FC2ブログ

らんきーブログ

世の中のおかしな事をあたりまえに考える。大事な事は情報を知ることだけじゃない。だからどうするのってことじゃない?


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

昨日ちょっと仕事の合間に、古本屋をちょっと巡りまして、懐かしいCDを買った。
いいですね~。石川セリさん。何曲か思い入れがあるのですが、
そのうちの一曲、皆さんも聞いてください。ムーンライト・サーファーです、どうぞ~。

と、この曲を聴きながら仕事すると和みますね~。 優しい気持ちになれますね^^

昨晩、食事をしながらTVタックルってバラエティ番組見てたんですが、アレ駄目ですね。
バラエティとしても(笑) 面白くないし、笑えないし、タメにならないっちゅーか。
ガソリン税の話にしても、官僚側が困る困るで、全く庶民の方は向いていない体たらく。
タレントと政治家が金持ち目線で、格差社会を語る。 何処にも真剣みが無い。
政治番組見ててよく思うんですが、実際に年金や様々な格差問題で苦労している方々を、観客席におき、その目の前で喋る公開討論をして欲しいもんですねー。
いや、その観客さん達は何も喋らなくっていいんです。 そこにいるだけでいいんです。
バラエティ専属の、何でも笑うオバさんばかりじゃなくってですね。
NHKで、たまにそんな雰囲気のがありますか? あまり見ないので知りませんが。

実際に困っている人たちを目の前にして同じように偉そうに喋るのなら立派です。
そしてTV局側は、画面を二分割にして、政治家と観客を映像に流す。
その光景見て、笑える人はある意味スゴイでしょうね。 またそれが公正中立では?
格差を語るなら、目の前にいる人相手に語った方が見ている方はよくわかるのでは? 
つまらない番組なんだからそれくらいわかりやすくして欲しいもんだと思いますね。
金持ちが、上から目線で格差問題を語ってもろくなもんは無い。いい見本です。
先が見えなく、不安だらけの庶民を笑えるような政治バラエティは犯罪でしょ。
庶民をタックルしてどうする! 最早、笑えないところまで日本は来てるというのに。

TV局のスタジオに、格差や今の政治結果で苦しんでいる、大勢の一般庶民を、それも交通費と弁当代もしっかりと払って来て頂き、観客として呼び、その前で政治を語ってみたらいいのだ。一般庶民はただそこにいるだけでいい。 物言わぬ庶民の姿を映すだけでいい。
どれだけ薄っぺらな事を政治家が言っているかよくわかるだろう。
あるいは半分は、格差社会で、「自称勝ち組」にいる人らも一緒にいてもいいでしょうね。
ただ、そういった光景を黙ってただ流すだけ・・・。 それがTVの本来の力なのだと思う。
少なくとも政治家の発言は少しは変わるでしょうね それとも皆、黙ってしまうか。(笑)

強い方ばかり向いてはいかんでしょう、やっぱ。 それが今の日本の姿だ。
もちろん弱い方だけでもいかんけどネ。 でも今は弱い方に力をもっと入れるべきだ。
そういったバランスをもっと考えて欲しいって話でした。 

 ← 日記・雑談ブログランキングに参加中です。

※ TBのお返しは暫くしておりません。ご了承ください。
スポンサーサイト

人気ブログランキング  に参加中! 応援クリック募集中っす!
【一行日記】なんだか仕事が忙しくなって来た。いつまで書けるか?それも応援次第?(笑)

人間とはちっぽけなものであります。
今日もいつものように、小泉以降安倍政権の悪口でも書いて行こうかと思ったが違う事が頭にこびりついている。特別たいした問題ではないようにも思う。しかし、ふと、頭をよぎる。
え~~い。面倒じゃ(笑)今日の記事はこれでいこう。
一昨日の「政治・生活・生命」 これからの3S政策で書いたこの言葉だ。
TVは斜めに馬鹿にしながらツッコミを三村以上にバンバン入れて見るのが正しい見方だ。
 これについて千年虫さんから 「違います。見ないのが正しいんです。批判的に見ても十分な批判材料がなければ、結局ずるずる取り込まれていきます。 」という
コメントを頂いて、その後いくつかやり取りをしていることだ。

結論を言えば、「TVを見ない」という意見は私の記事の主旨から言って正しいのではある。それは認めます。見なければ騙されないからね。それに越した事はない。しかし、そんな事には、今の世の中の現状では、なかなかならないのだと私は思っています。
TVは害ばかりではない。良質な番組もあれば、息抜きの番組もあるし、また批判をする為にも、世の中の動向を知る為にも、世間は何に流されているか知る為にも当分の間は存在し続けるものである。正論ではある。見なければ騙されないんだから。それはひとつの真理。

しかしそれはどこか、政府命名B層の人間は選挙に行くな!という意見をどこかのブログでみた事があるが、それと似たようなことだと思うのである。政府命名B層は騙されて投票をしてしまう恐れがあるから選挙に行くな!という理屈。あるいは、それはTVと連結していてTVを見るからB層になるのだから元から絶てという事かも知れない。頷ける部分は確かにある。
しかし だ。 多数の人々は、そこにTVがあれば見るのだ。最早TVはそんな存在だ。

コメント欄でも書いたが私の嫁さんは、TVの内容ではなく、ドラマやバラエティなんか見ていても、内容よりも着ている服や化粧の仕方や、たまに流れる優れた言葉を見るとかで、TVを「ながら族」で見ている。他にも色々な理由でTVを見る方々はいるでしょう。
そういった意味でもTVを見ない方がいい という理屈は万人受けしないと言う事だ。
そもそも、TVを見ないという事が出来る人はTVを仮に見ていても流されにくい人達だ。
自分の考えをしっかり持っていて意志が強い方々だと思うのである。

TVを見る人は存在し続ける。
政府命名B層と呼ばれるような方々も存在し続ける。
そういった事を念頭において置かなければ、いけないのだと私は思っているのです。
その現実の中で「だからどうしたらいいのか?」を考えた方がいいと思う。
「臭いものに蓋をする」的なやり方も時には効果的な事もあるが、しかし全てに蓋は出来ないのである。権力と言うものがある限り臭いものはあらゆる方法で世の中に流れ続けるのだ。

では大事な事は何か? それは一人でも多くの方々が「気づく事」だと思います。
「B層って何?」でもいいし、「自分はもしかしたらB層かもしれないなぁ~」でもいいし、「TVは絶対的な真実は流していないらしい」とか、「この真実は一体何なんだろう?」でも何でもいいからとにかく「何かに気づく」事だと私は思います。
自分がB層かもしれないと思う事だけでも、騙されてはいけないという気持ちが働きます。
それだけでも同じ番組を見ても全く違った見方が出来るようになる。
TV(番組)は人間が作っています。 だからTV=人間 という事を理解すればいいのだ。
人は嘘をつく。人を騙す。人を傷つける。人を殺める。・・・・・。

そういったものだと強く自覚すればいいのである。 TVに名前をつけるのもいだろう(笑)
「ヤイ!安倍泉!嘘ばっかり言うな!」とかね。

だからTVを見ない ではなく、TVを横から見る。疑ってかかる事を学んだ方が面白いし、時間はかかるけど、人にやさしいのだと思う。より現実的。
TVを見るなと言われて見なくなる人は少ないと思う。TVを見ない人は人から言われなくて、自分の意志で見ない事が出来る強い意志を持ってる人々だからだ。

私も真実はわからない。TVを見ても見なくてもわからないことは多い。
ただ、疑ってかかる という作業の練習にはなる。何かが見えるキッカケにはなる。
小泉インチキ郵政選挙前の時と、それ以降では全くTVの見方も変わった。
そういう意味ではこの頃のTVはある意味面白い部分もある。馬鹿が多いのがよくわかる。
そういった気持ちを、もっと多くの方々にも味合わせたいなぁとも思うw
だから「気づかせる」、「気づくキッカケを多くの人に」が大事だと思うのです。

このブログの読者の方々でTVを全く見ていない人はどれくらいいるだろう?
世の中の大多数がTVを見ていると言う現実を踏まえると、私には「TVを見るな」と意見は非現実的だと思えるのだ。実行できる人がどれだけいるか?
そういう私は、それほどTVは見なくなったけどね。見ると色々な意味で頭に来る方がこの頃は多いし(笑)私個人は「TVは見ない方がいい」に賛成です。
しかし、世の中の多数の方々は「見ない方がいい」と思っていても見るのである。何故ならば、TVからは「TVは見ない方がいい」というメッセージは流れないからである(笑)

私のブログの主旨でもあるけれど「だからどうするのか?」と言う事はこのような考え方なんです。「TVは見ない方がいい」という意見は、成程、正しいと思う。
しかし、「TVを見る人は存在し続ける」という、今の現実の中で「だからどうしたらいいのか!?」を考え、変えていく事の方が、身近な問題提起に近いんじゃないかと思うわけだ。

う~~ん。まだまだうまくまとまとまりませんが、今日も忙しいので仕事にかかります。

下の2つのランキングに参加しています。よかったら二つともポチっと^^

にほんブログ村 政治ブログへ :現在3位

 :現在19位

NHKで功名が辻があっている。
山内一豊の妻の話で従来の戦国ものとはまた違った視点で描かれている。
視聴率はあまりよくはないらしいが、私は結構面白いと思って毎週ノンビリとした気持ちで見てます。今で言えば大会社のサラリーマン出世物語の内助の功の物語といったところか。まぁ、舘ひろしの信長役は年齢的にも声質もどうかと思うが、それなりに見れる。一番大変そうなのは後の秀吉役の柄本さんだろう(笑)もうすぐ60にもなる人にアソコまで走らせるとは・・・(笑)まぁ今はまだ藤吉郎時代の若い時の役だからしょうがないけどあれは結構きつかろう(笑)

司馬遼太郎の本で読む功名が辻の最後は土佐に入るところで終わったのだと記憶していますがそこから先には実は土佐藩の江戸時代における差別という問題が提起されるわけです。ドラマではそんな話は出てこないと思いますが・・。
功名が辻 )
どういう差別か簡単ににいうと、土佐は元々長宗我部氏という豪族の土地でその長宗我部氏を追い出して一豊ら山内家というよそ者の入国になるわけで、当然元々いる地侍達の激しい反発があるわけです。一豊は家来の作戦に乗り地侍達を相撲大会と称して集め、騙して皆殺しにするわけです。この事は妻である千代は知らないわけですが・・。これが土佐藩の悲劇の始まり。その後長宗我部を祖とする地侍達は後々、郷士と言われ江戸時代の間、土佐藩の山内侍(上士)よりも位が低い扱いを受け続けるわけです。例えば郷士は日傘をさしてはいけないとか、色々と厳しい条件がある・・・・。
そしてこの上士と郷士の差別は幕末まで続き、あの名作「竜馬がゆく」にも繋がっていくわけです。
妻の千代が偉かったのは一豊の死後、土佐を離れたという事ですから立派だなぁと思います。
竜馬がゆく〈1〉
司馬遼太郎の作品はほとんど読んだがやはり「竜馬がゆく」が一番好きだ。
実際は坂本龍馬なのだが、わざと竜馬にして司馬竜馬として描かれている話が好きだ。他の作品とは違いあの作品は司馬史観たっぷりで司馬氏の思い入れの強い作品なのだと思う。司馬遼太郎の描く坂本竜馬が好きです。(武田鉄矢の原作「お~い竜馬」も漫画として読みやすくていいね)
余談ですが武田鉄矢は坂本竜馬に対しての思い入れが強い分、この功名が辻(山内家の話・上士側という意味で)へのドラマ出演には複雑な心境だったとか・・。
お~い!竜馬 (第1巻)
竜馬は海援隊という組織には属していたがそれは、脱藩浪人らのためでもあり、基本的には竜馬は徒手空拳で江戸時代にあるにも関わらず、藩という組織にも属さず、基本的にひとりで、いち日本人として生きてきたところが好きだ。(史実は色々あるが、あくまで司馬竜馬の話としてね)

しかし、いまだに日本人で歴史上一番人気のある坂本龍馬だが映画やドラマ(大河ドラマも含めて)でこれだ!という作品は無い。というかあまり視聴率は良くない。それは何故か?
よく言われるのが幕末は歴史上、話が込み入ってて難しいからだ。とか
戦国時代のように合戦などが出てこない。とか
龍馬自体も争いを好むほうではないから大きな戦いもないから見せ場が無い。とか色々・・・
私はこう思う。坂本龍馬を他の信長・秀吉・家康あるいは伊達政宗などと同じような歴史上の今で言う政治家のような視点で描くから面白くないのだと。秀吉や信長らは、国の権力を握る、天下布武という権力の話。要するに坂本龍馬をその類で政治家のような扱いで描くと駄目なのだ。

竜馬にとっては薩長同盟も片手間の仕事だったと思うのだ。本業ではなく。政治家ではないのだ。竜馬は。自分が、世界の海援隊として自由にやりたいようにやれる世の中になって欲しいとの思いがたまたま時流の中で時の人として選ばれただけで、竜馬にとっては片手間で薩長同盟や船中八策があったのだと思う。
だから竜馬の物語は政治の複雑な話や幕末の難しい話は、かなり抜きにしないと駄目なのだ。

基本はありがちな言葉だけど「青春群像」だ。恋があり夢があり自由という人生を夢みる、幕末の熱い青春ドラマにしないと駄目なのだ。 竜馬は、私らと同じで政治をやる事は嫌いなのだ。だが、自分が当時の伝え聞くアメリカのように自由にそして差別の無い国に日本もなって、自分も自由に羽ばたきたいという思いから、歴史上にほんの一瞬ヒョイと登場してきた人物なのだと思うのである。そしてそれが幕末の奇蹟と言われ、新しい時代への弾みとなるわけだ。
しかし、そのヒョイと顔を出して歴史を、政治を動かしたツケは大きかった。
暗殺という代償であまりにも悲しい結末となったわけだから・・・・・。無念。

坂本竜馬は歴史ドラマではなく、青春ドラマとして描いて欲しい。
土佐の郷士として過ごした青春時代、北辰一刀流修行時の青春時代、勝海舟との出会いによって世界を知り夢を見る事を覚えた青春時代、海援隊というカンパニーで世界に羽ばたく夢を見る青春時代、そして千葉佐那子やお龍との恋愛時代、そしてそこにまつわる人々との一期一会の青春像が全体の90%で、残りの10%でヒョイと顔を出して日本の夜明けを導いた歴史の話を付け加えるような話でいいのだけどなぁ。こんな人が今の時代でもいたらスゴイよ。片手間で世を動かす男。
歴史として竜馬を捉えるのではなく、人・人物として坂本竜馬を描いて欲しい。

私も暗殺によって亡くなった坂本龍馬の年をとうに越えてしまったがいつまでも越えられないカッコイイ人間の姿がそこにはあります。

朝の連ドラでもいけるような物語にしてくれたらいいんじゃないかなぁ・・・。
連ドラも若い女のヒロインのパターンを変えていくという話ですしね。

不倫ドラマや殺人ドラマはもういいですから。死に過ぎ、やり過ぎです(笑)
誰か作ってくれ~!人間・坂本竜馬の物語を~♪

クリック募集中です^^ 
人気blogランキング

相も変わらずいまだにTVで偉そうに語ってる人、細木数子。
ホリエモンの件に関しても当たっていたと強調してたらしい>Yahoo!ニュース
なにゆえに強調するのでしょうか?当たらなかったことも強調しろって。

あんな女をTVに出す事自体、それもメインにもってくること自体全くもって風説の流布TVであり、もはや犯罪番組に近い感もあり、TVバイバイだ。
バラエティと位置付けているのかもしれないが、フジもTBSもポリシーなし。
お笑いタレントとイケメンの男の子くっつけてヨイショしている史上最低の低俗番組だと思ってる、2番組とも。いずれは今のホリエモンのように扱われる日も来るとは思うが・・・。

もうどれだけの嘘を言ってきたことか?嘘というよりもあれは暴力だネ。
ネット上にはたくさんの細木ネタがある。ここだけ読めば十分かな?細木数子きっこの日記抜粋
これらの多分事実であろうという情報を抜きにしても元々キライだったんだけどね。いい事もたまに言うから余計に頭に来る。先祖供養とかね。
私は先祖供養はよくする。何かの時にふと手を合わせたり、墓参りに行ったり。
決して悪い事ではない。かえって今の日本人には足りない心だとも思う。
しかし細木が言うとムカツクのだ。(詳しいことは上記参考サイトで(笑))

だいたい占いで人の体の不調を当てたりしてるけどおかしいと思いませんか?オマエは医者か?たまに何か未来を予想したり(武部が総理になるとか)していますが、それは占いではなくアンタの感(あるいは希望)では?公の場で偉そうに語りそのうえ謝る事を知らない奴にろくな奴はいません。テレビには見ない権利というのがあるから細木の番組は私はもうしばらく見ていない。ですからこの頃の事はネット記事からしか知りません。

巷のオバサン連中なんかにはまだまだ一部人気があるので視聴率も取れているのでしょう。
最近の視聴率では10位か・・。20%近くもまだいるのか・・・。
実はこの巷のオバサンの類が今の日本の恥部というか悪い土壌を作ったすべてのガンなのでは無いかとも思う。いつか書こうとは思うが人の言葉に影響されやすく、安っぽい正義感があり、自分のことだけ考える人が多いという意味で。オバサンとオバカサンは紙一重の一字あるかないかなのだ。すべてではないけどね。

細木を扱っていないTV局には統計を取って欲しいことがある。
細木ファン=前回自民党に投票した人 これはほぼ100%一致すると思う。
私の中では細木を見たがる人=何も考えていない人=世の中を悪くさせてる人 だ。
あれは有害番組です。嘘でもなんでも貫き通せば、開き直れば、口先八丁で何とかなるのよ!!って番組でしょ?ある意味、北朝鮮の国のやり方を推奨する番組。ごねたモン勝ち番組。
北朝鮮に対しても最早まともな会話の仕方ではどうにもならんっては周知の事実。
国際社会にああいった国があるだけでも夢も希望もなくなるのに、そのうえ細木数子みたいなのにTV電波でああも好き放題にやられてはこの国までおかしくなる。

吐いた言葉には責任が少なからずある というのが人間の根本に必要であろう。
そういった最低限の事すら出来ない女をいつまでもTVに出すな と。

見ない・聞かない・買わない・相手にしない 権利はあるのだ。気づけよ日本人。
縁を切ったからといって自分の弟の人生すら幸福に出来ないウラナイ師は最早イラナイ師だ。
身内一人を人として導く事が出来ない人間に他人様の何を語る資格があるというのか?恥を知らない人間の言葉を耳に入れることは罪悪である。

占いは占い。楽しくやって欲しい娯楽だと思います。
貴方のような欲の塊にズバリ言われたくも聞きたくもありません。

という事を書けと今日の私の占いで出ていましたとさ。 ジャン、ジャン! byたけし風

クリック募集中です^^ 
人気blogランキング

古畑任三郎が3日連続であってる。見てます(笑)
昨日はイチローだった。NGなし - イチローの“プロ魂”を田村が絶賛だったそうだ。
確かに現役プロ野球選手がドラマの準主役で出るだけでもたいしたものだが、昨日の演技も見る分には違和感も無く楽しく見ることが出来た。合格です。ちゃんとドラマになってたよ。
イチローが古畑任三郎のドラマを元々好きだという事もあったのだろうが本人が楽しそうに演技してたのが伝わった。元々あのドラマは田村正和という強烈な個性を生かした「人VS人」という要素が強いので設定としてはイチローで全く問題は無いわけだ。

最初はハチローという役名だったのをイチローが本名のままでOKと言う事でイチローのままの役どころとなったのらしいが・・・ハチローって・・・(笑)
昨年亡くなったあの「岡八郎」が頭に浮かぶよ。くっさぁ~~って。
それよりは古畑任三郎VSなんだから どうせならニンイチロウでしょ、やっぱ。

ま、イチロー自体は良かったんだがあの腹違いのお兄さん役が逆にちょい浮いちゃったかな?昨日は。通常のちょい役の方が魅力的だったのになぁ。いい役者さんなんだけどね。前夜の放送で警察を辞めるという流れだったので今回はどこで出すのかと思ってたが、まさかイチローと兄弟とはね。
人としての存在感というか雰囲気が田村正和、イチローとは全く違うからね。その点で実はイチローよりも緊張してたかも知れないね。あるいは演技素人のイチローに呑まれたか?それとも併せたのか?(笑)何より設定に無理があった。腹違いの兄弟か・・・(笑)コテコテ過ぎてね。

それよりも設定としては兄弟とかではなく恩師とか親友の為に殺人を・・・としておいた方がよかったのでがないだろうか?恩師といえば仰木監督が想像出来るし泣けるな、私は。

それと演技面であえて苦言を言うならばイチローが駐車場で悪人を殺す時なんかの顔。並みの悪役になってはいけません。ニヤリと笑うようなね。イチローならば殺す時も、もっとクールに且つ冷静にそして人として悩みつつ・・・普通の悪人のような顔をしてはいけない。人を殺す時は人生最後の時なんだから。

ま、製作者側も天下のイチローがまじめに一生懸命やってくれているからという事でなかなか指示は出しにくいってのもあったんだろうけどね。

ドラマの筋としては無理なところも多くイマイチ的ではあったけれど、何はともあれ、お正月ということで目出度いドラマであった(笑)

もう一度イチローにはチャンスを与えてやりたいね。役者として。きっと次はもっと上手くなってるだろう。まさに「一芸は百芸に通ず」的な男だと思う。

ちなみにイチローはブラッド・ビットを意識してると思うんだよね、ヒゲをはやし始めた数年前から。そう思っているのは私だけだろうか?

クリック募集中です^^ 
人気blogランキング

最近の好きなお笑い芸人ねぇ、さまぁ~ずとウッチャンナンチャンかな、気楽にいつも見られるのは。 気楽に見るというのが大事だ。

三村と大竹のやる気を感じさせない、やる気がいい と思う。
ウッチャン、ナンチャンはこの頃あまり一緒にいるところを見かけなくなったが、彼らのいいところは周りを生かすところ。
というか周りがノビノビとやっている、やらせているのが偉い。
さま~ずにしても、くりーむしちゅーにしてもウンナンの力は大きいよね。
気分は上々 面白かったけどなぁ。
柳沢慎吾も好きですね。悪魔シリーズ よかったです(笑)あのしつこさ。
20年くらい変わらないあの芸風。ある意味すごいし、彼は日本のジム・キャリーになれると思ってたんだけどなぁ・・・。過去形だけど。

踏ん張って見たり、気合を入れて見たり、ん?それは違うやろ?というような笑いはこの頃はイヤになった。

というのもお笑い系の番組が多すぎでどれも似たり寄ったりって感じでタレント自体も二番煎じ的な笑いの世界にどっぷりつかっているから。
一昔前の、さんまやタケシや紳助らの世代のひょうきんのお笑いブームの頃はポジションみたいなのがあってそれぞれが面白かった。あの頃の芸人が今でも多数残ってるってのはスゴイことだと思う。主役の笑い、脇役の笑い、一発の笑い、笑えない笑い・・・色々な笑いがあったと思う。

この頃の笑いは  うーん。 なんだか芸人達の モテたい とか ヤリたい って欲望が見えすぎてシラケル。結果としてモテタイヤリタイがあるのはいいけど、第一目標がそこにあるのが見え見えの芸人をあまり見る気はしない。

そりゃぁ昔の芸人も目的はそこにあったろうけどね(笑) 
ちょっと違ういい意味での欲望の方が強かったんじゃないか?名を上げたついでにって感じというか。

さんまと紳助はもう50になるというのに、笑いの一線にいるというのはすごい。
ちょっと前にフジTVで共演した時のトークは面白かったもんなぁ。
今の若手で早く越えて欲しいもんだ。若手ではないけどダウンタウンは越えてるというか並んでるかな。
ダウンタウンの偉いところはさんまや紳助とは違う路線にいるところ。同じ土俵に上がらなかったところ。そして自分らが一番だと思ってるところ。そんくらいの自負を持ってやってるとこ。

今BSで「男はつらいよシリーズ 全48作」があっているが、私は今回初めて寅さん映画を見た。昔はなんかチラっと見ただけですぐ見なかったんだけどね。
 
面白い! 今だから私にとっては面白いのかもしれんけど、もう10作以上見たけど、だいたい同じパターンだけど飽きが来ないし笑える。

あの笑いは古典的な笑いなんだろう。ドリフターズと相通ずる笑いだ。
次はこう来る ってわかってても笑える笑い。
もしかしたら今の時代で、のし上がる為に必要な笑いの種類かもしれない。

違う種類の笑い。歴史は繰り返すのだ。そこにさんま越え、紳助越え、ダウンタウン越えはあるんじゃないだろーか。

でも ほっしゃんの ウドンを鼻から出す芸は好きです(笑)

クリック募集中です^^ 
人気blogランキング

この頃テレビをつければ画面いっぱいに顔を出してる人、細いのか太いのか何を数えてるのか?金か?そんな人。参考になる素敵なブログ 【きっこの日記】様
まぁここに書いてある事の半分が真実だとしてもいや、十分の一がホントだとしても(私はほぼすべて真実だと思うけど)私は10年以上前からどうも好かんかった。
それがここ最近アチコチの番組で天下を取ったかのような顔で出ている。
言ってることはまともな事も多々多い。それは認める。いい事も言う。
しかし騙されてはいけない。
いい事は誰にでも言えるのだ。自分が行なっている事と言ってる事は別なのだ。
「知行合一」ですよ。人に偉そうに語るにはこれは不可欠だと思います。
時折見せる鬼のような顔と言う事が通らない時の不満顔、そしてとどめは「地獄に落ちるわよ」
大丈夫、言われてる人よりもあなたが先に落ちると思います(笑)
しかし、
ニューストップ > トピックス > 1位 細木数子を怒らせたお笑い芸人 - Infoseek ニュース

でも1位なのはそれだけ話題性もあるし、人気もあるわけであります。
視聴率もかなり取れてるからこそ、しょっちゅう見るわけで。
実は我が家でも嫁さんは見たがります(笑)
私が色々と言っても「それはそれ。でも面白いし、いい事も言うじゃない」
「でも本当にそんな悪い事してるとは思えない、アナタそれを見たわけ?」というお言葉です。
確かに実際に見たわけでもないし、直接聞いたわけでもないです(笑)
ただ、色々な情報の中から自分なりに結論を出してるだけです。

実はこれが大事だと思うんですよ。

世の中の事、すべて自分で実際に見たり聞いたり出来るわけがない。
重要なのは自分で情報を収集、分析、そして自分の生き方考え方に照らし合わせて判断するという事が必要だという事なんですね。

世間一般のオバサンを始め、テレビ好きな方は情報量が少ない人が多いと思う。
新聞読むわけでもないし、ネット等で色々調べる人でもない。
ただメディアで流されてる情報に自分も知らずに流されてるだけ。

自己責任という言葉が少し前に流行ったけど、まさに自己責任で判断するという事。
その為には人と話したり、本を読んだり、情報を収集したり、と色々いるわけだ。

知らない という事は怖い事です。

そんな人が多いから世の中には騙す側の人間が存在し、この頃の「越前クラゲ」のように増えているわけです。

そういえば昨日のNHKで越前クラゲの特集を見たけどすごかった。
恐ろしい増え方をする生き物だったよ。1日5億匹上陸してるという。
1が2に分裂し、それが4,8,16,32,64・・・・とあっという間に増える。
何でも食べる中国人は、クラゲも売ってたけど、あれは何か役に立つんじゃないか? すごい生命メカニズムだし。
ガンの特効薬になるとか、お肌にいい成分があるとか。そんな気がする。

知らない事=無知 は 罪です。
知らないから騙された
知らないからやっちゃった では済まない世の中になっています。

自分で情報を収集したり分析したりする力の無い人は信頼できる友人知人を持ちましょうね。
出来れば数人持っていると便利です。それらを分析すればいいのですから♪
でも結局は、最後は自分の判断ですけど。

クリック募集中です^^ 
人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。