が万が一いたら、バナーは自由に使ってください (断りはいりません)

下の2つのランキングに参加しています。よかったら二つともポチっと^^

にほんブログ村 政治ブログへ :現在4位 

 :現在20位

人気ブログランキング  に参加中! 政治ブログジャンルで頑張ってます!
【一行日記】 つくづく思います。政治を扱っているTV番組を見るとバカになる と。

究極の世論調査が行われている。参院選の勝負に負けた、腐った政党の傀儡ボス争いに、なんとか興味を持たせようとマスコミ各社は必死のようである。
その究極の二択が、長年自民党にいて、世襲議員の中で、「口が歪んでしまった人」と「鼻の下が長い人」の、どちらが、より惨敗した政党にふさわしい顔かって調査だw

「自民党総裁にふさわしい」福田氏58%麻生氏22%
9月16日23時44分配信 読売新聞

 読売新聞社は15、16の両日、自民党総裁選に関する緊急全国世論調査(電話方式)を実施した。

 福田康夫・元官房長官と麻生太郎幹事長の、どちらが総裁にふさわしいかでは、福田氏を挙げた人が58%にのぼり、麻生氏の22%を大きく上回った。自民支持層で見ると、福田氏61%、麻生氏27%だった。
 国会議員票で優位に立つ福田陣営に対し、麻生陣営は都道府県連の党員投票に期待しているが、国民の人気も福田氏の方が高かった。

ワイドショーもニュース番組も自民党の下っ端議員までも出まくっていますね。
なんだか来たる解散総選挙の為のメディア露出作戦じゃないかと思えるくらいに異様に自民党議員ばかりがTVに写って、なんか言ってる。ここぞとばかりに顔を売ってるんでしょうね。
マスコミの動きも何だかおかしいと感じませんか? これだけ流している自民総裁選の宣伝効果はどれくらいあるのでしょう?費用に換算したらすごい金額の筈。
政府が命名したB層からも見破られたB総理大臣・安倍晋三が舞台から逃げ出したのをいい事に、また政府命名B層国民を騙そうとしているのではないでしょうか?

そして何故、地方でああもくだらない演説をしなくちゃならんのだ?税金やろ?
自民党の国会議員と、各県の党員の選挙とかだけで決まる総裁選なんだから国民は関係ないでしょ?所詮、たかが自民党の中の学級委員を決めるだけじゃないのか?国会議員の数だけで、最早、鼻下長オジサン勝利の結果は出ているのに、何故くだらない事をするのか?開かれた自民党、公正な自民党を宣伝したいから?マスコミもグルで。 
異様な程の総裁選一色のTV放送。支持されていない政権与党を何故長々と放送する?
安倍入院後、マスコミは一気に自民党が支配したかのようになっている???
小泉チルドレンと聞くたびにあの郵政選挙後のバカ騒ぎを思い出しむかつきます。

前も書いたけど、マスコミには何の信念も無いのはよ~~くわかった。
7月29日の参院選からもうすぐ2ヶ月。変わった事は安倍晋三が逃げただけ。
国会は放ったらかし。本来はそっちの方に目を向けなくちゃならんのでは?
惨敗の責任の大元、安倍晋三も腐っても・・いや、腐っているけど自民党の一員だ。
要するに自民党全体の失態のお陰でこの国の政治は2ヶ月間も機能していないのである。 
久々に森田実さんの言葉を聴いてみましょう。 おそらく怒ってらっしゃるでしょうw


2007.9.17(その1) 森田実の言わねばならぬ[565]
平和・自立・調和の日本をつくるために【380】
安倍首相の突然の退陣表明と今後の政局[5・完]
自民党はどこまで堕ちていくのか――いつまでも小泉構造改革の呪縛から脱することができない自民党に未来なし。新首相が小泉・安倍政治の継承者では自民党の再建・再生は不可能である


 ポスト安倍の自民党総裁選は9月15日に告示され、麻生太郎幹事長と福田康夫元官房長官の2人が立候補した。投票日の9月23日まで論争が展開されることになった。
 9月14日夜に麻生、福田の両候補は各テレビ局のニュース番組に出演し、それぞれの考えを述べたが、2人とも「改革を継承する」という。改革とは小泉構造改革のことである。その上で改革の影の部分に光を当てたい、と主張している。この点は2人ともほとんど同じである。両候補が、この考えを改めることなく総裁戦に臨み、どちらかが選出される(福田氏が選ばれる可能性が高い)ことになれば、自民党のトップが代わっても自公連立政権の基本政策は変わらないことになる。これでは自民党は変わらないことになる。
 何のための総裁選か、ということになるだろう。
 小泉・安倍政権で陽の当たるポストにつきつづけた麻生幹事長に小泉構造改革の否定を期待しても詮無いことかもしれないが、小泉政権の後半期と安倍内閣の期間を通じて無役を通してきた福田氏が“小泉の呪縛”から脱することができないとすれば、多くの自民党員は失望を禁じえないであろう。
 自民党が小泉構造改革を否定できるか否かは、いま総裁選のほとんど唯一の最大のテーマである。“小泉の呪縛”から脱することができなければ、自民党は「頭」を取り替えただけで、中身は変わらない。反国民の姿勢を今後もつづけることになる。自民党は最後の再生の機会を失うことになる。
 自民党が立ち直ることができるか否かの最大のポイントは、(1)小泉構造改革の否定(国内政策の転換)、(2)ブッシュ戦争大統領への協力をやめること(外交・安保政策の転換)の2つである。
 福田氏に、これができないとすれば自民党は再建・再生のチャンスを失うことになる。
 自民党の国会議員と全党員に問いたい――いつまで国民を不幸にする小泉構造改革をつづけるつもりなのか、と。
 “小泉の呪縛”から脱することができないなら、自民党は解党すべきである。


この総裁選は結局、小泉改革を自民党全体で継承しますよという、大掛かりなTVコマーシャルなのである。麻生太郎がいいとか、福田康夫がいいとかではなく、どちらに転んでも自民党は、森&小泉の漫才コンビ支配からの脱却は出来ないのである。
今回も小泉の陰の声「福田支持!」で一気に決まったわけだし。
しかし福田康夫が「拉致問題」を語ってましたね。安倍と同じでお前もこういう時だけ「拉致」か。今まで何かしたのか? 誰がなっても同じである。自民党は終っている。
2年前の郵政バカ選挙の後遺症はまだまだ続けられるのか???負け犬党員の群れだ。

早く、解散総選挙をやってください! もうこんな茶番に突き合せれるのは嫌だ!
小泉改革の光と影とか言っているが、庶民のほとんどはその2択では影にいるのだ!
小泉改革を完全総括して、徹底批判をやらないとマスコミは国を滅ぼす。
光の部分には大手スポンサーが絡んでいるからヨイショしかしないけど、影の部分は無視ですか?陰に光を与えるのが本来のメディアジャーナリズムの真髄だ!

そういえば去年の今頃、引退する小泉純一郎のヨイショ番組や、あの頃の希望の星、安倍晋三ヨイショ番組が特番であってましたねー。もちろん見ていないけど(笑) 
あれの続編を作れ!TV局!安倍晋三の方だけでもまず作ってみろ!
見てやるぞw 再放送でもいいぞ(笑)どれだけ腐った番組だったかわかる筈だ。
ヨイショばっかりすんなよな! 自民もマスコミもくたばれ、こん畜生だ!!

下の2つのランキングに参加しています。よかったら二つともポチっと^^

にほんブログ村 政治ブログへ :現在4位 

 :現在21位 

人気ブログランキング  に参加中! 応援ポチッ随時募集中ですw
【一行日記】
今日も仕事しています!自営業者に休みなし!! って威張ってどうする(笑)


自民党最後の作戦。
人の噂も75日作戦が現在進行中である。
7月29日から幾日経っただろう。ちなみに昨日で49日だった。
参院選で、自民党、否、「森発・小泉以降・安倍政権」は決定的な惨敗をした。
そして安倍晋三は反省もせず、責任もとらず続投。自民党内に留める力も無し。
そして安倍が週刊現代の告発記事の罠にはまって、人間失格の逃亡劇。 週間現代の記事の顛末は、ぬぬぬ? のインターセプターさんのブログを読むとよ~くわかります!
ぬぬぬ?:珠玉の重厚感 【週刊現代】 安倍脱税疑惑追求 @グウの音も出ないとはこういう事なんだと敬意の1冊買い(笑)

国民からNO!と突きつけられたとりあえず与党の自民党の総裁選って意味あるの?
安倍晋三が負けた訳じゃなくって、自民党が負けたって事に彼らは気がついていない。
追及すべきは、7月29日から今の今まで自民党は何もしていないという事である。
参院選の惨敗の影響を薄めているだけである。無責任シンゾーに被せたまま。
もちろん安倍晋三が悪いのは言うまでもないが、今回の彼の行動にわかるように彼はゼンマイ仕掛けの人形だったのだ。 そのゼンマイが切れただけの、ただの傀儡人形になってしまい、ネジを交換している(修理不可)のは間違いない。そう考えた方が自然だし健全でしょ?

その安倍晋三も、在任中は実はスゴイ事を考えていたようである。
非常に為になる、眠り猫さんのブログから一部引用します。全文見に行ってくださいね。

 発言は、講演が終了し、質疑応答の場でありました。
 質問者が、自らは在日韓国人二世であるというお話から始まったので、その質問に答えたあと、品川氏の方から、「付け加えるならば」と言うことで、以下のような発言がありました。(逐語録はとっていないので、正確な表現ではありませんが、脚色はしていません。)

 「安倍首相が、北朝鮮へ、制裁を強化した目的は、北朝鮮を徹底的に痛めつけて、日本国内でテロを起こさせることが目的だったのです。既に何十年も昔の拉致事件の刑事捜査を始めてみたり、朝鮮総連の本部を差し押さえたり、これはいわば大使館を差し押さえるようなものでとんでもないことをしたわけです。それは全て、日本国内でテロを起こさせることが目的で、それをしない様に必死で止めていたのが朝鮮総連なんです。」

 以上のようなご発言がありました。ここからは私の推測です。
 安倍政権が、北朝鮮への国連の制裁以外に、日本独自の制裁を決めたのは、まだ安倍政権が退潮し始めるより前でした。拉致の再捜査の開始は、政権支持率が下がり始めた頃、朝鮮総連本部の差し押さえは、最近のことで、政権支持率が末期的な時期でした。

「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう:【衝撃情報】品川正治氏講演会より。「対北朝鮮強硬策の目的はテロの誘発」
 


安倍晋三内閣時ならば、ありえない話ではないし、可能性はあったように思います。憲法改正にはそれが一番の早道ですし、有事の際は後付でどうにでも出来ますからね。そういった事が安倍政権下では起こっても不思議ではなかったですからね。「煽り」「やらせ」これは安倍晋三政権のキーワードでしたからね。一国の総理大臣がこんな事を・・・・??と信じられない方もいるでしょうが、そんな事を歴史は繰り返しているのです。
よかったです。安倍が真の不人気バカで。
自作自演テロの可能性も無きにしも非ずだったと思います。
アメリカがすることは日本もするんですから。

じゃ、もし、今日本でテロが本当に起こったらどうするんでしょうか?
総理大臣は入院中?の安倍晋三のままです。 危機管理対策なんて無いんです。
今週末まで日本では、日本一の無責任男・安倍晋三が総理大臣なのですーー;
バカな国というか政権与党だと思いませんか? 
自然災害で人災でもテロでも今の世の中では何があってもおかしくは無いというのに、自民党の馬鹿たちの世界は自民党内の範囲しか見えていないのでしょう。

1年前に、あの安倍晋三と闘わずして逃げた、一見「空気を読む」男・福田康夫が自民総裁になるのだろう。小泉純一郎の支持も取りつけた。チルドレン達も、麻生派以外の派閥もわが手に納めた。この世の猿・・じゃない、この世の春であろう。しかし、福田は何が出来るのか?
1年前は「年齢が」と言って闘えなかった男が1年後には元気になる政界の魔のエネルギー。
こいつが官房長官時代の態度を覚えていますか?偉そうな上から目線だった。
政策は知らない。しかし、人間的にやはり生粋の世襲議員なのは間違いない。
KY2代目だと私は思っています。逆に空気読みすぎて勝手に自滅するタイプ?

どちらにしても参院選で惨敗した、国民から支持されていない政党の「小泉認定総裁」争いなんて全く興味が無い。 いっそのこと入院中の安倍晋三が総理大臣のままでいいんじゃないかとさえ思えます(笑)それくらいこの党は誰がなっても森&小泉が政治家としている限り、変わらないのではないでしょうか?
1年前に安倍晋三を選んだ多数の自民党政治家が、今度はそれ以上に政策の全く違うであろう福田康夫になびくこの事態。一体この党って・・・・???
自民党に政策なし!金策はあり(笑)
国民に信任されていないこの政党の総裁選はバカマスコミと共に続く・・・。

下の2つのランキングに参加しています。よかったら二つともポチっと^^

にほんブログ村 政治ブログへ :現在4位 

 :現在21位 

人気ブログランキング  に参加中! 応援ポチッ随時募集中ですw
【一行日記】
昨日に続いて一生懸命仕事をしていたらあっという間にこの時間(@@;


日本の中での死火山、自民山の中だけで、福田猿と麻生猿が争っていますね。
結果は、またまた昨年の安倍晋三誕生の時、いやそれ以上に勝ち馬に乗る議員のなだれ現象になっているようですね。全く変わらない、日本の自民という小さな山の中だけの世界。
その時世界の中での日本の評判は・・・?(笑)

「希望に冷や水浴びせる」首相辞任でエジプト紙  sankeiweb
 15日付のエジプト紙アルアハラムは、辞任表明した安倍晋三首相について「戦後、最も若い首相だっただけに、就任時には日本政界に新しい血をめぐらせる期待を(日本国民に)持たせ、国際情勢に素早く反応する意識もあった」が、「こうした希望に冷や水を浴びせた」と酷評した。
 また、自民党が「密室で会合を開き、次の首相を選ぶのだろう」と派閥談合を批判した。(共同)
 


2007/09/12 安倍首相辞意に当惑=「改革に失敗、脆弱な指導者」-ロシア 時事通信
 【モスクワ12日時事】ロシアは、安倍晋三首相がシドニーでプーチン・ロシア大統領と会談し、日ロ間のハイレベル対話継続で合意した直後だけに、突然の辞意表明に当惑している。
 安倍首相は日ロ関係重視の姿勢を示し、年内訪ロの機会を探っていたとされる。ロシア側でも小泉前政権末期の両国関係冷却化を受け、一定の期待感があったが、その機会は訪れないままに終わった。
 極東研究所のパブリャチェンコ日本部長は「安倍首相は政権浮揚を外交に求めたが、重要なのは国内の改革だった。安倍氏はそれを遂行する力がない脆弱(ぜいじゃく)な指導者だった」と論評した。


経済はいざ知らず、政治のレベルの世界的に情けない事、このうえないですね。
森発小泉以降安倍政権で、完全に世界からは見放されましたね。
二世、三世、四世といっても、決してハーフというグローバルな話ではなく(笑)政治家の世襲制度という、古びた概念の家の中だけで生きてきたから世界なんて全く見えていない。
お家の大事と、自分の保身しか見ていないからこうなるんだろう。

小泉&竹中&スリード社の馬鹿コンビが国民に向けた「B層」戦略。
国民だけではなく、自民党政治家までをも、B層にする事に成功しましたね。
自分で何も考えられずに、逆らう事が出来ない根性無しの集まりとなった。
勝ち馬といっても、それは自民という山の中だけの勝ち馬なのだ。
一歩、山を出れば、民主山もあるし、世界の山々からは相手にされていないレベルの馬なのである。いや、馬じゃないか?鹿とのハーフかね? 馬鹿ですね!!
馬鹿に乗った自民党は一体、狭い山の中で何処に行こうとしているのか?

7月29日。参議院で惨敗した自民党。
一ヶ月伸ばして改造内閣を立ち上げて、そして安倍晋三は逃亡。政治家失格。
来週23日に決まるサル山の大将選挙。 約2ヶ月間の無駄な日々を作っている自民党。
連日連夜、自民党の話題でTVは埋まる。
これが最後の自民戦略になるのは間違いない。偶然かそれとも狙ったのか?
小泉もマスメディアの前からは安倍と同じく逃亡中。
声だけたまに聞こえる、「私は福田猿支持だ」と。 何様のつもりなのだろうか?
安倍の時も言ってたよね。 安倍支持と。少しは責任取れよ!小泉純一郎!!
安倍も福田も任命して、自民党議員をタマ抜きの根性無しに仕立て上げて楽しいか?

忘れ去られた民主党・・・・・。焦ってはいけない! 我慢するべし。
私はちゃんと覚えています。参議院選挙で森発小泉以降安倍政権が否定されたのを。

下の2つのランキングに参加しています。よかったら二つともポチっと^^

にほんブログ村 政治ブログへ :現在4位 

 :現在21位 

人気ブログランキング  に参加中! 応援ポチッ随時募集中ですw
【一行日記】
代理の総理を置かないってことは、今でも総理は安倍晋三ってことですよね?


三世政治家、安倍晋三には、つくづく似合わない職業だったのでしょう、総理は。
「機能性胃腸症」という聞きなれない新しい病名で入院中である。
何でも外遊中は記者の間で「自殺するんじゃないか?」という声もあったそうだ。
つくづく不相応な男だったと思う。また故松岡氏の話ではないが、死者に鞭打つような安倍晋三批判は、心優しい人々からは「辞めたんだからもういいじゃない」「もう安倍晋三の悪口は書かなくてもいいよ」なんて声も聞こえて来そうである。
一見、このやさしさが正論のように聞こえますよね、人として。

しかし、森発小泉以降安倍政権下では、何度も書いているけど、公表されている自殺者だけでも毎年3万人をゆうに越えているのですよね。人口比で言うと先進国では1位だそうです。日本の場合は近親者に自殺者が出た事を隠し、病死や事故死扱いにする事も多いから、実際の自殺者の数は3倍くらいはあるとも言われているんですよね。
余談では、自殺者は民間人がほとんどで公務員の数は圧倒的に少ないそうだ。
それがチルドレンがワーワー騒いでた、大好きな小泉改革の一部だと私は思う。

政治というのは「人を殺し」も、「人を生かし」もするものなのですよね。
目に見える直接的な殺人とは違い、政治家の場合は「責任」が全く存在しないレベルで間接的に大量に殺しているという事でもありますよね。そういう「人の命」を間接的だが、左右させる力をも持っているのが政治家という職業なのである。

安倍晋三がねじれ国会が本格的に始まる前に、自分がねじれてしまって政権を放り投げて、国政を停滞させ、また無駄な税金を使わせて総裁選を決めたりしている現状の中で、
「安倍さんが可哀想」だなんて一切思ってはいけないと思う。彼ら政治家は国民の命を左右できる力を合法的に持っているのである。安倍晋三が望んでいた憲法改正が実現すれば、自分らや子供たちの命が危険に晒される可能性は多いにあったわけだ。そういった私たちの命や財産の行方を握っている政治家の最高責任者が総理大臣なのである。

バカではいけない。そしてタフでなくてはいけないのだ。
「安倍さんが可哀想」だなんて、努々(ゆめゆめ)思ってはいけない。
そういった優しさは「エセ」である。偽モノの偽善であるし、罪な事である。
政治家とはそういう職業である。バラエティとかに出られる職業ではないのだ。
TVが政治家をバカにした。これはつくづく、恐ろしい事だと思う。

TVタックルをこの間久々に見たら、昔のドリフの番組のように、ハマコーや三宅ジジイが喋るたびに、そこにいるのかいないのか知らないが、オバサンの笑い声が流れる仕組みになっている。自民も民主もあの番組に出ているのはバカである。先行き短い、無責任なジジィ達に文句言われて笑われている政治家なんて必要ないのである。ああいった番組で政治家を愚庶民扱いするから、「可哀想」だなんていう人が後を絶たないのだと思う。

今回の、安倍晋三の無責任辞任にしても、自民の葬祭選(自民の葬儀委員長総理になるだろうからw)も、全く国民に謝罪もないし、国民の方を向いてもいない。自民党全体が無責任なのである。国民が死のうが苦しんでいようが、「そんなの関係ねぇ!!」なのである。

そんな政治家たちに同情する必要は全く無い。というのがこの頃政治をお勉強してきた私の考えだ。「死者に鞭打つ」「病人に鞭打つ」「バカに無知打つw」ことは政治家に対しては、庶民側の当たり前の生きていく為の作法なのである。
その代わり、いい政治を行えば、選挙によって支持をして、ご褒美をやる。
政治家というのは、そういった国民の僕(しもべ)なのである。
見せ掛けの「やさしさ」や「同情」は政治家には要らない。厳しく接するべし。

総裁選にはあまり興味が無い。 おそらく福田がなるんだろう。時間の無駄。

最後にちょっとした自画自賛ニュース(笑)  昨日、寝る前にここ最近の自分の記事のチェックをしていたら9月7日の私の記事でこういった事をノストラぶいっちゃんは書いていたw

テロ特措法が切れる11月1日まで持たないんじゃないでしょうか?
アベチンゾーは。
臨時国会の所信表明演説が、もしかしたら最後の仕事になるかもしれない??

解散総選挙カウントダウン開始?@2年前の小泉郵政詐欺選挙「911」の間違いも、間もなく決着だ! 2007.09.07

もしかしたら、日本中で、安倍晋三が所信表明演説を最後に、辞任するのを当てたのは私だけかも知れない・・・なーんて思いましたよ(笑) プチ預言者になったような気分の話でした^^


下の2つのランキングに参加しています。よかったら二つともポチっと^^

にほんブログ村 政治ブログへ :現在4位 

 :現在21位 

※お知らせ※
Abendフォーラム
は、安倍晋三が辞任しましたので今日で閉鎖・終了いたします。

人気ブログランキング  に参加中! 応援ポチッ随時募集中ですw
【一行日記】
安倍晋三政権を支持していた人達、30%程度の人は何だったんでしょうかね?
支持していた人たちをも平気で裏切る今回の顛末。これが自民党だ!!!(二行でしたw)


日本最大の無責任&鈍感王の小泉純一郎から「無責任」という言葉を引き継いだ男、安倍晋三が最後までその言葉を守り通し、昨日小泉純一郎に任命された総理大臣という職を、最後の安倍語録になった、変な言葉だが、「職責にしがみつくことなく」放り投げた。
最後の最後で安倍晋三のボンボン気質の本性を的確に現した光景だったように思う。

2007/09/12 「甘やかされた子供」=仏ラジオ局-安倍首相辞任で  時事ドットコム
【パリ12日時事】ニュース専門の仏公共ラジオ局フランス・アンフォは12日、安倍晋三首相の退陣表明を速報するとともに、「安倍氏は政界の名家出身だが、国民の目には『甘やかされた子供』と映っていた」「ナイーブで内閣運営の経験と感覚を欠いていた」とする辛らつな東京特派員の解説を報じた。
 また、仏紙ルモンド(電子版)は安倍氏について、自民党最右派と目され、日本を過去に対するコンプレックスから脱した大国にしようという決意を抱いていたが、「既に国民の支持は落ちていた」と伝えた。


世界が認めていた、日本一甘やかされて育った政治家・安倍晋三が強行辞任をした。
先の国会での強行採決の乱発と同じように自らの辞任も最高のKY(空気読めない)タイミングでやってしまった。これでは、残念ながら安倍自身の政治生命も終ったようなものだろう。終ってしまった今では強行という文字は「わがまま」に変えた方が間違いない11ヶ月間だった。わがまま採決とわがまま辞任だけ残して・・・。我がママ内閣?w

週刊誌による「脱税疑惑」報道も理由の一部か、それとも健康状態か。それはもうどちらでもいいし、元々この人には何の世間の常識も通じない人間だから案外辞任理由は、敬愛する祖父・岸信介の娘の洋子お母様に「晋ちゃん、もう辞めなさい」と言われただけかも知れない。想像するだけ時間の無駄でもあるし、またこの安倍辞任によって「森発小泉以降安倍時代」の終焉にしなくてはならないのが民意の正しい方向性だと思う。
安倍晋三辞任の際の全発言は、情報の宝庫のこちらのサイトでご覧下さい。
zara's voice recorder:安倍晋三辞任!動画あり


小泉純一郎の意を受けて、数の力を背景に「わがまま採決」を繰り返した安倍晋三。
参院選惨敗後に、意地でも辞めなかった安倍晋三。(命令者は小泉だろうが)
内閣改造を参院惨敗後1ヶ月も引き伸ばし、国政を停滞・停止・後退させた安倍晋三。
臨時国会が始まり所信表明までして、代表質問の日に突然辞任する安倍晋三。
おそらく、この決断こそが、安倍晋三、総理就任以来の唯一の自分の決断ではなかったんじゃないだろうか?(洋子お母さんのお告げもあったんだろうけど)>我がママ内閣の由来

しかし不幸なのは国民=庶民である。時代は逆行しているだけである。
全く何も変わっていないし、小泉暗黒時代よりも庶民の暮らしは悪くなっている。
安倍晋三は小泉&中川(蛙)ラインから騙されて引導も渡された。「今なら傷つかないよ」と。
中川(蛙)からしてみれば、ボンボンを騙すのは簡単である。

その小泉再登板の声がバカチル辺りからまた沸きあがっている。もうたくさんである。

小泉「再登板」求める動き 中川、棚橋両氏ら要請
 自民党内では12日、小泉純一郎前首相の「再登板」を求める動きが表面化した。中川秀直前幹事長は同日、小泉氏に総裁選出馬を求めた。

 また、棚橋泰文元IT担当相ら若手議員は同日夜、小泉氏に出馬を求める31人分の署名を集めた。13日にも小泉氏に手渡す予定だ。棚橋氏はこれに先だって12日、都内で小泉氏と会談し、立候補を要請した。

 首相辞任後も「次の首相にふさわしい議員」を選ぶマスコミ各社の世論調査で高い支持を集めるなど小泉氏が根強い国民的人気を持っていることが背景にある。

 中川、棚橋両氏の働き掛けに対して小泉氏は慎重な姿勢を示したが、棚橋氏は「再登板を求める声が大勢になれば立候補してもらえる可能性はある」とみてあらためて要請する方針だ。
 西日本新聞


もう永久に名前を書くこともないだろうと思っていた中川(蛙)がまた、小泉純一郎にご奉公しだした。小泉純一郎の総括をマスコミがこの1年間の安倍晋三暗愚時代にしなかったからである。何故小泉純一郎は総括されないのか???
政治は連動している。総理を辞めてもその責任は永遠に続くものだと私は思う。
安倍は国民を騙せなかったが、小泉ならまだまだ国民を騙せるという考えなのだろう。
これが自民党である。安倍は森・小泉レーンの傀儡であったのは間違いない。
安倍晋三への国民のNO!そして辞任退場は、森・小泉時代の終焉なのである。
そこにマスコミは話を持って行かなくてはならないはずである。
また小泉・飯島ラインがマスコミを巻き込んでいるのだろうか?もうたくさんである。

次期総裁の話が盛り上がっている。KY党はお祭り騒ぎである。
麻生、福田、谷垣、額賀、河野太郎の名前まで上がっている。
MY(漫画しか読めない)麻生太郎は無いんじゃないだろうか?
安倍晋三のサプライズ辞任も麻生太郎、道連れ効果があったと思う。一蓮畜生だw
そして、いよいよ自民党最後の総裁がどちらにしても来週には決まる。
森~小泉~安倍と三代続いた悪政は最早自浄作用できないと思い知るがいい。

安倍晋三。 唯一のサプライズと決断は自らの辞任だけだった男。さようなら。
戦後最低の無責任総理・安倍晋三を任命したのは自民党の多数派なのである。
任命責任は小泉純一郎を筆頭としたKY自民党全員だと言う事だ!
この国の未来どころか、自分らの総裁を見る目さえなかった愚鈍政治家の群れだ。

そして私らはマリオネット安倍晋三を操っていたものがいた事を忘れてはいけない。

■関連■ (操っていた人(笑) 

日本を壊した男・小泉純一郎 入門編 【1】
 

日本を壊した男・小泉純一郎 入門編 【2】



下の2つのランキングに参加しています。よかったら二つともポチっと^^

にほんブログ村 政治ブログへ :現在4位 

 :現在19位 

人気ブログランキング  に参加中! 応援ポチッ随時募集中ですw
【一行日記】こんなに日に限って一日PCもTVも見られない仕事の忙しさ。
今、21時35分にabendを知りました。詳しくは、明日!


Abend 異常終了の日 9月12日

本当に異常終了でしたね。 

詳しくは、安倍晋三トラックバックピープル をご覧下さい。



下の2つのランキングに参加しています。よかったら二つともポチっと^^

にほんブログ村 政治ブログへ :現在4位 

 :現在19位 

 人気ブログランキング  に参加中! 応援ポチッ随時募集中ですw
【一行日記】 9月11日。アメリカ自作自演説テロ?と小泉の日本庶民テロ成功の日。

安倍晋三の所信表明はニュースでチラっとしか見なかったけど、生気ありました?
なんだかもう何かが切れたんじゃないかな?ポンポンでも痛いのかな?
参議院の方では2行くらい官僚様が作ってくれた原稿を読み飛ばしたらしいし。
嫁さんも言ってました。「なんだか可哀想に見えてくるね」と。
私もやさしく言いました。「そう思う事は間違いなんだよ」と。(笑)
安倍の内容は調べる気も無いが今日は小泉純一郎の昔の所信表明の一部を載せましょう。

  明治初期、厳しい窮乏の中にあった長岡藩に、救援のための米百俵が届けられました。米百俵は、当座をしのぐために使ったのでは数日でなくなってしまいます。しかし、当時の指導者は、百俵を将来の千俵、万俵として生かすため、明日の人づくりのための学校設立資金に使いました。その結果、設立された国漢学校は、後に多くの人材を育て上げることとなったのです。今の痛みに耐えて明日を良くしようという「米百俵の精神」こそ、改革を進めようとする今日の我々に必要ではないでしょうか。

 新世紀を迎え、日本が希望に満ちあふれた未来を創造できるか否かは、国民一人ひとりの、改革に立ち向かう志と決意にかかっています。
 私は、この内閣において、「聖域なき構造改革」に取り組みます。私は、自らを律し、一身を投げ出し、日本国総理大臣の職責を果たすべく、全力を尽くす覚悟であります。
http://www.kantei.go.jp/jp/koizumispeech/2001/0507syosin.html


昨日の安倍晋三の生気の無い所信表明とは違い、この小泉純一郎の、2001年5月の所信表明演説は覚えている人も多いことでしょう。「米百俵の精神」とはうまい事を言うなぁと、当時の私も思っていました。またあの時代の世の中を変えていく為にはそういうもんかもしれないとあの頃はまだ好意的にも見ていました。
自民党は新しくなるかもしれないと今では信じられないような気持ちもありましたね。

そして2年前の今日「911郵政詐欺選挙」で完全に小泉純一郎は国民を騙す事に成功しました。その時点で既に庶民の側の米百表は底を突いていたにも関わらず、庶民は中身が空っぽ、もしくは虫だらけの米俵を配られたのでした。そして毎年自殺者3万人以上、そしてワーキングプアやネット難民などの信じられない社会現象まで生み出しました。


庶民の側も痛みに耐えすぎて、感覚が麻痺しそうだったところを、安倍晋三が正気に戻してくれました。「こんなバカに国を任せたら大変な事になるぞ@@;」と。 それが「729」参議院選挙の結果です。小泉マジックから安倍消しゴムへの効果です。
薄情そうな薄い唇から吐き出る言葉で夢を見させて国民を騙した小泉純一郎。
オチョボ口で何を言ってるかわからん言葉で国民の目を覚まさせた安倍晋三。
歴史とはよく出来ているもんだと思います。必ず反動、揺り戻しが来るのです。
そこを見誤ってはいけません。それが自然の流れ、天意だとも思うのです。

そこに空気の読めない郵政漁夫の利・当選組が声を挙げ始めた。改革を止めるな!と。

小泉チルドレン反乱、新派閥結成の動き 冷遇に不満2007年09月11日asahi.com
 小泉改革路線の転換を進める安倍自民党に対し、05年衆院選で大量当選した新人議員「小泉チルドレン」が反発を強めている。復党問題や人事面での冷遇に不満がたまっているためだ。小泉路線推進を旗印にした新派閥の立ち上げの準備も進行。安倍首相がテロ対策特別措置法の延長問題で進退をかけるなかで、若手は「ポスト安倍」を見据えて動き始めている。

 10日、国会内であった自民党代議士会。郵政民営化法案に反対して離党した平沼赳夫氏の無条件復党について、当選1回の中川泰宏氏が異議を唱えた。「国民はアホじゃないよ。必ず気がつき、動き始めるよ」

 川条志嘉、小野次郎両氏も同調し、「党の総括で、参院選大敗の一つの要因が復党プロセスにあったと明確にしている」(小野氏)と訴えた。

 平沼氏は、衆院選で落選した「郵政反対組」の復党も要望。これを執行部が受け入れれば、中川氏らと選挙区で競合するうえ、存在意義を失いかねない。さきの内閣改造で副大臣・政務官に一人も起用されなかったことも不満に火をつけた。

 当選1回組の一部グループは、次の衆院選の候補者調整で発言力を高めるため、新しい派閥の立ち上げを検討。総裁選になった段階で、まとまって独自に候補者を擁立する方針だ。30人を超える規模が集まる見通しで、公認調整で選挙区の公認が得られなくても、派閥として公認候補と争うことも辞さない構えだ。

 一方、別のグループの12人が10日、首相の所信表明演説が終わった後、国会内で集まった。呼びかけた山内康一氏は「最近の党は小泉構造改革を否定するような動きが増えている。これにどう立ち向かっていくか議論したい」と述べ、定期的に勉強会を開くことを決めた。  (太字は私)


今日で2年間、新人政治家としてやってきた挙句がこれだ。
ある意味、天然の安倍晋三と変わらないくらいに民意がわかっていない。
参院選で否定されたのはあなた方も含めた小泉以降安倍自民党なのだ!「その他大勢」という頭数の事を小泉チルドレンという、語呂のいい括りで呼ばれているんだから気づけよ!
今回の参院選では、小泉構造改革が否定されたんです。自民党内にやはり、KYは安倍晋三だけではなかったのである。小泉改革は全否定されたの!!庶民の側から!!!
お前らはどっちなんだ?庶民という国民側か?それとも自分らが選挙で勝ったからといって「勝ち組国民」気分なのか?

05年初当選議員は、80人以上いるらしいです。烏合の衆でも数はすごい。
小泉改革新党を立ち上げればいいのだ。小泉、竹中を再び頭において。
もういちど「構造改革」を声高々に叫んでみるがいい。
それがどれだけ狂った事だかわかるだろう。それこそ天罰が当たると私は思う。
平沼復党と引き換えに自民党が割れていくのもいいかもしれない。無責任小泉純一郎は何も言っていないようだが、飯島あたりが動いているのかも知れませんね。

次の衆議院選で就職先から公認もされずに、落とされる恐怖は確かにわからない事もない。しかし、政治というのはアンタ方個人の裕福な就職安定の為にあるんじゃない。
アンタらには「米」があるじゃないか、まだ。
アンタ方の今感じている恐怖以上のものをもう何年も庶民は味わって来ているのだ。米一粒も無く死んでいる人だっているのだ。オニギリ一個食えなく餓死した人だっていた。アンタ方も次の選挙で落ちてタダの人になって初めて小泉構造改革の真の意味を理解するだろう。
それでも志があれば、そこからまた再チャレンジで政治家を目指すがいい。
2年前の小泉郵政詐欺選挙で、漁夫の利投票で受かったものは、0からはじめよ!

自分のセーフティネットばかり考える政治家にろくなもんはない。
庶民のセーフティネットを真剣に考えれば小泉改革を進められるわけが無い!!
「米百俵の精神」で毎年3万人以上、ある意味、国の政策による自殺者増進計画を実施しあれから何十万人もの日本人を殺したかよく考えて欲しい。そんな改革が正しいわけが無い。
いよいよ、腰の定まらない安倍晋三によって自民党が壊れていくようだ。
世の中に無駄なものは無い とは、よく言うが、
そういう意味ではアベチンゾーも無駄では無かったのか(笑)

■関連■
日本を壊した男・小泉純一郎 入門編 【1】
 

日本を壊した男・小泉純一郎 入門編 【2】


下の2つのランキングに参加しています。よかったら二つともポチっと^^

にほんブログ村 政治ブログへ :現在4位 

 :現在17位 

人気ブログランキング  に参加中! 応援クリック募集中です!
【一行日記】 一日24時間じゃ足りないなと思う今日この頃です。

一ヶ月もかけた身体検査は、相次ぐリーク的スクープで不発に終った安倍晋三改造内閣。
なんでも、官房副長官は旧大蔵省出身でありながら、旧大蔵省の推薦ではなく財務省の反感を買っていて、首席秘書官は旧国鉄OBで官界にもマスコミ界にも人脈が無く、身体検査には手も足も出ない状態だったらしいですね。相変わらずお子様内閣ですね。その「身体検査」ってのは検察や警察、国税局や、公安などが行うものらしいですね。それだけに普段からの接触や水面下の人脈がなければ、万全を期すことはできないということのようです。
ほんと安倍晋三の周囲には似たような人材が集まってしまうのだろうなぁ。 しかし、こういった不祥事は、どっかのマスコミがリークしたからわかったんですよね?ちょっと調べてみた。

鴨下環境大臣の1000万円借りたと記載しながら報告書には借入金を200万円しか記載していなかった「政治と金」の問題は読売新聞のスクープらしい。スキンヘッドの遠藤農林大臣のスクープは朝日新聞という事だ。朝日ならわかるけど、読売ってのは意外ですね。
政権にベッタリといわれている読売も安倍晋三を切りにかかったという事でしょうか。
安倍晋三のあまりにもTVに写るバカさ加減に流石の「ナベツネ」渡邉恒雄も見放したわけだ。
しかし、TVも新聞も何様のつもりだろうと思いますね。
時の政権が何であれ、真実を追及しているわけではないという事がわかりますよね。
自分たちに沿った政権で無くなれば、メディア攻撃を仕掛ける。そうでなければ
真実を隠蔽し、政権に寄り添うという現われでもある。 いつでも同じ姿勢であれと言いたい。

ま、ここまでTVや新聞というメディアの後ろ盾を無くした安倍晋三の未来は無い。
今更、拉致問題が出てこようが、何が出てこようが安倍晋三を持ち上げる事は
メディアの常識を疑われるレベルにまでの醜態振りを参院選前後で見せ過ぎたからね。
庇うのにも限度がある。師匠筋の森しんきろーを超えたね、この総理は。偉い!!
テロ特措法が切れる11月1日まで持たないんじゃないでしょうか?アベチンゾーは。
臨時国会の所信表明演説が、もしかしたら最後の仕事になるかもしれない??

臨時国会:3野党も参院代表質問に 自・民国対委が合意
 自民、民主両党は6日の参院国対委員長会談で、10日召集の臨時国会で
安倍晋三首相が行う所信表明演説への代表質問について、
共産、社民、国民新党にも認めることで合意した。参院では
臨時国会の代表質問を所属議員10人以上の会派に限っており、
自民、民主、公明3党のみが行っていた。民主党が野党共闘の一環として提案した。参院議院運営委員会理事会で近く正式決定する。

毎日新聞
 2007年9月6日 18時54分 (最終更新時間 9月6日 22時55分)


もはや、与謝野のお友達の平沼あたりが復帰しても無理でしょう。新お友達内閣?w
また小泉改革を今更否定しても、腰抜けの自民党では駄目である。
自分らが、こぞって支持してきたものを、自分らで否定する事が出来るタマではない。
自民党は、特に、麻生なんかにしても小泉に尻尾を撒いたじゃないか。
その時点で小泉政治を否定出来うる資格は喪失したものだと思ってます。
だから自民党がやってきた「構造改革」の歪みや弊害は他党にさせるしかない。

自民、小泉路線の修正加速・「変節」批判も
 郵政民営化に反対して自民党を離党した無所属の平沼赳夫氏の復党が固まるなど、
同党内で小泉純一郎前首相の構造改革路線を修正する動きが加速し始めた。
参院選惨敗を受け路線転換のメッセージを発信しなければ、次期衆院選も苦戦しかねないとの判断だ。
地方重視の姿勢もその一環だが、構造改革路線の転換は「変節」との批判も招きかねず、損得勘定は不透明だ。(07:02) 
 NIKKEI NET


セーフティネットが、やさしくないこの国の現状をボンボン政治家たちにわかってたまるか!
病院すら行けないような人がいることを知ってる自民政治家っているんだろうか?
なんか、そんな底辺の当たり前のことすら理解していないと思いたくなるような現状である。
生まれた時から政治家の家で、庶民に対して「上から目線」で物事を考えてきた人間に今のこの日本の格差社会を立て直す事は出来ないと思う。
小泉を選び、安倍を選んだ見る目が無い圧倒的数の自民党員は野に落ちるべし!
自民党は、野党になって政治的格差を実感する事でしか理解できないのだ。サラバ自民!
参院選以上に燃えなくちゃいかんでしょう、衆院選は^^準備しておかないといかんですね。

下の2つのランキングに参加しています。よかったら二つともポチっと^^

にほんブログ村 政治ブログへ :現在4位 

 :現在17位 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。